あなたの心のマンガ図書館:すやまたくじです。

今週もやってまいりました、1週間に読んだマンガのざっくり紹介が。

今回は2019年9月16日までに買って読んだ漫画12冊をサクッと紹介。

さらに、何冊かはピックアップして感想や考察も語っていきます。

動画解説:購入漫画紹介【ヒナまつり17巻、魔法使いの嫁12巻、のんのんびより14巻】などの感想・考察(約10分)

ハルタやチャンピオンなどの紹介購入漫画12冊一覧(2019年9月16日版)

今回は月の中旬ということもあって、週刊少年チャンピオンやハルタなど、雑誌はバラバラとなっております。

>>最新マンガおすすめランキングへ

>>漫画アプリ・電子書籍のおすすめランキングへ

 

のんのんびより 14巻

アニメ化もされた田舎の日常コメディは健在。

のんのんびよりの場合、絵柄や雰囲気などがアニメと原作であんまり差がないのがいいですよね、安心して読めるので。

今回は卒業生のひか姉・このみ・駄菓子屋の三人がけっこう絡んできたのが良かった。

特に過去編と言うんですかね、この三人が学校にいるときの話が出てきたのが面白かったですね。

アニメ版にも出てきた駄菓子屋の学生編、学校がいる駄菓子屋がいつもと違ってシュールに見えてしょうがなかったw

>>のんのんびよりも含む日常系漫画ランキングへ

 

弱虫ペダル 63巻

物議を醸しだしたインターハイ2年生編決着!

良いか悪いかは一旦置いといて、この時代にこの展開を持ってくるのは逆にすごいなとは思いました。

>>弱虫ペダルも含むスポーツ系漫画ランキングへ

 

あつまれ!ふしぎ研究部 7巻

侵略!イカ娘の作者がおくる今度はお色気ありのギャグ・コメディ。

表紙通りのギャルの田中さん活躍回。

この田中さんがなかなあ良い味出していまして、ヒロイン勢よりもむしろいいんじゃないかな?と。

ギャグの方も前作のようなテンポ良さとシュール感は健在ですが、イカ娘的なインパクトがあるキャラがいないのがちょっと弱いかなと感じます。

>>あつまれ!ふしぎ研究部も含むコメディ漫画ランキングへ

 

シロクマ転生 森の守護神になったぞ伝説 1巻

今度の異世界転生は白熊です。

YouTubeのコメントでおすすめされて読んだ作品で、ライトノベルが原作でそれをコミカライズしたもの。

亜人の姉妹を助けたことから、その子たちにモテモテになるといったハーレム要素もあり。

でも、白熊だから人間の男と比べるとうらやまけしからん!度が下がるのがポイントですね。

>>ファンタジー系漫画ランキングへ

 

今日、小柴葵に会えたら。1巻

こちらもYouTubeのコメントでおすすめされて読んだもの。

可愛い女の子たちの恋と友情を描いたいわゆる百合ものですね。

1巻を読む限りはそんなにハードなものではなく、やがて君になるような女の子同士の恋愛を描いたものって感じですね。

また、大学生の現在と高校生の過去を行き来しながら物語進んでいくのも面白い。

そして、何よりこの絵が可愛さがこういった作品重要ですよね。

ラノベ好きだったら気付いている人も多いと思いますが、『弱キャラ友崎くん』のイラストを描いているフライ先生が絵を担当。

さらに原作は

政宗くんのリベンジ』の原作を務めた竹岡葉月(たけおかはづき)先生と強力な二人がタッグを組んだ。

どちらかが好きだったら見逃せませんね。

>>恋愛系漫画ランキングへ

 

CITY 1巻

こちらもYouTubeのコメントでおすすめされて読んだ作品。

この感じ、なんか見たことあるな~?っていう人いません?

