あなたの心のシネマ劇場:すやまたくじです。

今回は2019年の劇場アニメ総決算、ベスト10ランキングを。

しかも、わたくしがただ好きなベスト10を選ぶわけではございません。

興行収入、しかも1映画館あたりの数字で順位付けしました。

天気の子や名探偵コナンを上回る深夜アニメ勢は出てくるのか?

また、個人的に面白かったベスト3も最後にサラッと紹介します。

動画解説:2019年劇場アニメ興行収入(1映画館あたり平均)ランキング~天気の子や名探偵コナンを上回る深夜アニメも出る?(約11分)

目次

2019年劇場アニメ興行収入(1映画館あたり)ランキング

今回は2019劇場アニメの興行収入ランキング。

とはいえ、これ普通にやったら天気の子や名探偵コナンなどの有名作が上位争いするのでアニメ好きにとっては面白くない!

そもそも有名作ほど公開している映画館の数が多く、深夜アニメ勢はかなり少ない作品もありますからね。

これだと勝負がフェアじゃない!ということで、ここでは1映画館あたりの平均興行収入でランキング付けしました。

つまり、上映している映画館が少なくて合計の興行収入が低くても、1映画館あたりの平均興行収入が高ければランクインするという仕組み。

これなら深夜アニメ勢でも天気の子や名探偵コナンに勝てるかもしれない!

 

一般人も知っている超有名作2019年劇場アニメ興行収入ランキングベスト3

と思ったのですが、天気の子や名探偵コナンなどのアニメファン以外の一般人もたくさん見る超有名作は別格でした。

合計の興行収入も物凄いですが、1映画館あたりの平均興行収入もものすごく高い!

というわけで、一般人も知っている超有名作は別枠で先にベスト3を紹介します。

3位:劇場版 ONE PIECE STAMPEDE(ワンピース スタンピード)

超有名作の第3位は1562万で劇場版 ONE PIECE STAMPEDE(ワンピース スタンピード)

合計の興行収入は55億と前作と同じぐらいの数字を叩き出しました。

原作漫画もあいかわらず売れていて、さすがの安定感。

 

2位:名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)

超有名作の第2位は2561万で名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)

合計の興行収入は大台間近の93億円。

前作の『ゼロの執行人』に続き、今回も惜しくも100億円には届かず!

原作漫画ではワンピースの方が売れてますが、映画ではコナンの方が上。

女性客が多いのが強いみたいですね。

 

1位:天気の子

超有名作の第1位は3910万で天気の子。

合計の興行収入は140億円と合計でも平均でも2019年劇場アニメの中では断トツの1位。

『君の名は。』の250億円には届きませんでしたが、新海ワールドさすがです。

 

女性向け2019年劇場アニメ興行収入ランキングベスト3

続きましては、女性向け劇場アニメも別枠でベスト3を紹介したいと思います。

男も女も全部まとめちゃうと、総合ランキングには1作品しか入って来なかったので、女性向けは女性向けでピックアップします。

3位:劇場版 えいがのおそ松さん

女性向け第3位は484万で劇場版 えいがのおそ松さん。

合計の興行収入は6.1億円

さすがに話題になったおそ松さん。

とはいえ、話題性からもうちょっと行くかなとは思ってましたけど。

 

2位:劇場版 Free!-Road to the World-夢

女性向け第2位は507万で劇場版 Free!-Road to the World-夢。

合計の興行収入は3.7億円。

公開していた映画館が少なかったのでおそ松さんより合計は下ですが、平均興行収入では勝ってきました。

これが今回のランキングの醍醐味ですね。

ちなみに、おそ松さんもFree!も男性で見ている人も多いと思いますが、女性客の比率でこちらのランキングに入れました。

どちらにしろ、総合だとこの2作品はベスト10には入ってきませんので。

 

1位:劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム

女性向け第1位は1357万で劇場版うたの☆プリンスさまっ マジLOVEキングダム。

合計の興行収入も17.1億円と女性向け2019年劇場アニメでは圧倒的な強さ。

そして、この後に発表する総合ランキングに入れてもトップクラスの数字となっています。

 

2019年劇場アニメ興行収入ランキングベスト10

アニメ好き、特に深夜アニメ好きにとってはこっからが本番と言ってもいいでしょう!

