あなたの心の覇権決定:アニメマンガ名探偵すやまたくじです。

そんな今回のテーマは、みんなのTwitter投票で選ぶ週間アニメランキングー!

冬アニメに続く、2022年春アニメ、覇権決定総合回!

ボクは観たアニメはTwitterで感想を挙げていまして、いいね1ポイント、リツイート5ポイントで計算。

その合計値で毎週発表しているオリジナルランキングの総合版です。

この記事で分かる目次

2022年春アニメ個人総合ベスト3

今回もまずはボクの個人的な好みで選ぶ、ベスト3から発表します。

3位:パリピ孔明

今期イチバンのサプライズ枠も、僕の中では最終回で盛り返したけど、中盤で失速した。

序盤だけだったら、今期イチバンだったぜ。

 

2位:SPY×FAMILY(スパイファミリー)

なんだかんだで、やっぱジャンプアニメはクオリティが高い。

ドッジ弾平回が大ツボでした。

 

1位:かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-(3期)

ラップ回と最終回で俺の中ではマリアージュ!

気付けば、総合的に一番面白かったのはかぐや様だったよ。

原作漫画ももうすぐ完結。

 

2022年春アニメキャラベスト3

総合版なので、特別編としてキャラ・アニソン・神回ベスト3も。

動画配信の再生数はすでに別記事で出している&円盤売上は後日まとめて出すので今回は除外します。

まずはキャラベスト3から。

3位:かぐや様は告らせたい3期-ウルトラロマンティック- 早坂

3期の早坂はお気に入りの藤原以上に光ってたでぇ~。

 

2位:SPY×FAMILY(スパイファミリー)アーニャ

なんだかんだでアーニャはやっぱり外せない。

見た目だけじゃなくて、喋り方もずるいよね。

 

1位:サマータイムレンダ 潮

金髪・関西弁にやられたよ。

 

2022年春のアニソンベスト3

続きまして、アニソンベスト3を。

3位:パリピ孔明ED・気分上々↑↑

OPのチキチキバンバンの方が話題になってましたが、俺はこっちの方が好きだぜ。

徐々にキャラが増えて、カウンターでまったりする英子の姿がお気に入り。

 

2位:ダンス・ダンス・ダンスールOP・鳴り響く限り

YUKIの歌声が好きじゃあーー!!!

YUKIとJUDY AND MARY (ジュディ・アンド・マリー)の時から大好物だったぜ。

 

1位:であいもんOP・菫(スミレ)

聴くと、ホロリとくる坂本真綾の名曲。

『僕たちは寂しい生き物だから、増えすぎてしまったのかな』のフレーズがあぶなーい!

世間的にはスパイファミリーとパリピ孔明のOPが圧倒的人気だと思いますが、僕的にはこの二曲はあんまりハマらなかった。

 

2022年春アニメ神回ベスト3

最後は神回ベスト3を。

普通にやると3つ共スパイファミリーになっちゃったので、今回は1作品1つまでにします。

3位:本好きの下剋上 最終36話411ポイント

今期ノーマーク気味だったけど、まさかの神回ベスト3入り。

本好きの下剋上の底力を見せました。

 

2位:かぐや様は告らせたい3期 最終12&13話412ポイント

1時間スペシャルで、神回でもマリアージュ。

恋愛だけじゃなく、ゆっくり解説などのギャグもツボだったぜ。

 

1位:SPY×FAMILY(スパイファミリー)11話715ポイント

実質の最終回が大フィーバー。

しかし、1000ポイント超えが連発した前のクールのようなフィーバーもスパイファミリーでも起こせじ。

 

Twitter投票で選ぶ2022年春アニメ全話ランキング

覇権決定の総合版ということで、一から再集計したので、作品によっては通常回とはかなりポイントが変わっています。

総合版は全話合計の平均点で順位付け。

また、1話の神回で決着がつかないように、300ポイント以上は切り捨て、つまり300ポイント満点となります。

ドカン!と一発かました作品よりも、全話通して安定して高ポイントを稼いだ作品が勝つシステムとなっています。

20位:恋は世界征服のあとで 平均79.5ポイント

1話でいきなり正義のヒーローと悪の幹部が付き合う掴みで、序盤はスタートダッシュをかました恋せか。

が、3話以降はマンネリ展開に離脱する人が続出して、最終回まで勢いは戻りませんでした。

恋せかの一番ポイントが高かった神回は第1話。

>>恋せかも対象ラブコメアニメおすすめランキング

 

19位:骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 平均84.8ポイント

骸骨騎士様も1話のセクシーがバズって、スタートダッシュをかましてきた。

その後は恋せかと同じ流れですが、たまに入るセクシーや、6話のYAWARA!こと無敵のお母さん皆口裕子ボイスで盛り返したりはしてました。

骸骨騎士様の神回も第1話。

>>骸骨騎士様も対象の異世界漫画ランキング

 

