あなたの心のはじまりのセツナ:アニメマンガ名探偵すやまたくじです。

そんな今回のテーマは、アニメ・マンガ注目ニュースランキングー!

キーワードは2017年!

前回やった注目ニュース4月2週版に続き、今回は4月16日までに起こったアニメ・漫画ニュースをピックアップ。

Twitter投票で選ぶ週間アニメランキングと同じように、公式のTwitterでのいいねやリツイートの数で順位付けしました。

これを見れば、最近話題になったことが一気に分かる。

無料で紹介作をチェックする

7位:『明日ちゃんのセーラー服』OPテーマ「はじまりのセツナ」ミュージックビデオ公開 7030ポイント

今週はニュースが少なかったのでベスト10ではなく、ベスト7に。

ただし、最後に番外編として、おひさしぶりのアニメマンガ名探偵の続編予想を加えています。

明日ちゃんロスの人に捧ぐ、OPテーマ「はじまりのセツナ」ミュージックビデオ公開じゃーい!

4分を超えるフルバージョンに、全12話の映像と歌詞を加えた完全版。

明日ちゃん好きにはホロリとくる、今回もミュージックビデオでもCloverWorks(クローバーワークス)クオリティを見せていました。

なのに、今のところ4万再生ちょっとと、TwitterでもYouTubeでも数字が伸びんのじゃあ~!

アニメ放送中だった時は、OP映像が100万再生超えていたのに。

アニメ放送が終わるとどっとファンが減っちゃうのが、深夜アニメあるある。

こうなってくると、2期があるかは濃いファンがどれぐらいいるかにかかってくる。

明日ちゃんの2期行方は、前に予想した通り、4月27日発売のBlu-rayやDVDの円盤売上が大きくポイントになってきそうです。

>>明日ちゃん全12話の感想・考察&2期予想

 

6位:『その着せ替え人形は恋をする』原作漫画600万部突破 16550

同じCloverWorksでも着せ恋は絶好調、原作漫画が発行部数600万部突破!

今なお売れ続けているので、このまま700万部・800万部と突破していきそう。

また、円盤売上も1万枚を超えて、これはかぐや様や青ブタ超え。ここ最近のラブコメテレビアニメで一番売れている俺ガイル完に迫る勢い。

アニメ2期はもはや確定。

ラブコメアニメの歴史に残る勢いになってきました。

>>着せ恋の原作漫画と比較した感想&考察

 

5位:『異世界はスマートフォンとともに。(イセスマ)』アニメ2期制作決定 3.4万

まさか!?と、Twitterがざわついた異世界なろう系チートの土台を作った言っても過言ではない、イセスマこと異世界はスマートフォンとともに。アニメ2期が制作決定!

イセスマよりもスマホ太郎と呼ぶ人が多いですが、公式の略称はイセスマ。

イセスマの2期決定には、Twitterがざわつくだけでなく、アニメ系ユーチューバーやラノベ系ユーチューバーも予想外とざわついてましたが、ただ、イセスマは原作ラノベと漫画版が売れていること、さらに今の異世界なろう系ブームを考えると、そこまで意外ではないかなと。

また、イセスマ2期が決まったことで違った話題もバズってましたが、これは番外編で語りたいと思います。

>>イセスマも対象の異世界アニメランキング

 

4位:『青のオーケストラ』アニメ化決定 6万

発行部数300万部超え、オーケストラをテーマとした音楽漫画『青のオーケストラ』アニメ化決定。

こちら漫画好きだけでなく、音楽好きの若者を中心に人気を集めてるらしい。

そのアニメ化ということで、まだアニメ制作会社とかは発表されてませんが、かなり音楽シーンにこだわってきそう。

青のオーケストラは小学館系

そして、小学館系といったら、2022春アニメだけでも、アオアシ、ダンス・ダンス・ダンスール、くノ一ツバキ、古見さんとクオリティと制作会社にこだわった作品が多いので、青のオーケストラでもビッグネームな制作会社がくるかもしれない。

