あなたの心の原作覇権:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回は2021年夏アニメ原作売上ランキングー!

マンガもラノベもコミコミで!

今回はそんな最新の夏アニメ原作売上ランキングをまとめました。

動画解説:【最新2021年夏アニメ原作売上ランキング】東京卍リベンジャーズや勢いに乗る『たんもし』や『かげきしょうじょ』でも勝てない(約17分)

最新2021年夏アニメ原作(漫画&ラノベ)売上ランキング

いつもやってるTwitterのいいねやリツイートの数が順位付けする一週間ランキングや

動画配信の再生数ランキングとは違う。

今回は2021年夏アニメの原作となっている漫画やラノベの売上ランキングを。

アニメの放送が始まったことで、一気に売上を伸ばした作品もあり。

これを見れば、原作売上でスタートダッシュを決めた作品が分かる。

数字のデータは、紙の本はTSUTAYA週間ランキングベスト20を、電子版はブックライブの週間ランキングベスト100を参考にし、これを合計、売上は紙の本の方が圧倒的に多いため、TSUTAYAのランキングの方をより重視。

また、漫画よりも売れづらいラノベ原作の作品は、マンガ版の数字も込みで順位付けしています。

ランキングは紙の本が一番売れていて、次に電子書籍の総合、最後が電子書籍の少年マンガ部門とか少女ラノベ部門とかの部門別。

部門別にも入ってないのが今回の圏外。

ただし、放送が始まったばかりの作品はまだランキングに入ってないので、それらは除外しています。

ちなみに、ブログ版、または動画の概要欄で今回紹介する作品の原作試し読み、その他の関連動画をまとめています。

また、YouTubeではそういったアニメやマンガに役立つ情報を配信しています。

よければチャンネル登録してください。

>>アニメにおすすめな動画配信ランキングへ

圏外:カノジョも彼女、ピーチボーイリバーサイド

この二作品は電子版部門別のベスト100にも入ってない。

両方でもTwitterランキングでも再生数ランキングでもそこそこ上位なのに、原作は全然売上アップしてないんですけどーーーっ!?

カノジョも彼女は元々がそこそこ売れてますが(それでもアニメ化効果で、もっと売れて欲しいと思っているはずですが)

ピーチボーイリバーサイドは元々がそこまで売れてるわけではないので、特にアニメキッカケで伸ばしたいところでしょうが。

けっこうコメントではハマっているという意見も多かったのですが、そこまで多くの人には刺さってないということでしょうか。

 

例外の圏外:EDENS ZERO(エデンズゼロ)

1クール目からあまり原作の売上は伸びないエデンズゼロ。

ただし、同じ原作者のフェアリーテイルが電子版の少年マンガでなぜか52位にランクイン。

Twitterでちょこちょこエデンズゼロの感想に、フェアリーテイルに似てるというコメントが来ているので、エデンズゼロ効果で旧作のフェアリーテイルが売上が伸ばしているのかもしれない。

制作サイドは複雑かもしれないけれど、原作者的にも出版社にも、これでも同じように利益は生まれますからね。

 

例外の圏外:魔法科高校の優等生

魔法科高校の優等生も圏外なんですけれど、本編の魔法科高校の劣等生の方が紙の本で1位、電子版でも総合23位と絶好調。

これもスピンオフの効果なのか?

まあ、劣等生の場合は元々が人気なだけに、スピンオフ効果じゃない可能性も高いですが。

 

19位:乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった(はめふら)

こっからはランキングに入ってきますが、この売上規模だと紙の本はもちろん、電子版の総合100位にも入って来ないレベルとなっています。

原作が電子版の女性向けラノベで17位、マンガ版が女性漫画で32位。

どちらも総合ランキングには入ってこじ。

アニメ2期ということもあるのかもしれませんが、アニメの人気の割には意外と売れてない。

人気作でも市場規模が小さい女性向け作品だと、なかなか売上を伸ばすのは大変みたい。

 

18位:うらみちお兄さん

Twitterのトレンド入りもした話題のうらみちお兄さんは、電子版の女性向けマンガで16位。

う~ん、話題になった割にはという原作の方のスタートダッシュ。

もともと発行部数150万部突破と、女性向けマンガの中では売れているんですけれど。

更なる「ママンとトゥギャザー」ブーム起こすことが出来るでしょうか。

 

17位:ヴァニタスの手記(カルテ)

