あなたの心のマンガの森:すやまたくじです。

今回は2019年8月5日までに買って読んだ漫画13冊紹介。

まずは13冊をサクッと紹介し、その中から5冊ピックアップして感想や考察を語りたいと思います。

漫画・ラノベを無料で読む(99%OFFクーポン出現中)
スポンサードリンク

動画解説:漫画紹介【銀魂77巻(最終巻)、ヒロアカ24巻、ワンパンマン20巻】ジャンプ新刊の感想・考察(約9分)

2019年8月5日までに買って読んだ漫画13冊一覧

  • バキ道 3巻
  • 薬屋のひとりごと 3巻
  • ミステリと言う勿れ 3巻
  • きんいろモザイク 10巻
  • LV999の村人 1巻
  • あせとせっけん 2巻
  • 銀魂 77巻(最終巻)
  • 僕のヒーローアカデミア 24巻
  • ワンパンマン 20巻
  • 約束のネバーランド 15巻
  • ゆらぎ荘の幽奈さん 17巻
  • 終末のハーレム 9巻
  • ワンピース 93巻

月の上旬ということで、ジャンプ作品多めのジャンプ祭りw

せっかくなので今回はピックアップもすべてジャンプ祭りでいきたいと思います。

>>最新マンガおすすめランキングへ

>>漫画アプリ・電子書籍のおすすめランキングへ

 

感想・考察を語るピックアップ漫画5冊

今回の感想や考察を語るピックアップ漫画は、『ワンパンマン20巻』『約束のネバーランド15巻』『ゆらぎ荘の幽奈さん17巻』『僕のヒーローアカデミア24巻』『銀魂77巻(最終巻)』の5冊。

ワンパンマン 20巻

アニメ2期では途中で終わったガロウ編、原作ではまだまだ続いております。

ついにヒーロー協会と怪人協会の全面対決。

いつもながらヒーローと怪人の対決で王道バトルを展開しつつ、主人公のサイタマは斜め上な行動をするという展開。

これがワンパンマンのパターンなので、それはいいんですけれども、今回は10巻以上もこのエピソードが続いているので、いつも通りにこれでサイタマが締めるとちょっと物足りないかなと。

これだけガロウにフィーチャーしたんだから、ガロウに最後は魅せて欲しいなと思います。

あと、タツマキなどのS級上位の実力者のバッチバチのバトルもそろそろ見たいよね。

>>バトル系漫画おすすめランキングへ

 

約束のネバーランド 15巻

また、エマさんがやってくれましたw

無慈悲なダークファンタジーに、考察がはかどる謎やサスペンス。

そこにエマのジャンプ主人公らしい理想主義を絡めてくるのが約ネバでしょう。

世界観だけだと暗くなるところを、子供たちの明るさで中和している感じで。

そんな中、他の子供たちは目的のためにはある程度の手段は受け入れる現実的主義なところがある一方、エマは一人になったとしてもどこまでも理想を貫くある意味で怖さもあるキャラクターですよね。

みんなが盛り上がっている中、今回もエマさんが水を差すような発言。

人によってはエマ嫌いな人も多いんじゃないかなと、みんなを助けるためというより、自己中と取られても仕方がないと思えるキャラクターですよね。

僕はエマに限らず、約ネバのキャラクターにあんまり好き嫌いはないので、今回もエマさんやってくれたね~という感じでその部分も楽しんでおります。

約ネバに関してはキャラより世界観や謎の方が好きなので、エマが引っ掻き回すことで今回も新たな謎が解明される形になっているので、それはそれでいいんじゃないかなと思ってます。

>>約束のネバーランドの感想・評価・考察へ

 

ゆらぎ荘の幽奈さん 17巻

宮崎千紗希26歳、結婚します!

幽奈さんとは思えない、泣けるラブロマンス。

今回はいい意味で裏切られましたね。

自分の幸せより好きな男や周りの友達の幸せの方を優先する。

もう宮崎さんがメインヒロインでいいんじゃなイカ?

そう思えるような17巻でした。

今回は泣かされたね~

かと思えば、乳揉み地獄列車などのいつも通りのお色気も平常運転で、

ギャップっ!?

いいたくなる巻でもありました。

>>ゆらぎ荘の幽奈さんの感想・評価・考察へ

 

僕のヒーローアカデミア 24巻

今回はヒーロー未登場の敵同士のバトル回。

ヴィラン連合のキャラクターの過去や想いが明かされる回でもありましたよね。

個人的というか多くの人にとって一番印象深かったのは人気キャラであるトガヒミコのエピソードじゃないかなと思います。

トガちゃんはもちろん、それ以外のキャラクターも掘り下げられていて、人間ドラマの部分ではジャンプの王道バトル系マンガではヒロアカが一番ですね~

ヒーローとかヴィランとか非現実的な存在でありながら、悩みとか想いとかは人間的でリアルといいますか。

そういった部分が他の作品と比べて共感できるんですよね~

これだけ掘り下げられちゃうと敵というよりもダークヒーローというような感じになってきますよね。

作者は単純な悪対正義を描くのではなく、主張が違う人間同士のぶつかり合い、ヒーローVSダークヒーローを最終的に描きたいのかなと感じる24巻でもありました。

>>ヒロアカの感想・評価・考察へ

 

銀魂 77巻(最終巻)

終わる終わる詐欺、ついに終わりましたよw

まずは銀魂77巻での完結、おつかれさまでした!

ラストバトルということでシリアスに行くと見せかけて、随所に銀魂らしく笑いを入れてきましたね~。

テニプリっていいよね~から始まり、ドラゴンボール風のナレーション入れてきたりとか(笑)

そんな笑いで攻めつつも終盤に向けてしっかりと泣かせてくる。

この笑いと泣きの絶妙なブレンドがやっぱり銀魂ですよね。

笑いで攻めればもっと続けられたと思うのですが、空知先生も疲れちゃったのかもしれませんね。

77巻、連載15年というトンデモナイない数字ですからね。

とはいえ、劇場アニメ第3弾も決まり、俺達の旅はまだまだ終わらない!

劇場アニメも期待しています!

>>銀魂の感想・評価・考察へ

 

2019年8月5日の漫画紹介・感想・考察まとめ

やっぱり月の上旬はジャンプ祭り、そして今回は銀魂フィナーレ祭りじゃあ~!

>>最新マンガおすすめランキングを見る

>>漫画アプリ・電子書籍のおすすめランキングを見る

マンガ・ラノベを無料で読む
31日間無料でアニメを見る