あなたの心のピンチヒッター:すやまたくじです。

アニメをより楽しむための記事をお送りしています。

今回は放送延期ラッシュが続く2020年春アニメについて。

リゼロ・俺ガイル・SAOなど、放送前から延期になった作品に続き、

放課後ていぼう日誌・富豪刑事・とある科学の超電磁砲Tなど、ついには放送中の作品まで放送延期が続々と出てきた。

さらに、これらは今のところいつまで延期するか未定。

そして、これからまだまだ放送延期になる作品が出てくるかもしれない。

今回はそんな見るアニメがグッと減った2020年春アニメのピンチを乗り切る5つの方法をお伝えしたいと思います。

動画解説:【放送延期ラッシュ】2020年春アニメを終わらせない5つの方法(約12分)

2020年春アニメのピンチ乗り切る5つの方法

どんどん放送延期が決まる中、

2020年の春アニメは終わったー!

とか

今期は観るアニメがないー!

といった悲鳴が上がっておりますが、こんな時こそ詰めを研ぐ絶好の機会。

ピンチをチャンスに変えちゃいましょう。

空いた時間を有効的に使うことによって、周りと差を付けることができるわけです。

そして、アニメ好きにとって、時間が空いた時に役立つのが過去作。

もちろん、今回はただのおすすめ過去作を紹介するわけではありません。

それは他の記事でやっておりますし、他のブロガーなんかもたくさんやってますからね。

わたくしが今回提案したいのは、2020年春アニメがさらに楽しめる5つの過去作となっています。

現在放送している春アニメの中から5作品ピックアップし、その5作品の面白さが加速するアニメを紹介するという形でございます。

 

球詠×過去作

まずは2020年春アニメを色んな意味でざわつかせている球詠から。

作画をいじられつつも、それ以上に球詠を愛する人からの褒める声も多い。

女子野球アニメのお家芸となりつつあるこの構図。

そして、女子野球だからこそ起こるこの賛否両論の嵐。

これ他のスポーツではなかなかこうはいかない、女子野球というこのジャンルに特別な魅力を感じます。

まあ、球詠は女子しかいない世界で、女子の甲子園的なものやプロもあるので、正確には王道の女子野球ものとは違うのですが。

そんな球詠をもっと楽しむ過去作と言えば、やはり女子野球アニメでございましょう。

特に女子野球アニメはまだまだ数が少ないので、全部観るというのもアリかもしれない。

そんな女子野球アニメと言えば、記憶に新しいところでは2019年に放送された『八月のシンデレラナイン』

こちらも作画を叩かれつつも、ストーリーの熱さで熱いファンを獲得。

女子野球アニメのお家芸はここから始まった。

球詠ファンだったらハチナイを見ている人も多いんじゃないかなと思います。

ただ、ハチナイは男もいる世界の王道的な女子野球アニメですね。

さらに、球詠やハチナイを見ている人が挙げることが多い2009年の『大正野球娘。』

こちらは実際の歴史を元にした女子野球の始まりを描いています。

2009年の作品ながら、作画はこちらの方がイイ!という感想もあるほど、評価が高い作品となっております。

他には、女子野球アニメの元祖で1998年放送の『プリンセスナイン 如月女子高野球部』

こちらはライバルは男子、各ジャンルの女子を集めて男に交じって甲子園を目指すという熱血スポ根もの。

元祖でありながら、なぜかプリンセスナインよりも大正野球娘の方がよく名前を挙げられる。

八月のシンデレラナインとか、プリンセスナインの方はタイトル的には近いのにね。

そして、わたくしがもっともおすすめしたいのは過去作ではなく、なんと球詠と同じ2020年春アニメの中に他にも女子野球的なアニメがございます。

それは『メジャーセカンド第2期中学生編』

これメジャーから続くロングシリーズなので、ちょっと知っている人にとっては、

メジャーセカンドは男子野球だろっ!?

と思うかもしれませんが、なんとこの中学生編ではメンバー9人中6人が女子!

これほぼ女子野球でございます。

しかも、その女子たちも実力派揃いということで、男子中心の他の中学校と戦っていくという熱いストーリー。

メジャーセカンドは土曜夕方のNHKで放送ということもあり、作画の方も気合が入っている。

さらに、声優陣も花澤香菜さん、佐倉綾音さん、上坂すみれさん、村川梨衣(りえ)さん、高垣彩陽(たかがきあやひ)さん、河瀬茉希(かわせまき)さんと人気者揃い。

かってこんなに気合の入った女子野球アニメはあっただろうか?いや、ない!

女子野球アニメ好きなら観るっきゃない!

>>メジャーセカンドも対象2020年春アニメおすすめランキングへ

 

神之塔 -Tower of God-×過去作

続きまして、韓国の人気漫画を原作とした神之塔。

日本の作品と違う雰囲気と塔を登る試練が話題となっている作品。

神之塔に掛け合わせたい過去作はハンターハンター。

こちらすでにネット上で神之塔を見るとハンターハンターを思い出すという意見が多く飛び交っています。

結果、ハンターハンターを見たことない人も興味を持っている人が徐々に増えている。

そのハンターハンターですが…

むっちゃ面白いですから!

