あなたの心の予想屋さん:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回は2021年春アニメ、続編一挙予想ー!

2期の明暗分かれる!

今回はまだ続編が決まってない2021年春アニメを売上から分析して、その可能性を予想していきます。

動画解説:【2期ほぼ確定】蜘蛛ですが&スライム倒して300年。シャドーハウスと戦闘員、派遣しますはワンチャン(約16分)

売上から2021年春アニメの続編予想

アニメの続編が決まるかどうかは、特別な理由でもない限り、売上の成績によって決まります。

今回語る売上データはこちらの『2021年春アニメ売上覇権』の記事でより詳しく語っています。

具体的には、円盤売上・動画配信の再生数(国内海外合わせた合計)・原作売上(出版社もスポンサーに入っていることが多いので)・その他のグッズ売上(ゲームの売上などもここに入ります)

また、これら全部の成績が良くなくても、一つだけ飛びぬけているとかでも大丈夫。

合計である程度の売上が挙がれば、アニメ2期が決まる可能性が高まるわけですね。

今回はこれらの売上を分析して、2021年春アニメを、シーキビ枠・ワンチャン枠・可能性高い枠・ほぼ確枠に分けて、その理由も込みで紹介していきたいと思います。

ちなみに、ブログ版、または動画の概要欄で今回紹介する作品の原作試し読み、その他の関連動画をまとめています。

また、YouTubeではそういったアニメやマンガに役立つ情報を毎日配信しています。

よければチャンネル登録してください。

>>アニメにおすすめな動画配信ランキングへ

シーキビ枠

まずはシーキビ枠から紹介。こちらは売上的に何か奇跡的なことがないと続編は厳しそう。

灼熱カバディ2期

熱い展開好き&部活をやっていた人が共感し、コアにファンを獲得した灼熱カバディ。

結果、原作漫画は春アニメのベスト10に入るぐらい売れたのですが、動画配信の再生数はベスト20にも入らない苦戦っぷり。

海外人気も高くないので、7月3日に発売される円盤売上でけっこうな成績を残さないとシーキビ。

 

さよなら私のクラマー2期

珍しい女子サッカーということで、こちらもコアなファンをゲット。

しかし、クラマーの方は動画配信だけじゃなくて、原作マンガの方も春のトップ10に入って来ない売上と大苦戦。

原作もすでに完結していることもあり、クラマーは8月25日発売の円盤売上で、よっぽどの成績を残さない限りはシーキビでしょう。

 

イジらないで、長瀞さん2期

高木さん・宇崎ちゃんと、どちらも続編決まって結果出しまくりのからかい系ラブコメ。

同じからかい系ラブコメということで長瀞さんも期待され、アニメの完成度も原作の良さを引き出して高かったんですけどね。

が、円盤売上は627枚、動画配信と原作売上は春のトップ10圏外。

まさに全ての売上が爆死!状態。

スポンサーの一声とか、何か神風な奇跡が起こらない限り、長瀞さんはかなりのシーキビ状態。

 

シャドーハウス2期

独特の設定と世界観で深夜アニメ勢のハートを掴みまくり。

アニメ1期でキレイにまとめるために原作者も参加して、後半はガッツリとアニメオリジナル展開も入れてきた。

結果、これは春の覇権だ!と評価する人も多く、シャドーハウスのアニメ2期を期待している人も多いでしょう。

が、円盤売上571枚、動画配信と原作売上は春のトップ10圏外。

惜しいなと感じたのは、国内の動画配信はトップ10に迫るぐらいは見られていて、作風的に海外にもウケそうなのですが、海外市場の一番大きい中国のビリビリ動画では配信がされていない。

これが痛いですよね~。

ビリビリ動画で当たれば、数千万や1億再生などの大爆発を起こすこともあるので。

2期の可能性があるとしたら、最初から2期が決まっていて、1期の最終回で発表されるか、欧米では配信されているみたいなので、こっちの再生数がドカン!といってれば(欧米の再生数は不明なので)ぐらいでしょうか。

 

ワンチャン枠

次はワンチャン枠。

その名の通り、ワンチャン2期があるぐらいの売上やカードを持っている作品となります。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術3期

本番はないけれど、Bの寸止め海峡でヘンタイ紳士たちのハートを揺さぶまくる異世界魔王。

制作会社が変わったことで1期よりもお色気度は下がりましたが、円盤売上1,083枚、原作売上も春のトップ10入りしてきました。

動画配信の方は1期と同じく苦戦してますが、それでも2期が決まったこと。

そして、この2期では1期からそこまで大きく売上を落としてないことから、二度あることは三度あると、ワンチャン3期決まるかもしれません。

 

