あなたの心のチート系:すやまたくじです。

わたくし、ずっと勘違いしてました。

今や1クール必ず1本以上はあるチート系の異世界転生や召喚ファンタジーアニメ。

これらのジャンルを指して10代・20代向けだ!とか、子供向けとかキッズ向けとか言う人も多い。

この記事を読んでいる人の中にも若者向けと思っている人も多いのではないでしょうか?

僕もね、こういった作品は基本ライトノベルが原作で、そのラノベが10代・20代を中心に人気なのでチート系を支持している層も10代・20代なのかなと思っていたのですよ。

それを根本から覆すデータが出て来ました。

そこで提唱したい説は、

『チート系異世界転生・召喚ファンタジーアニメ、実は30代以上の方が圧倒的人気説~俺TUEEE (おれつえええ)は10代・20代のものじゃない』

となります。

ヒューマンアカデミー

動画解説:【チート系異世界転生・召喚ファンタジーアニメ実は30代以上の大人に人気説】俺TUEEE (おれつえええ)は10代・20代のものじゃない(約13分)

データから見るチート系異世界ファンタジーアニメの人気度

アニメ専門動画配信サービス『dアニメストア』では、ここ1年ぐらいずっとチート系異世界転生・召喚ファンタジーアニメが再生数ランキング上位に食い込んできています。

これだけでは詳しい年齢層は分からないのですが、アニメを見ている層は10代・20代が一番多いのでこういう結果になっているのかなと思っていたのですが、

ここがまず勘違いでしたね。

考えてみれば、自由になるお金が少ない10代の学生なら有料のdアニメストアを利用するより、

無料のアベマなどの動画配信サービスを利用しますよね。

そしてですね、dアニメストアでは各クール別に人気投票を行っていまして(ちなみにこれはdアニメストアで配信していない作品も対象内です)、こちらは再生数ランキングと違って年代別のデータを見ることができます。

それによると最新の2019年夏アニメでは、

10代に人気なベスト3は『ダンまち2期』『高木さん2期』『可愛ければ変態でも好きになってくれますか?』

20代は『ダンまち2期』『とある科学の一方通行』『高木さん2期』

と、2019夏アニメはチート系異世界転生・召喚ファンタジーが複数ありますが、

その中でも人気の『ありふれた職業で世界最強』と『異世界チート魔術師(マジシャン)』は、10代・20代ではどちらでもベスト3すら入ってないんですよね。

ダンまちは異世界ファンタジーですが、転生でも召喚でもないので今回のテーマからは対象外とします。

では、これが30代以上ではどうなのか?

30代のベスト3は『ダンまち2期』『異世界チート魔術師』『ありふれた職業で世界最強』

40代は『ダンまち2期』『異世界チート魔術師』『ありふれた職業で世界最強』と30代とまったく一緒。

50代は『ダンまち2期』『とある科学の一方通行』『ありふれた職業で世界最強』

60代は『ダンまち2期』『ありふれた職業で世界最強』『とある科学の一方通行』

と、30代と40代では『異世界チート魔術師』と『ありふれた職業で世界最強』の2つが、50代と60代ではそれぞれ『ありふれた職業で世界最強』のチート系異世界ファンタジーアニメがランクインしている。

ちなみに50代・60代の4位はどちらも『異世界チート魔術師』と、30代以上ではチート系異世界ファンタジーが強い!と。

投票数の方もですね、10代が9649票、20代が33617票、30代が25808票、40代が28455票、50代が13669票、60代が1761票と想像以上に多い。

30代・40代は20代とあまり差がないですし、50代に至っては10代よりも票数が多いですからね。

これだけ票数が多いと、投票数が少ないから起こった誤差とも考えづらい。

ちなみに、10代以下と70代もありますが、こちらは票数が極端に少なかったので今回は除外しました。

 

過去クールでもチート系異世界ファンタジーアニメが強いのか?

でも~、それは2019夏アニメがたまたまそうだっただけでしょ?

と、これだけのデータならそう思う人もいるでしょう。

ということで、過去のデータも振り返ってみました。

まずは2019年春アニメ

2019春アニメの異世界チート系といえば『賢者の孫』ですよね。

一応、異世界かるてっともありますが、こちらはミニキャラのコメディアニメなので今回は除外します。

では、賢者の孫はどうだったのか?

