あなたの心の予想屋さん:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

そんな今回のテーマは、2022年までに続編が来そうなアニメ予想ランキングー!

お久しぶりのアニメ名探偵回!

半年前にやった続編アニメ予想の最新版。

あれから最新の情報を加えて、続編がくる確率が高いアニメと期待度が高いアニメをランキング形式で15作品、理由も含めて解説。

動画解説:【よう実・ノゲノラ・青ブタ2期】2022年に続編アニメが決まる予想ランキング(約12分)

2022年までに続編アニメが来そうな予想ランキング

15位:東京リベンジャーズ2期

ここは予想するまでもない。みんな知ってる知ってる!と思ってるでしょうからこの順位。

アニメ1期の放送によって、原作漫画が放送前の4倍となる4000万部突破!

円盤売上は4000枚程度ですが、動画配信の再生数は転スラと1位争いをするレベルに見られまくり。

さらに、実写映画の方も興行収入43億円&台湾・香港・タイでの上映も15億円突破の大ヒット。

ちなみに、SAOプログレッシブが10億円なので、それと比較するとどれぐらい見られまくりなのか分かると思います。

ヤンキーものということで、海外市場のメインである中国と欧米はイマイチみたいですが、それを抜きにしても飛び抜けた数字であるのは間違いない。

原作ストックもあるので、てっきりすぐ2期発表するかな?と思ったのですが、すぐにしないのは1期が思った以上に大ヒットしたので、2期はアニメ制作会社を変えて気合を入れて作るからかもしれません。

 

14位:呪術廻戦2期

ここも予想するまでもないのでこの順位。

呪術廻戦は原作漫画がアニメ放送後に、放送前の6倍となる6000万部突破。

円盤売上は約3万枚でぶっちぎりの1位。

動画配信も国内・海外共に1位を独走。

2期をやらないわけがない!という圧倒的な数字となっています。

鬼滅の刃と同じパターンで、『劇場版 呪術廻戦 0』をやった後に2期が決まると言っても過言ではない。

もしくは映画のラストに、2期決定!とか持ってくるかもしれないですね。

 

13位:聖女の魔力は万能です2期

異世界召喚にイケメンとのラブロマンスを加えて、女子のハートを掴みまくった聖女の魔力は万能です。

円盤売上は2000枚ちょっととそこそこでしたが、動画配信の方が国内・海外共に好調と、貴重な女子枠としてここも2期はくるでしょう。

問題は原作ストックがギリギリなので、ここが貯まるまでもうちょっと待って、2022年以降になるかもしれないですね。

 

12位:スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました2期

異世界なろう系のきらら枠として、スローライフの中に女子のイチャイチャを加えて新ジャンルを開拓。

Twitterではあまり話題とならず、円盤売上は爆死!と言われてましたが、価格が高いBlu-ray BOXなので売上的にはそこそこ。

けれど、動画配信の方が国内・海外でも好調で、特に中国のビリビリ動画では8000万近く再生されるなど絶好調。

作画カロリーも低いですし、ここもほぼアニメ2期は決定でしょう。

 

11位:スーパーカブ2期

両親も趣味も友達もない、何もない少女が主人公だけど、アニメ2期はある。

スーパーカブと出会った変わっていくそんな小熊の姿に、バイク好きはもちろん、それ以外の大人層を中心にハマりまくり。

結果、動画配信は学生層があまり取り込めなくて、ベスト10に入るか入らないかのそこそこレベルでしたが、価格がお高いBlu-rayBOXが2000枚ちょっと売れた。

これ売上で計算すると、普通価格の円盤だったら7000枚ちょっと売れた計算になるので、最近のアニメでは大成功の部類。

さらに、バイクの方のスーパーカブも例年よりも1万台以上も売れているということで、これはホンダさんが動けば、さらにアニメ2期の可能性も高まるでしょう。

 

10位:ぐらんぶる2期

男たちの裸祭りが帰ってくるかもしれない。

円盤売上は爆死しましたが、アニメ放送後に原作漫画は650万部突破と数字を伸ばした。

さらに、動画配信の方が好調で、特に中国のビリビリ動画では1.2億再生もされています。

裸芸は海をも超える。

しかも、今もまだ絶賛配信中ということで、中国はお色気には厳しいけれど、男たちの裸芸はOKみたい。

この巨大な中国市場を狙えるんだったら、アニメ2期、十分に狙えるんじゃないかなと。

 

9位:ノーゲーム・ノーライフ(ノゲノラ)2期

お待たせ致しました、お待たせし過ぎたのかもしれないノゲノラ2期。

2014年のアニメ1期では円盤も動画配信も結果出しまくり。

2017年に公開された劇場版も興行収入7億円と、深夜アニメ作品ではヒットレベル。

これだけ結果を出していて2期をやらなかったのは、原作者がアニメの脚本にも関わっていて、原作者が体調を崩しているのが原因じゃないか?と言われています。

そんな原作者が復帰して、原作新刊も刊行したので、そろそろアニメ2期来るんじゃないでしょうか。

ノゲノラに関しては、あとは作者の体調次第。

 

