あなたの心のライトノベル:すやまたくじです。

今回はそんなアニメ化して欲しいラノベランキングをやって欲しいというリクエストが入ってきました。

ただ、わたしく2019年から時間的にアニメと漫画で手一杯になってラノベは読んでいないので、

それ以前に読んでいた作品とマンガ版は今でもガンガン読んでいるのと、

読んでいないけど非常に気になっている作品がいくつかあるので、それらを中心にピックアップしたいと思います。

それではさっそくランキングにいきましょう!

ヒューマンアカデミー

動画解説:【2019年最新ラノベ編ランキング】アニメ化して欲しいライトノベルおすすめベスト10(約12分半)

2019年アニメ化して欲しいライトノベルおすすめランキング

アニメ化して欲しいラノベ&ライトノベル原作の漫画をピックアップ。

また、読んでないけど気になっている作品も入れています。

>>ベスト版:ライトノベルおすすめランキングへ

>>その他のジャンル別・年代別アニメのオススメランキングへ

10位:新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙(ようひし)

  • ジャンル:ファンタジー、経済、政治・宗教
  • レーベル:電撃文庫・2016年~

狼と羊皮紙(ようひし)は、電撃文庫の大ヒットラノベ『狼と香辛料』の続編。

前作のヒロイン:狼の化身であるホロの娘ミューリと、前作では子供だったコルが青年となった姿で二人で各地を旅するという物語。

その道中で色んな権力争いに巻き込まれ、ファンタジーの世界でありながら政治・経済・宗教といった異色な特徴は前作と同じ。

ただし、前作では商人で主人公のロレンスがたびたび賢狼と呼ばれるホロにも負けないお口の達者さでトークを楽しませてくれましたが、今回のコルは良い人すぎて度々ミューリに言いくるめられてしまうのが物足りない。

ただ、狼と羊皮紙と連動して狼と香辛料も再開されたので、こちらをメインとしてくれるならベスト3にも入るアニメ化して欲しい作品ですね。

物語的には子供たちがメインでこちらがサブになりそうですが。

 

9位:理想のヒモ生活

  • 異世界召喚ファンタジー、政治
  • ヒーロー文庫・2012年~

理想のヒモ生活は、ヒーロー文庫から刊行されている異世界に女王のお婿として召喚されるという物語。

こちらは漫画版を読んでいます。

よくある異世界召喚ファンタジーですが、女王のお婿として召喚される、さらに国は女王制なので子作り以外は何もしなくていいというタイトル通り『けしからん!』展開となっていますw

そっから酒池肉林(しゅちにくりん)酒池肉林な何もしなくていい王様生活が始まるかと思ったのですが、主人公が真面目で全然そんな展開にならない。

メイドさんも周りにいっぱいいるのに!(泣)

ただ、そこから政治的な展開も見せて、自らが直接戦うというわけではなく、王族しての振舞いで展開していくストーリーが他の異世界ファンタジーにはない面白さがあります。

でも、酒池肉林するまさに王様なハーレム展開だったらもっとランキングの順位は上でした(笑)

 

8位:ひげを剃る。そして女子高生を拾う。

  • ラブコメ、日常コメディ
  • 角川スニーカー文庫・2018年~

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。は、タイトルからしてけしからん!においがぷんぷんする角川スニーカー文庫のライトノベル。

そして、タイトル通りに女子高生との共同生活が始まるというね、現実だったらとっ捕まるドキドキの展開の日常系ラブコメとなっています。

そういった意味ではもはや異世界ファンタジーと変わらないファンタジー度がありますよね(笑)

こちらは全く読んだことないのですが、テレビCMを見てこのタイトルとこの絵柄で『むむむっ!』と気になっている作品です。

早くアニメ化して欲しい!

でも、テーマ的にスポンサーが付くのかっ!?

 

7位:現実主義勇者の王国再建記

  • 異世界召喚ファンタジー、政治
  • オーバーラップ文庫・2016年~

現実主義勇者の王国再建記は、オーバーラップ文庫から刊行されている異世界召喚ファンタジーに政治を絡めたライトノベル。

こちらも漫画版を読んでおります。

タイトルからすると勇者となるため異世界から召喚されるよくあるパターンと思う方もいるかもしれませんが、こちらは勇者となってモンスターと戦うのではなく、王となって国を立て直すという流れ。

なので、王国再建記ですね。

人材集めや内政・外交など、王道異世界ファンタジーとは全く違ったストーリーが見れます。

 

6位:フルメタル・パニック! アナザー

  • SF、ミリタリー、ロボット
  • 富士見ファンタジア文庫・2011~2016年・全13巻

フルメタル・パニック! アナザーは、富士見ファンタジア文庫の大ヒットラノベ『フルメタ』の12年後を描いたスピンオフ作品。

ロボットが登場するSFミリタリーの流れはそのままに、本編とは違う主人公が本編にも登場したキャラ達と絡みながら世界各地を回っていく。

こちらもそこそこ売れたので本編と同じくアニメ化すると思ったのですが、2016年に完結しているのに未だにアニメ化の予定なし。

まだ本編がアニメでは完結してないので、そっちが終わってからなのかなという感じ。

本編アニメもあと1クールもあれば終わるので、なんとかこちらも早めにアニメ化して欲しいところ。

>>フルメタの感想・評価・考察へ

 

