あなたの心のオリジナルサマー:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための記事をお送りしています。

今回のテーマは、2020年夏アニメ、オリジナルアニメ特集ー!

当たり外れが激しい♪

2020夏の神作

夏の異世界に続く、

今回はオリジナルアニメ編。

シリーズの最後に2020夏アニメの覇権予想もやっていきたいと思います。

オリジナルアニメは原作がないから面白いか一番予想しづらい。

だからこそ、思わぬ名作隠れているかもよ。

動画解説:2020年夏オリジナルアニメおすすめランキング【デカダンス、グレートプリテンダー、ラピスリライツ】(約11分)

オリジナル編2020年夏アニメおすすめランキング

今回はオリジナルアニメなので漫画などの原作はチェックできじ!

なので、PVや公式サイト、それに加えて先行配信でいくつかの作品をチェック致しました。

そんな中、今回ピックアップした2020年夏のオリジナルアニメは7作品。

これをわたくしの好み、おすすめランキング風に紹介していきます。

また、ブログ版では公開されているPVに加え、原作を試し読みできるようになっているので、良ければそっちもチェックしてください。

概要欄またはコメント欄にリンクを貼っておきます。

>>動画配信サービスのおすすめランキングへ

 

10月に放送延期:池袋ウエストゲートパーク(I.W.G.P.)

小説を原作としたテレビドラマ版で、

めんどくせェェェェェエエエエ!

の名言を生み出した池袋ウエストゲートパーク(I.W.G.P.)が、今度はアニメで戻って来た。

池袋西口公園(池袋ウエストゲートパーク)を拠点する通称「池袋のトラブルシューター」、元不良のマコトが主人公。

日頃は実家の果物屋を手伝って小遣いを稼いだり遊んだりして暮らしているのですが、カラーギャングや裏稼業の人たちから困難な依頼を頼まれ、『めんどくせぇ!』と言いつつも厄介な事件にも立ち向かっていく。

テレビドラマ版はそんなミステリーコメディアクションで大人気となりました。

ただ、テレビドラマ版は原作とかなり設定を変えているので、アニメ版は原作に合わせてくるんだったら、テレビドラマ版とはかなり違う雰囲気になるかもしれません。

キービジュアルや公式サイトを見る限りは、なんか『デュラララ!!』を彷彿とさせる雰囲気でしたが。

アニメ業界で定評のある動画工房制作なので、どちらのパターンでもいい感じに仕上げてくれると思うのですが、この記事を書いている時点ではまだPVが出て来てないということで、放送延期などが気になるところですね。

ということで、テレビドラマ版は大好物でしたが、未知数な部分が多いのでこの順位。

 

6位:THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクール

全世界の出場者が集う最強高校生決定大会「ゴッド・オブ・ハイスクール」を舞台としたバトルアクション。

リングで行う格闘大会のようでいて、武器の使用OK、命の危険もあり。

優勝すれば願いごとがなんでも叶うというバトル漫画的な大会ですね。

こちらはアニメオリジナルじゃなくて原作はあるのですが、コミックスがなくて韓国の漫画で和訳版はLINEマンガのみでしか読めず(春アニメの神之塔と同じですね)、

2020夏はバトルアニメが少ないのでこちらのジャンルに入れました。

アニメ制作はアクションに定評があるMAPPAが行うので、格闘の部分は期待できそう。

ただ、神之塔もそうでしたが、このゴッド・オブ・ハイスクールも絵やキャラの設定が日本のトレンドと違う。

ここがPVや漫画版を見る限りあまり好みじゃないので、わたくしは第7位といたしました。

 

5位:GIBIATE(ジビエート)

「和」をテーマに世界に向かって発信するプロジェクトのアニメ版。

PVを見る限りは、忍者的なキャラがバケモノと戦う和のバトルアクションっぽい。

こちらはFFのキャラデザを行う天野喜孝(あまのよしたか)など、日本の有名クリエイターが集結ということでスタッフはかなり豪華。

とはいえ、わたくしこの絵柄とか忍者設定とかそこまで好きじゃないので、第6位と致しました。

 

4位:Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ)

