あなたの心の顔出しNG:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

最近顔出ししない方が動画視聴維持率が高くなる悲しい事実を知ったけど、顔芸が見たいという声もあるので調整中です。

そんな今回のテーマは、みんなのTwitter投票で選ぶ週間アニメランキングー!

夏の10~11話編。

ボクは観たアニメはTwitterで感想を挙げていまして、いいね1ポイント、リツイート5ポイントで計算。

その合計値で毎週発表しているオリジナルランキングです。

250ポイント超えで今週の神回、同ポイントの場合は好みで順位付け。

これを見れば、深夜アニメ層の人気が分かる。

動画解説:【Twitter投票】2021夏アニメ10,11話感想ランキング~今期おすすめの京アニ小林さんちのメイドラゴンSが勝てない(約16分)

目次

2021年夏アニメ10~11話個人ベスト3

今回もまずはボクの個人的な好みで選ぶ、ベスト3から発表します。

3位:カノジョも彼女 11話

この夏を代表する名言飛び出しました。

 

2位:かげきしょうじょ 11話

ラストの本気にやられました。

 

1位:小林さんちのメイドラゴンS 10話

何もかもが京アニだったよ。

これらの詳しい感想はランキングに入った時に語ります。

そして、先週1位のひぐらしのなく頃に卒は二連覇できるでしょうか?

 

Twitter投票で選ぶ2021夏アニメ10,11話週間ランキング

20位:乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまったX(はめふら2期)11話28ポイント

あいつも俺と同じように不幸にしてやる!

二週ぶりのランクインの立役者は、異世界にも全国3000万人のモテ男許すまじ隊の一人。

その男の名は、俺だよ、ワリオだよ!

 

19位:チート薬師のスローライフ 10話28

よっ、その腹筋、板チョコ付いてんのかい!

異世界でもナイスバルク!

ダンベル何キロ持てる?と、チート薬師の夢のコラボが実現しました?

 

18位:うらみちお兄さん 11話30

夢ってね、抱えたまま時が経てば絶つほど、どんどん重たくなっていくんだよ。

やめろーーー!!!

さっきまで右左マンとかふざけたカッコウしていたくせに急に重い話をぶっ込んでくるのわ。

夢ってなんだっけ?そんな風に胸に刺さる大人が続出中です。

 

17位:ラブライブ!スーパースター 7話37

絶対に負けられない戦いがラブライブにもある。

そんな生徒会選挙、結果は惨敗!

そして、ランキング的にも8位から大幅ダウンで惨敗!

こういうコメディも好きなんですけれど、やっぱライブがないと盛り上げるには欠けるのも事実。

 

16位:月が導く異世界道中 10話38

この世界のエルフは耳が尖ってない。

ラスボス的なリッチーよりも従者のヒロインの方が怖い。

そして、それよりも怖いのは人間と、王道ファンタジーと見せかけて、けっこう色々とズラしてくる作品。

 

15位:現実主義勇者の王国再建記 11話40

国のために自らを犠牲にする。

カーマインとバルガス、そんな二人の武人が漢を魅せた回でした。

逆にソーマはどうなの?って感じでしたが、このアニメは主人公よりも周りが魅せるという作品なんでしょう。

 

14位:東京リベンジャーズ 23話40

ジッチャンの名にかけて!

バリバリシリアスの血のハロウィンのアフターは、まさかギャグとラブコメ回。

けれど、意外とポイントはいつもより伸びたということで、こういうノリを求めている人も多いのかもしれない。

そして、そんなコメディな息抜き回でもしっかりと男を魅せてくれるのがドラケンという男。

 

13位:ジャヒー様はくじけない 6話47

三度ジャヒーン!!!

ベスト10に入ったら弾かれるを繰り返してこれで三度目。

そりゃジャヒー様も犬神る。

もはやお家芸となってきました。

 

12位:ぼくたちのリメイク 10話48

先週4位からのまさかの大幅ダウン!

ラストの奈々子の登場は沸いていたけれど、再びタイムリープせずにキョウヤの見せ所を見せてきたストーリーの賛否両論。

お前の活躍はいいから早く戻らんかい!

そして、タイムリープ前に会った先輩のことはなんで全く気にしないんだ!というツッコミあり。

この辺がこの大幅ダウンに繋がったっぽいですね。

 

11位:白い砂のアクアトープ 10話49

悪くはない、悪くはないんや。

でも、展開がやっぱり地味なんや!