ボンズの本気を見せているヴァニタスの手記は、電子版の少女マンガ部門で18位。

うらみちお兄さんよりも週間ランキング順位は下ですが、女性向け部門よりも少女マンガ部門の方が市場が大きいので、こちらのランキングではヴァニタスを上にしました。

もともと発行部数550万部を突破しているだけあって、こちらでもそれなりの数字を。

アニメで男性人気をもっと高めることが出来れば、更なる順位をアップを狙えるポテンシャルもあり。

 

16位:チート薬師のスローライフ

原作が電子版の男性向けラノベで50位、マンガ版が青年漫画部門の70位

スローライフな作風通り、売上の方もゆっくり確実に伸ばしてきた。

こちらもヴァニタスの方が週間ランキングは上ですが、男性向けの市場規模が大きいので、こちらのランキングでは順位を上にしています。

 

15位:不滅のあなたへ

少年マンガ部門で76位。

青年マンガより少年マンガの方が市場規模が大きいので、チート薬師よりも上にしています。

アニメの評価は最初からかなり高いのですが、1クール目から原作の売上にはあまり繋がらず。

壮大なストーリーがウリなだけに、原作でネタバレ喰らいたくないってことでしょうか。

 

14位:ぼくたちのリメイク

原作が電子版の男性向けラノベで21位、マンガ版が少年マンガで87位。

見ている人の評価が高いだけあって、しっかりと結果を出してきた。

とはいえ、総合ランキングの方にも入ってくるかなと思ったのですが、意外とそこまでは伸びず。

否定的な感想はあまり見ないので、単純に見ている人がまだそこまで多くはないということでしょう。

やはり、大学生のクリエイターものということで、ラブコメや異世界ものと比べると、すぐにガチコーン!とハートを掴むことは出来ないようで。

徐々に口コミで広がって欲しい作品です。

 

13位:迷宮ブラックカンパニー

少年マンガ部門で55位。

Twitterランキングでは第1話から大苦戦してましたが、意外と原作は売れてるやん。

そして、異世界とはいえ、ブラック企業がテーマなのに、ジャンルは少年マンガなんだw

売上とは関係ない、ここでちょっとツボっちゃいました。

 

12位:小林さんちのメイドラゴン

こっからやっと電子版の総合ランキングに入っている作品。

ここからガツン!と売上が上がります。

京アニのメイドラゴンは総合100位。

1期の時も京アニ効果で発行部数210万部突破したように、2期でもアニメ効果でブーストかけてくれそうなスタートダッシュ。

ただ、京アニにしてはこんなもんなの?と思う人もいるかもしれませんが、最近の京アニ作品あるあるで、意外と原作の売上はそこまで爆発的に増えない。

ハルヒやけいおん!など、2010年代前半まではかなり伸びることもあったのですが。

この理由としては、ヴァイオレット・エヴァーガーデンに代表されるように、京アニの絵の技術がさらに上がってきて、当然ながら原作ではその京アニクオリティが楽しめないからじゃないかなと思います。

やっぱ京アニ作品はアニメで楽しんでこそでしょ!と思う人が多いんじゃないかなと。

そう考えると、京アニの自社レーベルの小説以外の原作作品をなかなかアニメ化しなくなったのは、京アニが仕事を選んでいるだけじゃなくて、依頼する方も京アニに依頼しても原作はそんなに売上伸びねえしな…という裏事情がかるのかもしれないですね。

 

11位:死神坊ちゃんと黒メイド

坊ちゃん朗報です。電子版の総合で61位。

スタートダッシュかましてきました。

アニメ放送前は電子版の総合ランキングにほとんど入ることはありませんでしたが、アニメ放送後に一気にランクインして、メイドラゴンも抑えてこの順位。

ボクのコメントの方にも、原作買ったという報告がちょこちょこと入ってきています。

Twitterや動画配信の再生数ランキングではカノジョも彼女に負けてましたが、原作売上では今のところ圧勝。

このままの勢いで、この夏のラブコメ覇権は死神坊ちゃんと黒メイドが掴み取るか?

 

10位:100万の命の上に俺は立っている

電子版の総合で58位。

Twitterランキングでも動画配信の再生数でも全然上位に来なかったけど、原作はなかなかに売れてます。

 

9位:精霊幻想記

電子版の総合で原作が52位、マンガ版が94位。

こちらもTwitterも動画配信でも上位に絡んできませんでしたが、意外と売れてるーっ!?

