あなたの心のミラクルボイス:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回はそんな2021年春アニメ、覇権声優ランキングー!

男女別にお送りします♪

今回はそんな声優にフィーチャーしたランキングを紹介していきます。

動画解説:【2021年春アニメ覇権声優ランキング】人気の男性&女性を演じたキャラの多さで(約14分)

男女別:2021年春アニメ覇権声優人気ランキング

今回は2021年春アニメの覇権声優を男女別で決定。

ランキングの基準は、2021年春から始まった深夜アニメの中で、演じたキャラ数が多い声優がより上位になる形。

キャラ数が同じ場合は、主役&ヒロイン・主要キャラ・サブキャラの順で、より重要な役柄を演じている数が多い声優を評価するシステム。

また、春の深夜アニメが対象なので、2クール目の作品とか、朝や夕方に放送されている作品は対象外とします。

ちなみに、ブログ版、または動画の概要欄で今回紹介する春アニメのランキング、その他の関連動画をまとめています。

気になる方はそちらもチェックしてみてください。

>>アニメにお得な動画配信サービスおすすめランキングへ

男性声優5位:古川慎

まずは男性声優のベスト5から。

古川慎(ふるかわまこと)さんは、2011年デビューの10年戦士。

演じたキャラの有名どころは、かぐや様の白銀会長とか、ワンパンマンのサイタマとか、ドクターストーンの大樹など。

随所で主役級を演じながら、むしろメインはその他の主要キャラやサブキャラを多く演じている男性声優。

それもあって、2020年の第14回声優アワードで助演男優賞も受賞しています。

そんな古川慎さんが2021年春アニメで演じたのは、転スラ日記・ベニマル、灼熱カバディ・井浦慶、オッドタクシー・山本、MARS RED(マーズレッド)・ルーファス・グレンの4キャラ。

主要キャラ2、サブキャラ2の構成となっています。

転スラ日記のベニマルを筆頭に、この春はちょいと副将的なポジションを多めに演じています。

 

男性声優4位:諏訪部順一

諏訪部順一(すわべじゅんいち)さんは1995年から活動している男性声優好きにとってはお馴染みのベテラン。

ユーリ!!! on ICE・ヴィクトル、呪術廻戦・両面宿儺、GREAT PRETENDER・ローランなど、バリトンボイスでイケメンからクセ強まで主要キャラをメインに演じているイメージが強いですが、何気にデビューから10年ぐらいはサブキャラ中心。

2010年代からブレイクした遅咲きです。

そんな諏訪部さんが2021年春に演じたキャラは、MARS RED・前田義信、さよなら私のクラマー・深津監督、キングダム3期・昌平君、ドラゴン、家を買う。・ウェアパンサーのこちらも4キャラ。

こちらは主役級1、主要キャラ1、サブキャラ2ということで、構成面で古川さんより上となりました。

今回もバリトンボイスを活かした渋いイケメンキャラが中心ですが、その他ではコメディチックなキャラを演じるなど、さすがベテランな演技の幅の広さを見せています。

 

男性声優3位:梅原裕一郎

梅原裕一郎さんは2013年から活動している若手人気男性声優。

アクダマドライブ・運び屋、銀河英雄伝説・キルヒアイス、ゴブリンスレイヤー・ゴブリンスレイヤーなど。

イケメンを中心にクセ強なダークキャラも演じる。

2016年には第10回声優アワードで新人男優賞も受賞。

そんな梅原さんが2021年春に演じたキャラは、SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)・山中暦、セブンナイツ レボリューション・ガレス、ましろのおと・神木清流、聖女の魔力は万能です・エアハルト・ホークの4キャラ。

主要キャラ3、サブ1の圧倒的な構成。

今回もいつものイケメンキャラ中心でありながら、ダイナゼノンでは33歳無職のおとぼけ引きこもりニートを演じている点が、新たな可能性を感じさせます。

 

