あなたの心のプロモーションビデオ:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

そんな今回のテーマは、2021秋アニメ、PV再生数ランキングー!

今回はいつもやってるTwitter投票

前にやった覇権予想ではなく、今期アニメのPV再生数でベスト20に順位付け。

これを見れば、秋の前評判の高さが分かる。

動画解説:大豊作の前評判【2021年秋アニメPV再生数おすすめランキング】鬼滅の刃や無職転生以外も今期は強い(約12分)

目次

殿堂入り:鬼滅の刃 遊郭編(2期)2491万

ランキングに入る前に、鬼滅の刃 遊郭編から。

こちら2491万再生と、

東京都の人口超えちゃったーーーっ!?

と別格過ぎるので、鬼滅の刃は殿堂入りにしたいと思います。

ちなみにこの数字は、2021秋アニメどころか、アニメPV史上、歴代最高の再生数だと思います。

 

今期の2021年秋アニメPV再生数おすすめランキング

一番再生数が回っているPVの数字を参考にしています。

20位:逆転世界ノ電池少女 32万

逆転ヒーローがまずはランクイン。

令和が訪れない昭和のままの異世界の日本が舞台。

そこではマンガ、アニメ、アイドル等のサブカル文化が禁止され、そんな世界を逆転するために戦う少女たちの物語である。

 

19位:異世界食堂2 35万

グルメ+異世界が帰って来た。

7日に一度、異世界と日本の普通の食堂が繋がり、そんな異世界人がお客としてやってくる。

ほっこりとした世界観の異世界もの。

そこに飯テロという名の爆弾を放り込んでくる。

 

18位:月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)36万

今度の林原めぐみはエヴァじゃなくて宇宙船に乗るよ。

冷戦期の宇宙開発競争をモデルに、吸血鬼が人類と共に月を目指すファンタジーをプラス。

そこに恋愛も加えて、ストーリー性は抜群。

これはアニメで一気に跳ねるポテンシャルは十分にあり。

 

17位:海賊王女 46万

海賊に襲われて島に流れ着いた王女が、今度は自らが海賊となって冒険に出るファンタジー。

海賊王女というパンチの効いたタイトルで掴みは十分。

そこに、評価の高い制作会社・プロダクション・アイジーに加えて、北米ではすでに配信済みというクオリティも引っ提げて、秋アニメに殴り込みです。

 

16位:先輩がうざい後輩の話 56万

この秋、数少ないラブコメ枠。

女性に大人気の漫画を原作としてますが、キャラの可愛さやコメディなノリは男性でも十分に楽しめる。

そこにラブコメが得意な動画工房制作と、これは完全にラブコメ覇権狙ってまっせ。

 

15位:王様ランキング 57万

原作漫画を読んだ多くの人が最初に抱いた感想。

思ったのと全然違ったーーー!!!

この絵本のような見た目に騙されちゃいけない。

そこで展開される人間ドラマはこの秋もっとも濃いと言っても過言ではない。

0話切りをすると最も損するアニメ、それがこの王様ランキングです。

 

14位:真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました 60万

タイトルで全て内容が解説されているなろう系お得意のパターン。

けれど、こちら主人公のスローライフだけじゃなくて、勇者パーティーの方のシリアスな物語も描かれる。

その辺の展開がウケてるのでしょうか、原作ラノベが120万突破とかなり売れているということで、この再生数に繋がったんでしょう。

まあ、最新のPVのセクシーシーンを見る限り、主人公の方はどんなスローライフだかっ!?と言いたくなるけどね。

 

13位:世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する 63万

回復術士のやり直しの作者が送る世界最高の暗殺者だったロマンスグレーの主人公が、異世界にイケメンとして転生する物語。

この設定だけだったらよくある異世界ものと大きな違いはありませんが、女神に勇者の暗殺を依頼されて転生したというのが大きな違い。

 

12位:マブラヴ オルタネイティヴ 71万

2000年代を沸かせたゲーム原作ということで、さっそくファンが期待しまくりでこの再生数。

宇宙からの侵略者とSFロボットで戦う人類。

けれど、タイムスリップしてきた主人公は人類敗北というバッドエンドをすでに知っている。

そんな腐り切ったバッドエンドに抗う、こちらもドラマ性の強いアニメになりそう。

 

11位:境界戦機 82万

サンライズがひさしぶりにガンダム以外のロボットアニメに本気出してきた。

4つの世界主要経済圏により、分割統治された2061年の日本が舞台。

そんな支配された日本の現状を変えるために主人公たちが立ち上がるという、同じサンライズのコードギアス的な要素もあり。

こちらすでにYouTubeで1話冒頭を配信済みです。

 

10位:86-エイティシックス-2クール目 87万

SAOの次に電撃文庫がエースにしたい期待のSFミリタリー2クール目がベスト10入り。

PVの新キャラも気になるけれど、レーナの髪の一部分が赤くなっているのも気になるよ。

 

9位:終末のハーレム 102万

お待たせヘンタイ紳士。ついにヘンタイのバイブルがアニメ化。

謎のウイルスにより地球上のほとんどの男性が死んでしまうという。

そんな世界を救うには、生き残った男たちが50億の女性たちと子作りという『うらやまけしからーん!』という地球規模のハーレムが100万再生突破。

 

8位:takt op.Destiny(タクトオーパス デスティニー)111万

音楽が奪われた世界で、音楽によって戦う二人の少年と少女のSF音楽アクション。

既存のファンがいないオリジナルアニメなのに100万再生突破で第8位にランクイン。

それも納得のPVだけで伝わる圧倒的な世界観と音楽とアクション。

この秋のダークホースになりそうな期待感は十分です。

 

7位:無職転生-異世界行ったら本気だす-2クール目 112万

秋の覇権候補の一角がまさかの第7位っ!?