究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら2期

この春一番のイロモノ枠として、賛否両論というよりも、0話切りか最後まで見るかでスタートダッシュからけっこうガッツリと分かれた作品。

けれど、国内の動画配信ではベスト5に迫る再生数と絶好調。

海外ではビリビリ動画で配信されていないのが痛いですが、『神達に拾われた男』など、海外が不振でも国内が好調で2期を決めた作品もあるので、フルダイブもワンチャン2期あるかもしれない。

 

戦闘員、派遣します!2期

このすばと同じ原作者ということで、放送前は覇権候補の一つと囁く人もいた。

が、笑いのポテンシャルは十分だったのですが、予算の問題なのか、アニメのクオリティの方がこのすばには及ばなかった。

結果、原作売上はこのすばみたいに売れまくらないどころか、春のトップ10にも入れず。

ただし、動画配信の方はこちらもビリビリ動画では配信されてませんが、国内ではベスト5前後の好調な再生数を叩き出した。

戦闘員も動画配信効果で、ワンチャン2期あるかもしれない。

 

ましろのおと2期

津軽三味線とマイナーなテーマながら、圧倒的な音へのこだわりでコアなファンを獲得。

また、原作者が『赤ちゃんと僕』などの名作を生み出した羅川真里茂先生ということで、そのファンも動いて原作マンガは春のトップ10に入る売上を叩き出しました。

円盤は7月28日発売ですが、動画配信の方はAmazonプライム独占配信でそこそこ再生されています。

海外のビリビリ動画の方ではびっくりするぐらい再生されてないですが、国内ではAmazonで独占というのが大きい。

独占配信の場合、契約料ががっぽりと入ってくるので。

リケ恋など、同じような形で2期を決めた作品もあるので、ワンチャンましろの音にもチャンスあり。

 

スーパーカブ2期

スーパーカブと出会ったことで何もなかった女子高生の人生が変わっていく。

そんな二つをリンクさせた青春ストーリーで大人のハートをガッチリとキャッチ。

40代以上の大人からは2021年春アニメで一番の人気を集めるものの、日常系の宿命か、10代・20代の若い層からの人気は大苦戦。

結果、原作売上はトップ10圏外、動画配信は国内でのみトップ10に入った形。

ざんねんなのは、スーパーカブもビリビリ動画では配信されてないこと(中国でもウケそうな気がするんですけどね)

が、この作品はバイクの方のスーパーカブがアニメ効果で例年より売上を伸ばしてきたというプラス要素あり。

これによって、8月25日発売の円盤も売れれば、さらにワンチャンの可能性は上がるはず。

 

幼なじみが絶対に負けないラブコメ(おさまけ)2期

あの動画工房が作画崩壊したことで、2021年春アニメでもっとも炎上したのがおさまけ。

が、売上の方は原作がトップ3に入るレベル、動画配信も国内海外合わせて3000万再生ぐらいはされている。

再生数の合計値は春のトップ10を軽く超えるレベル。

作画クオリティが下がった分、制作費も安く済んでいることから、コスパ最強!利益率でいったら今期のトップレベルなのは間違いない。

売上的にみたら、これはもしかしたらワンチャン2期あるかもしれない。

その時は今度こそ、動画工房の本気を見せて欲しいところ。

 

可能性高い枠

続きましては可能性高い枠。売上的にかなり期待できる作品です。

聖女の魔力は万能です2期

この春一番の女子人気がこの作品。

女主人公が異世界に召喚されて、聖女という名のチート能力を手に入れる。

異世界チートの女性版と見せかけて、より女性向けらしく、少女マンガ的な恋愛要素を重視しているのが女子を中心に受けまくり。

結果、原作売上は春のベスト5に迫るレベル、動画配信の再生数は国内海外合わせて5000万再生は超えてるんじゃないかなと思います。

円盤売上のデータはまだ詳しい数字が出てませんが、こっちがそんなに売れなくても2期を決まるんじゃないかと。

円盤売上もそこそこ結果を出せば、もうワンランク上のほぼ確定でしょう。

 

ゾンビランドサガ3期

2期のライブでフィナーレになると見せかけて、今回も1期と同様、次に繋がる伏線見せてきたよ。

これは最初から3期やる気十分なのか?それとも、売上の様子を見て決めるつもりなのか?

