あなたの心の逆転アニメ2期:アニメマンガ名探偵すやまたくじです。

そんな今回のテーマは2022年冬アニメ、ここがすごいよ明日ちゃんのセーラー服編ー!

二つの点が着せ恋以上!

明日ちゃんは、前回の9話考察以来の特集記事。

全話通しての総括と着せ恋との比較、アニメ2期の予想について語っていきます。

無料で紹介作をチェックする

『明日ちゃんのセーラー服』最終12話まで見た感想&着せ恋との比較

明日ちゃん全12話の感想を一言でまとめると、最終回まで神作画ーーー!?

今期の冬アニメは、同じCloverWorks着せ恋と共に、クローバーワークスの二強時代と言われてましたが、

東京24区は?)

着せ恋の花火で魅せてた神最終回に負けず、

明日ちゃんもダンスで魅せて、神最終回を持ってきた。

話題の着せ恋以上に明日ちゃんの方が好き!そんなオタク勢の声が多いのは、このクオリティの高さにあることは間違いない。

>>2022年冬アニメおすすめランキング

 

明日ちゃん2期の可能性

そんな明日ちゃん2期の可能性は?結論から先に言うと、現状だとやや厳しい。けれど、明日ちゃんには伸びしろがあることを付け加えたいと思います。

現状だと少し厳しい理由は、売上に直結する2022年冬アニメ配信再生数ランキングで、今期の中で第14位と全42作品の中ではいい方だけど、続編2期即決!と言えるほど絶好調ではない。

具体的な数字は、推定ですが3518万再生と、最近の続編の流れを考えると、5000万再生は超えたい。

円盤売上が大きくプラスされるとかなら別ですが。

ちなみに、着せ恋は推定2.8億再生であの進撃の巨人も抑えて今期の3位と、2期はほぼ確定と言っても過言ではない。

同じハイクオリティなクローバーワークス作品なのに、こんなにも数字に差が付いたのは、着せ恋が明日ちゃんと比べると圧倒的に女性人気が高いから(明日ちゃんも普通の男性向け作品と比べると同じぐらいですが)

さらに、着せ恋は日頃ラブコメを見ないライト層も巻き込んだのに対し、明日ちゃんはそれが出来なかった。

また、オタク人気は高い明日ちゃんですが、あのフェチの描写や独特の絵柄から、『気持ち悪い』と序盤で離脱するコア層もけっこういたのが響いた形。

が、明日ちゃんには着せ恋を超える2つのポイントがあり、これによって、ロングスパンで配信の数字を伸ばす可能性あり。

その数字が伸び続ければ、アニメ2期が近づくのは間違いない。

>>明日ちゃんも対象の青春アニメおすすめランキング

 

着せ恋を超える美術背景

同じクローバーワークス作品として、神作画をよく比較されていた明日ちゃんと着せ恋。

ここに関しては見せ方が違うとはいえ、クオリティはほぼ同レベルと言っても過言ではありません。

ただし、背景美術に関しては、明日ちゃんの方がちょい上と言いたい。

着せ恋が最終回の花火などで魅せる一方、明日ちゃんは第1話の桜など、神背景の回数の多さで上回る形。

これには明確が理由がありまして、担当しているスタッフが違うから。

着せ恋は外部のスタッフが中心なのに対し、明日ちゃんはクローバーワークスのスタッフがメイン。

特に美術監督の薄井久代さんは、美術ルーム室長、つまり美術チームのエース。

クローバーワークスがA-1 Picturesから独立する前から在籍しているスタッフで、

四月は君の嘘やホリミヤ、アイドルマスターでも美術監督を担当していた。

そんなエースを投入しているからこそ、神作画と言われる着せ恋も超える芸術的な背景美術が実現できたわけです。

また、ストーリーが面白いだけでなく、画が美しい作品はロングスパンで見られる傾向にある。

四月は君の嘘やホリミヤは今でも配信で見られていて、全世界で2億再生は軽く超えるほど。

明日ちゃんもこのようにロングスパンで見られれば、さらに画の美しさはライト層にも伝わりやすいので、着せ恋は見たけど明日ちゃんは見たことないというライト層を口コミなどで取り込むことが出来れば、まだまだ数字が伸びる可能性は十分にある。

>>明日ちゃんも対象ベストアニメおすすめランキング

 

