あなたの心の覇権決定漢:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

そんな今回のテーマは、みんなのTwitter投票で選ぶ総合アニメランキングー!

全話総合の覇権決定版。

ボクは観たアニメはTwitterで感想を挙げていまして、いいね1ポイント、リツイート5ポイントで計算。

その合計値で毎週発表しているオリジナルランキングの最終版。

総合版ということで全話総合の平均点で順位付け。

1話の神回で決着がつかないように、250ポイント以上は切り捨てとなります。

これを見れば、この夏の深夜アニメ層の覇権が分かる。

動画解説:覇権決定【2021夏アニメ全話ランキング】Twitter投票のおすすめ感想&円盤売上No.1(約19分)

目次

2021年夏アニメ個人ベスト3

今回もまずはボクの個人的な好みで選ぶ、ベスト3から発表します。

3位:小林さんちのメイドラゴンS(2期)

やっぱ京アニはいいよね。

 

2位:ひぐらしのなく頃に卒

賛否両論激しかった、ひぐらしのなく頃にZな展開も、ツッコミどころ満載で意外と嫌いじゃない。

 

1位:かげきしょうじょ!!

ストーリーが今期の作品の中では頭一つ抜けてたよね。

 

2021年夏アニメ男性キャラベスト3

最終版なので、特別編としてキャラ・アニソン・神回・円盤売上ベスト3も。

動画配信の再生数については、すでに別記事を出しているので今回は外します。

まずは男性キャラベスト3から。

3位:ひぐらしのなく頃に卒・鉄平

それでもワシならぬ、沙都子を信じて。

祟明し編の鉄平が、もしかしたらひぐらし史上一番泣かされたかもしれない。

 

2位:キングダム3期・嬴政

王自らが戦場に立つ。

演説から始まる政のエピソードはどれも神エピソードばかり。

 

1位:迷宮ブラックカンパニー・二ノ宮キンジ

常にやられたらやり返す、倍返しだ!

異世界版『半沢直樹』にシビレたよ。

 

2021年夏アニメ女性キャラベスト3

続きまして、女性キャラベスト3。

3位:かげきしょうじょ・星野薫

あの夏の神回でやられちまったよ。

ただ、普段の回は『別人かっ!?』と言いたくなるぐらい、あんまり好きじゃないんだよね。

 

2位:ラブライブ!スーパースター・クゥクゥ

にこ、ヨハネに続いて、今度はクゥクゥに夢中です。

ラブライブのこういうコメディキャラに弱いねん。

 

1位:死神坊ちゃんと黒メイド・アリス

普段はお色気ありの逆セクハラをしてくれる上に、ここ一番では溢れんばかりの包容力。

最高のヒロインか!

からかい系ラブコメの王者は、死神坊ちゃんと黒メイドに決まった!

ちなみに、この夏一番人気のシエスタは5位と、好きだけどベスト3は入らなかった形です。

 

2021年夏のアニソンEDベスト3

続きまして、アニソンED編。

3位:迷宮ブラックカンパニー・ワールドイズマイン

最初のバージョンは力の抜けたヘンに耳に残る曲だな~というぐらいだったけど、途中からリムとソラがダンスするバージョンに変わってやられたよ。

 

2位:ラブライブ!スーパースター・未来は風のように

ラブライブの主題歌に外れなし!

EDは時折メンバーが合わせてダンスするのが良かったね。

 

1位:かげきしょうじょ・薔薇と私

毎回変わるEDがステキ。

特に薫さまが歌うバージョンが一番でした。

 

2021年夏のアニソンOPベスト3

そして、OP編。

3位:死神坊ちゃんと黒メイド・満月とシルエットの夜

歌も良ければ映像も良し。

このOPだけで溢れんばかりのアリスのヒロイン力。

 

2位:ラブライブ!スーパースター・START!! True dreams

ラブライブのOPはもっと外れなし!

ダンスが細かくてキレがあるのよね。

毎週飛ばさずに見たくなっちゃう。

 

1位:小林さんちのメイドラゴンS・愛のシュプリーム

OPからぬるぬる動くーー!!!

