あなたの心の毛細血管がいっぱい詰まってるとこ:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

そんな今回のテーマは2022年冬アニメ、着せ恋&明日ちゃん8話の原作と比較した感想&考察編ー!

プール回と海回が揃った!

今週もクローバーワークス土曜の夜の1時間スペシャル、前回の着せ恋&明日ちゃん7話に続きまして、今回も原作漫画と比較しながら感想と考察を語っていきます。

無料で紹介作をチェックする

明日ちゃんのセーラー服 8話

明日ちゃんのセーラー服8話の感想を一言でまとめると、今回もアニメオリジナル満載なんですけどーーーー!!!

今期のアニメでは着せ恋のアニオリ演出がさわがれているけれど、同じクローバーワークスさん制作でも、明日ちゃんのアニメオリジナル要素はそれ以上だぜ。

今回は原作でもあったりりとの水泳対決を軸に、原作ではなかったシーンを大幅追加。

さらには、他で語られていたエピソードを形を変えて入れてきたものを。

この原作とアニオリをミックスさせる脚本&構成力は今期イチバンと言っても過言ではないでしょう。

>>明日ちゃんも対象の青春アニメおすすめランキング

 

水泳対決からのテスト

絶対に負けられない戦いが明日ちゃんにもあった。

二人の水着姿と毛細血管がたくさん詰まっているところ脇ーーー!!!が気になって仕方がない紳士たちがあふれた始まりは水泳対決から。

この入り方は原作と同じながらも、Bパートに入ってくる対決シーンと、この最初のAパート前に入ってきたシーンは、まったく同じと見せかけて、けっこう変えているという芸の細かさ。

明日ちゃんとりりが二人で意識しながらストレッチするシーンなどは中盤には入ってませんでした。

この二つを繋げて見ると、対決に入る前の二人の様子がより分かる遊び心のある演出となっています。

また、その後に入ってきたテストの結果はアニメオリジナル展開。

谷川さんの全教科満点もすごいけど、明日ちゃんも何気に484点で5位なんですけどー!?11位の木崎さんより上なんですけどー!?

あんなに走り回っているから勉強は苦手と見せかけて、原作での明日ちゃんは成績優秀で学年度唯一の奨学金制度の対象者であり、入試でも上位5位になった勉強もできる子なんやでというのをここに持ってきた。

 

水上りりと龍守逢

そして、今回の主役である水上りりと龍守逢のエピソードも大増量。

原作では体育祭の種目決めからすぐに水泳対決でしたが、アニメでは翌日に対決を移動したことで、家に帰ってからのお母さんとのやり取りなどアニオリ展開が大増量。

アニメでは原作以上に明日ちゃんとの絡みが増えたりりは、水泳で全国に出ただけあって、体育際では水泳以外にもバレーとバスケにも出場する模様。

原作ではバスケの描写はなかったのですが、アニメ版では今回の8話に前の黒板にバスケのメンバーとして名前が書かれていました。

関西弁を話しますが、関西出身なのかは詳しく明かれていませんが、アニメでは兵庫県出身の声優・石川由依さんが担当し、アニメ関西弁じゃないネイティブ?な近畿方言で対応していたので、兵庫県出身という裏設定があるのかも。

明日ちゃんとは方言でガンガン話してましたが、原作では普段の教室では静かなキャラという設定になっています。

副委員長の龍守逢は東京都出身で、兎原(うさぎはら)・谷川と同じ塾に通っていたので二人とは知り合い。

自分よりも成績優秀な谷川にライバル心を持っており、彼女に勝つために同じ学校を選んだ『もはや好きなんじゃない!?』というレベル。

黒板を見る限り、龍守さんも水泳に原作では描写がなかったバスケにも出場する模様。

また、原作では競技決めと水泳の審判をするシーン以外は見せ場がなかったですが、

アニメではりりと約束シーンからのラストの勉強会で出番大幅アップ!

りり赤点取って勉強会する流れは原作にもありましたが、ここに龍守はいなかったのですが、その追加することで原作では見れなかった二人のエモエモエモも追加された。

クローバーワークスさんのまたしても神アニオリとなっていました。

ただ、龍守さんは体育祭の後にホロリとくるメインエピソードがあるのですが、ここで出してくるということは、そこまでいかずアニメ1期は体育祭で終わるのかなとも感じさせました。

 

毛細血管がいっぱい詰まってるとこを見せる水泳対決

水泳対決に関しましてはさすがのクローバーワークス。

スポーツアニメにも負けないアクションとカメラワークを見せてくれました。

また、これ原作漫画の方でも作者がかなり研究したといっていただけあって、描き方や見せ方、角度の付け方などが秀逸になっているため、そちらも見応えありとなっています。

ちなみに、見守るメンバーの中で峠口さんだけ何してんだ?という感想がありましたが、峠口さんは原作では木崎さんやりりなどの美女に対抗心を持っているため、りり負けろー!か明日ちゃん勝てー!といった念的なモノを送っているんじゃないかなと。

そして、みんながざわついたいつもニコニコしている明日ちゃんが本気になったシーン。

いつもと違う表情と、毛細血管がいっぱい詰まってるとこ、ワキーー!!!に紳士たちはてんやわんや。

原作でも水泳対決は毛細血管がいっぱい詰まってるとこの描写に気合が入ってましたが、アニメではさらに増量。

ワキ大増量の第8話でした。

その着せ替え人形は恋をする 8話

着せ恋8話の感想を一言でまとめると、いや、最終回ーーーー!!!

