あなたの心のニュース23:アニメマンガ名探偵すやまたくじです。

そんな今回のテーマは、アニメ・マンガ注目ニュースランキングー!

怪物超えが2つも現れた!

前回やった注目ニュース4月5週版に続き、今回も5月6日までに起こったアニメ・漫画ニュースをピックアップ。

Twitter投票で選ぶ週間アニメランキングとは違った形で、公式のTwitterでのいいねやリツイートの数で順位付けしました。

無料で紹介作をチェックする

11位:『夫婦以上、恋人未満。』ティザービジュアル公開 2022ポイント

原作漫画を読んでない人にとっては、タイトルからWHY?と聞きたくなるラブコメディがティザービジュアル公開でランクイン。

授業の一環で高校生の男女が疑似的な夫婦として生活させられる高校を舞台と、

どんな高校!?そして、俺も通いてえよ!

な『ふうこい』は、原作漫画と比べると、キービジュアルはかなり可愛く仕上がっております。

結婚指輪までするんかい!という左手も気になるけれど、それ以上に肩出しまくりの制服が気になる。

アニメが放送されたら、ラブコメ界がまたざわつきそうです。

>>夫婦以上、恋人未満も対象のラブコメ漫画ランキング

 

10位:スピラ・スピカ「燦々デイズ」×『その着せ替え人形は恋をする』コラボ 6719ポイント

着せ恋のOPを歌ったスピラ・スピカが、その「燦々デイズ」のプロモビデオを着せ恋とコラボして製作。

フルサイズの約4分間、着せ恋三昧の映像。

けれど、アニメ版のノンテロップOP映像が313万再生に対し、こちらは20万再生と、

着せ恋ブームにあんまり乗れてなーい!?

燦々デイズもいい歌なのですが、あくまで着せ恋人気があってこそというなんでしょうか。

>>着せ恋の原作漫画と比較した感想&考察

 

9位:『ダンダダン』5巻発売&SPY×FAMILYコラボ 7176ポイント

スパイファミリーの大ヒットで少年ジャンプ+がやばい!と世間がざわついていますが、その少年ジャンプ+にはすでに新たなエースが誕生しています。

それが宇宙人と妖怪と戦うSFバトルファンタジー『ダンダダン』

アニメ化もされてないのに、新刊の発売告知だけでランクインするところに、人気の高さが伺えると思います。

しかもこのダンダダン、スパイファミリーとコラボもしてまして、アーニャがダンダダンを紹介するCM動画が523万再生と、

スパイファミリーのPVに迫る勢いで再生されちゃってるんですけどー!!

他にも怪獣8号という怪物漫画もありますし、令和アニメはこれから少年ジャンプ+の無双の時代が始まるかもしれない。

>>ダンダダンも対象ベスト漫画ランキング

 

8位:『ようこそ実力至上主義の教室へ(2期)』のキービジュアルに堀北が登場 7749ポイント

よう実2期のキービジュアルはちょっと変わっていて、一人一人キャラが追加されて完成していくシステム。

今回は堀北が追加されてランクイン。

けれど、アニメ派にとって気になるのは、

堀北より先に櫛田が追加されているんですけどーー!?

アニメ1期では堀北がメインヒロインみたいに扱われていたけど、2期は櫛田がメインヒロインなんですか?

でも、原作ファンは軽井沢って言ってるし、アニメ派は完全に迷宮入り。

学園頭脳戦の前に、メインヒロインミステリーも勃発しそうです。

>>よう実の個別レビューを見る

 

7位:『可愛いだけじゃない式守さん』欧米でキャラ1位 8010ポイント

日本では賛否両論激しく、ボクのTwitter投票ランキングでも20位前後を行ったり来たりと低迷している式守さん。

けれど、欧米のキャラ人気キャラランキングでは第1位じゃーーい!!

欧米のアニオタが集まる大型サイト『アニメトレンド』の人気投票で第1位。

しかも、2位はヨルで3位はアーニャと、スパイファミリーを抑えての快挙を達成。

日本では賛否両論なイケメン彼女も、カッコイイ女性も人気な欧米では支持された形。

それに加えて、式守さんは可愛さもあるということで、カッコイイとカワイイのダブルインパクトでアーニャとヨルを超えてきた。

ちなみに、同じく日本では男のドジっ子はいらねえと叩かれまくっている和泉くんは、欧米のキャラ人気でもベスト5圏外。

日本の女性は世界でモテると、日本の男性は逆に世界でモテないというのを、アニメでも実践した形。

わたしくしたち日本人男性にとっては、悲しいお知らせとなりました。

>>式守も対象の2022春アニメランキング

 

6位:『かぐや様は告らせたい3期-ウルトラロマンティック-』第5話特殊ED映像 10215ポイント

特殊エンディング再びーーー!!!