ただこれ、無職転生の再生数が低いわけじゃなく、例えば夏アニメであれば、100万再生を超えていたら第3位に入るレベル。

それが秋では鬼滅の刃を入れたら8位になってしまう。

これはこの秋、大豊作の予感ですね。

 

6位:ブルーピリオド 125万

ある意味で東大を超えると言われる東京藝術大学を目指す熱すぎる美術青春物語。

アニメでは珍しいファンタジーを排除した徹底したリアル路線での人間ドラマ。

それだけに、アニメではなく実写ドラマ化するのかな?と思っていたのですが、そこに美術の演出でファンタジーを加えて、アニメ的に盛り上げるみたいですね。

こういう大人やドラマ好きも楽しめるアニメが増えると、アニメファンの幅も広がるので、是非とも成功して欲しい。

どうせだったら、実写ドラマをやっている9時と10時とかに放送してみて欲しかったところ。

 

5位:ルパン三世 PART6 149万

アニメ化50周年の人気シリーズの第6弾。

ここはもう説明不要でしょうけど、金曜ロードショーなどの赤ジャケットのルパンしか見た事ない人はぜひ一度見てみて欲しい。

深夜のルパンはコメディ抑えめ、代わりにハードボイルド要素が強くなっています。

 

4位:終末のワルキューレ 158万

人類滅亡をかけて、神対英雄のガチコンタイマンバトル。

人気すぎて原作漫画が一気に900万部突破。すでにアニメ2期の制作も決まって、1期のテレビ放送も決まっただけあって、PV再生数158万の圧倒的な数字。

ちなみに、この数字は夏アニメの第2位だった転スラ2期のPV再生数を超えるレベル。

PVに出ている通り、第1試合は三国志の呂布奉先VS北欧のトール神と、いきなり熱すぎるバトルが繰り広げられます。

 

3位:見える子ちゃん 167万

霊的な見えないものが見えちゃう、見える子ちゃんが取った作戦は徹底して見えないフリをするスルー作戦。

けれど、本当は見えるから怖い。

そんな涙目になっても見えないフリを続ける見える子ちゃんのコメディと、時にはホロリもある懐の深い作品となっています。

 

2位:古見さんは、コミュ症です。205万

こっからは夏アニメ1位『小林さんちのメイドラゴンS』も超えるトンデモない再生数に突入。

550万部突破の大人気漫画が原作。美人だけど、極度のコミュ症の古見さんが、友達100人作るためにがんばる学園シチュエーションコメディ。

長名なじみとか、名前も性格もパンチ効きまくりのキャラが笑いを起こし、そこにラブコメも絡めてくる。

さらに、週刊少年サンデーで連載されている原作漫画はかなり前から売れていたけど、すぐにアニメ化せず、溜めて溜めてやっとアニメ化してみたら、かなり気合の入っているアニメに仕上がっていた。

これね、かぐや様は告らせたいとかなり状況が似ている。

さらに、主人公の古見さんの声優はかぐや様と同じ古賀葵さん。

これはワンチャン、アニメ化によってかぐや様の大フィーバーが起こってもおかしくないよ。

というか、サンデーさん狙ってまっせ。

 

1位:プラチナエンド 262万

デスノートのコンビが送る新たなデスゲーム。

今度は天使に選ばれた人間が、神になるために戦う。

プラチナエンドも450万部突破と売れていたのですが、デスノートの3000万部ほどではなかったので油断していたら、まさかの262万再生で鬼滅を除けば、断トツの第1位。

原作の売上では古見さんや終末のワルキューレの方が上ですが、それもかわして来ましたからね。

これはこの秋のダークホースとして暴れ回るかもしれない。

 

今期の2021年秋アニメPV再生数おすすめランキングまとめ

今回のPVランキングをまとめると、やっぱりなんだかんだマンガ原作作品が圧倒的に強い。
そんな中、オリジナルアニメで100万再生を突破している『タクトオーパス デスティニー』は、この秋の台風の目となるかもしれない。

>>2021年秋アニメ総合ランキング【原作試し読みOK】

無料OK!アニメを一番お得に見る方法

アニメ視聴ランキングでは、動画配信・テレビ・衛星放送など、すべてのサービスを実際に試して比較。

その中で一番良かったものを、メリット・デメリットも含めておすすめランキング形式で紹介。

無料から視聴OK。

アニメ以外の実写やお色気作品も見たいなど、これを見れば、あなたに一番最適な視聴方法が分かるようになっています。

>>無料OK!一番お得なアニメ視聴ランキングへ