あなたの心の週刊すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

そんな今回のテーマは、週間マンガ売上ランキングー!

2021年11月2週版!

今回は電子書籍『ブックライブ』の週間売上ランキングベスト20を。

電子書籍は紙の本と違って、シリーズ全巻の売上で集計されるのと、アニメの影響をさらに強く受けるのが特徴。

紙の本のデータも交えて紹介していきます。

>>漫画におすすめな無料アプリ&電子書籍ランキングへ

動画解説:ドクスト・無職転生のアニメ勢をぶち抜くジャンプの怪物【週間漫画売上ランキング】2021年11月2週(約11分)

20位:その着せ替え人形は恋をする

2022年1月からアニメ放送も決まったその着せ替え人形(ビスクドール)は恋をするがまずはランクイン。

偶然にも紙の本の週間売上ランキングでも20位と、どちらでもしっかりと売れています。

人形作りが好きなコミュ症男子・五条と、コスプレが好きなクラスの人気者な陽キャ女子・海夢(まりん)。

その二人がコスプレの衣装作りで接点を持ち、ラブコメに突入していく物語。

発売されたばかりの最新8巻では、文化祭で初めての男装に挑むことになる。

また、コミュ症の五条にとっては、初めてクラスメイトとガッツリと絡む文化祭。

コスプレの衣装作りを通して、こういった交友関係が広がるのもこの作品の醍醐味の一つ。

1月から放送されるアニメは、青ブタのCloverWorks、そしてキャラデザと作画監督は冴カノのスタッフと、もはや可愛さは保証されたも同然だ!

 

19位:俺だけレベルアップな件

韓国の小説を原作に、日本ではピッコマでコミカライズ化されたら、月額1億円近くの売上をあげた怪物マンガ(ピッコマは1話いくら販売する形)

異次元と現世界を結ぶ通路ゲートが現れ、そこを冒険するハンターが存在する世界。

そして、主人公は低ランクのハンターでしたが、あるキッカケでチートな能力を得て、俺だけレベルアップな件のタイトル回収。

設定だけ聞くとなろう系の異世界ものを彷彿とさせますが、絵を見て分かる通り、こちらは現代の世界をベースに、なんだかアルバイト感覚でゲートに入っていくというのが大きな違い。

コミックスも売れてますけど、ピッコマの1話売りはもっと売れまくりで、もはやアニメ化も秒読みじゃないかと言われています。

そして、ピッコマ勢もアニメ化応援のためにコインを積む、この辺が普通の雑誌連載の漫画との大きな違い。

 

18位:キングダム

アニメ3期の放送は終わったけど、アニメ4期の放送が2022年春に決まったこともあり、原作マンガもまだまだ売れてまっせ。

最新の62巻でも7月発売とけっこう前なのですが。

表紙の桓騎が色んな意味で問題起こしまくり。

 

17位:怪物事変

こちらもアニメ化された怪物事変が、新刊効果でランクイン。

他とはちょっと違うオカルトファンタジーサスペンス、最新15巻ではお狐さまとの戦いのその後を描く。

紙のランキングでは4位なので、アニメ派が多い電子書籍の方では人気がちょっと下がるみたいですね。

 

16位:無職転生~異世界行ったら本気だす~

アニメ2クール目放送中の無職転生のマンガ版が売れています。

最新15巻でも6月発売とけっこう前なのですが、アニメ効果で全巻にまだまだブーストがかかっている状態。

動画配信の方も絶好調、原作ラノベの方も売れているということで、アニメ2期、ほぼ貰ったも同然だ。

 

15位:満州アヘンスクワッド

ヤンマガ連載の第二次世界大戦前の満州国を舞台にしたアヘン密造をメインにしたクライムサスペンス。

元々はコミックDAYSで連載していたのですが、50万部突破と人気出まくりヤンマガに移籍してきたほど。

こちらはテーマ的にアニメ化よりも、映画化や実写ドラマ化の方が有力そう。

 

14位:呪術廻戦

呪術廻戦の売上もまだまだ止まりません。

しかもこの17巻、10月発売とこのランキングの中では最新というわけではないからね。

ただ、紙の本のランキングでは第3位だったので、電子書籍の方ではアニメ放送中じゃないのが響いた形。

この17巻では新たデスゲーム『死滅回遊』が勃発。

この辺の設定、ハンターハンター感があって大好物。

 

13位:人妻の唇は缶チューハイの味がして

チューハイのキスの味は、

あまーーーい!!!

と言いたくなる、そんなタイトルからうらやまけしからん!背徳のラブロマンスがランキング入り。

こういった作品が入りやすくなっているのも電子書籍ランキングの醍醐味。

しかも、この人妻は親戚の奥さんということで、背徳感はさらに倍率ドン!となっています。

 

12位:名探偵コナン

説明不要の国民的マンガ。

最新100巻は10月に出たのですが、節目ということでまだまだ売れています。

もしくは、スピンオフ漫画『犯人の犯沢さん』と『ゼロの日常(ティータイム)』の二作品がアニメ化決定したのも後押ししているのかもしれない。

 

11位:くまクマ熊ベアー

アニメ2期も決定しているなろう系のコミカライズ版も売れまくり。

紙の本のランキングでも偶然にも同じ11位と、シリーズ累計230万部突破。

女の子だらけの癒しの世界にハマる人が続出です。

 

