あなたの心の覇権アニメ:アニメマンガ名探偵すやまたくじです。

そんな今回のテーマは、2022年春アニメ、覇権6作品特集ー!

スパイファミリーやパリピ孔明だけじゃない!

前回の0話切りは大損特集に続き、今回は覇権アニメ特集。

配信・Twitter・その他の反響など、何かしらの分野で今期のトップ争いをしている作品をピックアップし、その理由について考察していきます。

無料で紹介作をチェックする

なろう歴代トップレベルの『盾の勇者の成り上がり2期』

なろう屈指の人気者は、1期に続いて2期も絶好調。

コアな深夜アニメ層が集まるTwitter投票で選ぶ週間アニメランキングではベスト10前後を行ったり来たりですが、

先日集計した2022春アニメ全世界配信再生数ランキング開幕編では、今期の第2位。

この調子で行けば、1クールで2億再生ぐらいされそうということで、

この数字はよく2期が決まる異世界なろう系チートアニメの4倍ぐらい、トップレベルの無職転生には届かないけれど、リゼロは超える再生数となります。

配信で強い異世界なろう系とはいえ、その中でも盾の勇者がなぜこんなに人気なのかを考察すると、主人公が勇者として活躍するという分かりやすい設定とタイトルで、ライト層を中心とする異世界なろう系好きのハートをガッチリと鷲掴み。

それに加えて、コア層に叩かれがちな異世界チート展開にしなかったので、オタク層にもある程度刺さった。

両者を取り込むことに成功したからこそのこの爆発的な配信再生数でしょう。

逆に無職転生やリゼロほどコア層に刺さらなかったのは、キャラ人気の差と、序盤はダークな展開で期待度を高めましたが、途中から王道展開になったことで、裏切りと刺激が弱くなって離脱者が増えた影響じゃないかなと思います。

とはいえ、リゼロは展開が辛すぎて離脱する人も多かったので、そのリゼロを超える再生数的には覇権レベルの大成功であることは間違いない。

>>盾の勇者も対象の異世界アニメランキング

 

スパイファミリー並『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会2期』

深夜アニメ層の間では、あいかわらずスン!というぐらい話題になりませんが、Twitterの全体の中では覇権レベルに話題になっているのがラブライブ!虹ヶ咲。

どれぐらい凄いかというと、スパイファミリーがだいたい毎話20万~30万のトレンドを起こしていますが、ラブライブは10万~20万ぐらいの大トレンドを起こしている。

ちなみに、3位が5万ぐらいなので、この2作品がどれだけ飛び抜けているか分かるかと思います。

けれど、深夜アニメ勢の間ではあまり話題にならず、逆にラブライバーも他の深夜アニメにはあまり触れない。

両者の間には決して交わらない見えない壁があるかのように。

昭和の時代の新日本プロレスと全日本プロレスみたいに、猪木がいくら『馬場さんやろうー!』と言っても馬場さんは乗ってくれないみたいな。

この両者の見えない壁も込みでヒットの理由を考察すると、ラブライブは深夜アニメであって深夜アニメじゃない(別シリーズのスーパースターなんてゴールデンで放送してるし)

女の子たちが努力と友情で成長していく青春ものと、刺激が多い深夜アニメの中ではかなりキレイ、というかキレイすぎる世界観。

系統としては、プリキュアとかアイカツ!とか、朝や夕方に放送している女児アニメに近い世界観。

この辺が『それじゃあ刺激が足りねえよ!』という深夜アニメ層がスン!となっちゃう一番の理由じゃないかなと。

また、プリキュアやアイカツ!は大人も観るとはいえ、メインはあくまで子供向けの女児アニメということで、そういう世界観で大人向けのキャラやストーリーが見たいなと思っていた層にバチコーン!と刺さったから、ラブライバーというムーブメントが生まれたんじゃないでしょうか。

そんな大人層に支えられて、1期の円盤売上は驚異の3万枚弱と、この2期も円盤覇権争いに絡んでくるのは間違いない。

>>ラブライブ!も対象の音楽アニメランキング

 

ラブコメ歴代No.1『かぐや様は告らせたい3期-ウルトラロマンティック-』

1期・2期から比べると勢いは落ちましたが、かぐや様3期も今期の配信再生数で3位争いをしている絶好調っぷり。

かぐや様のすごいところは、配信で爆発的に数字が伸びづらいラブコメでありながら、全世界1億再生超えを達成しているところ。

ラブコメってバトルとかと違って、男性向けだったら女性人気が低く、女性向けだったら男性人気が低くなりがちという弱点がある。

圧倒的に男性人気が高い『五等分の花嫁』は女性人気はスン!ですし、圧倒的に女性人気が高い『ヲタ恋』は男性人気がスン!ですから。

そんな中、かぐや様はラブコメでありながら、男女共に人気を集めて驚異的な配信再生数を実現。

その理由を考察すると、お互いが告白させようという恋愛頭脳戦の設定と、そこで繰り広げられるギャグコメディの笑いがハマった。

それに加えて、石上回などのラブコメ以外の部分でキャラの好感度を上げたから。

ラブコメ以外でキャラの好感度を上げてから、ラブコメを見せてきたから、男女共に入りやすかった。

結果、1期・2期は同じく男女共に人気が高かった着せ恋も抑えて、ラブコメ史上歴代No.1レベルの配信再生数となっています。

>>かぐや様は告らせたいの原作漫画レビュー

 

かぐや様に迫る『阿波連さんははかれない』

そんなラブコメの中では、圧倒的な強さを誇るかぐや様に今期迫るのがこの阿波連さん。

いくら3期で数字が落ちたとはいえ、全世界配信再生数でかぐや様と3位争い僅差で繰り広げるデッドヒート状態。

阿波連さんもかぐや様と同じく、ギャグをベースとしたラブコメディということで、笑いと可愛さの両方をゲット出来れば、男女共に刺さっていけますやんという新たな成功例がまた一つ増えました。