18位:トモダチゲーム 平均85.8ポイント

トモダチゲームも序盤の衝撃展開で、3話までは100ポイントを超える好スタート。

が、マネーゲームの地味さや逆に心理描写で離脱する人も多く、終盤の衝撃展開でもその勢いは取り戻せず。

トモダチゲームは1話ではなく、2話が神回となりました。

>>トモダチゲームも対象サスペンス漫画おすすめランキング

 

17位:ヒーラー・ガール 平均88.7ポイント

異色のミュージカルヒーリングアニメで、ヒーラー・ガールは10話まで随所に150ポイント近く出して、ベスト10入りするなど健闘。

けれど、調子が悪い回はドカンとポイントが下がるのと、終盤の失速で総合では17位に沈んでしまいました。

ヒーラー・ガールの神回は第2話。

>>ヒーラー・ガールも対象の音楽アニメランキング

 

16位:くノ一ツバキの胸の内 平均91.6ポイント

からかい上手の高木さんの山本先生とクローバーワークスの最強タッグも最後まで跳ねじ。

1話・4話・10話とたまに100ポイントを超えましたが、終始100ポイント以下で低迷と、百合コメディにはラブコメのような爆発力はなかったみたい。

くノ一ツバキの神回は第1話。

>>くノ一ツバキも対象の日常漫画ランキング

 

15位:処刑少女の生きる道-バージンロード-平均93.3ポイント

ダンまち以来の大賞受賞作品は、アンチなろう系な衝撃の第1話でトレンド入りのバズ。

が、2話の百合コメディでガクンと数字が下がり、10話からのシリアスな展開でまた盛り返していたので、終始シリアスで攻めたらベスト10を狙えたかもしれない。

神回はもちろん第1話。

>>処刑少女も対象バトルアニメおすすめランキング

 

14位:乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です(モブせか)平均106ポイント

全国3000万人のイケメン嫌いを味方に付けた破天荒ななろう系アニメは、なんと2話までは50ポイント以下とスタートダッシュで大失敗。

けれど、3話からの怒涛の100ポイント超えラッシュで総合14位まで登り詰めました。

いつものなろう系かと、0話切りしていたイケメン嫌いに声が届くまで、ちょっと時間がかかっちゃいましたね。

モブせかの神回は、最終回前に色々とリビアさんが大爆発した11話でした。

>>モブせかも対象ロボットアニメおすすめランキング

 

13位:ダンス・ダンス・ダンスール 平均110ポイント

MAPPAクオリティのアニメも、見た目のクセ強と男子バレエというテーマで、5話までは100ポイント以下と序盤は大苦戦。

けれど、熱いスポ根展開と主人公たちのバレエにかける狂気を見せ始めてからはポイント急上昇で、中盤からはランキング入りの常連。

神回は付き合ってすぐに別れちゃって、ヒロインのスン!顔が飛び出した第10話。

なんと通常回からさらに数字を伸ばしていて、再集計したらこの回は200ポイント近くまで伸びてました。

>>ダンスールも対象スポーツ漫画ランキング

 

12位:BIRDIE WING-Golf Girls’ Story-(バーディーウィング ゴルフ ガールズ ストーリー)平均113.5ポイント

俺たちのバディゴルは止まらないの合言葉で、終盤はランキング上位常連のバディゴルでしたが、なんと6話までは一切100ポイント超えがない大苦戦状態。

俺たちのバディゴルはまだまだ止まらないの伝説は、7話の裏社会での最終決戦と、バディゴルファンの口コミで始まった。

わたくしのバディゴル推しも、少しは届いたと信じたい。

ちなみに、神回はまさかのホロリと泣ける第11話の『雑草は太陽には届かない』

第2期も決まって、バディゴルの伝説はまだまだ止まらない。

>>バディゴルも対象スポーツアニメランキング

 

11位:可愛いだけじゃない式守さん 平均131.4ポイント

賛否両論の式守さんは、ポイント再集計で大逆転ーーー!!!けど、ベスト10にはあと一歩届かじーーー!!!

第1話と終盤は150ポイント連発しましたが、2話~7話が100ポイントを切る回もあって大苦戦。

神回はやはりバズった狼谷さんの第8話で、通常回からさらに伸びて、194ポイントまで伸ばしました。

全体的に和泉くんが目立たないとポイントが伸びると、主役が違ったら上位争いにも加わっていたかもしれない。

>>式守さんも対象のラブコメ漫画おすすめランキング

 

10位:盾の勇者の成り上がり2期 平均136.8ポイント

なろう系の人気作は、Twitterランキングではベスト10を守るので精一杯。

しかも、7話からのロリタリアが出てからの回がドカン!と跳ねて、それ以外の回はそこそこという分かりやすい構図。

ロリタリアが出なかったら、式守さんに抜かれて完全にベスト10圏外でした。

神回はもちろん第7話。

>>盾の勇者も対象の異世界アニメランキング

 

9位:古見さんは、コミュ症です 平均144ポイント

序盤は苦戦していましたが、気付けば上位にいるのが古見さんの底力。

中盤以降はずっとベスト10を守り続け、時折ベスト3にも入る躍進も。

神回は世界のY.Y.般若が登場した修学旅行編の21話。

>>古見さんも対象ベスト漫画ランキング

 

8位:阿波連さんははかれない 平均158.1ポイント

通常回でぶいぶい言わせていた阿波連さんは、総合回では失速ーーー!!!