アクションがうまい制作会社は他にもあるけれど、京アニほど自然にぬるぬる動かせるところはなかない。

歌も映像も全部いいのですが、特にトールとエルマが躍るシーンが最高です。

まあ、メイドラゴンファンには、カンナと才川のシーンが一番人気だと思うけれど。

 

2021年夏アニメ円盤売上ベスト3(暫定)

続きまして、まだ作品が出揃ってないので円盤売上は暫定のベスト3。

3位:乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまったX(はめふら2期)2209枚

初動のデータなので、最終的には3000枚ぐらいはいきそう。

とはいえ、1期の5000枚ちょっと比べるとけっこう落ちましたね。

 

2位:小林さんちのメイドラゴンS・3391枚

こちらも最終的には1期と同じく4000枚ちょっとはいきそう。

2期でもほとんど数字が下がらない京アニクオリティ。

 

1位:ラブライブ!スーパースター・予約段階で2万枚は超えそう

予約段階で前作『虹ヶ咲』の2万枚ぐらいはいきそう。

やはり円盤売上では圧倒的に強いラブライブ。

円盤売上は作品が出揃った時にまた別記事でお送りします。

 

2021年夏アニメ神回ベスト3

最後の神回ベスト3は、被らないように1作品1話のみとします。

3位:小林さんちのメイドラゴンS 1話385ポ

イルル登場の第1話がメイドラゴンの最高ポイント。

おひさしぶりの京アニのテレビアニメで、お帰り京アニという気持ちも込められているのかもしれませんね。

 

2位:ひぐらしのなく頃に卒 7話1003ポ

ワシが沙都子を守るんじゃあー!!

祟明し編その1、てっちゃんのがんばり物語が2位にランクイン。

 

1位:不滅のあなたへ 最終20話1265ポ

ピオランーーー!!!

最後の最後にピオランに大号泣させられたよ。

今期はまさかの1000ポイントが2つも出て来た神回ランキング。

というか、2位がおっちゃんで、1位がおばあちゃんって、神回は年功序列状態になっちゃったね。

 

Twitter投票で選ぶ2021夏アニメ全話ランキング

覇権決定の総合版ということで、ポイント再集計したので、作品によってはかなりポイントが変わっています。

20位:精霊幻想記 平均47.7ポイント

大逆転のランクイン!

通常版ではポイント集計が翌日のためか、1話だけランクインで全て圏外だったのですが、再集計の合計版では20位まで大幅ランクアップ。

結果、今期の異世界チートの中では一番いい順位になったよ。

 

19位:出会って5秒でバトル 48.1

作画カロリーオフで大苦戦したけれど、随所にベスト20入りしてきて、総合でも19位。

能力系バトル好きと、ヒロイン優利(ゆうり)好きの応援が効きました。

 

18位:女神寮の寮母くん 52

全国3000万人のヘンタイ紳士のお供がまさかの18位に低迷。

第1話は8位など、随所に高ポイントも出したのですが、お色気が弱い回は30ポイント以下とかひどい数字を叩き出したのが響いちゃいました。

 

17位:うらみちお兄さん 53.1

お兄さーーーん!?

第1話はTwitterのトレンド入りするなど、序盤はブイブイいわせていたのですが…。

分かりやすい右肩下がりで失速の17位。

 

16位:ピーチボーイリバーサイド 53.9

ストーリー、シャッフルしちゃうからじゃあ~!

こちらも序盤は100ポイント前後だったのですが、あのシャッフル事件から一気にポイントダウン。

終盤はほぼ30ポイント前後と、大失速という形になってしまいました。

 

15位:迷宮ブラックカンパニー 54

アンチなろう系な異世界版『半沢直樹』通用せじ!

最初から最後まで、終始ポイントが伸びなかったね。

アニオタなコア層が中心のTwitterではなろう系の異世界ものは嫌われがちだけど、アンチなろう系は嫌われてはないけれど、こっちはこっちで今のところそこまで人気が出てる作品がないよね。

 

14位:乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまったX(はめふら2期)64.9

1期の総合4位が嘘のような大失速の14位。

4話までは1期と変わらない高ポイントだったのですが、5話以降はずっと序盤の半分以下にポイントが失速。

マンネリを嫌うTwitter勢は『もう飽きた!』と切る人も続出したので、それがこの失速に繋がっている模様。

 

13位:平穏世代の韋駄天達 68.9

破天荒アニメ、最後まで破天荒な結果を残す。

通常回ではほぼベスト10圏内を守っていたのに、総合ではまさかの13位っ!?

