あなたの心の前評判:アニメマンガ名探偵すやまたくじです。

そんな今回のテーマは、2022春アニメ、PV再生数ランキングー!

すでに人気格差、勃発!

2021秋アニメに続き、

今回もいつもやっているTwitterの反応で順位を決める週間アニメランキングとは違い、PV再生数で順位を決める前評判ランキング。

これを見れば、放送前の春アニメの人気が分かる。

無料で紹介作をチェックする

2022春アニメPV再生数ランキング

各作品のもっとも再生数が高いPVの数字を採用。

全75作品の中からベスト20を発表します。

>>2022春アニメおすすめランキング

>>春アニメの原作を無料でチェックする

20位:阿波連さんははかれない 37万再生

すでに放送されたアニメ1話では、ラブコメにしては斜め上過ぎる展開で笑いを起こして、コア層をちょっとざわつかせた阿波連さんがベスト20に入ってきた。

笑いといのりんボイスの阿波連さんの掴みはOK。

あとは日頃ラブコメを見ない層をどれだけ取り込めるかによって、かぐや様的なギャグラブコメフィーバーも起こせるかもしれない。

>>阿波連さんも対象のラブコメ漫画ランキング

 

19位:処刑少女の生きる道(バージンロード)42万

ダンまち以来のGA文庫の期待作らしく結果は出してきた。

けれど、すでに放送された1話目の反応はそこそこレベル。

さらに、PV再生数もなろう系よりも低いと、同じ異世界系でもなろう系じゃないと、最近の異世界アニメはどうも伸びづらい。

>>処刑少女も対象の異世界アニメおすすめランキング

 

18位:キングダム4期 43万

原作漫画は1億部に迫る大人気作でありながら、あいかわらず深夜アニメ勢の人気はイマイチなんじゃあ~!

漫画好きと深夜アニメ好きの好みの違いを明確に表している作品の一つ。

熱い作品が好きな人は見てくれよな。

>>キングダムも含む歴史漫画ランキング

 

17位:トモダチゲーム 47万

バトル・異世界・ラブコメのメジャージャンルほどではないけれど、サスペンス系は漫画でもアニメでも一定の人気あり。

今期のサスペンスはサマータイムレンダの方が深夜アニメ勢の注目は集まってますが、トモダチゲームの方が原作漫画は売れてるんだぜ。

>>トモダチゲームも対象サスペンス漫画ランキング

 

16位:パリピ孔明 50万

P.A.WORKS(ピーエーワークス)初の漫画原作のアニメということで、コア層からの期待度は高まりまくり。

結果、ライト層人気が弱くていつもはあんまり伸びませんでしたが、今回は50万再生の大台を超えてきた。

アベマ先行の第1話の評判もいいと、令和のP.A.WORKSの反撃がここから始まる。

>>パリピ孔明も対象の大人向け青年漫画ランキング

 

15位:恋は世界征服のあとで 59万

今期は異世界系だけじゃない、ラブコメも多いんです!阿波連さんに続いて2つ目のランクイン。

キャラは展開は王道的なドタバタラブコメですが、ヒーローと悪の幹部の恋ということで、ラブコメ好きだけじゃなく、特撮好きも取り込んだようで、原作漫画の売上では負けている阿波連さんにPV再生数では勝って来たよ。

アニメの放送が始まってからも両者のファン層を取り込めるなら、今期のダークホースになるかもしれない。

>>恋は世界征服のあとでも対象ラブコメアニメランキング

 

14位:名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)60万

国民的アニメのスピンオフということで、危なげなくランクイン。

ただ、軽く100万再生ぐらい超えるかなと思っていたのですが、想像していたより伸びなかったですね。

やはり深夜アニメ勢でコナンを見ている人はそんなに多くないのか。

安室透は女性人気は高いけど、男性人気はそこまで高くないのか。

>>名探偵コナンも対象ミステリーアニメランキング

 

13位:ダンス・ダンス・ダンスール 64万

バレエというマイナーなテーマでありながら意外と伸びてきた。

絵柄は女性的だけど、内容はスポ根的。

それが男女共にハマってこの結果に繋がった。

アニメ放送後も男女共に取り込めれば、こちらも春のダークホース候補。

>>ダンス・ダンス・ダンスールも対象スポーツ漫画おすすめランキング

 

12位:くノ一ツバキの胸の内 65万

高木さんの原作者の漫画を、着せ恋明日ちゃん2022冬アニメを席巻したCloverWorksが制作するタッグ。

なのに、思ったよりも再生数が伸びんのじゃあ~!

あんなにクローバーワークスを絶賛していた人たちも、なぜか春の視聴予定リストにスパイファミリーは入っていても、このくノ一ツバキを外す人は非常に多いんですけれど。

なにこの日常コメディになったら急にスン!と手の平を返すシステム。

日常コメディの人気の無さは、クローバーワークスでも覆せないのか?

でも、クローバーワークス好きなら、1話だけでも見てやってつかあさい!