魔法×アイドルをテーマにした学園もの。

メディアミックス作品なので、スマホゲームと漫画版も同時進行しています。

この世界の魔法は歌って発動させるもの。

舞台はそんな魔女というアイドル的なものを目指す学院。

主人公たち以外にも複数のグループがいて、色々なパターンのアイドル活動やライブが見れそうな学園ファンタジー。

いつもは普通のアニメで、ライブになると3DCGとなるという王道的なパターン。

アイドル好きだったらまず外せない作品でございましょう。

覇権を狙うんだったら、それ以外の層の人気がどれぐらい取れるかですね。

わたくしアイドルマスターとかラブライブは好きなんですが、あんまり萌え要素が強過ぎるアイドルものはあんまり好きじゃない。

PVを見る限り、ラピスリライツは萌え要素が強そうなのでここでの順位はちょっと下げております。

 

3位:A.I.C.O. Incarnation(アイコ インカネーション)

人工生命体の暴走事故によって地形が一変した近未来が舞台のSFバイオアクション。

その事故で重傷を負ったアイコの身に降りかかる様々な展開と衝撃の事実。

『翠星のガルガンティア』のスタッフが今度はボンズとネトフリックスと組んで新たなアニメを作りました。

ガルガンティア好きなら観るっきゃない。

そして、ボンズ制作なのでアニメのレベルの高さは間違いなし。

さらに、ネットフリックスで先行して全話配信されているので、作画崩れや放送延期の心配もなし。

わたくしこのアイコについてはすでに全話チェックしております。

その魅力は3つ、パワードスーツを着たSFアクション、世界とアイコの謎、主人公アイコのヒロイン力。

謎の人工生命とのバトルはパワードスーツをまとって行うのですが、それぞれ色違いとなっており戦隊モノのような雰囲気があります。

そして、話が進むごとに明かされていく世界とアイコの謎。ここがストーリーの軸となります。

さらに、セーラー服で戦うアイコのヒロイン度が高しっ!声優はぼく勉の文乃などの白石晴香さん。

SF好き、そしてアイコにハマれそうだったら見るっきゃない!

 

2位:GREAT PRETENDER(グレートプリテンダー)

舞台は日本からハイウッドへ。日本の詐欺師とアメリカの詐欺師の騙し合い。

ネットフリックスと手を組んでいるフジテレビの+Ultra(プラス・ウルトラ)放送ということでこちらも気合入りまくり。

エヴァの貞本義行(さだもとよしゆき)などの豪華スタッフで、進撃の巨人のWIT STUDIOが制作を担当するお金かけまくりのアニメ。

こちらもすでにネットフリックス全話先行配信されているので、作画崩れや放送延期の心配なし。

グレートプリテンダーは第1話のみ見たのですが、一言でいうなら面白かった。

それもアニメ的にというより、ハリウッド映画的に面白かったですね。

最初のOPを見た時は、ルパン三世を意識してるのかな?と思ったのですが(ここも意識してるのかもしれないですが)、1話のラストでそう来ますか!と。

まさにハリウッド!といった感じの終わり方。

これは2話3話も気になりますわ。

ハリウッド映画好きなら観ておいて損はなし。

 

1位:デカダンス

未知の生命体ガドルにより、人類は滅亡の危機に。人類はそんなガドルから身を守るために移動要塞デカダンス作り、その中で暮らしていた。

そんな人類のデカダンスの中の暮らしと、ガドルとの戦いを描いたSFアクション。

PVを見る限り、このSFアクションがかなりいい感じに仕上がってるっぽい。

ワイヤーを使った空中戦をしているので、進撃の巨人のようなアクションが見れるかもしれないですね。

そして、それを担当するアニメ制作会社は『幼女戦記』で見事なアクションを見せたNUT(ナット)

幼女戦記はわたくしのツボでございましたので、これは期待度高まる。

そういえば、主役も同じ金髪少女ですし。

ということで、オリジナルアニメ編、個人的な期待度No.1となったわけです。

 

オリジナル編2020年夏アニメおすすめランキングまとめ

期待のデカダンスやグレートプリテンダーはもちろん、他の作品もワンチャン爆発しそうなポテンシャルあり。
この夏の覇権はもしかしたらオリジナルから生まれるかもよ。

>>2020年夏アニメおすすめランキングへ

紹介した作品も無料試し読みOK  最短で業界人になる      ブックオフより高く売れる
ヒューマンアカデミー