要因は再集計でポイントがあんまり増えなかったのと、9話で28ポイントと大きく落ち込んだのが響きました。

 

12位:ラブライブ!スーパースター 74.9

3話のクーカー回で最高4位まで取ったのですが、ざんねんながら総合では12位。

3話以外では全て100ポイント以下と、ポイントが伸ばし切れなかったのが原因。

Twitterでは毎週鬼滅の刃並にトレンド入りするのですが、ラブライバーとアニメ好きはまた別なんだなと感じさせる作品でもあります。

 

11位:カノジョも彼女 79.4

ベスト10に『絶対入ってるー!!』とはならなかったカノジョも彼女。

第1話196ポイントで第3位とスタートダッシュは最高だったのですが、作画力尽きてからどんどんポイントもダウン。

制作会社が違ったら、もっと上に行っていたポテンシャルは十分にありました。

 

10位:白い砂のアクアトープ 96.3

ピーエーワークスが維持を見せてベスト10入り。

ほぼベスト10圏内、ベスト5も5回取った安定度。

とはいえ、ピーエーワークスにしては物足りない!

テーマが地味過ぎたのと、主人公くくるが嫌われたのが響いちゃいましたね。

 

9位:不滅のあなたへ 97.4

1クール目6位からのダウン。

ピオラン回で大神回を叩き出すも、トナリたち悪ガキへのヘイトが高まり過ぎて、ジャナンダ島編のポイントが全体的に低すぎた。

 

8位:マギアレコード2期 98.8

どうしたマギレコっ!?

1期では防振り・超電磁砲との激戦を制して総合1位をゲットしたのに、2期ではまさかの大失速。

5話で神回を取った以外はだいたい100ポイント以下。

ただ、それも納得も、2期はストーリー的にも作画的にも中途半端な印象。

見滝原サイドの物語をあんな取って付けたようにするのなら、もっとまどマギ勢に見せ場を作って、8話じゃなくて普通に1クール放送すれば良かったじゃない。

 

7位:死神坊ちゃんと黒メイド 103

高木さんを超えるからかい系ラブコメが現れた。

1話目の192ポイントという好発進で、上位争いに食い込むかも?と思ったのですが、その後はずっと100ポイント前後で思ったほど伸びなかった。

アリスのヒロイン力は超えていると思うんですけれど、感想に多かった可愛さがウリのラブコメで、3DCGというところが可愛さとポイントにストップをかけちゃったのかもしれません。

しかし、続編が決まって、これで宇崎ちゃんも含めて、からかい系ラブコメは3/4が続編が制作されるという高確率の人気ジャンルとなってきました。

 

6位:Sonny Boyサニーボーイ 103.3

クセ強過ぎて、観るのも観た後もハードルが高すぎるサニーボーイ。

結果、かげきしょうじょと今期のワーストを争うぐらい見られていない作品ですが、二度のベスト3入りなどの高ポイントを連発。

ハマった人の心を離さないズブズブ感あり。

ただ、上位の常連なのにほとんどYouTubeのコメントでは触れられないという悲しさアリ。

 

5位:探偵はもう、死んでいる。(たんもし)106.9

この夏もっとも賛否両論が激しかったけれど、終わってみれば総合5位の結果を出したたんもしーーー!!!

褒めてる人の感想と、叩いている人の感想を見る限り、それぞれ見てる視点が違うんだろうなと感じさせる作品。

褒めてる人にとっては見て欲しいのはそこじゃない!そして、叩いている人にとっても見たいのはそこじゃない!という感じで、決して交わることはないッス!でも、それが個人感想ッス!