肝心の売上の方は、動画配信の方はアニメ1期と同じく大苦戦。

国内海外合わせても2000万再生ちょっとぐらいになりそう。

が、今回も円盤売上は初動で6,925枚とスタートダッシュをかましてので、こっから1万枚近くまで伸ばしていくでしょう。

また、ゾンビランドサガはグッズ売上やフランシュシュのライブの収入もかなりプラスされるので、売上的にはアニメ3期をやるには十分な利益となっていそうです。

 

ほぼ確枠

最後はほぼ確枠。これは大人の事情でもない限り、続編ほぼ確定と言ってもいいぐらいに売上の結果を残した作品。

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました2期

異世界チートと見せかけて、女主人公が女の子たちに囲まれて、キャッキャウフフなスローライフな異世界転生もの。

深夜アニメ勢からの人気はそこまで伸びなかったですが、のんびりとした雰囲気がまったりと楽しめると動画配信勢から圧倒的な人気。

結果、動画配信の再生数が国内海外合わせて、1億再生近くも再生されまくるという大フィーバー状態。

原作売上はそこまで伸びてないですし、円盤もそこまで売れてないみたいですが、1億というこの圧倒的な数字でそんなの関係ねえ!状態。

毎クールのことですが、動画配信では異世界系が圧倒的に強い。

そりゃこんだけ結果出せば、異世界系の新作アニメ多くなるし、続編アニメもバンバン決まるわと。

スライム倒して300年も、順当に行けば、アニメ2期ほぼほぼ確定でしょう。

 

東京リベンジャーズ2期

ヤンキー×タイムリープで、2021年春アニメ一番のサプライズ。

元々90年代のマガジンのヤンキーものにハマっていた30代・40代男性からは圧倒的に人気だったのですが、アニメが放送されたことにより、若い男性やまさかの女子人気も爆発して大フィーバー。

原作マンガの売上がすでに2000万部突破と、講談社によるとこの勢いは進撃の巨人以来らしいです。

しかも、円盤売上も2,942枚、動画配信もビリビリ動画では配信されてませんが、国内ではトップ5に入る再生数とこちらも絶好調。

東京リベンジャーズは現時点ではまだ2クール目放送中ですが、原作ストックも十分ですし、これはアニメ2期やるのはほぼほぼ確定でしょう。

また、講談社的には、進撃の巨人の次のエースアニメとして、アニメ2期はジャンプアニメにも負けないような気合の入れた作品にしてくるかもしれませんね。

 

蜘蛛ですが、なにか?2期

最終回は万策尽きて放送延期になったけれど、売上的には2021春アニメの中の覇権となりました。

蜘蛛が主役ということで、蜘蛛が苦手!と、序盤から早々に切る人が続出した影響で、深夜アニメ勢からの人気は1クール目からはイマイチ伸びなかったのですが、異世界ものらしく動画配信の勢の人気は絶好調。

原作も1クール目から売れ続け、2クール連続でトップ10に入ってくる好調っぷり。

さらに、動画配信の再生数は国内海外合わせて約4億再生と、ぶっちぎりの春の第1位。

これ春だけじゃなくて、全期間の深夜アニメを含めても、歴代トップ10に軽く入るぐらいのレベル。

これだけのドル箱作品ですから、2期をやらないわけがない。

俺の蜘蛛子さんがアニメ2期をやらないわけがない状態ですね。

ちょうど1期の最終回が延期されたことですし、その最終回でアニメ2期決定!と、発表があるかもしれませんね。

 

売上から2021年春アニメの続編予想まとめ

今回の2021年春アニメの続編予想をまとめると、今期も動画配信の影響で異世界系がつよつよ状態。
また、おさまけなどの意外な所も伸びているので、ライト層が大きく動く動画配信のおかげで、円盤やTwitterでの評判がイマイチでも、今後も続編が決まる作品がどんどん増えてきそう。

>>2021年春アニメおすすめランキングへ

無料OK!アニメを一番お得に見る方法

アニメ視聴ランキングでは、動画配信・テレビ・衛星放送など、すべてのサービスを実際に試して比較。

その中で一番良かったものを、メリット・デメリットも含めておすすめランキング形式で紹介。

無料から視聴OK。

アニメ以外の実写やお色気作品も見たいなど、これを見れば、あなたに一番最適な視聴方法が分かるようになっています。

>>無料OK!一番お得なアニメ視聴ランキングへ