あなたの心の上半期大賞:アニメマンガ名探偵すやまたくじです。

そんな今回のテーマは、続編予想シリーズ・2022春アニメ全世界配信再生数ランキング最終版ー!

明暗分かれる!

前回の2022年春アニメ主題歌ランキング最終版に続いて、今回は再び配信の1話平均の再生数ランキング最終版。

ネトフリ・Amazonなど、国内海外の主な配信サイトの各作品1話平均の再生数&視聴数を全て合わせて順位付け。

人気ランキングと違って、こちらは売上に直結するので、数字が高いほど、より2期などの続編の可能性が高まる。

ちなみに、ビリビリ・ニコニコ以外は詳しい数字を明かしていないので、利用者数と再生数ランキングから推定してざっくりと、独占配信は推定契約料を再生数に換算してプラスしています。

この記事で分かる目次

最終版2022年春アニメ全世界再生数・視聴数ランキング

第2弾と同じく、春アニメ全75作品の中から、上位20作品を順位付け。

今までの統計上、平均500万再生を超えたら2期の可能性がグッと高まる。

最終版は平均だけじゃなく、全話の合計再生数も推定します。

20位:理系が恋に落ちたので証明してみた(リケ恋)2期 推定平均210万再生

前回の258万からさらに下落。開幕戦の350万14位から比べると、順位も再生数もけっこうダウンしてしまいました。

全12話で合計約2500万再生。

配信の成績だけだと、アニメ3期はかなりシーキビ状態。

 

19位:処刑少女の生きる道-バージンロード-推定平均220万再生

前回の250万から処刑少女もダウン。開幕戦の310万15位から比べるとこちらもけっこう落ちました。

合計では全12話約2600万再生。

ダンまち以来の大賞受賞作品も、配信だけではアニメ2期はシーキビ状態。

>>処刑少女も対象バトルアニメランキング

 

18位:まちカドまぞく2丁目 推定平均225万再生

まちカドまぞくは逆に前回の205万からアップし、開幕の150万再生圏外からかなり伸ばしてきた。

アニメ2期でも右肩上がりに調子を上げてきた。

けれど、合計では全12話約2700万再生と、これで勝ったと思うなよ!と、言わんばかりに配信だけではアニメ3期は厳しい。

今回も円盤売上に期待したいところ。

>>まちカドまぞくも対象きららアニメランキング

 

17位:トモダチゲーム 推定平均230万再生

前回の240万再生から少しダウンしましたが、開幕とほぼ同じ再生数で順位と、作風に反しては配信は何気に安定度が高い。

とはいえ、合計が全12話約2800万再生と、トモダチゲームも配信だけではアニメ2期はちょいと厳しい。

>>トモダチゲームも対象サスペンスアニメランキング

 

16位:カッコウの許嫁 推定平均250万再生

第1弾・第2弾ずっと圏外でしたが、前回の200万再生から数字を伸ばして、ついに初のランクイン。

この調子なら1クール12話で合計約3000万再生になる計算。

まだ苦しいですが、2クール目もこの調子で伸ばしていけるなら、ワンチャンアニメ2期も見えてくるぜ。

 

15位:恋は世界征服のあとで 推定平均280万再生

開幕戦・前回と400万再生をキープしてましたが、終盤で順位も数字も大失速。

マンネリな展開で、国内海外どちらでも飽きられてしまったのが原因みたい。

全12話で合計約3400万再生と、恋せかも配信だけではアニメ2期は厳しい。

 

14位:古見さんは、コミュ症です 推定平均360万再生

開幕戦の420万からはダウンしましたが、前回の350万再生からちょっと盛り返してきた。

全12話で合計約4300万再生と、3期もまったく希望がない数字ではない。

あとは独占配信しているネトフリさん次第。

>>古見さんも対象ベスト漫画ランキング

 

13位:本好きの下剋上 推定平均391万再生

前回の12位417万からはちょっと下がっちゃったけど、開幕戦の180万再生からは中盤以降で大きく伸ばしてきた。

けれど、本好きの下剋上の場合は全10話なので、合計約3900万再生と14位の古見さんよりも数字が落ちちゃう。

ここスポンサーをどう取るかで、アニメ4期の行方も変わってくる。

どちらにしろ、3期からメインスポンサーになった出版社のTOブックス次第。

>>本好きの下剋上の特集を見る

 

12位:アオアシ 推定平均455万再生

前回の13位403万再生からさらに数字を伸ばしてきて、絶好調のアオアシ状態。

これで1クール12話の合計約5900万再生と、配信だけでもアニメ2期狙えるレベルになってきた。

この調子で2クール目もさらに伸ばせば、土曜の夕方の長期政権も夢じゃない。

>>アオアシも対象サッカー漫画ランキング

 

11位:デート・ア・ライブIV 推定平均508万再生

開幕の800万、前回の562万からさらに数字を下げてしまった。

作画がパワーアップしたと聞いて最初は観てみたけれど、そうでもなかったと途中切りしちゃった人が多かったのか?

