あなたの心のアメトーーク!:すやまたくじです。

漫画やアニメをより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回はそんなアメトーーク!マンガ大好き芸人で紹介された漫画ランキングー!

のべ79作品♪

今回はそこにわたくしの好みもプラスして紹介します。

動画解説:【アメトーーク!マンガ大好き芸人】で紹介されたおすすめ漫画ランキング(約13分)

アメトーーク!マンガ大好き芸人で紹介されたおすすめ漫画ランキング

今回は2021年4月放送のアメトーーク!マンガ大好き芸人で紹介された漫画特集。

ケンドーコバヤシ、バカリズム、麒麟・川島、かまいたち(コンビ)、ジャングルポケット・太田、広瀬アリスがプッシュする漫画が大集合。

なんとのべ79作品も紹介されました。

さすがにこれを全部紹介するのは数が多すぎるので、その中からわたくしのイチオシ+今読んでおきたい作品10作品をランキング形式で紹介します。

ちなみに、ブログ版、または動画の概要欄で今回紹介する作品の試し読み、その他の関連動画をまとめています。

気になる方はそちらもチェックしてみてください。

>>アプリ・電子書籍のおすすめランキングへ

10位:ハコヅメ~交番女子の逆襲~:ケンコバ

ケンドーコバヤシことケンコバさんイチオシのモーニングで連載されている警察マンガ。

警察ものでありながら、劇的な事件よりもサブタイトルにあるような女性警察官の内情を描いた警察日常系。

男性顔負けの活躍を見せる子がいたり、ぜんぜん女の子扱いされない子がいたり、交番女子の赤裸々な仕事ぶりと私生活が描かれています。

ただ、ここ一番では刑事ドラマのようなシリアスなストーリーも展開され、その時は死人が出たり、警察女子以外のエピソードにもフィーチャーするかなり幅広い題材を扱う作品です。

いつもの日常とシリアスの時の緊張感のギャップが激しく、たまにハートを持って行かれそうなレベル。

累計100万部も突破しているので、そろそろ実写ドラマ化ぐらいしそう。

 

9位:ミステリと言う勿れ:麒麟・川島

麒麟・川島さんおすすめの7SEEDS作者が新たにおくる月刊フラワーズで連載されている日常系ミステリー。

事件が起こってそれを解く。

そんな王道的なミステリー展開なんですけれど、主人公や登場キャラクターが一風変わっている。

作者自身がこの作品を舞台劇を意識した閉鎖空間で主人公がひたすら喋るだけの漫画と言っているように、友達も彼女もいないクセ強な主人公がとにかく淡々と喋りまくる。

しかも、事件とは関係ない野菜についてなどのちょっとしたことや、または虐待やイジメなどの社会的なテーマまで、それらに一石投じるような発言も多いから見逃せない。

派手さはないけれど読めば読むほどクセになる。

そんなミステリーがここにあります。

 

8位:アオアシ:ケンコバ

ケンコバさんがおすすめしていたビッグコミックスピリッツで連載されているJリーグの下部組織、Jユースを舞台としたサッカー漫画。

この作品を一言で表すならリアル。

スポーツライターが監修が付くなど、サッカーの試合や戦術はもちろん、その環境まで徹底してこだわっている。

サッカー漫画の中でもトップクラスの細かいところまでのこだわり。

もちろん、リアルなだけでなくて、そこに漫画的な面白さも入れてくる。

そんなリアルとエンタメを見事に融合させて、発行部数も700万突破ということで、そろそろアニメ化を期待したいところです。

 

7位:推しの子:麒麟・川島

麒麟・川島さんがおすすめしていたヤングジャンプで連載されている推していたアイドルの子供に転生するマンガ。

産婦人科の医者である主人公の元に、推しているアイドルが妊娠してやってくる。

これだけでも驚きですが、さらにその出産を手伝っている最中に主人公はそのアイドルのファンに殺され、そしてその推しのアイドルの子として転生する。

そこから始まる芸能界を舞台とした表と裏の物語。

原作者はあのかぐや様でお馴染みの赤坂アカ先生ということで、この設定だけでも秀逸!さらに、まだまだ伏線もあるぜと。

まだ3巻しか出てませんけれど、すでに発行部数60万部突破。

 

6位:終末のワルキューレ:バカリズム

バカリズムさんがイチオシしていたのは、月刊コミックゼノンで連載されているバトルファンタジー。

6月からアニメがネットフリックスで全世界配信ということで、こちらは今チェックしておきたい作品の一つ。

神が人類滅亡を決め、それを止めるために人類代表の英雄と神様が一対一のガチコンバトル13番勝負を行う。

第一試合は三国志の呂布VS北欧の最強神トールと、中二病全開の設定となっております。

そんな厨二心が刺さりまくって、アニメ化決定、発行部数は600万部を突破。

小細工はいらない!熱い熱いバトルが見たいなら読むっきゃない。

 

