あなたの心の関連アニメ:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回はそんな2020年秋アニメ、関連過去作編ー!

秋アニメをもっと面白くする♪

前回は2020年秋アニメの隠れ名作を紹介しましたが、今回は秋アニメをもっと面白くする関連過去作を紹介します。

動画解説:面白さ倍増!2020年秋アニメをもっと面白くするおすすめ関連過去作【安達としまむら、トニカクカワイイ、まえせつ】(約10分)

2020年秋アニメをもっと面白くするおすすめ関連過去作

今回は面白さを倍増する2020年秋9作品の関連過去アニメを紹介。

具体的には直接的な続編とかスピンオフではないけれど、何かしらの繋がりがある、または特徴が似ている作品を紹介。

新旧を掛け合わせることで、秋アニメをもっと面白くしようじゃないかというコーナーとなっています。

ちなみに、ブログ版、または動画の概要欄で今回紹介する原作版の試し読み、考察などの関連動画をまとめています。

気になる方はそちらもチェックしてみてください。

>>アニメにおすすめの動画配信ランキングへ

神様になった日

青春アニメが得意なアニメ制作会社『P.A.WORKS(ピーエーワークス)』と泣きゲーが得意なゲーム会社『Key(キー)』が再びタッグを組んだ第3弾。

ボーイ・ミーツ・ガールの到達点な伏線と青春を絡めたファンタジーものとなっています。

ここは第3弾と言ってるぐらいなので、関連過去アニメは第1弾の『Angel Beats!(エンジェルビーツ)』と

第2弾の『Charlotte(シャーロット)』

物語に直接的なつながりはないですが、関連する小ネタを随所に入れてくるので、見ていれば『神様になった日』の面白さが倍率ドン!

特に第2弾の『Charlotte(シャーロット)』とはメインヒロインの声優が同じということで、その辺の小ネタも入っています。

 

まえせつ!

吉本興業も協力しているお笑い芸人を目指す女の子たちのコメディ。

アニメでは珍しく、漫才や大喜利がガンガン出てくるのが特徴となっています。

そんなまえせつ!の関連過去アニメは、京アニの大名作の一つ『らき☆すた』

こちらも直接的なつながりはないですが、キャラクター原案が同じ人ということで、第1話では担当声優がそのまんまキャラとして登場するなど、そのらき☆すたネタがガンガンに入れてきた。

ちなみに、らき☆すたは同じ京アニで主役の声優も同じことから、『涼宮ハルヒの憂鬱』のパロディも入れてくるなど、ハルヒは好きだけどらき☆すたは観ていない人にもおすすめですね。

 

アクダマドライブ

秋の隠れ名作でも紹介して一番反響もあった今期のダークホース。

スタイリッシュな演出とオンリーワンな世界観でどんどんファンを増やし中。

そんなアクダマドライブの関連過去アニメは二つ。

一つ目は『ダンガンロンパ』

原案とシリーズ構成が同じ人で、「超高校級」な高校生が卒業するために仲間を殺し合う、そして事件解決は学級裁判で行うという独特の世界観はアクダマドライブ以上。

ちなみに、ラスボスはドラえもんですw

二つ目は『ペルソナ4』

こちらは監督が同じ人で、地方都市で起こる連続殺人事件を現実の調査と異界のバトルで解決していくSFファンタジーミステリー。

アクダマドライブのスタイリッシュな演出はここから来ている。

どちらもゲームが原作なので、ゲーム的演出が強いのも特徴です。

 

ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN(ストパン)

こちらも秋の隠れ名作とかプッシュしたけれど、一番反響がなくてなんだか泣きそうになっちゃうメカ少女たちが戦う架空戦記と日常ものを合わせたアニメ。

突如現れた謎の敵ネウロイによって歴史が変わり、世界大戦は起こらず、魔法が使えるウィッチを中心にネウロイと戦うという物語。

そんなストライクウィッチーズの関連アニメは一部スタッフが同じガルパンことガールズ&パンツァー。

戦車道というスポーツが存在する世界で、ミリタリーにスポ根と女子たちの日常コメディを絡めたことで爆発的ヒット。

こちらも未だに続編も作られている人気シリーズです。

ストパン3期5話では、ウィッチが戦車を操縦するシーンが出てくるなど、より繋がりを感じさせる演出もあり。

 