着せ恋を超えるアニメオリジナル要素

着せ恋を超える2つ目のポイントは。アニメオリジナル要素。

原作を軸にパワーアップさせた着せ恋に対し、明日ちゃんはそれプラス、アニメオリジナル要素を積極的に入れてきた。

どちらもたまたま同じく原作漫画が9巻まで出ているのですが、着せ恋が全12話で5巻まで使い切ったのに対し、明日ちゃんは順番が飛び飛びですが全12話で2~3巻分のエピソードしか使ってない。

こうやって比較すると、どれだけ明日ちゃんにオリジナル要素が多いのかが分かると思います。

オリジナル要素が多いということは、アニメと原作の違いがより楽しめる。

ここも配信やBlu-rayやDVDなどの円盤売上を伸ばす一つのキッカケとなる。

明日ちゃんは全12話で、主に3つのパターンでアニメ化しています。

>>明日ちゃんも対象の青春漫画ランキング

 

原作漫画を大幅強化

一つ目は原作を元にアニメ化。

一番良くあるパターンですが、明日ちゃんはそこに神作画+構成の入れ替え+アニメならではの演出を大幅強化しているのが特徴。

着せ恋は全12話をこのパターンでアニメ化。

明日ちゃんは初回の第1話友達が出来た2話木崎さんと釣りに行った6話・応援してたら四条さんにへそをいじられた10話・みんなでバレーをした感動の11話・最終12話と、ちょうど半分が原作準拠。

序盤や終盤の大事な部分、あと木崎さん回は全て原作準拠で構成し、残り半分はアニメオリジナル要素がガッツリと楽しめる形。

このパターンの魅力は、原作の面白さをストレートに楽しめ、さらに明日ちゃんや着せ恋などのクオリティの高いアニメの場合、原作を肉付けした映像や演出、その細かい違いなども楽しめる。

 

原作を元にアニメで広げる

2つ目は原作を元にアニメで大きくエピソードを広げたり、変更してきたりしたパターン。

明日ちゃんの原作の良さを活かしつつ、だいたい3割~6割ぐらいはオリジナル要素がある着せ恋にないパターンでしたね。

こちらは、文学少女・古城さんとのエモエモエモな3話寮に行った兎原さんの第4話大熊さんとクラスメイトを観察した5話原作にあったりりとの水泳対決を軸に龍守さんとのアニオリも入れてきた8話と、全部で4エピソード。

全て原作の良さを活かしつつ、アニオリ要素で原作とはまた違った物語に仕上げてきた。

こちらもCloverWorks所属の山崎莉乃(やまさきりの)さんの脚本力が光った。

ちなみに、この山崎さんは制作進行として活躍しながら、明日ちゃんではシリーズ構成・脚本を担当しています。

 

アニメオリジナルエピソード

3つ目はパターンは、アニメオリジナル。

蛇森さんがスピッツのチェリーを歌った7話最初の友達4人で体育祭の準備で買物に行った9話の二つがこのパターン。

アニオリ展開は他の作品でもよくありますが、ここでも原作を汲み取った脚本と演出になっていました。

ほぼアニメオリジナル第9話は、古城さんを掘り下げることで、第3話の伏線を回収してきた。

古城さんは原作でも出番が少なく、あれ以降の個別エピソードがなかったのですが、そんな原作で出来ていないエピソードをアニメで回収してくるファインプレー。

さらに、7話の蛇森さん回は原作でもショートエピソードでちょっとだけあったのですが、そこから物語を広げて、8割~9割ぐらいアニオリ展開を入れて来た。

スピッツのチェリーを歌ったシーンについては、練習の段階から完全にアニメオリジナル。

それでいて、僕がTwitterの反応で決めている週間アニメランキングでは、今のところ明日ちゃんの話の中で一番いいポイントを取っている神回となっています。

原作ストックはまだまだあるのに、思い切ってほぼアニメオリジナルを2話も入れてくる、ここに関しては監督の黒木美幸さんの決断が光ってるでぇ~。

ちなみに、黒木美幸監督もクローバーワークス所属です。

 

2022年冬アニメ『明日ちゃんのセーラー服』12話の考察&2期予想まとめ

明日ちゃん全12話の感想と考察をまとめると、神作画と神演出はもちろんとして、着せ恋を超える背景やアニオリ要素が生まれたのは、CloverWorks社内のエーススタッフを複数投入したのが大きかった。
そして、こういう何度も見たくなる作品は配信の再生数もロングスパンで伸びやすい。
結果、アニメ2期を引き寄せるのは間違いないと思います。

無料で紹介作をチェックする