まあ、笑いが滑り倒すラブコメも多いので、その両方を実現するのが非常に難しいですが。

また、阿波連さんはかぐや様と違って、日本ではそこそこなのですが、海外で爆発的に見られているという違いもあり。

ここを考察すると、阿波連さんのギャグって、トークで笑わせるより、見た目やシチュエーションで笑わせてくる。

この一目で『おかしい!』とツッコミたくなる分かりやすさが、外国人にも伝わりやすいからじゃないでしょうか。

分かりやすい上に笑える、ワールドワイドな覇権ラブコメアニメが、また一つ生まれるかもしれない。

>>阿波連さんも対象ラブコメアニメランキング

 

今期イチバンのダークホース『パリピ孔明』

今期イチバンのダークホースといったら『パリピ孔明』で間違いない。本場中国でも観たい観たい!という声が挙がりまくっているみたい。

中国では偉人をネタにする作品の審査は厳しく、しかもそれが海外のアニメとなったらより厳しくなるらしく、今のところビリビリ動画では配信される予定なさそうですが。

それもあって、配信ではそこそこですが、Twitterを中心とする深夜アニメ層人気は今期の中でもトップクラス。

深夜アニメ層のハートをガッチリキャッチした理由は、三国志の天才軍師・諸葛孔明が渋谷の街に転生したというこの設定勝ち。

ただ、三国志を詳しく知らない人も多く、原作漫画の売上も8巻時点で発行部数55万部と今期のアニメの中でも下から数えた方が早いぐらい。

設定は面白いけど、そこまで大ヒットしてなかったのがパリピ孔明。

そんなパリピ孔明がアニメでブレイクしたのは、P.A.WORKS(ピーエーワークス)が制作したのが大きい。

美しい作画と世界観で深夜アニメ勢に人気のピーエーワークス制作したことで、まずヒロインの英子のビジュアルがだいぶ変わった。

原作ではコメディタッチな絵柄ですが、それを可愛く変身させたことで、深夜アニメ勢のハートをガッチリキャッチ。

やはり深夜アニメ勢にとって、ヒロインの可愛さは重要というのを感じさせる。

また、ピーエーワークス側もエースの脚本家が抜けてから、画はいいけどストーリーが…という声が大きかったですが、初の漫画原作でその弱点を克服。

しかも、原作にはない素晴らしいアニオリもバンバン入れてくるということで、0から生み出すのはハマってなかったけど、原作があるやつを構成し直すのはうまいじゃない。

原作側にとっても、制作会社側にとっても、Win-Winの関係が生み出したこのブレイクであることは間違いない。

>>パリピ孔明の原作漫画と比較した感想&考察

 

鬼滅・呪術超え『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』

覇権成功6作品と言ったけど、総合力ではやっぱりスパイファミリーの完全なる一強。

そのスパイファミリーの成功の要因は、アニメ化前ですでに発行部数1250万部の大人気原作漫画を、予算をしっかりと取って、WIT STUDIOとCloverWorksの実力の高いアニメ制作会社が作る。

週刊少年ジャンプの作品が、少年ジャンプ+に変わりましたが、鬼滅の刃・呪術廻戦と続く、ジャンプお得意の勝利の方程式が今回も炸裂。

ただし、決定的に違うところが2つあり、この2つが鬼滅の刃や呪術廻戦には厳しかった深夜アニメ勢を動かしたのは間違いない。

一つ目はバトルものじゃなかった。

バトルものは一番ヒット作品が多き大人気ジャンルである一方、昭和から続く王道ジャンルということで、たくさん作品を見ている人ほど、マンネリを感じて評価が辛口になりがち。

そんな中、スパイファミリーはスパイと殺し屋の裏稼業の仕事も描きつつ、表ではエスパーのコメディも混ぜてホームドラマを描く。

この今までにない設定が、マンネリを感じやすい深夜アニメ勢にも刺激を与えたのが大きい。

2つ目は娘のアーニャはもちろん、妻のヨル人気も高いと、ヒロイン勢が深夜アニメ勢にも刺さった。

鬼滅の刃や呪術廻戦にも女性キャラはいますが、深夜アニメ勢に刺さるヒロインは不在(公式の人気投票でも圧倒的に男性キャラ人気の方が高いですし)

ヒロインを重視するオタク層は、ここで離脱しちゃった人も多かったことでしょう。

その点、スパイファミリーはアーニャとヨルという年齢もキャラも全く違う人気ヒロインが二人もいる。

結果、鬼滅の刃や呪術廻戦と同じくライト層に大人気になるだけでなく、深夜アニメ層にも大人気となり、第2話の時点で全世界1億再生突破!

この調子で行ったら、1クールで8億再生突破しそうと、鬼滅の刃や呪術廻戦を超える大フィーバーになりそうな勢い。

もしかしたら、この2022年に歴史最高記録の怪物アニメが爆誕するかもしれません。

>>SPY×FAMILYの原作漫画の特集

 

覇権成功『2022春アニメ6作品』ヒットした理由考察まとめ

今回の覇権成功2022春アニメ6作品をまとめると、令和の時代に大ヒットを飛ばすには、ますます手間とお金をかけて、クオリティを上げることが必須となった。
クオリティを上げた作品が全て報われるとは限らないけど、大成功した作品は皆すべからくクオリティを上げているというはじめの一歩の名言のような状態となってきました。

>>2022春アニメおすすめランキング

無料で紹介作をチェックする