あなたの心の18禁:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

そんな今回のテーマは2022年冬アニメ特集第7弾ー!

覇権候補集まりまくり!

前回の第6弾考察に続きまして、今回はジョジョ、失格紋の最強賢者、終末のハーレム、ビスクドール、明日ちゃんの5作品の第2話を。

Twitterの反応と配信の数字、原作との違いを分析しながら解説していきます。

無料で紹介作をチェックする

ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン 2話

ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン2話の感想を一言でまとめると、ジョリーンがカッコ良くなってるーーー!!!

1話で一人プレイという名のあんなに恥ずかしい姿を見せた主人公とは思えない。

ジョジョは原作準拠なのですが、いくつか変更点あり。

まず刑務所に入った時に髪を切られちゃうみたいなのですが、それを賄賂で買収してなんとか逃れるというコメディイベントをカット。

代わりに原作以上にここの刑務所がどういった空間なのかをより分かるように描写してました。

自由に歩き回れる空間が広いなど、日本の刑務所とかなり雰囲気が違いますよね。

さらに、基本的な流れは同じなのですが、活字の多さで定評がある原作のセリフや心の声はかなり選別されてまして、特にジョリーンのコメディな部分がけっこう削られています。

今回でいえば、ネズミの姿にされてからは、コメディなリアクションや心の声が多くなっていましたが、それを絞ることでグェスの言うことを静かに聞いて、反撃の時を待っているようなクールなキャラクターに見えた。

より、承太郎の娘感が強まった。

そこからやれやれだわのフィニッシュに繋げるので、ジョリーンが原作よりもカッコよく見えた。

個人的にはこっちのジョリーンの方が大好物。

今回もしっかりと2万を超える大トレンド、配信は相変わらず先行配信されたネットフリックスの再生数ベスト10には入って来ないけど(というか、他も含めて今期のアニメは鬼滅の刃以外ぜんぜん入ってない)、リアタイ配信しかされてないのにアベマの方でランクインしてました。

鬼滅や進撃ほどではないけれど、覇権候補としてしっかりと結果を残しています。

>>ジョジョも対象バトルアニメおすすめランキング

 

終末のハーレム 2話

終末のハーレム2話の感想を一言でまとめるなら、いや、本番カットされまくりー!!!

無修正版は18禁と見せかけて、アニメでは思った以上にカットされている。

まず今回登場したナンバー1こと火野の初っ端の女優との本番シーン。

あれは原作ではフィニッシュ!まで描かれてましたし、その後に映像で出て来た複数の女性との団体戦もしっかりと描かれていた。

さらにこれに加えて、もう一ラウンド別の団体戦もあったのですが、これはバッサリとカット。

主人公の怜人がお風呂場で襲ってきたナースの朱音の攻め具合もあんなものでは終わりませんでした。

さらに、この後もトイレで襲ってくるというバックアタックを喰らわせてくるのですが、そこもバッサリとカット。

このテレビで放送できなかった本番シーンは、Blu-rayに収録されると発表されています。

また、原作漫画ではアニメよりも画がキレイな上に、本番シーンになるとカラーになるので、より安くチェックしたいのなら、原作を買うのがおすすめ。

終末のハーレムはお色気ものの宿命か、2話目はだいぶTwitterでは大人しくなった。

ただ、配信の方はdアニでもアベマでもベスト3に入るなど絶好調。

>>終末のハーレムも対象ハーレムアニメおすすめランキング

 

失格紋の最強賢者 2話

失格紋の最強賢者2話の感想を一言でまとめると、1話目から一転、2話目は原作準拠ーーー!!!

原作ラノベ1巻をたった1話で描いた作品とは思えないほどに今回は原作準拠。

むしろ1話で飛ばしたシーンを回収していたりもしてたしね。

まず冒頭で前回はまったく描かれなかった幼少期が出て来た。

マティアスにやられてのびているのが、バカ兄貴の方のビフゲル。

このキャラが非常にパンチが効いて面白い上に、出て来なくなってからも、マティアスが心の中でイジって笑わらせてくるパワーキャラクターなのですが、アニメ版ではビフゲルどころかコメディの部分をバッサリカットされているのがざんねん。

原作読んでるとけっこう笑わせてくるのでもったいないなと。

また、アルマに弓を教えるシーンも、本当は魔族と戦う前に入ってきたエピソードですが、ここはちょっと形を変えて入れてきた。

こうやって巻き戻してエピソードを入れるぐらいだったら、1話目はもっとスローテンポで良かったんじゃないのかな?とも思うのですが、ヒロイン三人を早く揃えたいという作戦なのかもしれませんね。

逆に2話目でもカットされていた部分は、ダンジョンに入ってルリイに魔術や鉱石について教えるシーン。

あそこはもうちょっと細かくて、ルリイも失敗を繰り返して成功にたどり着く流れが描かれてましたが、アニメでは地味と判断されたのがショートカット。

制作費的にアクションはあんまりがんばれないと思うので、こういった地味なシーンで魅せるというのも一つの手だと思うのですが、この辺は想像以上にあんまりウケが良くないのか?

そんな失格紋の最強賢者は、2話でもTwitterトレンドは起こせませんでしたが、配信はやっぱり絶好調。

dアニメストアでもアベマでもニコニコでも上位に入る。

>>失格紋も対象の異世界アニメおすすめランキング

 

その着せ替え人形は恋をする 2話

その着せ替え人形は恋をする2話の感想を一言でまとめると、2話目も絶好調ーーーー!!!

