あなたの心のラブコメ王:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

そんな今回のテーマは、みんな大好き2021秋アニメ、ラブコメ編ー!

奥さん、好きなんだろ?俺も好きだぜ。

今回は2021年秋アニメの中から、ラブコメ恋愛ものをピックアップして特集。

その見所と魅力を含めて、おすすめランキング形式で紹介します。

かぐや様の次にくるラブコメアニメはどれだ?

>>2021秋アニメおすすめランキング【原作試し読みOK】へ

動画解説:【最新ラブコメアニメ】かぐや様は告らせたいの次にくる古見さんはコミュ症ですなどの2021秋おすすめ恋愛アニメランキング(約10分)

4位:月とライカと吸血姫

宇宙飛行士の物語に、吸血鬼というファンタジーを混ぜた種族を超えた恋愛もの。

現実の1957年~1975年に、ソ連とアメリカの間で起こった宇宙開発競争をモデルにしたラノベ原作アニメ。

そんな当時の宇宙飛行士のトンデモ訓練や、時代を感じさせる炭酸水の自販機なども興味深いけれど、今回のテーマとなる恋愛面でも、一番切ないラブロマンスを見せてくれるポテンシャルあり。

というのも、

ヒロインのイリナが吸血鬼で、人類から迫害されているから。

僕らも知ってる吸血鬼のイメージは、だいたい人間が作ったもので、血は吸えるけれど吸わなくても平気で、基本的に吸うこともない。

なのに、人間がかって作ったイメージで勝手に差別している。

宇宙に憧れて宇宙飛行士になるためにやってきたけれど、吸血鬼は人じゃないとモノ扱いされるなど、けっこうなひどい扱いをされている。

主人公で人間のレフは、そんなイリナの訓練&監視係に任命されるのですが、先ほどの経緯もあって最初はお互い警戒している仲。

特に差別を受けているイリナが人間嫌いということもあって、2話までを見た限り、序盤はまったく打ち解けない。

けれど、この作品のメインテーマは恋愛ファンタジー。

PVを見る限り、イリナとレフが訓練や日頃の生活を通して信頼を築き、最終的に心を通わせるという要素をビンビン感じさせる。

これは終盤トンデモないラブロマンスの神回を発生させる、そんなポテンシャルは十分感じさせます。

けれど、今のところはまったく恋愛要素がないので、現時点でのランキングでは4位としました。

終わってみたら、1位に躍り出ているかもね。

 

3位:大正オトメ御伽話

見た目で0話切りすると、大損しちゃう歴史恋愛ラブコメがここにありました。

舞台は馴染みのない大正10年。

しかも、絵柄は朝とか夕方とか、子供向けで放送していそうな感じなので、原作漫画を知らない人はあんまり期待している人は多くなかったんじゃないでしょうか?

僕のその一人でした。

が、その印象がガラリと変わる第1話だったよ。

主人公の志磨珠彦(しまたまひこ)は、お金持ちの生まれなのですが、交通事故で右手が動かくなり、それが原因で父に捨てられ別荘で引き籠り生活をすることに。

そんな珠彦の元に、世話をするためと1万円で志磨家に買われて嫁としてやってきたのがヒロイン・立花夕月(たちばなゆづき)

大正時代は実際にこういうこともあったという時代背景を利用した設定が、

重ーーーい!!!

と思っていたのですが、やってきた夕月は、

家事に料理にフル回転と、

とっても元気ーーー!!!

と、設定はシリアスだけど、内容はラブコメといった明るい展開。

かと思えば、

本当は夕月も来る前は不安に思っていたけれど、珠彦が優しい人だと知って、この人ために尽くそうと思った。

そして、それを聞いて心を閉ざしていた珠彦も、夕月に心を開いていく。

歪な始まり方ではあるんですけれど、これがお互いの初恋に繋がっていくという、ラブコメとシリアスな恋愛ものをうまくミックスさせた作品になっています。

PVを見る限りは、大正時代に起こった関東大震災にも巻き込まれるみたいなので、ここでもホロリとくるドラマを見せてくれそう。

ちなみに、原作漫画の情報によると、大正時代の1万円は今の5000千万円前後になるということで、けっこう高けえじゃねえかっ!?という衝撃を受けました。

こんな結婚は自分だったら絶対嫌だと思いましたが、相手が童顔巨乳の美少女だったら、俺行っちゃうわ。

 

2位:古見さんは、コミュ症です。

作品のクオリティは完全にかぐや様レベル。古見さんを告らせたい。

週刊少年サンデーで2016年から連載されて、最初からかなりコミックスも売れていたのに全然アニメ化しなかった古見さん。

そんな古見さんがついにアニメ化されてみたら、

とってもハイスペックだったーーー!!!