8位:蜘蛛ですが、なにか?2期

価格がお高いBlu-rayBOXの円盤売上はそこそこだけど、動画配信の再生数が国内でも海外でも凄すぎて、こちらもアニメ2期が来ないわけがない。

特にビリビリ動画では3.5億再生と、深夜アニメの中で歴代6位。

すぐにアニメ2期を発表しなかったのは、後半色々と崩れたアニメ制作会社を変えるつもりからかもしれません。

 

7位:慎重勇者2期

円盤は爆死したけど、動画配信が国内では放送中はずっと独走。

海外の方も好調で、こちらもビリビリ動画では1.6億再生と、これだけでも大黒字状態。

原作ストックもあるし、制作会社もWHITE FOX(ホワイトフォックス)と文句なしなので、いつアニメ2期が発表されてもおかしくない状態。

 

6位:探偵はもう、死んでいる。(たんもし)2期

ノッている作品は熱い内に叩け!学生層に人気ありまくりのたんもしがまさにそれ。

円盤はまだ発売されてないので数字は分かりませんが、動画配信は国内でも海外でも上位に入るレベルに好調だった。

さらに、原作ラノベの売上はアニメ放送前は50万部だった売上を、85万部まで伸ばしてきた。

売上的にはこのランキングの中では低い方ですが、アニメだけでなく、エンタメ業界が力を入れている若い世代の人気が高いのと、ヒロイン・シエスタの爆発的な人気(たぶん関連グッズもかなり売れているはず)を考えると、原作ストックもあるし、2022年までには続編発表あるんじゃないかなと思います。

 

5位:りゅうおうのおしごと!2期

現実でも藤井竜王が誕生したことで、再びアニメ2期待望が起こっているりゅうおうのおしごと。

円盤売上は2000枚ちょっとと、2018年の作品にしてはイマイチな数字ですが、動画配信の方は悪くなかった。

しかも、藤井聡太効果なのか、最近またこの数字が伸びているんですよね。

数字が見れるニコニコ動画では第1話が100万再生突破、ビリビリ動画でも1億再生を突破。

原作ラノベも200万部を突破しましたし、これは藤井聡太効果でアニメ2期来るんじゃなかろうか。

 

4位:エロマンガ先生2期

円盤売上1万枚以上、原作ラノベもうすぐ200万部、そして動画配信はニコニコで第1話がもうすぐ100万再生、ビリビリ動画で2.1億再生。

どれを取っても文句なし!

漆黒の大黒字状態なのに、2019年にOVAが出ただけでアニメ2期は全然決まらない。

やっぱりそれはタイトルの影響ですか?とも思ったのですが、規制が厳しくなったビリビリ動画でも未だに配信されている。

そして、観たことある人ならご存じの通り、内容はそこまで攻めているわけじゃないので、こちらもそろそろアニメ2期来るんじゃなかろうかと思います。

 

3位:魔女の旅々2期

円盤でも配信でもしっかりと結果を残した、去年の秋一番の美少女は誰でしょう?そう、私です。

そんなフレーズでお馴染みの魔女の旅々も、円盤売上4000枚以上、動画配信は国内ではベスト5に入るレベルで見られまくり。

ビリビリ動画では約7000万再生と、同じアニメ制作会社C2Cで2期が決まった月が導く異世界道中を少し上回る数字。

全てにおいて月が導く異世界道中よりも優秀な数字を出している上に、主人公イレイナ人気は圧勝なので、魔女の旅々もアニメ2期決定するのは時間の問題でしょう。

 

2位:青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない(青ブタ)2期

ネックになっていた原作ストックも貯まったので、青ブタ2期の可能性もかなり高まってきました。

アニメ放送後に売れまくって原作ラノベは200万部突破。

円盤売上約7000枚、動画配信は激戦の2018年秋の放送だったにも関わらず、国内では上位争いをするレベルに見られまくり。

ビリビリ動画では1.9億再生と圧倒的な数字。

映画の方もテレビ版の延長の制作費抑え目だったのに、興行収入5億円突破の大成功。

全てにおいて漆黒の大黒字と、アニメ2期をやらない理由がない。

 

1位:ようこそ実力至上主義の教室へ(よう実)2期

原作ファンに叩かれまくりながらも、アニメ1期の売上は大成功のレベル。

円盤売上は爆死しましたけど、原作ラノベはアニメ放送前の2倍となる100万部を突破し、現在は500万部突破という人気の青ブタと比べても倍以上に売れている。

動画配信は国内ではそこそこだったのですが、よう実はより人口が多い海外ではトンデモないことになっています。

ビリビリ動画の方では2.1億再生と歴代12位に入るレベルで見られまくり。

これだけでも大成功なのですが、さらに情報が入ってきまして、なんと欧米の方でもトップレベルに見られまくったそう。

よう実はワールドワイドに漆黒の大黒字ということで、KADOKAWAさん的に2期をやらない理由がない。

ファンの間では原作改変しているから無理という声もありますが、いざとなったらキン肉マン方式のなかったことにして続編をやる方法もありますから(実際その方式で続編をやったアニメもけっこうあります)

 

2022年までに続編アニメが来そうな予想ランキングまとめ

今回の2022年までに続編アニメが来そうな予想ランキングをまとめると、前回は2作品当てたので、
今回は確定枠の東リベと呪術廻戦を含めて、5作品ぐらい当てたいよね。

>>アニメにお得な動画見放題サイトランキングへ