賢者の孫は、10代では4位、20代では3位

これが30代以上となると、

30代1位、40代1位

50代1位、60代1位のコンプリーーーーーーッ!

叩かれている印象がありましたが、30代~60代オール1位の圧倒的な数字。

次に2019年冬アニメ

2019冬アニメは純粋な異世界チート系がなく、それに一番近いのが異世界召喚ファンタジーな『盾の勇者の成り上がり

こちらはチート系ではないので参考データとして見てください。

盾の勇者の成り上がりは、10代では3位、20代では3位

これが30代以上になると、

30代1位、40代1位

50代1位、60代1位のコンプリーーーーーーッ!

またまたコンプリーーーーーーッ!

このクールでは、むしろ10代・20代にはラブコメアニメの方が人気ですね。

次に2018年秋アニメではどうでしょうか。

2018秋アニメの異世界チート系といえば『転生したらスライムだった件(転スラ)』ですよね。

異世界人外転生ファンタジーの人気もの。

転スラは、10代では3位、20代では1位、20代では初異世界チート系が1位です。

これが30代以上となると、

30代1位、40代1位

50代1位、60代1位のジャストミーーーーーート!

またまたまたコンプリーーーーーーッ!

転スラに関しては20代~60代でコンプリートですね。

 

話題の異世界チート系はどうなのか?

こうなってくると気になるのが過去に話題になった異世界チート系はどうなのか?というところですよね。

『異世界はスマートフォンとともに。(イセスマ)』『デスマーチからはじまる異世界狂想曲(デスマ)』『ナイツ&マジック(ナイツマ)』

など。

これも調べてみたのですが、ざんねんながらdアニメストアでは2018年途中までしかこういった人気投票のデータがありませんでした。

やってないのか、削除しちゃったのかは分かりませんが。

とはいえ、dアニメストアで限られた期間だけではありますが、

30代以上がほぼオールコンプリートされたら、異世界チート系がむしろ30代以上の大人の方に人気と言っても過言ではないのかな?と思います。

逆に10代では一度も1位になってないですし、10代にも人気のジャンルなのは間違いないですが、子供向け・キッズ向けというのは無理がありますからね。

また、30代以上の大人の方にこそうけていたとなると、前々から疑問に思っていたことが一つ解決するのですよね。

例えば、

転スラ・賢者の孫・デスマ・ナイツマ

これらの主人公は共通して日本にいるときは大人だったのに、異世界転生・召喚したときに若返るんですよ(転生はともかく、なんで召喚で若返るのかは謎ですがw)

転スラはスライムに転生するんですが、その後に若い人型の姿にもなれるようになる。

これらを不思議に思ったことありません?

わざわざ大人にしなくても、

10代・20代に人気があるならこのすば!とかリゼロみたいに、10代のキャラがそのまま転生や召喚されればいいんじゃないかと。

なぜか日本にいた時の記憶はあるのに、生まれ変わったかのように性格変わりますし。

なんかあれがね、異世界に行ってチートの力を手に入れて調子に乗っているように見えて、僕なんかはイラッ!とするんですけどねw

異世界に行ったときの知識やスキルを豊富にするためにとかの意見はありましたが、大人だからってあんなに誰しもが知識やスキルが豊富じゃないですからね。

というか、あれだけの知識やスキルがあるなら日本でも何かしら自分で何かできるだろと思いますしね。

なんかブラック企業に勤めているような主人公も多かったので、せめて転職するだろうと。

でも、これが30代以上に人気だったのなら納得できますよね。

大人でも感情移入しやすいための設定と考えれば。

そして、異世界転生や召喚で若返るのは人生やり直したいとか、生まれ変わりたいという願望がある人にさらに感情移入しやすいのかなと思います。

 

チート系異世界転生・召喚ファンタジーアニメ実は30代以上に人気説まとめ

キッズ向けや子供向けだから一時のブームで終わるという意見もあったけど、これだけ年代を問わず人気ならもはやバトルやラブコメなどと同じく、ジャンル確立してますね。
バトルやラブコメも見ない人は見ないですし、そういった定番ジャンルと同じ存在になったと言っても過言ではないでしょう。

>>チート系異世界も含むファンタジーアニメランキングへ

>>チート系異世界も含むファンタジー漫画おすすめランキングへ

紹介した作品も無料試し読みOK アニメ圧倒的見放題 オタク専用街コン