男性声優2位:興津和幸

興津和幸(おきつかずゆき)さんは、2000年代から活躍しているベテラン男性声優。

演じたアニメキャラは、ジョジョの奇妙な冒険・ジョナサン・ジョースター、女子高生の無駄づかい・教師ワセダ、フルーツバスケット・草摩はとりなどが有名どころ。

活動期間が長いベテランですが、2000年代後半からやっとサブキャラを、そして2010年代に入って主要キャラも演じるようになった苦労人。

そんな興津さんが2021春アニメで演じてるのは、ひげを剃る。そして女子高生を拾う。・吉田、SSSS.DYNAZENON・夢芽のパパ、異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術2期・ゲイバルト、幼なじみが絶対に負けないラブコメ・探偵、究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら・アモスの5キャラ。

主役1に、サブ4。

ひげひろの吉田以外はすべてサブキャラというところに、ザ・仕事人!というもはや貫禄すら感じる。

 

男性声優1位:山下大輝

山下大輝(やましただいき)さんは、2012年から活動している人気男性声優の一人。

演じたキャラの有名どころでは、ヒロアカ・デク、弱虫ペダル・小野田坂道、俺を好きなのはお前だけかよ・ジョーロなど。

主役を演じるイメージが非常に強い男性声優。

そんでもって、デクや坂道など、日頃は頼りないけれど、やるときゃやるぜ!という主役のイメージが強いですね。

そんな山下さんが2021年春アニメで演じたのは、イジらないで、長瀞さん・センパイ、セブンナイツ レボリューション・ネモ、究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら・結城宏、バクテン!!・吾妻俊介(あづましゅんすけ)、86-エイティシックス-・ハルトの5キャラ。

主役3、主要キャラ1、サブキャラ1の圧倒的主役率ーーー!!!

そんでもって、長瀞さんのセンパイなど、またしても気弱な主役を演じると、もはやこの枠では圧倒的な存在感も示しています。

 

男性編2021年春アニメ覇権声優人気ランキングまとめ

男性声優編は人気どころが揃う、大きな波乱はなかったかなと。

強いて挙げれば、松岡さんや島﨑さんがそれぞれ3キャラでギリギリランクインできなかったぐらいでしょうか。

さあ、こっからは男性陣お待ちかねの女性声優編です。

女性声優5位:千本木彩花

千本木彩花(せんぼんぎさやか)さんは、2013年から活動する若手人気女性声優。

演じたキャラは、甲鉄城のカバネリ・無名(むめい)、ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風・トリッシュ、ガーリッシュナンバー・烏丸千歳(からすまちとせ)などが有名どころ。

2017年の第11回声優アワードで新人女優賞を受賞。

早い段階で主役を演じ、デビューからブイブイいわせていましたが、最近はサブキャラメインになるという若手女性声優に多いパターンに陥ってました。

そんな千本木さんが2021年春では、転スラ日記・シュナ、スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました・ファルファ、異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術2期 セレスティーヌ・ボードレール、セブンナイツ レボリューション・クレアの4キャラを演じて復活の兆し。

内訳も主要キャラ2、サブキャラ2と、2021年は更なる活躍が期待できそうです。

 

女性声優4位:田中美海

田中美海(たなかみなみ)さんは、アニメとリアルが連動するアイドルグループ『Wake Up, Girls!』オーディションに合格し、2014年から活動している若手人気女性声優。

演じたキャラは、そんなWake Up, Girls!・片山実波(みなみ)、賭ケグルイ・早乙女芽亜里(めあり)、暗殺教室・岡野ひなたなど、演じたキャラ自体はあまり多くないのですが、主要キャラ率が高い声優。

2015年の第9回声優アワード特別賞をWake Up, Girls!として受賞、さらに2017年の第11回声優アワードでは新人女優賞も受賞しています。

そんな田中さんが2021年春アニメで演じたのは、ゾンビランドサガ リベンジ・星川リリィ、スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました・シャルシャ、やくならマグカップも・豊川姫乃、Fairy蘭丸(フェアリーらんまる)・邪塊〈萌え〉の4キャラ。