そして、たんもしは1話ごとの評価の賛否両論も激しく、2位から圏外まで幅広くアップダウン。

こんなに安定性がないのはゴールデンカムイ以来だよ。

 

4位:ぼくたちのリメイク 118.2

たんもし抑えて、この夏のラノベアニメ覇権を獲得したのがぼくリメ。

クリエイター達の青春物語という他ではなかなか見ないジャンルで、5話まではベスト3も争う高ポイント連発。

けれど、ラブコメ要素が強くなり過ぎたことと、それに伴って主人公が叩かれまくって中盤以降にポイントが失速。

この夏もっとも嫌われた主人公は、このぼくリメの恭也かもしれない。

結果、4位ですが上位3つとは平均点で50ポイント以上離されることになりました。

失速がなければ、トップ争いに入っていけたんですけどね~。

 

こっから三作品は頭一つ二つ抜けた存在。

そして、通常回で1位獲りまくりのあの作品が圧勝と見せかけて、残り二作品がポイント再集計で想像以上にポイントを伸ばしていて、上位三作品は大接戦となりました。

3位:小林さんちのメイドラゴンS 188

日常ものとは思えないほどぬるぬる動く!

おひさしぶりでも京アニクオリティは変わらない。

けれど、さすがの京アニでもポイントが伸ばしにくい日常ものでは1位は取れじ。

とはいえ、日常もので総合ベスト3に入るのは歴代最高順位となっています。

全体を振り返ると、一番ポイントが高かったのがイルル回、次にカンナ回、その次がエルマ回で、トールや小林さんがメインになるとポイントが下がる。

主人公でポイントダウンするってどういうことっ!?

また、全体的にストーリー性がある話がポイントが伸びていたので、やはり京アニの強みが発揮できるのはストーリー性が強い話。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンみたいに、京アニレーベルの京アニアニメも早く観たいですね。

 

2位:かげきしょうじょ 194

この夏一番アニオタ層に刺さったのは間違いなくかげきしょうじょ。

全話を通してポイントが高かったのですが、ライト層はほとんど見ていない、観ている人の少なさが1位に届かなかった一番の原因でしょう。

ただ、4話の愛ちゃん神回や、7話のひと夏の薫回で神回を出す一方、最終回を除いてさらさ中心の回は全体的にポイントが低くて、ここが他の回と同じぐらいのポイントだったら実は1位に届いてました。

さらさが他のキャラ並のポイントを出していたら勝っていた。

最終回は330ポイントとついに覚醒したのですが、大逆転にはちょっと覚醒が遅かった。

 

1位:ひぐらしのなく頃に卒 204.3

通常回で1位を8回。

圧倒的な強さを誇ったひぐらし卒が総合でも順当に第1位。

ただ、2位と3位のポイントを見れば分かる通り、そこまでポイント差は大きく離れてませんでした。

かげきしょうじょとメイドラゴンが再集計で大きくポイントを伸ばしたのに対し、ひぐらしはあんまりポイントが伸びてなかったことと、再放送と言われた神楽し編で大きくポイントを落としたのが原因。

そんなかげきしょうじょとメイドラゴンの猛追劇をかわせたのは、祟明し編の鉄平の活躍と、賛否両論激しかったひぐらしZー!な第14話が565ポイントと跳ねたから。

ポイントやコメントを見る限り、賛成派もけっこう多かったみたいだよ。

 

Twitter投票で選ぶ2021年夏アニメ全話おすすめ感想ランキングまとめ

今回の総合ランキングをまとめると、業では連続2位だったひぐらしが、鉄平とZ戦士の活躍によってついに念願の1位をゲット。
そして、来期は激戦の秋アニメが始まる。
ここ2クールは独走が続いたので、そろそろ大混戦のランキングを俺は見たいぜ。

>>2021年夏アニメ総合ランキング【原作試し読みOK】

無料OK!アニメを一番お得に見る方法

アニメ視聴ランキングでは、動画配信・テレビ・衛星放送など、すべてのサービスを実際に試して比較。

その中で一番良かったものを、メリット・デメリットも含めておすすめランキング形式で紹介。

無料から視聴OK。

アニメ以外の実写やお色気作品も見たいなど、これを見れば、あなたに一番最適な視聴方法が分かるようになっています。

>>無料OK!一番お得なアニメ視聴ランキングへ