>>くノ一ツバキも対象の日常コメディ漫画おすすめランキング

 

11位:史上最強の大魔王、村人Aに転生する 72万

逆に人気の異世界なろう系は、鉄板の王道チートでもまだまだこの人気っぷり。

ちなみに、この作品は原作もそんなに売れてないので、アニメを観て期待している人が多いということなんでしょう。

どんなにオタク層に叩かれても72万再生。

ライト層への人気はまだまだゆるぎない。

>>史上最強の大魔王も対象の異世界漫画ランキング

 

10位:乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です(モブせか)84万

変化球系の異世界なろう系は、コア層の一部の期待も高まってベスト10入り。

すでに放送されたアニメ1話は賛否両論分かれて、Twitterではあんまり話題になってなかったのですが、

配信ではマギアレコード Final SEASONに圧勝してデイリーランキング第2位と、あいかわらず配信では強さを発揮しそう。

ちなみに、マギレコファイナルのPV再生数は、今回圏外となりました。

 

9位:勇者、辞めます 97万

こちらはなろう系じゃなく、カクヨムの異世界ファンタジーですが、やはり人気の100万再生間近。

ただこちらも、人間に裏切られた勇者が今度は正体を隠して魔王軍に入るという変化球系。

放送が始まれば、コア層にも刺さるかもしれない要素あり。

 

8位:デート・ア・ライブIV(4期)106万

4期になって作画に本気を出してきたデート・ア・ライブは100万再生超え。

精霊とデートしてデレさせるSFラブコメバトル、アニメでもついにフィーバーするんでしょうか。

>>デート・ア・ライブも対象SFアニメおすすめランキング

 

7位:骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 126万

異世界なろう系のランクインはまだまだ止まらない。ただし、こちらもコア層に刺さる部分もあり。

チートゲームキャラで異世界転生するよくある設定でありながら、悪人のオイタの方がなかなかのハードプレイ。

この辺をアニメでもしっかりと描いてくるなら、紳士たちがざわつくのは間違いない。

>>骸骨騎士様も対象ベストアニメランキング

 

6位:可愛いだけじゃない式守さん 133万

ラブコメアニメの大型新人。しっかりと100万再生を超えて上位にランクイン。

原作漫画も売れてて、アニメ制作は動画工房と、これで期待しないわけにはいかない。

さらに、原作の方は着せ恋と同じく、ラブコメでは珍しく7:3の男女比となっているので、アニメでも男女共に当たれば、着せ恋並のフィーバーを起こすことも不可能ではない。

 

5位:ヒロインたるもの!~嫌われヒロインと内緒のお仕事~139万

女性人気は高いけれど、男性深夜アニメ勢にとっては大穴と言ってもいいヒロインたるもの!がベスト5入り。

イケメン男性アイドルのマネージャーにヒロインがなるという少女マンガ的な展開ですが、いのりんボイスで陸上部の元気娘というヒロインが、男性の間でもちょいと人気が出ている。

結果、前哨戦ではゼロの日常も式守さんの二つの本命喰い。

放送後に男性人気がさらに高まれば、週間アニメランキングでも上位に食い込んでくるかもしれない。

>>ヒロインたるもの!も対象の青春アニメランキング

 

4位:カッコウの許嫁 157万

連載開始すぐにマガジンの記録を次々と塗り替えてきたラブコメエースがさすがの150万再生超え。

そして、同じ講談社であるマガポケのラブコメエース式守さんも前哨戦では抑えてきた。

アニメの放送が始まったら、この講談社のラブコメエース対決も気になるところ。

>>カッコウの許嫁などの特集を見る

 

3位:かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-(3期)183万

期待の新作がどれだけ出て来ようと関係ねえ!ラブコメエースはかぐや様じゃーーーい!

と言わんばかりの、今期の豊作ラブコメ1位はかぐや様となりました。

けれど、そんなラブコメエースのかぐや様でも全体では3位と、今期の豊作っぷりを感じさせる。

>>かぐや様は告らせたいの原作漫画レビュー

 

2位:盾の勇者の成り上がり Season2(2期)339万

異世界なろう系、やっぱり強えええー!そして、盾の勇者、想像以上に強えええーーー!!!

アニメ1期のときはそこそこ人気という印象だったのですが、まさかここまでトンデモない数字を叩き出すとは。

ちなみに、無職転生のPVは200万再生ぐらいなので、PVの再生数だけだったら無職転生を軽く超えています。

1期の頃からリクエストがあったし、今期の個別考察は盾の勇者で決まりか?

 

1位:SPY×FAMILY(スパイファミリー)459万

1位はやっぱりね!のスパイファミリー。

ただ、1日で100万再生超えた割には、そこからあんまり伸びてない。

1000万再生超えの鬼滅の刃や呪術廻戦と比べると低いけど、両者もアニメ1期のPVはこれぐらいと、アニメがヒットすれば、二作品のようになるかもしれない。

どちらにしろ、2位の盾の勇者に100万再生以上差を付けているので、春のド本命であることは間違いない。

>>スパイファミリーの原作漫画レビュー

 

惜しくも圏外

古見さん2期・本好きの下剋上3期・サマータイムレンダの3作品はギリギリ20位圏外。

ギリギリとはいえ、この人気作でもベスト20に入れないところに、今期のラインナップの充実っぷりを感じさせる。

ちなみに、圏外の最下位は4万再生と、放送前から人気の格差はかなり大きく広がっています。

>>古見さんも含む2021秋アニメ覇権失敗7作品

 

2022年春アニメPV再生数ランキングまとめ

PV再生数ランキングベスト10を振り返ると、

  1. SPY×FAMILY
  2. 盾の勇者
  3. かぐや様
  4. カッコウの許嫁
  5. ヒロインたるもの!
  6. 式守さん
  7. 骸骨騎士様
  8. デート・ア・ライブ
  9. 勇者、辞めます
  10. モブせか

あいかわらず異世界ものが4作品と強いけれど、ラブコメも3作品と、今期は異世界VSラブコメの激戦も見れそう。
Twitterランキングは、スパイファミリー・かぐや様・盾の勇者を軸に、新作勢が絡んでくる展開になりそう。

>>目的別でおすすめの動画配信ランキング

無料で紹介作をチェックする