10位:ザ・ファブル

ヤンマガ連載の異色の殺し屋マンガ、しかも完結している第1部がベスト10に入ってきた。

殺し屋でありながら、次の指令は『1年間大阪に移住し、その間は誰も殺さず一般人として平和に暮らせ』

そんな異色の展開と設定がウケまくり。

さらに、実写映画も成功して、シリーズ累計1000万部突破しています。

 

9位:マイホームヒーロー

またしてもヤンマガ連載の設定がちょっと変わったクライムサスペンス。

普通の会社員が娘の彼氏を殺害し、その罪を隠すため、さらに家族を守るために半グレたちとの騙し合いに挑むことになる。

こちらも設定的には実写化の方が有力そうですね。

 

8位:新米オッサン冒険者、最強パーティに死ぬほど鍛えられて無敵になる。

小説を原作にしたコミカライズ版。

いつも通り、タイトルで説明している内容ですが、違いは転生ものとかじゃなくて、

異世界のおっさんが冒険者を始めて無自覚チートになり、弟子なんかも取る脳筋ギャグコメディも炸裂するところ。

紙の本でも15位にランクインとけっこう売れています。

 

7位:異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする

なろう系の小説を原作にした異世界転移チート系のコミカライズ。

チートな魔力とスキル、ゲームの知識で最強の冒険者になる王道系。

ちなみに、原作者はアニメ化も決まっている

『失格紋の最強賢者~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~』と『転生賢者の異世界ライフ~第二の職業を得て、世界最強になりました~』と同じと、チートものがお好きみたい。

しかも、三作品共売れているというのが凄いよね。

この作品もいずれアニメ化が決まりそう、

 

6位:王様ランキング

アニメも絶好調の王様ランキングは原作漫画の売上も絶好調。

アニメは丁寧に映像化されていますが、時間の都合でカットされている部分もあるので、より楽しむなら原作も合わせて読むのがおおすめ。

 

5位:ここは俺に任せて先に行けと言ってから10年がたったら伝説になっていた。

ここもタイトルから予想通りの小説を原作としたコミカライズ版。

帰ってきたらすでに英雄となっていたので、身分を隠してFランク冒険者になるという実力隠し系。

紙の本でも14位と、この作品もずっと売れているので、その内にアニメ化しそうですね。

 

4位:Dr.STONE(ドクターストーン)

アニメ3期も決定しているサバイバルSFファンタジーDr.STONE(ドクターストーン)が、新刊効果で第4位に。

紙のランキングでも2位と結果出しまくり。

アニメ化前は300万部ぐらいだったのが、今では1000万部突破とかなり売上を伸ばしてきました。

鬼滅の刃や呪術廻戦の影に隠れがちですが、ドクターストーンもアニメ化でかなり成功したジャンプ作品の一つ。

最新23巻ではあのキャラクターがさらに魅力的になっています。

 

3位:ザ・ファブル The second contact

異色の殺し屋マンガ、第2部もランキング入りしちゃったーーー!?

2部は紙の方でも第8位と、1000万部突破しているのは伊達じゃない。

第2部では殺し屋のさらなる日常感が溢れています。

 

2位:東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズもまだまだ勢いが止まりません。

アニメが終わって、最新24巻も9月発売なのに、紙の方でもまだ19位に入ってますから。

最新刊では新たなエピソードに突入して、物語に核心に迫っていく。

これだけ今も人気なのに、アニメ2期をまだ発表しないのは、2期は1期と違って気合を入れて制作するためでしょうか。

 

1位:SPY×FAMILY(スパイファミリー)

アニメ化された怪物作品を抑えたのは、少年ジャンプ+連載の怪物。

スパイファミリー、紙の本でも第1位と、ダブルで頂点極めてきました。

アニメ放送前なのに、すでにシリーズ累計発行部数1250万部突破。

これでアニメも放送されたら一体どうなるんだい?

しかも、アニメの方もクローバーワークスとウィットスタジオの共同制作と隙はない。

原作をしっかりと再現すればアニメがヒットするのが間違いない。

あとはこのヒットが、鬼滅の刃や呪術廻戦並の大ヒットになるかどうかが気になるところ。

 

週間漫画売上ランキング2021年11月2週まとめ

今回の週間マンガ売上ランキングをまとめると、やっぱり電子書籍版のランキングは紙の本以上にアニメ化作品が強い。
そんな中、アニメ化の怪物たちを抑えて1位を取ったスパイファミリーの勢いは本物。

>>紹介作も対象ベスト漫画100ランキングへ

無料OK!漫画を一番お得に読む方法

電子書籍のメリットは無料から読める&紙の本より新刊が安い。

試し読みならどんな本でも、作品によっては数冊まとめて無料で読むことも。

さらに、クーポンやポイントを利用すれば、新刊でも割引で購入することもできます。

そんな電子書籍サービスを、紙の本やマンガアプリも含めて、全て実際に利用して比較しました。

それぞれのメリット・デメリットを交えながら、おすすめランキング形式で紹介。

これを見れば、あなたにとって一番最適な漫画の読み方が分かる。

>>無料OK!一番お得にマンガを読む方法ランキングへ