あなたの心の年間王者:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

そんな今回のテーマは、2021年年間円盤売上ランキングー!

波乱起こりました!

クール別の円盤売上ランキングと同じく、枚数ベースではなく売上ベースで順位付け。

今回も価格4,000円~3万5000円と、最近のBlu-rayやDVDの円盤価格は幅広いので(枚数だけで比べたら分からない)

また、2021年秋アニメの円盤は来年発売になるので、今回は2020年の秋アニメ~2021年夏アニメの一年分のデータとなります。

動画解説:覇権のウマ娘や無職転生以外もヤバい【2021アニメ年間円盤売上ランキング】(約12分)

この記事で分かる目次

2021アニメ年間円盤売上ランキング(2020年秋~2021夏)

売上の数字は円盤1巻のざっくりしたものになります。

20位:Vivy -Fluorite Eye’s Song-(ヴィヴィ・フローライト・アイズ・ソング)3300万(4,105枚)

圧倒的な作画と壮大なストーリーで、2021年春に深夜アニメ層を沸かせに沸かせまくったヴィヴィが年間20位にランクイン。

春はこの後に86エイティシックスも続いて、土曜のSF1時間枠と呼ばれてました。

ヴィヴィがというか、SFがアニメライト層に刺さりづらいということで、動画配信では苦戦しましたが、円盤ではしっかりと結果を出してきました。

 

19位:探偵はもう、死んでいる。(たんもし)3800万(1,549枚)

年間売上でも、たんもしーーー!!!

年間ランキングでもお馴染みの雄たけびを挙げることができたよ。

枚数的には売れてないと見せかけて、たんもしは3万を超えるフィギュア付きの円盤なんかもあって、売上的にはかなりいってるのよと。

見るのは動画配信メインの人が多くなってきたので、円盤はこのようにファン向け特化になるのが多くなってくるでしょうね。

 

18位:Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)2期後半クール 4100万(5,387枚)

リゼロの後半クールも5000枚を超えて、しっかりと結果を出してきました。

1万枚を超えた1期から下がりましたが、その分、配信の方が国内でも海外でも見られまくり。

こっちで漆黒の大黒字を達成しているので、アニメ3期は堅いかなと思います。

 

17位:ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN(3期)4500万(5,233枚)

アニメ3期でも恥ずかしくないもん!という年間売上17位。

見ているのはコアなファン中心ということで、放送当時はTwitterや動画配信はあんまり盛り上がってなかったけど、円盤はしっかりと5000枚を超えてきました。

2022年には、シャフトによる『連盟空軍航空魔法音楽隊ルミナスウィッチーズ』の放送も決定していると、このシリーズはまだまだ終わらない。

 

16位:小林さんちのメイドラゴンS(2期)4800万(3,625枚)

さすがは京アニ、さすがはメイドラゴン。

1期の4000枚から枚数は下がったと見せかけて、実は売上では1期を超えている。

これが枚数だけでは測れない価格差マジック!

動画配信も絶好調が過ぎたので、京アニがやってくれんだったらアニメ3期は確定でしょう。

 

15位:魔法科高校の劣等生 来訪者編(2期)5800万(7,674枚)

円盤売上でもさすがです、お兄さま。

価格はそんなに高くないけれど、この円盤が売れづらい令和の時代に7000枚以上売ったというのが凄いよね。

追憶編も年末に決まってますし、こちらもアニメ3期は堅いんじゃないでしょうか。

 

14位:ご注文はうさぎですか? BLOOM(3期)6000万(9,216枚)

心がぴょんぴょんするアニメは3期でも止まらない。

この令和の時代に1万枚近くも売るのが、きららアニメの底力。

ただ、ごちうさこそ、ファン向けの特典満載のお高い円盤かと思ったら、意外とリーズナブル!という意表を突かれました。

とはいえ、結果は出したので、こちらもアニメ4期の可能性は高そうですね。

 

13位:スーパーカブ 6500万(2,354枚)

ここは予想外のランクインだったんじゃないでしょうか?

枚数だったら絶対に入らないけれど、2万円を超えるBlu-ray BOX仕様ということでランクイン。

まさにファン向けの特典満載。そして、スーパーカブは大人層に圧倒的人気ということで、大人を狙い撃ちにした円盤作戦が当たった形。

ついでにバイクの方の売上も例年よりも増えているということで、ホンダさんがOK出せば、アニメ2期もあるんじゃないでしょうか。

 

12位:アサルトリリィ BOUQUET(ブーケ)6700万(6,276枚)

カワイイ見た目とシャフトの本気バトルで魅せたアサルトリリィもランクイン。

結果、シャフトの本命であるマギレコ2期を超えちゃったよ(ちなみにマギレコ2期は、この半分ぐらいの売上)

ついでにゲームの方も30億近く売上があるということで、アサルトリリィもワンチャン2期ありそうですね。

 

11位:ハイキュー!! TO THE TOP(4期)第2クール 7100万(7,252枚)

ジャンプのスポーツアニメもまだまだ止まらない。

まさかこの令和の時代に、4期になってもここまで売れるとはね。

ちなみに、配信の方も好調だったので、原作完結しているけれど、全国大会の結末までは描く5期とかも、もしかしたらあるかもしれないね。

 