5位:とんでもスキルで異世界放浪メシ

  • 異世界召喚ファンタジー、グルメ
  • オーバーラップノベルス・2016年~

とんでもスキルで異世界放浪メシは、オーバーラップノベルスで刊行されている異世界召喚ファンタジーとグルメを絡めた物語。

こちらも漫画版を読んでいます。

こちらもよくある勇者として異世界に召喚されるのですが、戦うスキルが貧弱で召喚した国からは戦力にならないと判断されてお役御免に。

が、実は『ネットスーパー』という異世界でも現実のネット通販が利用できるスキルを持っていて、持ち前の料理の腕と合わせてフェンリル・特殊なスライム・女神など、様々なキャラクターの胃袋を掴むことで商人として、

さらに、フェンリルやスライム、女神から与えられた力によって冒険者としても頭角を現していくストーリー。

自らが戦うよりも周りに助けてもらう、そのためにグルメを振舞う点に力を入れている点が他との大きな違いです。

 

4位:ブサメンガチファイター

  • 異世界召喚ファンタジー
  • 光文社ライトブックス・2018年~

ブサメンガチファイターは、光文社ライトブックス刊行のゲーム的なステータスが存在する異世界召喚ファンタジー。

こちらも漫画版で読んでいます。

こちらは冒険の前にステータスを振り分けられるのですけれども、そこでルックスのパラメーターを下げたり、弱点を作ればボーナスポイントがもらえてステータスにさらに振り分けることができる。

そこで主人公はルックスを最大限まで下げ、さらに女性に触れられると大ダメージという弱点も追加。

ラブコメ主人公の権利を犠牲にした結果、チートを超える神爆誕!という力を手に入れます。

そのためにしても、いろいろと犠牲にしすぎだろっ!?と思いますがw

また、冒険の方も自分が前に出て無双するのではなく、仲間を影からこっそりサポートする。

チートじゃなくてもはや神なんでね(笑)

自らが目立たないというやり方も好感が持てます。

 

3位:弱キャラ友崎くん

  • 学園、ラブコメ
  • ガガガ文庫・2016年~

弱キャラ友崎くん(じゃくきゃらともざきくん)は、ガガガ文庫刊行のゲームを絡めた学園ラブコメディ。

友崎くんについてはわたくし全く存在すら知りませんでした。

最初聞いたときは2014年にアニメが放送された『月刊少女野崎くん』のスピンオフなのかな?と思ったぐらいなので。

これをプッシュしている動画をたまたま見まして、それによるとラノベのラブコメでは現時点では一番おもしろい!

同じガガガ文庫の『俺ガイル』よりもおもしろい!と、熱弁しているのを聞いて、

なんだとっ!?

と、わたくし思った次第です。

俺ガイルこと『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』といえば、ガガガ文庫どころかラノベ界を代表するヒット作。

アニメも大ヒットし、2019年に3期決定で再び盛り上がっております。

そんな俺ガイルよりも本当に面白いのかい?と。

やい、紹介者!本当に俺ガイルよりも面白いのかい?面白くないのかい?

やい、それだったらテレビアニメで勝負をつけてやろうじゃないかいと、わたしく敢えて漫画版も読まずにアニメ化を待ってる状態です。

まあ、一体何を勝負するのか分かりませんが(笑)

 

2位:薬屋のひとりごと

  • ミステリー、ファンタジー、ラブコメ
  • ヒーロー文庫・2014年~

薬屋のひとりごとは、ヒーロー文庫から刊行されている薬学の専門知識で事件を解決していくミステリーファンタジーにラブコメも絡めた物語。

こちらも漫画版で読んでいます。

中国をおもわせる架空の帝国の後宮(皇帝の嫁などが集まる女の園)を舞台に、女官(にょかん)として働く主人公が薬学の知識を使って宮廷内で起こる事件や謎に迫っていく。

日頃は日常コメディのような女たちの生活を、事件が起こるとその時とはまた違った女たちのドラマを見せる。

あんまりライトノベルでは見ないオンリーワン的な魅力がある作品ですね。

主人公も日頃は冷めていて恋愛にも全く興味ないのですが、毒の前では喜々とするなどかなり変わり種。

 

1位:俺の妹がこんなに可愛いわけがない あやせif

  • ラブコメ
  • 電撃文庫・2019年~(本編は2013年に全12巻で完結)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない あやせifとは、2013年に完結した兄と妹のホームコメディにラブコメを加えた電撃文庫の大ヒットラノベ『俺妹』のifルート。

あやせifはゲームで搭載されたifルートに加筆・修正されたもの。

一応、12巻で完結した本編の続きとなる13巻となっていますが、続編というよりスピンオフですね。

本編の方は最後ごちゃごちゃとなって『あっ!』という感じで終わり賛否両論巻き起こしましたが(否の方が多かったかな~)、ようやくそれとは違ったエンディングが見れそうです。

しかも、今回は妹以上に人気が高いと言われるあやせがヒロインということでアニメ化するっきゃないよ!と。

ちなみにifルートはあやせ以外もあるので、これが売れたら他のルートのラノベも刊行するそうで。

アニメ化されたら、それらをまとめたifルート祭りになりそうです。

>>俺妹の感想・評価・考察へ

 

ジャンル別でオススメを探す

こちらも随時更新。

 

年代別でおすすめを探す

こちらも随時更新。

 

漫画のオススメを探す

こちらも随時更新。

  • 漫画・・・殿堂入り漫画のベスト版ランキング

 

2019年アニメ化して欲しいライトノベルおすすめランキングまとめ

なんだか異世界ファンタジーとラブコメばかりになっちゃったね。
ちなみにマンガ版で読んでいる異世界ファンタジーは全部行きつけの美容師さんに教えてもらったものです。

>>ベスト版:ライトノベルおすすめランキングを見る

紹介した作品も無料試し読みOK アニメ圧倒的見放題 オタク専用街コン