あなたの心の1万再生:アニメマンガ名探偵すやまたくじです。

そんな今回のテーマは、みんなのTwitter投票で選ぶ週間アニメランキングー!

2022年春アニメ、8~9話編!

この週間ランキングを始めて約3年、前回の動画がこのシリーズで初めて1万再生を超えました。ありがとうございます。

ボクは観たアニメはTwitterで感想を挙げていまして、いいね1ポイント、リツイート5ポイントで計算。

その合計値で毎週発表しているオリジナルランキングです。

今期から300ポイント超えで今週の神回、同ポイントの場合は好みで順位付け。

不正投票はポイント無効となります。

この記事で分かる目次

2022年春アニメ8~9話個人ベスト3

今回もまずはボクの個人的な好みで選ぶ、ベスト3から発表します。

3位:処刑少女の生きる道-バージンロード-9話

オレでなきゃ見逃しちゃうね。

 

2位:サマータイムレンダ 7話

竜之介のバトル回と見せかけて、推理要素とコメディ要素も忘れない。

そんな絶妙なハーモニーにやられました。

 

1位:であいもん 8話

今週も脚本力にやられたよ。

吉田玲子先生の脚本力がまだまだ止まらない。

 

Twitter投票で選ぶ2022春アニメ8~9話週間ランキング

  1. SPY×FAMILY
  2. パリピ孔明
  3. であいもん
  4. 盾の勇者
  5. 阿波連さん
  6. 本好きの下剋上
  7. 古見さん
  8. サマータイムレンダ
  9. バディゴル
  10. ダンスール

先週の7話~8話編は、かぐや様がまさかの初のベスト10圏外。

逆に盾の勇者と俺たちのバディゴルが躍動しました。

今週もそんな番狂わせは起こるのか?

そして、スパイファミリーは二連覇して、独走態勢に入るのか?

20位:このヒーラー、めんどくさい 8話62ポイント

今週も早見沙織キャラ効果なのか?二週連続でランクイン。

来週の順位がどうなるかによって、早見沙織効果なのか?それとも、作品が徐々に評価され出したのかが判明する。

 

19位:乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です(モブせか)9話64ポイント

メインヒロインがまさかのこんな事後な表情を見せる。

モブせかがまさかのどシリアスモードに突入です。

けれど、主人公サイドのコメディが止まらないのも、なんともモブせからしい。

>>モブせかも対象ロボットアニメおすすめランキング

 

18位:可愛いだけじゃない式守さん 7話65ポイント

復活の式守さん、けれど、ポイントは伸びじーーー!!!

休止前は12位まで順位を上げていましたが、再び失速。

もう一人のイケメンヒロイン・狼谷さん本格参戦も、ポイントを入れない人にとっては、ヒロインサイドがどうとか、そういう問題じゃないんだろうね。

>>式守さんも対象ラブコメ漫画おすすめランキング

 

17位:魔法使い黎明期 7話66ポイント

ライオスの兄ちゃんと結婚する宣言に釘宮理恵ボイスと、もしかしてワンチャン女の子ですか?疑惑が生まれた第7話。

魔法使い黎明期も先週何気に休止だったけど、式守さんやまちカドまぞくと違って一切触れられず。

というか、今期が始まってまだ一度もコメントで触れられてませんが、それでも式守さんを超えてくるこのポイント。

毎クールこういうサイレントファンが意外といる作品が出てくるものです。

>>魔法使い黎明期も対象の異世界アニメの歴史

 

16位:処刑少女の生きる道-バージンロード-9話70ポイント

姫とメノウのやり取りが、『オレでなきゃ見逃しちゃうね。』なHUNTER×HUNTERを彷彿とさせてしょうがなかった。

シリアスなバトルは面白いですやん!と思ったけど、ポイントは意外と伸びじ。

処刑少女のファンはやっぱりシリアスより百合コメディを求めている。そして、ハンターハンターを知っている人はあんまり観てないのね。と感じた第8話。

>>処刑少女も対象バトルアニメおすすめランキング

 