>>青のオーケストラも対象の青春漫画おすすめランキング

 

3位:『ウマ娘 シンデレラグレイ』5/8まで全話無料公開中 6.9万

オグリキャップを主役した『ウマ娘 シンデレラグレイ』がヤンジャン!アプリで、5月8日まで全話無料公開中。

アニメだけじゃない、このスピンオフとなる発行部数280万部突破と大人気。

無料公開されている第1部ではオグリキャップの地方での活躍が描かれ、第2部では伝説と呼ばれるタマモクロスとの激戦が描かれる。

特に第2部はトンデモなく熱い展開が続くので、これを機会にGWあたりに読んでみるのはいかがでしょう?

先週のゴールデンカムイの全話無料公開といい、最近のヤンジャン!が気合入れまくり。

>>ウマ娘アニメの感想・考察&続編予想

 

2位:『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』OP映像公開 8.8万(パリピ孔明OP、かぐや様ED)

スパイファミリーが2話でも止まらないねえーー!!今回はOP映像公開でバズりまくり。

絵本のような可愛い絵柄と、スパイ映画を意識しているかのような演出、さらにサビとのギャップで話題沸騰。

Twitterだけでなく、YouTubeの方でも公開から12時間で70万再生突破と、もはやこの動画も100万再生突破確実(明日ちゃんは4万ちょっとだったのに!)

今週も1位は取れなかったですが、注目ニュースランキングでも毎週何かしらで上位にきそう。

アニメの主題歌といったら、パリピ孔明のOP『チキチキバンバン』も話題となっていましたが、こちらも120万再生突破とYouTubeでは絶好調!

映像も歌にクセになると、リピートしている人も多いよう。

同じく公開されたEDの方も70万再生突破と絶好調なのですが、公式Twitterのフォロワーが1.8万人と少ないせいか、どちらもTwitterではランキング外の数字。

1.8万人はスパイファミリーなどの覇権候補はもちろんとして、他のアニメと比べても少ない数字。

アニメがバズっている割には、公式Twitterのフォロワーが伸びない不思議な作品となっています。

他にも主題歌といえば、かぐや様1期の続編となるSF風のEDも、今週は話題となっていました。

かぐや様はフォロワー37万人とスパイファミリーの次に多い割には、あんまりTwitterではバズってなかったですね。

また、YouTubeでも現時点では34万再生と3作品の中では一番少ない。

ただ、2作品と比べると少ないように見えますが、他のアニメと比べればかなり多いのですが。

なにしろテレビや配信で一度流れている映像。

新規映像と比べると、普通は伸びづらいですから。

>>3作品も対象ベスト漫画ランキング

 

1位:『鬼滅の刃 刀鍛冶の里編』の第1弾PV公開 14.1万

今週話題のスパイファミリーもイセスマ2期も届かない、圧倒的1位は鬼滅の刃じゃーい!

刀鍛冶の里編のPV第1弾が公開されたのですが、ufotable(ユーフォーテーブル)がこれまた絶品に仕上げてくるのよね。

面白いアニメはPVだけでもわくわくさせてくる。

Twitterのポイントも圧倒的ですが、PVも公開たった1日で300万再生超えている。

スパイファミリーもスゴイけど、鬼滅の刃はさらに別格。

>>鬼滅の刃も対象バトルアニメおすすめランキング

 

番外編:よう実・政宗くんの次に2022年にくる2017年続編アニメ 10603

ようこそ実力至上主義の教室へ(よう実)2期&3期、政宗くんのリベンジ2期に続き、イセスマ2期が決まったことで、なんと2022年だけで3本も2017年のアニメの続編が決まった。

5年ぶりの快挙が3連続で続いたことで、こちらは公式じゃないのですが、個人のTwitterで『2017年に放送したアニメなら続編来る説』が提唱され、それが1万を超えるバズを起こしました。

ということで、アニメマンガ名探偵がおひさしぶりに、売上の数字で分析し、可能性が高そうな上位5作品を予想していきたいと思います。

5位:ブレンド・S 2期

ドSキャラを演じる主人公などが接客するメイド喫茶を舞台としたきららアニメ。

きららお得意のカワイイキャラと、キレのある笑いで人気を集めたのですが、当時は円盤が不発!