僕は表紙を見たときにそう思いました。

それもそのはず、あの京アニの伝説のギャグアニメ『日常』の原作漫画と同じ作者が描いたものだから。

今のところ京アニが唯一描いたギャグアニメ、その原作ですからね。

しかも、このシティ、ノリやテンポもあの感じなだけでなく、『日常』のパラレルワールド的な描写もされている。

日常好きなら一度は読んでみる価値あり。

>>ギャグ・コメディ系漫画ランキングへ

 

寄生獣リバーシ 3巻

本編『寄生獣』の裏側で起こっていた事件を描くスピンオフ漫画。

本編の方では右手にパラサイトを宿す男が主人公でしたが、こっちのリバーシでは左手にパラサイトを宿す男が敵。

人間の頭脳とパラサイトの戦闘力を持つので非常に厄介。

本編のキャラも絡んでいるので、原作やアニメで寄生獣を見ている人に楽しめる内容となっています。

>>寄生獣も含むSF系漫画ランキングへ

 

魔法使いの嫁 12巻

アニメ版の続きとなる学院(カレッジ)編。

一気にキャラクターが増えて、その付き合いで色んなチセやエリアスが見れる一方、キャラが多すぎてなかなか覚えられないのがネックブリーカー。

絵やストーリーの展開も含めて、キャラの描き分けがまだうまくいっていない印象を受けますね。

>>魔法使いの嫁も含むファンタジー系漫画ランキングへ

 

灼熱カバディ 12巻

カバディの印象を一変させる熱血スポ根マンガ。

カバディというとマイナースポーツということもあって、芸人のコントとか、

あと『ちおちゃんの通学路』という作品ではカバディ先輩という強烈なキャラクターもいまして、女の子好きな先輩がカバディを通してセクハラしたりするのですが、

そういった影響もあって、知らない人はギャグやネタ的に印象を持っている人もいるんじゃないでしょうか?

そんな先入観を吹っ飛ばす熱さがここには詰まっています。

僕の中ではドッジボールと格闘技を合わせたような激しいスポーツという印象。

これ合っているか分からないのですが、僕の中ではそんな感じですね。

>>灼熱カバディも含むスポーツ系漫画ランキングへ

 

ミステリと言う勿れ 5巻

ミステリー漫画と見せかけて謎解きよりも犯人などのそれに関わった人たちの悲しい人間ドラマを見せてくる作品。

今回は毒親が出てきたのですが、日本の社会に切り込むような部分もけっこうある作品ですね。

日本ではこうだけど、海外ではこんな風に対応されているとか。

なので、ミステリと言う勿れというタイトルなのかな?と、5巻にして気付きました(笑)

女性誌で連載されている漫画ですが、男性が読んでも十分に楽しめますね。

>>ミステリと言う勿れも含むミステリー系漫画ランキングへ

 

ダンジョン飯 8巻

お金がないからダンジョンでモンスターを倒して食べるファンタジー系グルメ。

この8巻も売れまくっていて、PVも作成されるなどアニメ化まで秒読みかな?という感じになってきましたね。

最初はコメディな感じだったのですが、徐々にダンジョン全体に関わるようなシリアスな要素も絡んできた。

8巻ではダンジョンに潜っている主人公たちはあいかわらずコメディなんですが、地上にいる人たちはエルフが絡んで大きな事件勃発と、

上と下でまったく温度差が違うストーリーが展開しているのが面白いですね。

>>ダンジョン飯も含むグルメ系漫画ランキングへ

 

ヒナまつり 17巻

ヒナまつりを知っているのはこの17巻の表紙で笑えるんじゃないかな?と(笑)

期待を裏切らない瞳さん回となっておりますw

CEO!CEO!となった瞳さんが…アニメ派の人にとってはこれだけで『どういうこと?』と思うかもしれませんが、色々とあったんです!

ここに来るまで色々あったんです!それは読んでもらわないと伝わらない!本当にここまで色々あったんで。

そんなCEOになった瞳さんがですね、いつまでも本気にならない新田に対してお怒りになるという話になっておりまして、

結果、新田は『ふわわ?』というちょっと壊れた状態に、一方ヒナはロックが過ぎる!状態になるという

もはや言葉で説明したところで何一つ伝わらない!けれど、読めば爆笑すること間違いなしの17巻となっております。

早くアニメ2期やってくれないかな~?

>>ヒナまつりも含むギャグ・コメディ系漫画ランキングへ

 

2019年9月16日の購入漫画紹介・感想・考察まとめ

今週はギャグ・コメディ系が強かった1週間。

>>最新マンガおすすめランキングを見る

>>漫画アプリ・電子書籍のおすすめランキングを見る

紹介した作品も無料試し読みOK