第5話のラップ回で、まさかのEDも本気ラップ。

結果、ラップ神回が爆誕しました。

本編よりもシリアス風に絵柄を変えてくるのがまた腹立つのよw

>>かぐや様の原作漫画レビュー

 

5位:『メイドインアビス2期 烈日の黄金郷』PV第2弾公開 18157ポイント

見た目は子供向け、でも中身はエグイ!そんなメイドインアビス2期 烈日の黄金郷はPV第2弾公開で大バズり。

今回は成れの果ての村の様子をかなりマイルドに描いていました。

ただし、サブタイトルに『リコさん隊side』と書かれていたので、ダークサイドのPVも出てくるかもしれない。

>>メイドインアビスの個別レビューを見る

 

4位:劇場版『からかい上手の高木さん』メインビジュアル公開 23381ポイント

もうすぐ6月10日公開の劇場版『からかい上手の高木さん』は、メインビジュアル公開でランクイン。

2万超えの人気と、メインビジュアルでも二人のイチャイチャは終わらない。

何気に小っちゃい文字で原作漫画シリーズ1100万部突破と、テレビアニメ3期が始まる前から100万部上乗せしていました。

>>高木さんの原作漫画レビュー

 

3位:『五等分の花嫁』5月5日五つ子誕生日 7.7万ポイント

5月20日からとカウントダウンが始まった映画『五等分の花嫁』は、そんな映画の本予告映像でランクインと見せかけて、5月5日の五つ子の誕生日でランクインじゃーーーい!!

映画よりも五つ子人気の方が高かった。

そして、五つ子だから5月5日が誕生日って、どんだけ5に絡めてくるんだよ。

けれど、担当声優のいのりんもツイートしてましたが、五月だけはてっぺん越えての6日が誕生日らしい。

>>五等分の花嫁も対象のラブコメアニメランキング

 

2位:SPY×FAMILY(スパイファミリー)「名門校面接試験」メインビジュアル 12.9万ポイント

スパイファミリーは、神回と言われた第4話「名門校面接試験」メインビジュアルが公開されて、今週も第2位の大バズり。

毎週のように10万超えを叩き出して、Twitter投票だけじゃなくて、注目ニュースランキングでもいつ1位になってもおかしくない。

そして、4話専用の新しいメインビジュアルを出してくる&メインの担当声優それぞれにも手書きのメインビジュアルも描かせてくる。

この人気に慢心することもなく、次々と新しいものをニクイヤツ。

もうこれ以上、独走しようとしないで。

>>スパイファミリーの原作漫画と比較した感想&考察

 

1位:『ウマ娘 プリティーダービー』新シリーズ配信アニメ制作決定 15.3万ポイント

そんな強過ぎるスパイファミリーを破ったのは、ウマ娘 プリティーダービーじゃーい!

キタサンブラック主役のアニメ3期かオグリギャップ主役のシンデレラグレイかと思ったら、新シリーズ配信アニメ制作決定ということで、ウマ娘も負けずに次々と新しいことをやってくる。

しかも、アニメでは出番の少なかったテイエムオペラオーに加え、アニメでは出番すらなかったナリタトップロードとアドマイヤベガの3人が主役。

3人の99世代を軸にクラシックの頂点を目指す戦いが描かれる。

往年の競馬ファンにとっては熱い。

そして、競馬を知らないアニメファンにとっては、センターのナリタトップロードがナリタブライアン的な強キャラ感あふれる名前ということで期待度が高まりまくる。

>>ウマ娘の原作と比較した感想&考察

 

番外編:『パリピ孔明』OPが600万再生突破

公式Twitterが弱くて圏外なのですが、パリピ孔明も無視できない偉業を達成しました。

なんとOPの『チキチキバンバン』の動画が600万再生突破!

先にランキングに登場した着せ恋の2倍近く、そして今期の1位のスパイファミリーとはたった6万再生差に縮まってきました。

このままいけば、スパイファミリーを抜くのも時間の問題となってきた。

そして、両作品の観ている人数を比較したら、ものすごい偉業と言っても過言ではない。

OPを何度も見る濃いファンの数では負けてない。

ちなみに、『チキチキバンバン』はハンガリーの歌手の曲のカバーということで、本家の方もハンガリー語の曲では珍しく欧米で売れまくり。

スパイファミリーとはまた違った形で、パリピ孔明も世界を席巻しています。

>>パリピ孔明の原作漫画と比較した感想&考察

 

アニメ&漫画注目ニュースランキング2022年5月1週版まとめ

今回の注目ニュースランキングをまとめると、バズではウマ娘が、キャラでは式守さんがそれぞれスパイファミリーを超えてきた。
スパイファミリーの一強にはさせねえよ!という負けん気の強さを感じさせました。

無料で紹介作をチェックする