仮にこの2020年春に放送されていたんだとしたら、トップを争うレベルに面白いと言っても過言ではない。

単純な強さで決まらない能力バトル、その能力を活かすための駆け引き、そして他にはない世界観と設定の奥深さ。

原作漫画は休載が非常に多いのに、7200万部以上売れており、今でも1冊平均200万部のビッグタイトルでございますから。

能力バトル好き、濃い設定やストーリー好き、考察好きだったら楽しめる確率は無限大。

アニメの話数もたっぷりありますので、空いた時間をガンガン埋めてくれます。

ちなみに、1999年版と2011年版の二つがありますが、これ続編ではなくて2011年版はリメイク版なので、2011年版を見て気になったら1999年版も見るという形でOKです。

>>ハンターハンターも対象ファンタジーおすすめランキングへ

 

BNA ビー・エヌ・エー×過去作

続きましては、トリガー送るオリジナルアニメ『BNA ビー・エヌ・エー』

人間と獣人がいる世界でその差別と衝突、人間と獣人の違いなどを描く社会派。

そこに突然人間から獣人になった少女みちるが獣人の街アニマシティに来たことから始まるガールズストーリーを絡めてくる。

今回もトリガーらしい前向きでエネルギーを感じる作品となっています。

そんなBNA ビー・エヌ・エーに絡めたい過去作はやはりトリガー作品。

トリガー作品といえば、グリッドマン・キルラキル・キズナイーバーに加え、

共同制作のダリフラやトリガーの中心メンバーが制作した天元突破グレンラガンなど名作揃い。

もちろん、これらも全ておすすめでございますが、

その中でも一番おすすめしたいのが『リトルウィッチアカデミア』でございますね。

こちらは人間社会に魔女がいる世界を描いたファンタジー。

そんな世界で魔女を目指す少女アッコが魔法学校に入学するところから始まる物語。

どちらも日本人っぽい女の子が主人公で、今まではとは違うファンタジーな場所に行って新たな物語を始める。

トリガー作品の中でも一番BNA ビー・エヌ・エーと設定や世界観が近い作品となっています。

特に2クール目からはじまる怒涛の展開は必見。

BNA ビー・エヌ・エーでも後半戦はこの熱さを期待います。

>>リトルウィッチアカデミアも対象ファンタジーアニメおすすめランキングへ

 

プリンセスコネクト!Re:Dive×過去作

続きましては、スマホゲームが原作のファンタジーコメディ:プリンセスコネクト!Re:Diveを。

カワイイ女の子たちとゆったりとした冒険と笑いが人気。

そんなプリンセスコネクト!に掛け合わせたい過去作は、

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば!)であります。

その理由は、このすばの金﨑貴臣(かなさきたかおみ)監督がプリコネでは監督とシリーズ構成を務めているから。

プリコネ独自の可愛さを活かしつつも、このすば的な笑いや小ネタなども随所に入れてくる。

空から落ちてくるアクションなんかはこの独特な感じそのままでございました。

このすば!の方ではさらにプリコネよりも笑いを強化。

異世界転生者なのにまるでチートはないけれど、ずる賢さで笑いを提供してくれるカズマさんと、女神なのにポンコツな駄女神アクアのコンビを筆頭に、パンチの強い異世界ファンタジーコメディが楽しめます。

>>このすばも対象コメディアニメおすすめランキングへ

 

かくしごと×過去作

最後は父と娘のホームコメディと漫画家のあるあるネタ、そして謎満載の未来編でシリアスを見せてくるかくしごと。

現代編と未来編では全く違う世界観を見せることから、2020年春アニメでも一気に注目されている作品。

かくしごとに掛け合わせたい過去作は、かくしごとの考察記事でも言いましたが、

同じ原作者の絶望先生。

同じ原作者なので繋がり満載。

似たところが多く担当声優まで同じ主人公。

さらに、絶望先生に出てきたキャラのオマージュもあり。

そして、かくしごとには絶望先生の原作漫画を読んでいるとより楽しめる漫画家ネタも満載。

セットで見ておくと、より楽しめるコンビとなっています。

ちなみに、絶望先生は2000年代に3度放送された勢いのあるキャラで時事ネタ・あるあるネタ・自虐ネタ・メタギャグを叩き込むギャグアニメ。

ちょっとしたことで、

絶望したー!

と絶叫して死ぬフリをする(あくまでフリだけ)絶望先生を筆頭に、ブラックジョーク効きまくりのキャラクター達が次々に笑いを仕掛けてくる。

ちなみに、アニメ制作はあのシャフトです。

>>絶望先生も対象ギャグアニメおすすめランキングへ

 

2020年春アニメのピンチ乗り切る5つの方法まとめ

今回紹介したアニメを全部観れば、春アニメどころか夏アニメだって乗り切れる。
そして、春アニメがもっと楽しめる一石二鳥大作戦。

>>2020年春アニメおすすめランキングを見る

>>アニメ向け動画配信サイトおすすめ比較ランキングへ

紹介した作品も無料試し読みOK  最短で業界人になる      ブックオフより高く売れる
ヒューマンアカデミー