あなたの心の駄女神:アニメマンガ名探偵すやまたくじです。

そんな今回のテーマは、アニメ・マンガ注目ニュースランキングー!

ビッグタイトルの続編が決まりました!

前回やったバズ速報ニュース5月3週版に続き、今回も5月28日までに起こったアニメ・漫画ニュースをピックアップ。

公式のTwitterでのいいねやリツイートの数で順位付けしました。

この記事で分かる目次

先週のベスト3

今週のランキングに入る前に先週のベスト3を振り返ると、

  1. うる星やつらの放送日決定&PV公開
  2. スパイファミリー6話のメインビジュアル
  3. 炎炎ノ消防隊3期制作決定

昭和と令和の怪物アニメ対決はうる星やつらが勝利した一週間。

しかし、スパイファミリーは毎話公開される新ビジュアルで連続ランクインと、今週も10万超えで上位を狙ってきそう。

そんな中、続編が決まったあの女神とあの魔法使いなら、怪物スパイファミリーにも高らかに勝利宣言をしてくれることでしょう。

>>ベスト3も含むベストアニメランキング

 

13位:『古見さんは、コミュ症です』天上院は内田真礼 4913ポイント

古見さんは、コミュ症ですで、バスガイド・天上院旅有子(てんじょういんりょうこ)を演じたのは、只野君の妹も演じている内田真礼さんだったことでバズってました。

濃いキャラたちに翻弄される姿と、たった1話で『結婚しろよ』などの数々の名言を残す。

やはりより演技が難しいギャグキャラは、安定の声優さんが演じるとインパクトが強い。

>>古見さんも含むコメディ漫画ランキング

 

12位:『ようこそ実力至上主義の教室へ(よう実)2期』ビジュアルに龍園が登場 5527ポイント

毎週一人ずつキャラが追加されていくよう実2期のキービジュアル。今度は軽井沢どころか女の子でもない龍園が登場。

各クラスのリーダーが出てくるというシステムなんでしょうか。

それだったら、綾小路の次はなんで堀北じゃなく櫛田だったんだ?という謎は出てくるけれど。

2期では堀北じゃなく、櫛田がDクラスのリーダーになるのか?今週もやっぱり迷宮入りです。

そして、男性キャラの影響なのでしょうか?いつもよりも3割ぐらいポイントが低かった。

>>よう実の個別レビューを見る

 

11位:『まちカドまぞく』Twitterフォロワー10万まぞく達成 6476ポイント

まちカドまぞくがTwitterフォロワー数10万まぞく達成。

配信の再生数では苦戦しているまちカドまぞくですが、Twitterをフォローする濃いファンは多め。

これはアニメ2期もけっこう円盤売れるかもしれない。

そうすれば、アニメ3期も貰ったも同然だ。

>>まちカドまぞくも対象きららアニメランキング

 

10位:『デキる猫は今日も憂鬱』が2023年TVアニメ化決定 7856ポイント

月刊少年シリウス連載の日常癒しコメディ『デキる猫は今日も憂鬱』2023年にテレビアニメ化決定。

5巻で90万部突破と、けっこう売れてるぜ!という作品。

仕事に疲れた家事もダメダメなOLの元で、家事万能のでっかい猫が活躍する。

いつもの美少女でもロリッコでもなく、喋れないけどモフモフでリアクションも満載のデッカイ猫が癒してくれる。

猫好きと女子のハートをゲットして、アニメ界にまた新たな風を吹かせるかもしれない。

>>デキ猫も対象の日常コメディ漫画ランキング

 

9位:『彼女、お借りします』るかデートビジュアル&PV公開 8691ポイント

かのかりはるかちゃんのデートビジュアル&キャラクターPV公開でランクイン。

同じく公開された麻美ちゃんに大差を付けるだけでなく、先に公開されたメインヒロインの水原よりも数字が伸びている。

マガポケで行われた原作漫画の人気キャラランキングでは水原が1位でしたが、アニメではやっぱりるかちゃんの方が人気なのかな?と感じさせる結果となりました。

>>かのかりも対象ラブコメアニメランキング

 

8位:『パリピ孔明』が英子の大塚愛&七海のTRFを歌ってみたを公開 10186ポイント

快進撃が止まらないパリピ孔明は、avexレーベルの本気を見せてランクイン。

英子が大塚愛を、七海がTRFの歌ってみたを公開して、世代の人たちのハートを鷲掴みにしてTwitterでもYouTubeでもバズってました。

英子の方が3倍ぐらい再生されているのは、96猫効果なのか?それとも、サバイバルダンスよりさくらんぼ世代の人の方が多かったのか?

でも、どうせならglobe(グローブ)を歌って、マーク・パンサーのラップの部分を、KABEが担当したらより良かったと思うのですが。

それが出来なかったのは、KABEの声優さんがエイベックス事務所じゃないからなのか?