すぐにでも大きな転換期が欲しい。

正直自分、風花の芸能界編が早くみたいっす!

 

10位:女神寮の寮母くん 9話51

これ絶対入ってるーーー!!!

まさかこっちでもあの伝説の名言が飛び出すとはね。

コタツの中でくんずほぐれつ、コタツの中には夢のガンダーラが広がってました。

 

9位:Sonny Boyサニーボーイ 9話59

可愛がるのも憎むのもどちらも紙一重の執着。

そんな猫と双子を通した依存の話。

けど、サニーボーイファンからも『難しくてよく分かりません!』という声が増えてきたので、ちょっと哲学的な展開にフリ過ぎかなという感じもしますが。

 

8位:死神坊ちゃんと黒メイド 11話70

アリスが日誌を手に入れたことで、ダレス動きます。

通常のからかいラブコメの中に、けっこうなシリアスストーリーを入れてくるから飽きさせない。

けど、美人と噂されていたダレスが、そんなに美人じゃなかったのにガッカリしたのは僕だけでしょうか?

 

7位:平穏世代の韋駄天達 8話73

神が魔族の街を人間ごと壊滅させる。

まったく持ってやりたい放題だぜ。

また、予想外だったのは、あんだけ神を祈っていたシスターが、自分を守るために魔族を殺したのに、それを咎めて神にビンタしちゃうところ。

このシスターの行動原理もイマイチ読めなければ、そのシスターを元にした韋駄天も誕生する。

こっからどう展開していくのかがまるで読めない作品だぜ。

こんなに読めない作品も珍しい。

 

6位:カノジョも彼女 11話79

絶対入ってるーーー!!!

入ってない!!

2021年夏アニメの流行語大賞はコレで決定したと言ってもいいんじゃないでしょうか。

破天荒なお風呂回で3話以来のベスト10入り。

お色気の定番お風呂回で、まさかこんなに笑わされるとは思わんかったよ。

お風呂回に新たな伝説を生み出したのかもしれない。

けれど、需要はあるかどうかは未知数。

 

5位:探偵はもう、死んでいる。(たんもし)11話92

時折見せるたんもしーーー!!!のビックウェーブ。

先週15位から大幅アップ。

こんなに上位と下位を行き来する作品はゴールデンカムイ以来。

そして、大幅アップに毎回関わってくるのがシエスタという名のメインヒロイン。

 

4位:マギアレコード2期 7話99

今回はシャフトというアニメ制作会社の社風を感じさせるような回で再び上位に戻ってきた。

前半は先週に続き、シャフトにしては万策尽きたー!という作画崩れ、特に立ち絵が乱れてるな~というのがいくつかあったのですが、後半になったら急に盛り返してきた。

マギレコメンバーと見滝原メンバーの共闘からストーリーも作画もギアを上げてくる。

勝利のカギはコネクト!とバトルに入ってからは神作画連発!

特にやちよのシーンは気合入りまくりで、スタッフはやちよ大好きなのか?と感じるほど毎回のように気合入れてくる。

この辺のギャップの大きさは、三振かホームランか!というシャフトの作品の特徴を表しているよう。

当たった時は京アニ作品に負けないぐらいの面白さがあるけれど、外したときはスン!と、まるでかすりもしないことも珍しくないからねシャフトは。

そして、マギレコの話に戻すと、ラストの鶴乃のシーンが原作よりもハードすぎるという声もたくさん挙がってました。

というか、こんな状態で大丈夫なのっ!?元に戻っても死んじゃうんじゃないのっ!?という感じもしますが。

ただ、この鶴乃の姿がドラクエに出てくる『どろにんぎょう』に見えてしょうがなかったのは僕だけでしょうか?

『ふしぎなおどり』でMPが吸い取られそうでしょうがなかったんですけれど。

 

3位:ひぐらしのなく頃に卒 12話137

今週は二連覇どころか大幅ポイントダウンで3位に後退。

まあー、しょうがないですね。

今週は総集編のような展開でしたし。

むしろ137ポイントなら、いつもならもっと順位が低くてもおかしくないのですが、周りの不調に助けれた形。

とはいえ、ついに羽入が本気を出したということで、次回はストーリー的にもランキング的にも勝負をかけてきそう。

 

ということで、今週残った二作品は無冠の帝王メイドラゴンと、二度目の王者を狙うかげきしょうじょ。

前評判は圧倒的だったのに、フタを開けてみたらこの終盤まで1位が取れてない京アニ。

ここで1位を取って、この夏は京アニが勝てないという声を一蹴するのか?

