あなたの心のジャンプ新刊無双再び:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

そんな今回のテーマは、アニメ化特別版・週間マンガ売上ランキングー!

無敵の呪術も鬼滅も敗れる!

アニメ作品が強い電子書籍版ランキングを軸に、紙の本の売上ランキングもプラスして、深夜アニメ化、もしくはこれからアニメ化する可能性が高そうな作品のみをピックアップした特別版。

最後に惜しくもランクインを逃した注目作も紹介。

動画解説:【週間アニメ化漫画売上紹介】ジャンプ新刊無双も呪術廻戦・鬼滅の刃は敗れる!2022年1月2週ランキング(約13分)

20位:SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)5巻

最初のジャンプ新刊無双は、ハードボイルドギャグコメディがランクイン。

伝説の殺し屋が家族を持ったことで引退。

けれど、そんな伝説を周りが放っておかないというよくあるハードボイルドな設定でありながら、幸せ太りした坂本の姿と、その戦闘スタイルでシリアス&コメディで魅せてくるのがサカモトデイズスタイル。

特に紙の本で売れまくりと、サカモトデイズも新たなジャンプのエースに育っていきそうな可能性を見せてきた。

 

19位:恋と嘘 最終12巻 莉々奈編

アニメ化もされた政府が結婚相手を決める世界での好きな相手・美咲と結婚相手・莉々奈の間で揺れ動く三角関係の恋愛学園ものの最終巻。

最後は一体どっちを選ぶんだい?というファンをヤキモキさせた結果は、それぞれのルートを描くぼく勉方式となりました。

恋と嘘はコミックスも完全に分けているので、ファンは好きな方を買ってくれということでしょう(まあ、どっちも買うけどね!)

この美咲編と莉々奈編は同時刊行されたのですが、意外だったのはランキング入りしたのは莉々奈編だけで、美咲編は圏外だったこと。

しかも、けっこうな圏外ということで、二人のヒロインにこんなに人気の差があったのね。

美咲派としてはショック!

そして、ファンは両方買うかなと思っていたのですが、けっこう片方しか買ってない人が多いじゃない。

 

18位:パリピ孔明 8巻

ピーエーワークスが初の漫画原作でアニメ化することが決定しているパリピ孔明の新刊もランクイン。

三国志の天才軍師・諸葛亮孔明が、現代日本の渋谷へと転生してパリピになる!…と見せかけて、歌手を夢見るヒロイン・英子の夢を叶えるために、プロデューサーという名の軍師となる。

天才の知略が音楽業界に風穴を空ける。

最新8巻では英子が大手レーベルか?それとも孔明か?という人生のターニングポイントに立たされる。

三国志ファンなら迷わず孔明!知力100以上なんだぜ!

 

17位:リアデイルの大地にて 4巻

アニメ放送中の異世界なろう系のパイオニアのコミカライズ版新刊もランクイン。

アニメの方は深夜アニメ勢からは、あいかわらず『いつものテンプレ』といった賛否両論が巻き起こってますが、ただリアデイルの大地にてはなろう系の異世界転生のパイオニア。

なにしろ原作の連載はあの無職転生よりも早いんだぜ。

 

16位:空挺ドラゴンズ 12巻

アニメ化もされた龍を狩って生きる龍捕りの生き様を描いた空挺ドラゴンズの新刊もランクイン。

アニメではなぜか、人物も含めフルCGアニメーションで制作され、せっかくの原作の濃い描き込みの魅力が死んでしまいましたが、マンガの方はまだまだ売れ続けている。

アニメ2期をやる時は、今度こそ原作の良さを活かした形で映像化して欲しいところ。

 