5位:怪獣8号:複数

こちらは複数の芸人がおすすめしていた少年ジャンプ+で連載されているバトル漫画。

被った人数が一番多かったので、ある意味、アメトーーク!マンガ大好き芸人で一番プッシュされている漫画と言ってもいいかもしれない。

怪獣が存在する世界で、主人公はその怪獣から地球を守る防衛隊員を目指す32歳。

少年マンガの主人公が32歳ってなかなか攻めてますよね。

そんな夢を目指す主人公がある事件がキッカケで、なんと防衛隊員どころか、倒すべき相手である怪獣になってしまう。

でも、怪獣になるとチートな力が手に入り、それで怪獣を倒すことができる。

その正体を隠して、地球を守るだけでなく、防衛隊員の夢も引き続き目指しちゃうというこちらもまた攻めた展開。

結果、2巻しか出てないのに100万部突破と、ジャンプはもちろん、マンガ界の歴史に残る新連載での売上を記録しています。

 

4位:BLUE GIANT(ブルージャイアント):麒麟・川島

麒麟・川島さんがおすすめしていたビッグコミックで連載されているジャズ音楽漫画。

世界一のサックスプレーヤーを目指す主人公が、まずは日本で、そしてヨーロッパ、次にアメリカと、シリーズ重ねるごとに場所を変えながら活躍していく物語。

このマンガのすごいところは、主人公の行動力とメンタル。

才能があって毎日練習などの努力は当たり前。

それに加えて、仲間や仕事をゲットするために、ガンガン自らの足を使って探していく。

ネットやSNSが全盛のこの時代、やれば結果が出ると分かっているけれど、誰もが避けがちな泥臭いどぶ板営業を、どんなに辛いことがあってもやっていく。

しかもこの主人公、ある程度成功したら新天地に行くので、また一からどぶ板営業を、しかも日本だけじゃなくて海外でも。

才能だけじゃない、そんな誰もがやりたがらないことをやるから成功する。そんな世界に触れられます。

そんな主人公が魅せるライブが熱くならないわけがない。

 

3位:葬送のフリーレン:かまいたち山内

かまいたち山内さんがイチオシしていたのは、週刊少年サンデーで連載されているアフターファンタジー漫画。

マンガ大賞2021大賞を受賞するなど、今チェックしておきたい作品の一つであることは間違いない。

よくある勇者が世界を救うまでの物語ではなく、勇者が世界を救って死んだ後の世界を描く。だから、アフターファンタジー。

主人公はそんな勇者のパーティーにいたエルフの魔法使いフリーレン。

長く生きるエルフだから分からなかった仲間たちとの時間と思い出。

それを再び旅して取り戻していくという展開が、時にはほっこりと、時にはホロリとさせる。

激しいバトル展開とかはないですが、様々な人間ドラマがここに詰まっています。

週刊少年サンデーに新たな救世主がきたで。

 

2位:喧嘩商売&喧嘩稼業:ケンコバ

ケンコバさんがおすすめしていたヤングマガジンで連載されている格闘マンガ。

雨上がり決死隊などの芸人がモブキャラとして出ることでも有名。

こちらは今が旬とかではない、わたくしの完全に趣味丸出し。

武器の使用以外はなんでもありの格闘ものなのですが、単純な強さだけで勝負が決まらない邪道系格闘マンガ。

言葉で相手を翻弄するインサイドワークはもちろん、レフェリーにバレないように武器や毒を仕込んだり、試合の前に相手に罠を仕掛けるなんていうキャラもいる。

しかも、その一番の卑怯者が主人公という異色作。

もちろん、卑怯なだけじゃなく普通に戦っても強いので、正統派と邪道のいいとこどりで熱くさせてくるのがこの作品でございます。

 

1位:東京卍リベンジャーズ:かまいたち濱家

かまいたち濱家さんがイチオシしていた週刊少年マガジンで連載されているヤンキー×タイムリープの漫画。

現在アニメ放送中ということで、今いっちゃん熱い作品でございます。

中学の頃になんちゃってヤンキーをやっていた主人公は、ある事件をキッカケに友達からも恋人からも逃げて別の町に引っ越していた。

それから12年後、かっての恋人が死に、自分も何者かに線路から突き落とされてしまう。

死んだと思った瞬間に12年前にタイムリープ、それによって、恋人は事故でなく殺されたことを知る。

そこから恋人を救うため、タイムリープを繰り返すという物語。

見た目的にはヤンキー要素の方が目立つのですが、タイムリープなSF設定が絶妙にストーリーを盛り上げるんですよね。

それもあって、発行部数1000万部突破、スポンサーが付きづらいから無理と言われていたヤンキーものがテレビアニメ化したのでしょう。

ヤンキーものと思ってスルーしていた人は、是非ともタイムリープ要素を一度覗いて欲しい。

 

アメトーーク!マンガ大好き芸人で紹介されたおすすめ漫画ランキングまとめ

今回のランキングをまとめると、ケンコバさんと川島さんと特に漫画の趣味が合う!

>>紹介作も含むベスト漫画100ランキングへ