はたまたアニオタから覇権の声も多いかげきしょうじょが二度目の1位を取って、ひぐらし追撃に弾みを付けるんでしょうか?

ポイント差はたった2ポイントの大接戦となりました!

2位:かげきしょうじょ 11話214

愛ちゃん回はやっぱ強いんじゃあ~!

先週はさらさ回で大幅にポイントを落としましたが、今週は愛ちゃん回で盛り返してきた。

正直、今週は月曜日までメイドラゴンが独走していたので決まりかな?と思っていたのですが、かげきしょうじょが徐々にポイント伸ばしてこんなに大追撃してきたよ。

京アニ的にはたった2ポイント差で、あぶなーい!というぐらいに。

今回もまたまた予想外な展開で魅せてくれた。

恋を知らない愛ちゃんがジュリエットに挑むということで、てっきり今回は負けフラグ。

この敗戦をバネにして、演技の幅を広げるのかと思ったら、絶対に負けられない戦いを救ったのは、さらさとの絶対に忘れないあの出会い。

恋を知らない感情を、エモエモエモ、百合百合百合のパワーで吹き飛ばし、あんな最高なジュリエットを魅せてくれるとは思わんかった。

あと、予想外といえば、さらさも委員長もロミオじゃなくて、ティボルトを選んだのも予想外。

結果、主役なのにロミオの層が薄すぎないっ!?

そして、前の演技を見る限り、薫さまがロミオ役をゲットする未来が想像できない。

これ原作者はいい意味で性格悪いよねと。

定番な展開をことごとく裏切ってくるので。

これはさらさや愛がオーディションで敗れるという展開も十分にあるんじゃないでしょうか。

 

1位:小林さんちのメイドラゴンS 10話216

無冠の帝王返上!もうこの夏は勝てない京アニとは言わせない。

人気No.1のカンナ三昧の30分で、今回は前回のエルマと違って、AパートとBパートにもしっかりと繋がりが合った。

京アニの本気を魅せた文句なしの第1位と言ってもいいでしょう。

やっぱりストーリー性があるエピソードの方が、京アニの強みに活かせるよね。

カンナとクロエの友情エモエモ回。

たった1話でクロエが視聴者のハートを鷲掴み。

クロエも日本に引っ越してきて、才川とカンナを争うという妄想しているファンも続出。

これに加えて、ニューヨークの街並とかてんとう虫が飛び立つシーンなど、アニメを超えた命が吹き込まれているようと絶賛する人なども。

こんな状況下でも作画崩れどころか、何気ないシーンでも圧倒的なクオリティを見せてくれる。

日本を代表するアニメ制作会社は他にもあるけれど、この抜群の安定度の高さの他との大きな違いでしょう。

ただ、一つモノ申すことがあるのなら、ポイントが低すぎる!

これでも神回行きませんか。

これ、僕のツイートが特別低いとかじゃなくて、メイドラゴンの感想は他の人のを見てもあんまり伸びてないんですよね。

強烈なストーリーが見せづらい日常ものは、みんなツイートを拡散して共有しづらいという弱点が付きまとう。

そんな中でも1位を取っちゃう京アニの実力はさすがです。

ちなみに、日常もので1位を取ったのは2020年冬の動画工房の恋する小惑星(アステロイド)以来の1年9か月ぶりの快挙となっています。

 

裏1位&Twitter投票で選ぶ2021夏アニメ10,11話おすすめ感想ランキングまとめ

2021夏アニメ10~11話のランキングをまとめると、京アニがついにやってくれました。
こっから終盤戦の盛り上がりで怒濤の追撃見せてくれるでしょうか?
そして、先週あんまり評判が良くなかったTwitter反応率は1位だけ発表しておきましょう。裏1位と形で。
こちらはメイドラゴンとの僅差でカノジョも彼女11話が。
絶対入ってるーーー!!!入ってない!!の名言がみんなの心を揺さぶりまくったようです。

>>2021年夏アニメ総合ランキング【原作試し読みOK】

無料OK!アニメを一番お得に見る方法

アニメ視聴ランキングでは、動画配信・テレビ・衛星放送など、すべてのサービスを実際に試して比較。

その中で一番良かったものを、メリット・デメリットも含めておすすめランキング形式で紹介。

無料から視聴OK。

アニメ以外の実写やお色気作品も見たいなど、これを見れば、あなたに一番最適な視聴方法が分かるようになっています。

>>無料OK!一番お得なアニメ視聴ランキングへ