8話にしてもう最終回。

今回で終わりでもおかしくないような締め方でした。

8話もほぼほぼ原作と同じ展開でありながら、随所でクローバーワークスがアニオリ演出をかましてくるのがいつも通り。

特に今回はジュジュ様と海デートが大幅強化されてました。

>>着せ恋も対象のラブコメアニメおすすめランキング

 

 

心寿のジュジュ様オリジナル写真集

始まりは心寿によるジュジュ様オリジナル写真集から。

原作では心寿が写真を撮っていることを語るだけで、実際に撮った写真を見せてなかったんですけれど、今回もクローバーワークスさんがさり気なくいい仕事をしてくる。

心寿のカメラマンとして腕と、ジュジュ様の可愛さを二つ同時にアピールしてくるダブルインパクト。

黒髪メガネの制服ジュジュ様から金髪魔法少女風のジュジュ様まで。

変身前と変身後なんでしょうか?

その後にも、ピンク髪のツインテール黒猫キャラからのプライベートジュジュ様。

さらに、Twitterでの画像ラッシュ!

ここのアニオリだけで、ジュジュ様祭りじゃあ~!!

そして、ここも元ネタありそうですが、女児アニメに詳しくないわたくしはシオンたん以外はよく分からん。

調べてみたけど、さすがに小ネタ的に一瞬だったせいか出て来なかった。

元ネタが分かる人はぜひコメントで教えてください。

 

新三郷駅の廃病院スタジオは実在する

四人が新三郷駅から向かうのは廃病院スタジオ。

コスプレを知らない者からすると、本当にそんなとこあるの?って感じですが、

いや、本当にあったーーー!?

埼玉県八潮市に元病院スタジオという名前でありました。

1時間1万7千円ちょっとからと思った以上にお高い。

というか、原作3巻のおまけページに取材に行ったことが書かれていました。

動くアニメの方ではさらに細部に渡って再現、近隣の住宅の方まで描くこだわりっぷり。

アニメでも原作でもスタッフがいなかったので、ネットで予約してその時間になったら鍵を開けてくれるシステムっぽいですね。

 

ジュジュ様の想いと心の声

ジュジュ様はお怖いのがお苦手。

これアニメだとカットされているのですが、原作だとジュジュ様の心の声、

思ってたより怖いんですけどー!?でも、一番年上だからそんなこと言えない。

そんながんばりジュジュ様の心の声が描かれています。

怖くてもブラックリリィになるためにはやめられない。

そんなジュジュ様の想いが語られている時のフラワープリンセス烈!!の映像はまたまたアニメオリジナル満載。

どんだけアニメ版はフラワープリンセス烈!!に力入れるんだよ?

ただ、前回プリキュアと同じ日曜朝8時半から9時にフラワープリンセス烈!!が放送されていることが判明しましたが、今回のは9時台に放送されていたのは単純なミスか?

それとも、プリキュアって他番組との都合やスペシャル放送などで9時台に放送することもあったということなんでしょうか?

それを再現しているんだったらネタ細かいけれど。

そして、ジュジュ様の夢と五条の夢が物理的にも精神的にも繋がって、海夢に続いてジュジュ様フラグも立つ?

男に免疫がないジュジュ様、アニメではシオンたんの電源プラグ抜きなどの演出大強化でダウン。

でも、裸見られたときは大丈夫だったのに、手を握られるのはダメなんだ。

ラッキースケベよりもピュアな展開に弱いジュジュ様ということが判明しました。

 

イケメン海夢から乙女な最終回な海夢まで

五条くん、海行こーぜ!今から!

…男前かよ!?教室の中でこんな堂々と異性を海に誘えるなんて。

海夢の顔も原作よりも男前に仕上げているし。

しかも、二人が住んでいるのは埼玉県さいたま市岩槻区っぽい。

そんでもって、今回行った海は神奈川県藤沢市にある江の島。

調べてみたら、片道3時間ぐらい、往復6時間って、いやけっこうな小旅行ーっ!?

テスト終わりにそんな小旅行に誘っちゃう海夢の行動力。

そして、そんな海夢からしらすバーガー奪っちゃう江の島のトンビのたくましさよ。

さすがに手に持ってるものを取るのは、迎撃される恐れがあるから実際にはやらないだろと思って調べてみたら、

リアルでも取ってるんですけどー!?

YouTubeに普通に動画挙がってた。

アニメのトンビも早かったけど、実際のトンビも早くて、あんなの迎撃できねえよ。

そんなイケメン海夢とトンビの笑いで終わると見せかけての再び海夢のラブコメパート発動。

イケメンから恋するギャルまで、ラブコメでもこんなにふり幅がヒロインもなかなかいないよ。

海に入った二人から写真を撮るシーンまで、最終回かよっ!?という終わり方(実際、原作3巻はここで終わるし)

ここのシーンで、人によって様々なアニメを思い浮かべたのではないでしょうか?(俺はエヴァンゲリオンを思い出したよ)

また、前半パートで心寿が思わずジュジュの写真を撮っちゃうシーンを追加したことで、海夢と心寿の好きと奇麗がつながる演出ともなりました。

 

2022年冬アニメ『着せ恋&明日ちゃん』8話考察まとめ

今回の第8話の原作との大きな違いをまとめると、明日ちゃんは龍守さんの出番が倍率ドン!
着せ恋は、トンビならぬジュジュ様の気絶シーンが倍率ドン!

>>2022年冬アニメおすすめランキング

>>アニメにお得な動画見放題サイトランキング

無料で紹介作をチェックする