15位:くノ一ツバキの胸の内 8話71ポイント

可愛さがウリのくノ一ツバキでは、最強がウリの亥班はあまり人気がないのか?先週から順位もポイントもちょいとダウン。

そして、男との接触を禁止しているのなら、方向音痴の亥班に旅させちゃダメだろ。

>>くノ一ツバキも対象の日常漫画ランキング

 

14位:社畜さんは幼女幽霊に癒されたい 8話85ポイント

安定の社畜さんは、内田真礼ボイスのサツキと、石原夏織ボイスのリリィの主題歌担当コンビを追加。

ただ、新キャラサイドの話をやっても、たいしてポイントが変わらないのが安定の社畜さん。

>>社畜さんも対象コメディ漫画ランキング

 

13位:ダンス・ダンス・ダンスール 8話110ポイント

ガンダムの富野由悠季ワールドを彷彿とさせる潤平と生川夏姫のダンスシンクロで魅せてきた。

そんなダンスでシンクロして、恋でもシンクロするのかなと思ったら、

都の方と急にキスするんかいっ!?

ダンスだけじゃない、恋の方でもなかなか予想を裏切ってくるやんけ。

>>ダンスールも対象スポーツ漫画ランキング

 

12位:本好きの下剋上 33話111ポイント

先週6位から大幅ダウンーーー!!!

二週連続の6位で、ついに上位に割り込んでいくと見せかけてのベスト10圏外へぶっ飛んだ。

デリアの母性ではポイントは伸ばせませんでした。

>>本好きの下剋上の全話一挙感想&考察

 

11位:BIRDIE WING-Golf Girls’ Story-(バーディーウィング ゴルフ ガールズ ストーリー)8話129ポイント

俺たちのバディゴルの快進撃はまだまだ終わらない。

ベスト10からは洩れちゃいましたけど、初のベスト10入りした先週よりもポイントはアップ。

ローズとの熱すぎる熱戦に、同じく心を熱くするストロングスタイルの視聴者が続出。

そして、ローズをここで退場させるのは惜しすぎるという声も挙がっていました。

>>バディゴルも対象スポーツアニメランキング

 

10位:ヒーラー・ガール 8話131ポイント

あなたの夢を私は応援する。そんな賛否両論巻き起こした第8話で、ヒーラー・ガールが3話以来のベスト10入り。

玲美と葵のお互いの夢を応援するからこその別れのストーリーに絶賛の声が挙がる一方、Cパートのオチは要らないんじゃない?という声も多発して、賛否両論が巻き起こった。

なので、Cパートがなかったらもうちょっとポイントが伸びたかもしれないね。

>>ヒーラー・ガールも対象の音楽アニメランキング

 

9位:阿波連さんははかれない 9話142ポイント

ずっと気になっていたもう一人の阿波連さんは妹かーいっ!?

そんなえるのキャラクターも良かったけど、それ以上に前半のライドウの少女マンガのイケメン化にやられた。

かぐや様2期の時もそうだったけど、ギャグアニメの中に急に少女マンガ入れられると、やられちゃいます。

>>阿波連さんも対象コメディアニメランキング

 

8位:古見さんは、コミュ症です 20話147ポイント

内田真礼ボイスのバスガイドもバズってたけど、

それ以上にネットをざわつかせたのが日高里菜ボイスの山井さん。それが、

おっぱい触ってもいい?

こんな直球勝負をするキャラクター見た事ない。

>>古見さんも対象ベスト漫画ランキング

 

7位:盾の勇者の成り上がり2期 8話149ポイント

ロリタリアの快進撃もまだまだ止まらない。

ベスト10圏外に落ちることも珍しくなかった盾の勇者が、ロリタリアの復活で上位戦線に戻って来た。

なのに、その肝心のポイントゲッターを離脱させるんかいっ!?