なので、2期はないと見せかけて、配信の成績が2017年の中ではかなりイイ。

原作漫画が4月28日に完結、さらに完結記念のBlu-rayBOXが7月に発売など、そのどちらかのタイミングで、奇跡のアニメ2期発表があるかもしれない。

政宗くんと同じく、原作の最後まで描けるというのも強み。

>>ブレンド・Sも対象の日常系アニメランキング

 

4位:ガヴリールドロップアウト2期

動画工房がおくる天使と悪魔の日常コメディは、円盤売上が約4000枚に動画配信もそこそこの再生数。

さらに原作漫画も新刊が出る度に、売上ランキングの上位にくるぐらい売れている。

2017年当時でもけっこう結果出しているのに、ガヴドロに関してはよう実と同じく、なぜアニメ2期やらないのかよく分からない状態。

アニメに関しては政宗くんよりも完全に結果出しているので、この2017年アニメの続編ラッシュに乗って、2期が決まってもおかしくない。

>>ガヴドロの個別レビューを見る

 

3位:NEW GAME!(ニューゲーム)3期

ゲーム会社を舞台にしたゆるキャン△が現れる前のきららアニメの大エース。

NEW GAME!に関しては円盤売上が1期が5000枚超え、2期も4000枚超え、配信もニコニコで100万再生と超えるなど、2017年作品の中では驚異的に見られまくり。

さらに、原作漫画もきららの中では、けいおん!・ゆるキャン△に続いて、たぶん歴代3位の320万部突破(ちなみに、4位がごちうさの300万部)

これだけ結果出していたのに、なぜか3期がないまま原作も完結。

このまま3期はないと見せかけての、同じく完結した政宗くんの続編が決まった。

だったら、政宗くんよりも数字がいいNEW GAME!をやらない理由がないじゃない。

しかも、原作の終盤はいい話が揃ってまっせ。

>>NEW GAME!の個別レビューを見る

 

2位:ナイツ&マジック2期

なろう系ブームでイセスマが決まったんだったら、ナイツマもやらない理由がないでしょう。

こちらも原作ラノベもコミカライズ版もいまだに売れまくり。

しかも、イセスマと全く同時期にアニメ1期は放送されたのですが、円盤売上も配信もナイツマの方がいい。

異世界系では珍しい巨大ロボが登場するということで、ロボットアニメファンも取り込めたのが大きかった。

スパロボ参戦で盛り上がっているし、今まさに2期を発表するには絶好の時期。

>>ナイツ&マジックの個別レビューを見る

 

1位:エロマンガ先生2期

俺妹の作者が送るラノベ作家の兄とイラストレーターの妹を中心にするホームドラマ&ラブコメディ。

パンチの効いたタイトルに加え、俺妹仕込みの笑いとラブコメで話題沸騰。

円盤売上1万枚を超え、配信もニコニコで100万再生を超えるなど、2017年の作品の中でもトップレベルに売れまくった作品。

なのになぜ2期やらない?

タイトルのせいかなと思ったのですが、終末のハーレム異種族レビュアーズがアニメ化出来るなら問題ないし、いつアニメ2期の発表があってもおかしくない。

>>エロマンガ先生の個別レビューを見る

 

アニメ&漫画注目ニュースランキング2022年4月3週版まとめ

今回の注目ニュースランキングをまとめると、今話題のスパイファミリーでも完敗しちゃう鬼滅の刃が強過ぎ。
そして、2017年アニメは宝石の国・すかすか・ロクアカなど、今回触れたアニメ以外も売れっ子が多いなど、今振り返ると大豊作の年だったことが判明しました。

無料で紹介作をチェックする