10位:無職転生~異世界行ったら本気だす~7200万(4,385枚)

オタク層や深夜アニメ層にとっては、間違いなく2021年を代表する作品の一つでしょう。

が、円盤売上の方は10位と、意外と伸びなかったですね。

ただ、動画配信と原作ラノベの売上は2021年のトップクラス。

なので、全部を総合すると、2021年の売上1位を争うレベルになるのは間違いないんですけれど。

 

9位:魔女の旅々 8700万(4,373枚)

数あるラノベアニメの中で、あの無職転生も抑えた美少女は誰でしょう?そう、私です。

枚数では若干負けたけど、価格の差で逆転した。

2021年もなろう系・異世界系は数多くありましたけど、そのどちらでもない旅ファンタジーでランクイン。

流行りのスタイルじゃないのに年間9位というのは、これは快挙と言ってもいいでしょう。

魔女の旅々は配信の方も好調だったので、こちらもアニメ2期はやるでしょう。

 

8位:転生したらスライムだった件 第2期 9100万(4,594枚)

動画配信でも原作の売上でも、無職転生と同じく漆黒の大黒字を達成している転スラ。

価格がお高い円盤売上でも、2021年のなろう系のトップの成績を叩き出しました。

転スラはよく学生層とか子供層に人気という人がいるのですが、原作ラノベが大人をターゲットにした価格がお高い新文芸。

さらに、価格がお高い円盤も5000枚近く売れたということで、大人層の人気も高いということを証明しました。

 

7位:ゆるキャン△2期 9800万(6,340枚)

円盤売上ではごちうさを超えた。

きららアニメの新エースであるゆるキャン△は、大人層から人気を集めてランクイン。

ちなみにゆるキャン△は、これに加えて、売上データが出ていないもっと価格がお高いフィギュア付きの円盤もあるということで、これも含めたらもうちょっと上に行くでしょうね。

 

6位:ラブライブ!スーパースター!! 1.2億(15,871枚)

こっから1億超え。

そして、1万5千枚を超えたラブライブ!スーパースター!!がそれを達成する。

1期の伝説のスタッフを揃えた気合作ですが、特典ライブがいつもよりも弱くて数字は伸び悩みましたが、それでもキッチリと1億と1万枚を超えてくるのがラブライブの強さ。

 

5位:ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 1.3億(27,076枚)

立て続けにラブライブシリーズがランクイン。

円盤売上ではやはりラブライブが強い。

スーパースターの倍近く枚数が売れている割には、売上があんまり変わらないのは価格の影響。

虹ヶ咲の第1巻は、かなりお求めやすい価格設定になっています。

 

4位:ゾンビランドサガ リベンジ 1.5億(9,896枚)

ゾンビィは、2期でも止まらんのじゃあーーー!!!

そんな幸太郎の声も聞こえて来そうな、ラブライブ超えの第4位。

枚数では負けていても、円盤の価格がゾンビランドサガは高いだぜ。

そして、これで三連続アイドルアニメということで、やっぱりライブ特典が付けられるアイドルアニメは円盤売上強いよね。

 

3位:オッドタクシー 1.7億(6,038枚)

2021年のサプライズ枠と言ってもいいでしょう。

放送前はほとんどノーマークだったオッドタクシーが、放送後にじわりじわりと口コミが広がり、最終回はTwitterのトレンド入りするほどの大フィーバー。

そして、数量限定の完全受注生産のBlu-ray BOXは、予約が増えるほどに特典が増えていくシステムを採用。

最初は300セットから始まったのですが、増えるわ増えるわは予約の数。

最終的には6000枚超え。

そして、価格がお高いから売上では無職転生もラブライブもゾンビランドサガも大本命たちを抜きまくる。

円盤売上でもサプライズを起こしての年間3位と、2021年を代表する怪物アニメとなりました。

 

2位:呪術廻戦 2.2億(29,391枚)

鬼滅の刃に続くジャンプの次のエースは、円盤売上でも結果出す。

仕掛けも特典も特に変わったものはなく、一番正統派な形の円盤売上。

動画配信が出てくる前は、このスタイルで円盤を売って、2期・3期と決める作品が多かった。

 

1位:ウマ娘 プリティーダービー2期 18億(200,710枚)

うん、ここは知ってた!

ウマ娘は詳しい人だったら、深夜アニメ歴代1位を記録したことを知っていると思うので。

あれからも売上も伸ばして、最終的には20万も超えちゃいました。

しかも、原作ゲームの方も1000億の近くの売上を叩き出すなど、天井が見えない漆黒の大黒字ーーー!!!

円盤覇権はもちろん、ゲームも入れるんだったら、2021年アニメの総合売上覇権もウマ娘2期。

 

2021アニメ年間円盤売上ランキング(2020年秋~2021夏)まとめ

今回の2021アニメ年間円盤売上ランキングをまとめると、サイゲームスとアイドルアニメが強いんじゃあ~!
そして、オッドタクシーやスーパーカブやたんもしなど、特典満載のファン向けのBlu-rayも強かった。
配信もあるし、今後はこっちがメインになっていきそうですね。

>>アニメにお得な動画見放題サイトランキング