2期の盾の勇者はファンの期待をすぐ裏切る。

>>盾の勇者も対象の異世界アニメランキング

今週は圧倒的な二強時代が終わる。

6作品が35ポイントの中にひしめく大接戦となりました。

6位:まちカドまぞく2丁目 7話165ポイント

式守さんと違って、復活のまちカドまぞくは休止前と同じく、上位争いに加わってきた。

前回の最終回の向こう側効果がまだまだ効いているみたいです。

また、前回のあらすじと見せかけたゾンビ展開が話題となっていましたが、ショッピングモールを拠点として、犬も登場している点から、

多分同じきららの『がっこうぐらし!』をオマージュしているんじゃないかなと思います。

>>まちカドまぞくも対象きららアニメランキング

 

5位:サマータイムレンダ 7話167ポイント

サマータイムレンダが4話以来のベスト5に戻って来た。

思った以上に暴れた竜之介のハンマーアクションで掴みはOK。

それに加えて、しおりだけ他の影と違う点に、澪やラストも前回と違うミステリー要素も満載。

今回も原作漫画をほぼ同じながら、余計なギャグやエピソードを細かく省いて、逆に見やすくしているのが効いていました。

こっからサマータイムレンダの反撃が始まるかもしれない。

>>サマータイムレンダも対象サスペンスアニメランキング

 

4位:かぐや様は告らせたい3期-ウルトラロマンティック-8話170ポイント

前回まさかの12位から復活したのは、マリアージュならぬウルトラロマンティックなタイトル回収で。

かぐやと石上、二つの告白編がついに始まる。

今回は惜しくも二強に届かなかったけど、恋愛に極振りしたかぐや様が、こっから2期までのような怒濤のポイントラッシュを見せてくるかもしれない。

>>かぐや様の原作漫画レビュー

 

3位:であいもん 8話177ポイント

吉田玲子先生の神脚本でも二強には届かず。

これで3週連続3位なのですが、前回までと違って、200ポイントを切ってしまったのがその敗因。

先週と同じポイントだったら、今週は1位取れていたのですが。

今回は話題になっていたドラえもんの栗まんじゅうの話など、原作漫画では和(なごむ)のバンドに関するエピソードのみだった。

それをアニメでは、原作ではほとんど出番のなかった佳乃子(かのこ)サイドの話を入れたことで、二人のエピソードや恋愛面を大幅強化してきた。

今週の中では一番完成度が高かっただけに、出来れば1位獲って欲しかった。

>>であいもんも対象ベストアニメランキング

二強大失速の大激戦が起こっても、今週も結局残ったのはこの二作品。

今期は、このお馴染みのけっきょく南極大冒険の呪縛から抜け出すことは出来ないのか?

2位:パリピ孔明 8話189ポイント

パリピ孔明は先週305ポイントからの大失速ーーー!!!

今回のエピソードなのですが、これ原作漫画だと1話の半分、約10ページしかない英子と七海のエピソードをかなり広げてきた。

そこに原作ではなかったKABEサイドのエピソードも入れて来たほぼアニオリ回。

このエピソード自体の評価はそんなに悪くなかったのですが、二週連続タメ回が続いたことで、早く次の展開を見せてくれという声が高まっての大失速となりました。

1クールで短期勝負する深夜アニメならではの厳しい意見。

この二週使ったタメ回の構成が、全体で見れば良かったのか?悪かったのか?

その答えは、こっからの先の終盤の盛り上がり次第。

>>パリピ孔明の原作漫画と比較した感想&考察

 

1位:SPY×FAMILY(スパイファミリー)8話200ポイント

スパイファミリーは、先週390ポイントからの大失速ーーー!!!

こちらは新キャラユーリが本格参戦で動きあったと見せかけて、実質後半戦はユーリとロイドの腹探り合いで動きが少なく、タメ回的な展開になってしまった。

そして、アーニャの出番が少ないという感想が溢れ、あいかわらずアーニャの出番が少ないとポイントが大暴落するのがスパイファミリー。

>>SPY×FAMILYの原作漫画特集を見る

 

Twitter投票で選ぶ今期2022年春アニメ8,9話感想ランキングまとめ

今週の週間ランキングベスト10を振り返ると、

  1. SPY×FAMILY
  2. パリピ孔明
  3. であいもん
  4. かぐや様
  5. サマータイムレンダ
  6. まちカドまぞく
  7. 盾の勇者
  8. 古見さん
  9. 阿波連さん
  10. ヒーラー・ガール

今週は二強がタメ回で大失速するも、残りの作品の追撃も届かず。
4作品が惜しかったのですが、あと一歩が届かなかった。
来週からの終盤戦で、次こそはけっきょく南極大冒険状態を打ち破って欲しい。

>>2022年春アニメ個人おすすめランキング