ポイント再集計であんまり数字が伸びなかった。

序盤の掴みは凄かったのですが、それに慣れた中盤以降は伸び悩み。

神回はダントツで第1話。

>>阿波連さんも対象ギャグアニメおすすめランキング

 

7位:本好きの下剋上 平均161.1ポイント

本好きの下剋上は、逆にポイント再集計で急上昇ーーー!!!式守さん以上に伸びた作品がここにありました。

再集計してみたら、150ポイント連発に加えて、随所の泣かせる話でドカン!とホームランもかます。

神回はもちろん、今期のベスト3にも入った最終10話。

まだまだここで終わるわけにはいかない、アニメ4期待ってるぜ。

>>本好きの下剋上の全話感想&考察を見る

 

6位:まちカドまぞく2丁目 平均161.2ポイント

まちカドまぞくは中盤までの貯金でなんとか逃げ切った。

6話にしていい最終回でした。という最終回の向こう側を見せたけど、その後の日常回で通常ランキングでは大苦戦。

なんとかその6話までの貯金で、6位に入る先行逃げ切りに成功。

もちろん、神回は第6話です。

>>まちカドまぞくも対象の日常系アニメランキング

 

5位:サマータイムレンダ 平均176.5ポイント

総合回の再集計で一番ポイントを伸ばしたのは、このサマータイムレンダでした。

序盤・中盤・終盤と、すべてにおいて200ポイント近くを叩き出す隙の無さ。

そして、一番の神回となった第1話は再集計で300ポイントを超える真の神回ともなりました。

2クール目もこの勢いで、夏アニメの上位争いにも加わってきそう。

>>サマータイムレンダも対象サスペンスアニメランキング

 

4位:であいもん 平均203.6ポイント

あったかドラマは、総合でもあとちょっとでベスト3入りの大躍進。

9話まではほぼ200ポイント前後の安定度に加え、神回となった10話で300ポイント超え。

けれど、原作マンガ的にしょうがないとはいえ、物語の軸となった一果(いつか)のお父さん回はやらず、11話・12話で失速しちゃったのがちょっとざんねん。

終盤の失速がなければ、Twitterランキングでも僕の個人ランキングでも、ベスト3入りしていたのは確実だったぜ。

>>であいもんも対象泣けるアニメランキング

 

3位:かぐや様は告らせたい3期-ウルトラロマンティック-平均210.6ポイント

3期は一度も1位取れなかった上に、7話では初のベスト10圏外に飛んじゃったけど、終わってみればマリアージュ!!!なベスト3入り。

7話以外はすべて200ポイント前後取った安定度と、5話のラップ回と神回となった最終回で大きくポイントを伸ばしたのが効きました。

なんだかんだで要所を押さえてくるのがかぐや様の強さ。

>>かぐや様の原作漫画レビュー

総合回はやはりけっきょく南極大冒険な二強対決となりました。

今期はこの二作品しか通常回1位を取ってないので当然の結果。

通常回で8回も1位を取ったスパイファミリーが順当に総合でも1位か?

それとも、4回のパリピ孔明が平均点では勝利するのか?

たった1.4ポイント差の大接戦となりました。

2位:SPY×FAMILY(スパイファミリー)平均273.6ポイント

ラストに、まさかの大波乱ーーー!!!

僕も集計前はスパイファミリーが1位だと思っていたので、再集計した時に思わず二度見しちゃったよ。

神回1位を取った11話を筆頭にバンバン高ポイントを叩き出す一方、なんと200ポイント以下も3回も叩き出した安定度の無さが、このランキングの平均点のルールでは敗因に繋がりました。

特に最終12話がすこぶる足を引っ張ったので、11話で終わっていたら楽に1位ゲットしてたよ。

特別編なんてやっちゃうから。

>>SPY×FAMILYの原作漫画特集を見る

 

1位:パリピ孔明 平均275ポイント

ランキングメーカーもビックリの、ラストでまさかの大逆転ーーー!!!

今期の神回ベスト3にも入ってないように、一発はスパイファミリーに負けていたのですが、中だるみした8話以外は全話通して250ポイントから400ポイントの間の高アベレージを出したがこの逆転に繋がりました。

一発の神回で決まらない、全話通してのクオリティで勝負するこのテーマに合った逆転劇となりました。

パリピ孔明は、1話と最終話がどちらも400ポイント弱の最大の神回となっています。

>>パリピ孔明の原作漫画と比較した感想&考察

 

Twitter投票で選ぶ2022年春アニメ全話感想ランキングまとめ

今回の2022年春アニメ全話をまとめると、一発があるアニメが安定度のあるアニメに負ける。
2020年秋アニメで、ひぐらし業が魔女の旅々に敗れた時を思い出したよ。

>>2022年春アニメ個人おすすめランキング