ここからはそんなアニメ好きのための2019年劇場アニメベスト10ランキングとなります。

10位:劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉

第10位は598万で劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉

合計の興行収入は15億円とトップも狙える数字ですが、公開していた映画館が圧倒的に多かったため、平均だと10位となりました。

とはいえ、1980年代の作品がベスト10に入ってくるっていうのは快挙ですよね。

 

9位:プロメア

第9位は700万でプロメア。

合計の興行収入は14億円。

プロメアに関しては序盤はたいした数字じゃなかったのですが、公開してから口コミで数字を伸ばしたロングヒットとなりました。

わたくしは初日に観に行ったのですが、その時ガラガラでした。

それがここまで数字を伸ばしたのは凄いですね。

 

8位:映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説

第8位は同じく700万で映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説。

プロメアと同じ数字ですが、プロメアよりも公開している映画館が少なかったため、このすばの方を上としました。

合計の興行収入は7億円。

ギャグコメディでこの数字は驚異的です。

 

7位:劇場版 幼女戦記

第7位は735万で劇場版 幼女戦記。

合計の興行収入は3.6億円。

アニメの中でもさらに少ない公開映画館数。

さらに、シティーハンターとコードギアスの公開日が近いため、人によってはあまり印象がない人もいるかもしれませんが、平均興行収入はけっこうな数字を叩き出しております。

 

6位:ガールズ&パンツァー 最終章 第2話

第6位は750万でガールズ&パンツァー 最終章 第2話。

合計の興行収入は4.5億円。

ガルパン、そしてそれを応援するガルパンおじさんまだまだ強しっ!

 

5位:ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 –

折り返しの第5位は771万でヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 –

合計の興行収入は6.4億円。

一部を除き、3週間限定で上映でこの数字はたいしたもの。

やはり、京都アニメーションの底力を感じました。

 

4位:ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow

第4位は867万でラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow。

合計の興行収入は11.1億円。

さすがのラブライブ、安定した強さです。

 

3位:コードギアス 復活のルルーシュ

第3位は916万でコードギアス 復活のルルーシュ。

合計の興行収入は11億円。

こちらも2000年代の作品でありながら、その続編映画がこの数字と順位。

男性だけでなく、女性客も多いのがコードギアスの強みですね。

 

2位:青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない

第2位は1194万で青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない。

青ブタは最初は公開している映画館が31しかなく、そこでガツン!稼いでこの数字。

けれど、そこから徐々に95まで公開している映画館を増やし、最終的な興行収入は5億円となりました。

それだと、5億÷95=526万にしかならないのですが、最初の31しか公開してなかった時の数字が驚異的だったのと、あとから追加された映画館は上映している期間が短ったので31の頃の平均興行収入を採用してこの順位としました。

 

1位:劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel] II.lost butterfly

2019年劇場アニメ平均興行収入第1位は1275万で劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel] II.lost butterfly

合計の興行収入は16.7億と合計と平均の二冠を達成。

さらに、制作会社のユーフォテーブルはテレビアニメ『鬼滅の刃』でも円盤売上などが絶好調!と、

アニメ会社で見てら2019年はユーフォテーブルの年でしたね。

 

個人的におすすめの2019年劇場アニメランキングベスト3

最後にサラッと僕が2019年劇場アニメの中で観た33作品の中から特に面白かったおすすめベスト3を。

第3位は『天気の子』

特別ファンというわけじゃないけれど、新海ワールドは芸術の域。

第2位は『劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel] II.lost butterfly』

Fate好きにもバトル好きにもたまらない、アクションはユーフォテーブルが一番ですね。

第1位はヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 –

やっぱ京都アニメーションは最高っス!この90分だけで一体何度泣かされたことか…。

あと、番外編として『劇場版 冴えない彼女の育てかた Fine』も挙げたい。

というのも、わたくしテレビ版の冴えカノはそこまで好きじゃなかったのですよ。

そんな評価を吹っ飛ばした!劇場版、想像以上に泣かされました。

ちなみに、冴えカノは平均興行収入545万、合計興行収入6.6億です。

 

2019年劇場アニメ興行収入(1映画館あたり)ランキングベスト10まとめ

あなたの好きな作品は入っていたでしょうか?
合計ではなく、平均興行収入にすることで深夜アニメの底力が見えたんじゃないかなと思います。

>>劇場版も含むベスト版アニメおすすめランキングを見る

>>アニメ向け動画配信サイトおすすめ比較ランキングへ