15位:あやかしトライアングル 7巻

ジャンプの正統なるTo LOVEる枠もついにアニメ化決定。

さすが矢吹先生、あやトラでもキッチリと100万部突破という結果を出してきました。

妖怪がいる現代日本を舞台に展開する忍者とあやかしのバトルファンタジー。

そこにいつものお色気を交えつつ、主人公が女体化してしまうのがあやトラの醍醐味。

今度の主人公はラッキースケベをするだけじゃない、ラッキースケベもされちゃう、女子と女子のくんずほぐれつ『バカヤロウー!』なファンタジーも広がっています。

是非ともあやトラアニメは、呪術廻戦並のジャンプクオリティで仕上げて欲しいところ。

なぜかジャンプさん、お色気枠には制作費をケチるので、それは是非ともやめて頂きたい。

 

14位:僕の心のヤバイやつ 6巻

ジャンプとなろう系の新刊ラッシュ無双に、チャンピオン系も割り込んできたぜ。

陰キャと陽キャのよくある中学生ラブコメと見せかけて、主人公とヒロインの成長のヤバさでグングン人気急上昇中。

特にヒロイン・山田の成長度は、1巻からのコミックスを見るだけでも伝われるレベル。

この最新6巻では、山田の更なるヒロイン度がヤバイことになってます。

 

13位:不遇職『鍛冶師』だけど最強です~気づけば何でも作れるようになっていた男ののんびりスローライフ~5巻

だからタイトル長げえよ!と、突っ込まずにはいられないなろう系の異世界ファンタジー。

タイトルでほぼ説明し尽くしてますが、成人した全員が何かしらの職業と神器が与えられる世界で、主人公が与えられたのは外れと言われる鍛冶師とハンマー。

しかし、実はそれが使えて、チートになっていくパターンですね。

こういった系統は、現実のちょっとした才能でもやり方次第で大成功することもあるというのを、より派手に脚色したようなジャンルですが、現実と違ってなぜかそれをやるのが主人公しかいないのが、毎回突っ込まずにはいられないのですが。

 

12位:逃げ上手の若君 4巻

暗殺教室の松井先生が新たに送るのは歴史漫画。

しかも、足利尊氏が活躍した南北朝時代というマイナーどころに加え、主人公が足利尊氏じゃなくて敵対した北条時行というのが攻めまくり。

それで50万部突破と、結果を出すというのがさすがです。

 

11位:世界でただ一人の魔物使い~転職したら魔王に間違われました~7巻

こちらもタイトルで解説していると見せかけて、元々の職業が勇者というのが予想外のポイント。

勇者を捨てて転職したら、魔王になっちゃうというパターン。

国単位での戦いも起こるので、想像以上にスケールの大きい展開となっていました。

 

10位:左遷された最強賢者、教師になって無敵のクラスを作り上げる 5巻

こちらもタイトル通りの異世界ファンタジー。

無能な上司と揉めて騎士団を追放された最強賢者が、最強教師になって無敵のクラスを作り上げる。

ロクアカとかがありますが、なろう系で育てるパターンはちょっと珍しいですね。

 

9位:キン肉マン 77巻

なんだかこのタイトルの身近さにほっとする。異世界ファンタジーと他のマンガのタイトルの長さの差が激し過ぎる。

電子版はイマイチだけど、紙の本ではまだまだ売れまくりのキン肉マン。

うる星やつらもリメイクされるし、キン肉マンもどうでしょう?

原作いっぱいあるし、なんなら新章からのアニメ化からでもええで。

 

8位:ダーウィンズゲーム 25巻

アニメ化もされた能力系デスゲームバトルはベスト10圏内にランクイン。

アニメでは能力や世界観の設定、ヒロインを筆頭とするキャラで人気を集めましたが、原作の売上の方も絶好調。

この調子でアニメ2期も待ってるぜ。

 

7位:セ○クス&ダンジョン!!6巻

いや、タイトルが直接的すぎるーーー!!!