ひぐらしのなく頃に業

今期トップクラスの話題作、古い慣習が残る村で巻き起こる衝撃のサスペンスミステリーひぐらしのなく頃に業。

リメイクじゃなく新作と判明したので、こちらは2007年版の旧作を観ておきたいのはもちろん、

もう一つ原作者が同じ『うみねこのなく頃に』も見ておくのもベター。

直接的な続編というわけではないのですが、同じ姿がしているキャラクターが出ているつながりがある。

原作ファンの中にはこの『うみねこのなく頃に』のキャラが『ひぐらしのなく頃に業』に出てくると予想している人もいる。

ただ、『OP考察』でも語った通り、先に放送されたのがひぐらし、うみねこアニメ版は人気がなくて解決まで描かれなかったことから、アニメファンが混乱するのでわたくしはここはないかなと思いますが。

 

体操ザムライ

こちらも秋の隠れ名作で紹介したアクションに定評がある制作会社『MAPPA(マッパ)』が今度は体操アニメに挑んだ。

体操のアクションはもちろん、クセ強のキャラクターで魅せる。

そんな関連過去アニメは、そのMAPPAを一躍有名したスポーツアニメ『ユーリ!!! on ICE』

男子フィギュアスケートをテーマに、体操ザムライでも見せている解説とか周りにも気合を入れちゃう本格的なスポーツ描写に加え、こちらでは男のエロスをテーマに男性だけでなく、それ以上に女子から爆発的な人気を集めた作品。

特にまだ観ていない女子のみなさんは必見です。

 

トニカクカワイイ

謎のお嫁さん司ちゃんと勉強以外はポンコツのナサくんを中心に描く夫婦のイチャイチャラブコメディ。

今期の貴重なラブコメ枠として、イチャイチャが加速してからはさらにラブコメ好きのハートをゲットしています。

こちらの関連過去アニメは原作者が同じな『ハヤテのごとく!』

ハヤテのごとく!は執事とお嬢さまを中心としたハーレム系ラブコメで、直接的な続編ではないのですが舞台は同じなのか、同じキャラや場所なんかが登場しています。

そして、たぶん司ちゃんの外見などは『ハヤテのごとく!』の公式人気投票で三連覇したヒロイン:ヒナギクから持って来てるんじゃないかなと思います。

 

魔女の旅々

こちらも今期トップクラスの人気を誇る世界を旅する魔女の日常を描いたファンタジー。

ゆるふわファンタジーと見せかけて、救われないバッドエンドを挟んだことで色んな意味で火が付いた。

結果、ハッピー派もバッド派も巻き込んでさらに人気を上昇させました。

そんな魔女の旅々は関連アニメはないのですが、1話完結型でファンタジーな世界を旅するところと普段はローテンションな主人公の繋がりからよくこの2作品が挙がります。

一つ目は京アニの感動名作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

ヴァイオレットの手紙代筆の仕事を通して描かれる出会いと別れに色々なドラマあり。

いっちゃん泣ける!いっちゃんいいアニメと絶賛する人も多い。

そんな『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』以上に魔女の旅々と似ているアニメとして非常によく挙がるのが二つ目の『キノの旅』

キノがバイクに乗って『迷惑な国』とか『嘘つき達の国』とかいった国を回り、バッドエンドもちょこちょこと起こるという魔女の旅々と共通点の多い作品。

ちなみに、男の子っぽく見えますがキノは女の子とこちらも同じ。

魔女の旅々の世界が気に入ったのなら一度見ておいて損はなし。

 

安達としまむら

毎回Twitterのトレンド入りをするなど、今期の隠れたダークホースの半百合アニメ。

しまむらが好きな安達の百合と、安達を友達としてしか見ていないしまむらの日常を絶妙に掛け合わせた作品。

また、文学的な演出や空想的な心理描写を随所に入れてくるため、アクダマドライブとはまた違った意味で独特の世界観を構築しています。

そんな安達としまむらの関連過去アニメは、原作者が同じな『電波女と青春男』

こちらも直接的な続編ではないですが、自称宇宙人で未来人の少女ヤシロなど、つながりを感じさせるキャラが出ています。

ちなみに、『電波女と青春男』は百合ではなくSFラブコメ。

しかも、制作はあの名作を生み続けるシャフトということで、ラブコメ好きなら観ておいて損はなし。

 

2020年秋アニメをもっと面白くするおすすめ関連過去作まとめ

直接的な続編じゃなくても、関連作を見てるとより深く作品が楽しめるのでおすすめでっせ。

>>紹介作も含む2020秋アニメおすすめランキングへ