Twitterの方も集計を終えてからも、じわりじわりとポイントを伸ばしているので、このまま数字を伸ばしていけば、この夏のダークホースになってくるかもしれない。

 

8位:僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)

電子版の総合51位。

アニメ5期でもしっかりと売れて続ける。

ヒロアカは説明不要でしょう。

 

7位:キングダム

電子版の総合27位。

Twitterでも動画配信でもイマイチですが、紙のランキングでも入ることもあるように、原作は1クール目から売れ続けている。

また、キングダムはコミックレンタルの方もかなりされていて、アニメで我慢できない人がレンタルして先を読んでいるのかもしれない。

 

6位:現実主義勇者の王国再建記

電子版の総合で原作ラノベが47位、漫画版が17位。

独占配信なので動画の再生数は分かりませんが、Twitterランキングでは大苦戦していたのに、原作は思った以上に売れとるやんけ。

内政チートは原作の売上アップとの相性は良さそうです。

 

5位:かげきしょうじょ!!

電子版の総合で14位にランクイン。

YouTubeのコメントでもっとも好きだとプッシュする人が多いかげきしょうじょ!!ファンのみなさんお待たせしました。

安心してください、原作売れてますよ。

アニメ放送前は圏外だったのが、他の少年漫画などを押しのけまくって一気に14位の急上昇。

上昇率だけだったら、今回のランキングの中でぶっちぎりの一番。

少女マンガでこれはたいしたもの。

紙の本の方ではランク外でしたが、あっちは男性向け女性向けを一緒に混ぜちゃってるので、女性向け部門とかあれば、紙の本でも1位とかとっていたかもしれないですね。

この勢いが続けば、1位奪取も夢じゃないかも。

 

4位:月が導く異世界道中

電子版の総合で原作ラノベが21位、漫画版が8位。

…って、想像以上に売れてたーー!!!

Twitterでも動画配信でもそこまで上に来てないので油断してたら、原作の売上は思った以上に来てるぜ。

これはもしかしたら、他のランキングでも上位戦線に食い込んで来るかもしれない。

 

3位:探偵はもう、死んでいる。(たんもし)

こっからは紙の本のランキングに入ってくる、さらに売れまくりの作品たち。

たんもしは、紙の本で1巻~5巻までの全巻がラノベ部門ベスト20に入るコンプリーツ!状態。

その中で1巻が最高順位となる3位と、アニメ効果での原作売上スタートダッシュをかましてきた。

ちなみに、電子版の方はなぜか総合ランキングには入ってなくて、男性向けラノベ15位とそこそこ、さらにマンガ版の方は圏外なんですけれど。

とはいえ、紙の本で全巻ランク入り無双状態がそれを吹き飛ばす。

ラノベ部門では夏の第1位と、覇権候補らしいところを見せてきました。

 

2位:東京卍リベンジャーズ

紙の本で8位~20位に12作品がランクインするほぼ独占状態。

さらに、電子版では総合ランキング3位(ちなみに電子版は1巻1巻の計算じゃなくて、シリーズ累計の数字になります)

アニメ2クール目でも絶好調。

実写映画も始まって、さらにブースト状態。

こりゃ本当に最終的には呪術廻戦並に売れそうな勢いですね。

ただ今回は、そんなノリに乗りまくっている東京卍リベンジャーズでも2位なんですよね。

 

1位:転生したらスライムだった件

勢いに乗りまくりの東京卍リベンジャーズを抑えた第1位は、またしても転スラっ!?

紙の本では漫画版の最新18巻が第1位。

この1冊だけなら複数ランクインした東京卍リベンジャーズの方が上じゃ?と思うかもしれませんが、この最新18巻が爆発的に売れまくり。

さらに、シリーズ累計で計算する電子版の総合ランキングでは3位の東京卍リベンジャーズを抑えて、こちらでも第1位。

また、転スラは原作ラノベも総合74位に入っているので、全て合わせたら東京卍リベンジャーズを抑える形になります。

前回の動画配信の再生数も1位だったので、トリプル1位を達成、トリプルスライムになりました(トリプルスライムって何?)

ストーリーだけじゃなくて、売上的にも無双状態。

こりゃアニメ3期も貰ったも同然だ。

 

最新2021年夏アニメ原作(漫画&ラノベ)売上ランキングまとめ

今回の2021年夏アニメ原作売上ランキングをまとめると、たんもしとかげきしょうじょ!!が急激に売上を伸ばし中。
そして、月が導く異世界道中と現実主義勇者の王国再建記の異世界コンビも見逃せない。
この中から頭一つ抜けている転スラと東京卍リベンジャーズを抜く作品は出てくるでしょうか?というか、出て来い!

>>2021年夏アニメおすすめランキングへ