1話を気合を入れて、2話目から少しペースを落とすというパターンはよくありますが、ビスクドールにそんな心配はなし。

今回もラブコメの歴史に残るハイクオリティでお届け。

ビスクドールは最初からほぼほぼ原作準拠ですが、今回も細かい部分を変更してました。

まずヌル女の解説の方は、美少女ゲームと言ったり、18禁の発言を少しカット。

地上波的にも、女性ファンも多いビスクドールという作品的にも、18禁は抑えめの方向でと思ったら、

雫たんのあへ顔は入れるんかーい!?

しかも、2番目のやつはアニメオリジナルなど、原作よりも演出強化されていた。

最後に五条がヌル女をプレイする音声のくだりもほぼ原作通りだったしね。

18禁は抑えるのか、より攻めるのかどっちやねん。

そして、五条は海夢のサイズ測定はあんなに恥ずかしがってたのに、じいちゃんにエロゲープレイしているところも見られても平気なんかい!?

家族にあんなシーン見られるなんて、男子高校生的にかなり恥ずかしいと思うのですが。

2話のメインである海夢のサイズ測定もほぼほぼ原作準拠。

バストを測る目線の動きや前屈みでフィニッシュの流れはほぼほぼ同じ。

アニメで強化されていたのは、海夢の聖域(サンクチュアリ)に五条の指が無意識で当たって声が出ちゃったシーン。

原作以上に恥ずかしがっている顔や表情を強調してきたもんだから、テレビ前の男性視聴も前屈み(あぶない!)

これはある意味で、18禁カットと見せかけて、実は増量していたよと言っても過言ではない。

また、原作ではこんだけサイズ測定しておいて、海夢のサイズ見せんのかい!?で終わってましたが、

アニメではしっかりと見せてきたのも隠れたファインプレー。

これによると、男が気になる3つのサイズはバスト86.8、ウエスト58.7、ヒップ84.8のDカップ。

さすが読モやっているだけあって、ボンキュンボンに仕上がっておりました。

そんなボンキュンボン効果もあって、2話目もTwitterで3万近くのトレンド。

配信も翌日のdアニメストアのデイリー再生数ランキングで7位、先週の週間ランキングでは4位と絶好調。

覇権に向けて着々と結果を出しています。

>>着せ恋も対象ラブコメアニメおすすめランキング

 

明日ちゃんのセーラー服 2話

明日ちゃんのセーラー服2話の感想を一言でまとめると、2話目も絶好調ーーー!!!パート2

ビスクドールに続いて明日ちゃんも。

クローバーワークスさん、土曜の夜は本気で1クール駆け抜けるつもりみたいです。

明日ちゃんも原作準拠ながら、ビスクドール以上にアニメで強化されている特徴。

まずは自己紹介からの見せそうで見えなかった身体の柔らかさアピール。

写真を切り抜いたような演出は原作通りでしたが、最後に木崎さんが指摘した時にパンツが見えてましたが、ここはバッサリカット。

明日ちゃんはお色気部分はカットして、アニメではより青春を推していくのかなと感じさせる演出。

また、原作だと一緒に給食を食べたメンバー以外は、今回はほとんど登場しなかったのですが、鷲尾さんなどの自己紹介シーンを入れてくるなど、メインテーマである同級生一人一人と友達になっていくという伏線をしっかりと張っていました。

若手から中堅どころまで、クラスメイト16人全員がなかなか気合の入ったキャスティングと、モブがいないのが明日ちゃんのセーラー服。

また、一緒に給食を返しに行ったり、遊んだりしたシーンはアニメオリジナル。

原作は冒頭に入っていた明日ちゃんの小学生時代の回想を後半に移すことにより、さらに初めて同級生の友達が出来た喜びを強化する形になってました。

そして、明日ちゃんのセーラー服はそんなキャラの表情や行動だけでは収まらないのが醍醐味。

最後走って明日ちゃんが帰っていくシーンは原作でも印象的でしたが、アニメでは桜のシーンなど、とんでもなく美術を強化してくる。

これによって、美術でもその喜びを表すかのように、鮮やかな演出となっていました。

ビスクドールが素材の良さをそのまま活かした作品なら、明日ちゃんはよりアニメならではの演出を加えてパワーアップさせた作品。

そんな明日ちゃんもビスクドールに続いて、

Twitterで大トレンドは…2話は起こせじーーー!!!

配信も翌日のdアニメストアのデイリー再生数ランキングで20位、先週の週間ランキングでは12位と苦戦。

意外と土曜の夜はビスクドールから明日ちゃんを続けて見る人が少ないんじゃあ~。

ちょっと絵柄とフェチ度で好き嫌いが分かれているのと、ビスクドールほど女性人気が高くないのが原因みたい。

でも、俺の中での今のところの覇権は明日ちゃんだぜ!

>>明日ちゃんも対象の青春アニメおすすめランキング

第7弾特集:2022年冬アニメ考察まとめ

今回の2022年冬アニメの考察をまとめると、1話のような最初のインパクトだけでは乗り切れない、2話目から人気の地力の差が出てくるよね。
ジョジョやビスクドールは変わらず好調だけど、明日ちゃんは是非とも引き離されないようにがんばって欲しいところ。

>>2022年冬アニメおすすめランキング【原作も読める】

>>アニメにお得な動画見放題サイトランキング

無料で紹介作をチェックする