>>パリピ孔明の原作漫画と比較した考察

 

7位:『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇』7月放送決定 10540ポイント

ダンまち4期は7月の夏アニメに参戦決定&新PVも公開。

噂では4期はかなり団体戦バトルが熱くなるらしいですが、PVやキービジュアルからもその熱が伝わってくる。

そして、これで夏アニメはオーバーロード4期・異世界おじさん・異世界迷宮でハーレムなど、夏の異世界ものもまた熱くなりそうです。

>>ダンまちも対象ハーレムアニメランキング

 

6位:『スプリガン』本PV解禁 16608ポイント

発行部数1000万部突破、伝説のSFアクション漫画『スプリガン』が、6月18日のネットフリックス公開の前に、ついに本予告PVを公開。

令和になってやっと追いつけたアニメ技術が、スプリガンのSFアクションを描く。

ファンの期待に応えて、よくあるフル3DCGに逃げず、真っ向勝負でスプリガンの世界を描いています。

>>スプリガンも対象1980年代漫画ランキング

 

5位:『明日ちゃんのセーラー服』10巻カバー決定 20350ポイント

明日ちゃんのセーラー服は、原作漫画10巻のカバー決定でランクイン。

明日ちゃんはあいかわらずアニメよりも原作漫画の方がバズる。

そして、ギターを持った蛇森さんがカバーということは、あの伝説のアニメ7話蛇森さんのスピッツ回をやるということでしょうか?

あれアニオリかと思ったら、連載版ではすでにやっていたエピソードだったのかもしれない。

>>明日ちゃん全話の感想&考察

 

4位:『宝石の国』が連載再開 8.7万ポイント

2017年にアニメでもヒットした宝石の国が約1年半ぶりに連載再開。

クライマックスに突入してからの突然の連載休止、長かったぜ。

原作の連載再開でこれだけ盛り上がったことで、アニメ2期の期待も高まっています。

>>宝石の国も対象ファンタジー漫画ランキング

 

3位:『この素晴らしい世界に祝福を!3期』&スピンオフ『この素晴らしい世界に爆焔を!』が制作決定 9.6万ポイント

このすば1位獲り失敗&スパイファミリーにも敗れるーーー!!!

しかも、スパイファミリーとは僅差で敗れると、バカヤロウ!もうちょっと伸びろよという、なんともこのすばらしい締まらない結果となりました。

噂されていたアニメ3期に加え、

カズマたちと会う前のめぐみんが主役のスピンオフ『この素晴らしい世界に爆焔を!』もアニメ化決定。

ダブルエクスプロージョンで、土曜の夜にフィーバーしました。

しかも、スタッフはいつも通りですが、制作会社をあまりアニメを制作していないドライブに変更したということは、配信でガンガン見られているこのすばですから、最近よくある原作が完結してても、アニメでも最後まで描くというパターンなのかもしれない。

世界で配信が見られて、収入もある程度計算できるようになったからこそ、新たなに生まれたファンにうれしいシステム。

>>このすばの個別レビュー

 

2位:『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』星野源描き下ろしメインビジュアル 9.8万ポイント

僅差でこのすばを破ったスパイファミリーですが、なんといつもの第7話「標的の次男」のメインビジュアルでは9万ポイントと、いつもみたいに10万超えもできずこのすばに負けてました。

さすがに人気のスパイファミリーでも、さすがに7話も続けると失速してきた。

では、何がこのすばに勝ったかというと、

星野源さんの描き下ろしメインビジュアルの方がバズって僅差でかわしてきた。

担当声優に続いて、このパターンも続けるね~。

そして、今回はメイン以上にバズったんじゃあ~。

>>スパイファミリー原作漫画の特集

 

1位:『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』連載再開?冨樫義博先生がTwitter開設 197.2万ポイント

このすばもスパイファミリーも寄せ付けない、冨樫先生が圧倒的ーーー!!!

作業状況を報告してくれるTwitter開設&HUNTER×HUNTER連載再開か?大バズを起こす。

しかもこれ、最初は本物かどうか分からなかったということで、一般人はもちろん、プロの漫画家も巻き込んで論争が起こり、

オレでなきゃ見逃しちゃうね

あの伝説の名フレーズも飛び出しまくって、歴代最高ポイントを叩き出しました。

ずっと休載しているのに、このすばやスパイファミリーに圧勝するこの人気っぷり。

もはや休載しまくって、怪物を飛び越えて伝説級になっちゃった。

>>HUNTER×HUNTERも対象ベスト漫画ランキング

 

アニメ&漫画注目ニュースランキング2022年5月4週版まとめ

5月4週版のニュースをまとめると、このすばもスパイも、怪物アニメでも敵わない。
それが伝説級のHUNTER×HUNTERという作品。
そして、俺でなきゃとは言わないけれど、冨樫先生の大バズはアニメだけをチェックしていたら見逃しちゃうね。