主要3にサブ1と、今回も主要キャラ率高め、カワイイキャラクターを中心に演じています。

 

女性声優3位:釘宮理恵

若手が圧倒的に強い女性声優の中で、ここでベテランが入ってきました。

釘宮理恵さんは、1998年から活動するツンデレの女王の異名を持つベテラン女性声優。

有名どころはありまくりなんですけれど、その中から新旧3つ絞るんだったら、ゼロの使い魔・ルイズ、銀魂・神楽、マギアレコード・里見灯花などでしょうか(ここは挙げたらキリがない)

2000年代~2010年代前半は大エースとして、ツンデレヒロインを中心に主要どころを演じまくり。

2008年の第2回声優アワードにおいてサブキャラクター女優賞を受賞、翌2009年の第3回声優アワードでは主演女優賞を受賞と、賞もしっかり取っている実力派。

そんなくぎゅが2021年春アニメでは、キングダム3期・河了貂、ゴジラ S.P <シンギュラポイント>・ユング、EDENS ZERO(エデンズゼロ)・ハッピー、シャドーハウス・バーバラ&バービーの4キャラ(シャドーハウスは1人2役ですが、ここは1キャラとしてカウントします)

さらに、ヒロイン1、主要キャラ2、サブ1と、ベテランまだまだやりまっせ!という構成になっています。

 

女性声優2位:和氣あず未

漢字の読み方に最初は迷う和氣あず未(わきあずみ)さんは、2015年から活動している若手人気女性声優。

演じた有名どころのキャラは、ウマ娘・スペシャルウィーク、私、能力は平均値でって言ったよね!・マイル、ソウナンですか?・九条紫音など。

主役や主要キャラ率が高く、さらにデビューからかなり順調、女性声優にありがちなデビュー数年は出まくって途中で失速することも今のところなし。

女性若手声優のエリートといってもいい実績となっています。

そんな今回も2位という好成績を納めた2021春アニメで演じたキャラは、東京リベンジャーズ・橘日向、異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術2期・レム、スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました・フラットルテ、さよなら私のクラマー・岸歩の4キャラ。

ヒロイン2に主要キャラ1、サブ1と、圧倒的なメイン率の高さー!

このまま次世代の女性声優エースとなるんでしょうか。

 

女性声優1位:井澤詩織

この結果を予想していた人はほとんどいないんじゃないでしょうか?

そんな2021年春アニメの女性声優1位の井澤詩織さんは2006年から活動している中堅どころ。

有名なキャラでは、メイドインアビス・ナナチ、ウィッチクラフトワークス・たんぽぽ、ガーリー・エアフォース・ファントムなど。

独特の声を活かして個性的なキャラや人間以外のキャラなんかもかなり演じています。

エースというよりも個性派という印象が強かったのですが、この春はついに覇権声優をゲットしました。

そんな井澤さんが2021年春アニメで演じたのは、究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら・ミザリサ、BLUE REFLECTION RAY/澪(ブルーリフレクション レイ)水崎紫乃、イジらないで、長瀞さん・桜、ドラゴン、家を買う。・ピーちゃん、EDENS ZERO・ピーノの5キャラ。

数も一番多いですが、サブヒロイン1に主要キャラ4と、サブなしのすべてメインどころと内容の方も文句なし。

あいかわらずパンチの強いキャラクターを中心に、鳥1アンドロイド1と、人間以外も今回もしっかりと演じています。

 

女性編2021年春アニメ覇権声優人気ランキングまとめ

女性編2021年春アニメ覇権声優人気ランキングをまとめると、圧倒的に若手と正統派エースが強い中、ベテランと個性派が上位に食い込んできた意外な結果となりました。
ちなみに、花澤さん・早見さん・種崎さん・あやねる・みかこしなどのいつもの常連に関しては、それぞれだいたい3キャラずつとギリギリランクインできなかった形。
意外なところではいのりんが今回はおさまけ1キャラのみとなりました。
若手がどんどん入ってくる女性声優はやはり競争が激しいようで。

>>2021年春アニメおすすめランキングへ