簡単には本屋では買えない。

まさに電子版でこそ、人気が出る作品と言っても過言ではない。

特殊なダンジョンが舞台で、女の子と本番をしないとレベルを上がらないというけしからん!ダンジョンとなっています。

そんなダンジョンはすぐにでも攻略するっきゃない。

ちなみにこちらも、なろう系のラノベが原作。

 

6位:MFゴースト 13巻

『頭文字D』から約15年後を描いた自動車レース漫画。

こちらも車好きに刺さりまくって、発行部数320万部を突破。

2023年にアニメ化も決定しました。

 

5位:アオのハコ 3巻

眩しすぎる青春に、『陰キャは沈黙するしかない』という名言を生み出したジャンプ期待の恋愛漫画。

恋も青春もさらにまぶしいまぶしいまぶしいよー!と、焼け付く太陽のように輝きまくり。

今回のジャンプ新刊ラッシュは、紙で圧倒的に売れてて電子はそこそこという構図なのですが、なぜかこのアホのハコだけ、紙だけめちゃくちゃ売れてまくっていて、電子版では圏外という非常にアンバランスな状態に。

あの眩しすぎる青春ものは、電子の方が売れるお色気ものとは逆に、敢えて本屋で買いたくなるような衝動に駆られるのかもしれない。

 

4位:呪術廻戦 18巻

劇場版 呪術廻戦0効果で無双状態に入った呪術廻戦が敗れる!

しかも、売上が落ちたとかではなくて、単純にジャンプの新刊ラッシュがそれ以上に売れた。

結果、遊郭編効果で先週ベスト10圏内に戻ってきた鬼滅の刃も圏外に弾かれるほどに。

ジャンプのエースであっても簡単に連覇はさせない。

さすがジャンプは売れっ子が揃っています。

 

3位:ワンパンマン 24巻

なぜか紙の本より新刊の発売日が遅いワンマンパンもランクイン。

発売日が遅くてもこれだけ待つ人が多いのだから、電子版も紙と同日販売にして欲しい。

 

2位:Dr.STONE(ドクターストーン)24巻

ドクターストーン、まだまだ売上伸ばしてます。

鬼滅の刃や呪術廻戦の影に隠れて、最初はアニメ化してたのに売れてないとかも言われてましたが、気付けば新刊が出れば必ず上位に争いに絡むレベル。

ちょっと前に発行部数1000万部を突破しましたが、1月には1100万部とすぐに数字を更新してきた。

アニメ3期に向けて、ドクターストーンは更なるスパートをかけてきそう。

 

1位:終末のハーレム セミカラー版 14巻

呪術も鬼滅もドクストも届かない。今週の第1位はアニメも絶好調の紳士専用マンガ。

この表紙から圧倒的な存在感。

胸から溢れる夢と希望。

しかも、終末のハーレムは紙の本でもかなり売れてるぜと、全国に本屋のお姉さんのレジに持っていく猛者たちもたくさんいるようです。

原作では第2部に入っているということで、アニメでも2期3期と長期スパンで続けて欲しいところ。

 

注目作:僕とロボコ 6巻

僕とロボコも新刊出たのにーーー!!!

ジャンプの新刊ラッシュ無双の波に乗れない、それが僕とロボコ!

この鬼滅の刃をオマージュした表紙が、そんなロボコの悔しさを表すような感じになっちゃった。

パロってパロって大正解!パロディ好きなら読んで大爆笑保証付きの漫画です。

今一番ジャンプでアニメ化して欲しいのは、この僕とロボコ。

 

【アニメ化特別版】週間漫画売上ランキング2022年1月2週まとめ

今回の週間マンガ売上ランキングをまとめると、やっぱり月の上旬はジャンプが無双しちゃう。
そして、そんな中になろう系も食い込んでくるのも、いつも同じ光景でした。

>>漫画におすすめな無料アプリ&電子書籍ランキングへ

ベスト版漫画ランキング【試し読み&読み放題あり】

連載中の作品のみに絞った最新マンガおすすめランキングベスト100

気になる作品の試し読み&コミック・雑誌の読み放題もあり。

マンガごとに各ストアをまとめているので、各比較も簡単に行えます。

>>ベスト版漫画ランキング【試し読み&読み放題あり】