けれど、平均500万再生は超えてるし、全12話で合計約6100万再生と、アニメ5期をやるには十分な数字。

あとはこの右肩下がりな勢いを、スポンサーがどう考えるかだけ。

>>デアラも対象SFアニメランキング

 

10位:サマータイムレンダ 推定平均658万再生

前回の598万からさらに伸ばして、開幕戦の200万再生から驚異的に数字を伸ばしています。

日本ではディズニープラス独占なので固定ですが、ビリビリ動画と欧米で観られまくりなのが効いている。

これで1クール12話なら、合計約7900万再生と、今期のジャンプ+原作アニメは、配信がトンデモないことになっています。

>>サマータイムレンダも対象サスペンス漫画ランキング

 

9位:可愛いだけじゃない式守さん 推定平均701万再生

開幕戦の570万、前回の635万再生からさらに上昇。式守さんの配信の快進撃はまだまだ止まらない。

欧米人気に続いて、中国人気も高まってきたのが効いています(なぜか日本人気だけ、あんまり変わってないですが)

これで全12話なら合計約8400万再生と、配信だけでアニメ2期狙えるレベル。

>>式守さんも対象ラブコメ漫画ランキング

 

8位:骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 推定平均790万再生

開幕戦の780万からは微増ですが、前回の855万再生からは順位も数字もダウン。

骸骨騎士様は中盤がピーク、章が変わった終盤はなんだかトーンダウンしてしまいました。

けれど、全12話で合計約9500万再生と、1億再生まであとちょっとの異世界なろう系の中でも驚異的な数字。

もちろん、配信だけでもアニメ2期は十分に狙えるレベル。

>>骸骨騎士様も対象の異世界アニメの歴史

 

7位:乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です(モブせか)推定平均797万再生

開幕戦の450万に前回の763万、モブせかはさらに伸ばして開幕戦では倍ぐらい差を付けられていた骸骨騎士様もかわしてきた。

全12話で合計約9600万再生と、モブせかも異世界なろう系の大成功作品の一つになったのは間違いない。

なので、アニメ2期をやるときはもう少し制作費をかけたげて。

>>モブせかも対象の異世界漫画ランキング

 

6位:阿波連さんははかれない 推定平均805万再生

前回の865万からも下がりましたが、開幕戦の1250万と比べると大暴落級の阿波連さん。

最初のインパクトは強かったけど、途中で飽きちゃって出オチみたいになったということでしょう。

とはいえ、下がっても全12話で合計約9700万再生と、ラブコメ本命枠の式守さんを超えての1億弱再生は大当たりと言っても過言ではない。

やっぱり今期のジャンプ+原作アニメ、すごいんじゃね?

>>阿波連さんも対象ラブコメアニメランキング

 

5位:キングダム4期 推定平均850万再生

開幕の900万からは落ちましたが、前回の685万再生からはかなり盛り返してきた。

というのも、いつものAmazonだけでなく、最近はネットフリックスでもちょいちょいベスト10に入るようになったんだぜ。

これで半分の1クール13話なら合計約1.1億再生でアニメ5期も貰ったも同然だ。

やはり、世界のAmazonとネトフリで観れると強い。

これで仮に本場中国のビリビリでも配信されていたら、トンデモない数字になっていたのは間違いない。

>>キングダムの原作漫画レビュー

 

4位:盾の勇者の成り上がり2期 推定平均880万再生

開幕の1700万、前回の1056万と、盾の勇者の失速が止まらんのじゃあ~!

リゼロ2期もそうでしたが、絶好調な異世界なろう系が2期をやると、けっこう数字が落ちることがある。

それだけ長く楽しませるのが難しいということでしょう。

それでも、全13話で合計約1.1億再生と見られまくりなのは間違いないですが。

>>盾の勇者も対象の異世界なろう系アニメランキング

 

3位:パリピ孔明 推定平均1300万再生

開幕戦390万、前回が805万再生と急激に伸ばしたパリピ孔明が、さらに大ブースト発生じゃーーーい!!!

これもすべて孔明の策略通り?ずっと圏外だったAmazonやネトフリでもランクインしたことで、ついに驚異の平均1000万再生も超えてきたよ。

しかも、一番のドル箱、中国のビリビリ動画では配信されていないのに。

これで全12話で合計約1.6億再生と、アニメ2期をやらない理由がない。

>>パリピ孔明の原作漫画と比較した感想&考察

 

2位:かぐや様は告らせたい3期-ウルトラロマンティック-推定平均1900万再生

開幕戦は1050万再生と3期で勢い落ちたと言われたけど、前回が1850万で今回も微増。

終わってみれば、いつも通り絶好調のかぐや様でした。

これで全13話で合計2.5億再生と、1期・2期よりは落ちたけど、この数字でアニメ4期をやらない理由はない。

>>かぐや様は告らせたいの原作漫画レビュー

 

1位:SPY×FAMILY(スパイファミリー)推定平均5820万再生

開幕戦から4400万とトンデモないのに、前回が5520万でそこからさらに伸びるって、スパイファミリーの勢いが止まんねえーーー!!!

全12話で計算すると、合計は驚異の約7億再生。

鬼滅の刃1期には届かなかったけど、あの大ヒットの呪術廻戦を超えるレベル。

ジャンプにまた新たなドル箱作品が加わりました。

>>SPY×FAMILYの原作漫画特集を見る

 

最終版2022年春アニメ全世界再生数・視聴数ランキングまとめ

今回の2022春アニメの再生数ランキング最終版をまとめると、全75作品中、配信の勝ち組はたった11作品。
75作品中、半分以上は配信では赤字確定と、あいかわらず狭き門となっています。
次回は今回の配信も加えた原作・主題歌・円盤の全部コミコミで続編を予想していきます。

>>2022年春アニメおすすめランキング