映像や演出が美しすぎるOPなんかを見てもらえれば、そのレベルの高さは一目瞭然。

また、あまり喋らない古見さんの特徴をしっかりと活かして、原作マンガと同じような演出にしているのも原作リスペクトを感じさせる。

そんな古見さんは美人だけど、超絶コミュ障で人とうまく会話できないことを悩んでいた。

それを1話で黒板の筆談で只野君に打ち明けるシーンは、胸にジーンときたと感想も多く、笑いだけじゃなくシリアスも魅せるというのを最初から証明しました。

そんな古見さんの夢は友達100人作ること。

それを最初の友達となった只野君が協力する。

けれど、この学校の生徒は長名なじみとか中々思春(なかなかおもはる)とか、名前も性格もパンチの効いた奴らばかり。

なぜか全く触れられないけれど、見た目忍者とか騎士とか、あきらかにおかしな奴らもいるしね。

そんな曲者揃いのキャラで笑いを起こし、そして古見さんのコミュ障なリアクションで畳み掛ける。

そこにホロリとくるようないいシーンも混ぜてくる。

強みである部分が共通しているかぐや様は告らせたいの次にくる筆頭アニメと言っても過言ではない。

けれど2位なのは、今回のテーマであるラブコメ恋愛要素はそこまで高くない。

正確には古見さんはこの部分は徐々に育てていくスタイルなので、1クールではこの部分に関しては本領発揮できないかなと。

2期・3期が決まれば、さらに面白くなる作品というのは間違いない。

 

1位:先輩がうざい後輩の話

ラブコメが想像超えてきたよ。

原作マンガは100万部突破しているけれど、女性向けラブコメということで、男性陣の間では古見さんやかぐや様と比べると、そこまで高い知名度ではなかった。

けれど、1話目でバチコーン!とかまして、男性陣のハートも鷲掴みにしてきた。

まず話題となったのが、主人公の五十嵐双葉を中心にコミカルに動きまくるOP

キャラと作品に合った演出がハマり、1話目の感想でここに触れる人も多かった。

YouTubeで公開しているノンクレジットOPも再生数回りまくりと、制作会社の動画工房が本気出してきました。

そして、ラブコメの方は、小学生並の体格の双葉と、その先輩で熊にデカい武田。

小柄で元気で頑張り屋の双葉と、ガサツで豪快だけど面倒見のいい武田の凸凹コンビ。

ガサツなところはウザイけれど、頼りになるから嫌いじゃない。

そんな憎からず思っているような笑い中心のラブコメディで行くのかと思ったら、1話のラストで飛び出すこのセリフ。

先輩の子供じゃなくて、奥さんじゃダメなんすっか?

あまーーーい!!!

しかも、その後に流れたOPでは、

寝てる先輩にキスしようとする双葉のシーンも描かれるなど、異性として見てくれない先輩に対して、最初からけっこう双葉行くんやね!?

いつものラブコメのように、関係を徐々に育てていくタイプやないんやね!?

女性向けラブコメって、男性向けと違って、いきなり必殺ブローをかましてくる作品があるから油断できない。

そんな油断してっと、KO奪われちまうぞ!と強烈な一撃があったので、今回のランキングの1位としました。

 

2021年秋の最新ラブコメ恋愛アニメおすすめランキングまとめ

今回の2021年秋の最新ラブコメ恋愛アニメおすすめランキングをまとめると、今回の4作品は全部当たりと言ってもいいぐらいレベルが高い。
ラブコメ恋愛好きだったら見逃せない作品が揃っています。
特に古見さんと先輩がうざい後輩の話は、本当に次のかぐや様並にヒットするかもしれないよ。

>>紹介作も含むラブコメ恋愛アニメおすすめランキングへ

無料OK!アニメを一番お得に見る方法

アニメ視聴ランキングでは、動画配信・テレビ・衛星放送など、すべてのサービスを実際に試して比較。

その中で一番良かったものを、メリット・デメリットも含めておすすめランキング形式で紹介。

無料から視聴OK。

アニメ以外の実写やお色気作品も見たいなど、これを見れば、あなたに一番最適な視聴方法が分かるようになっています。

>>無料OK!一番お得なアニメ視聴ランキングへ