あなたの心の涙の降水確率100%:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

そんな今回のテーマは、今まで観た中で一番泣けるアニメー!

みんなが選んだ10選。

今回は先日クラブハウス公式『クラハアニメ部』で語った今まで観た中で一番泣けるアニメ。

その時にフォロワーさんにアンケートを取ったのですが、そこで出て来たみんなの涙の降水確率100%の10作品を紹介します。

アンケートに答えて頂いた方、ありがとうございます。

作品と共に理由が語られたものは理由込みで、作品のみだったものは、僕の泣けるポイントを付け加えて解説します。

>>アニメにおすすめな動画配信ランキングへ

動画解説:【涙の降水確率100%】今まで観た中で一番泣けるアニメ10選~みんながおすすめする感動作(約11分)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

もはや説明不要の京アニの感動名作。

今度、金曜ロードショーでゴールデンタイムに特別編集版が放送されるので、さらに国民的なアニメになるのは間違いない。

戦場で生きてきて、愛を知らないヴァイオレットが、平和になった世界で大切な人に手紙を届ける仕事に就いて、愛を知っていく。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、基本1話完結で様々な泣けるストーリーがあるのですが、

その中でも特に泣けると言われているのが、特別編集版にも収録される7話の父と娘の父娘回、ヴァイオレット・エヴァーガーデンのタイトル回収をする9話、そして10話の母と娘の母娘の話が号泣ポイントとしてよく挙げられる。

 

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

2011年の作品でありながら、こちらも未だに泣けるアニメの定番としてよく名前が挙がる感動名作。

いつも一緒に遊んでいた6人組が、その中の一人であるめんまの事故死によって疎遠に。

主人公のじんたんが高校生になった時に、そのめんまが霊的な存在として突然成長した姿で現れたことから始まるストーリー。

そんなめんまをキッカケに、疎遠だった5人が再び集まり、過去の話も混じてヒートアップしていく青春物語。

その終盤の畳み掛けはずるい!という言葉も上がるほどの泣けるポイント満載。

最終回の涙の降水確率は120%と言われるほど。

 

ドラえもん(帰ってきたドラえもん)

国民的アニメ繋がりでこんな作品も、ドラえもんを挙げる人もいました。

ここももはや説明不要。

ドラえもんもしずかちゃんとの結婚前夜とか、おばあちゃんの話とか、意外と泣けるエピソードが多い。

そんな中でもアンケートに答えてくれた人がプッシュしていたのは帰ったきたドラえもん。

ドラえもんに安心して帰ってもらうために、ジャイアンに一人で立ち向かうのび太の姿は名シーン。

ちなみに、帰ってきたドラえもんの元となった原作漫画の『さようならドラえもん』は、藤子F先生が正式な最終回として執筆したエピソードとなっています。

 

めぞん一刻

昭和の国民的アニメ繋がりで、続きましてはラブコメの原点と言われる高橋留美子の名作を。

主人公は浪人生、ヒロインは未亡人、ライバルキャラクターも登場し、7年半という長い時間の中で、最大十角関係まで広がる恋模様を全96話で描いたラブコメ大名作。

ラブコメアニメは令和の今も数多く登場していますが、未だにこんな設定のラブコメは登場していないオンリーワンな作品でもあります。

めぞん一刻も泣けるポイントはたくさんありますが、やはりなんと言っても7年半というラブコメではまず考えられない時間を使って、やっとプロポーズして二人が結ばれたシーン。

やはり長い歴史があるからこそ、そのプロポーズにホロリとくる重みがあります。

 

とらドラ!

ラブコメの原点繋がりで、次はラノベラブコメの原点と言われるとらドラを。

とらドラは、大河と竜児のコンビが送るラブコメ。

しかも、ただのラブコメではなくて、家庭環境が複雑な二人を中心とした家族問題や、ラブコメでありながら、主人公とヒロインが最初は別の人が好きで、それぞれの恋を応援するというところから物語が始まっている。

そんなとらドラの泣けるシーンとして19話の『聖夜祭』もよく挙がるのですが、女子と女子と本気で殴り合う16話の『踏み出す一歩』もよく挙がる名シーン。

ラブコメでありながら女子と女子が本気で殴り合う。

そして、それを泣ける名シーンとして挙げる人も多いというのが、とらドラが他のラブコメアニメとは一線を画す存在となっている理由の一つでしょう。

 

ウマ娘2期

ちょっと古い作品が続いたので、ここらで令和の最新作を。2021年に放送されたばかりとなっています。

ウマ娘の歴代の競走馬を擬人化し、実際のレースを元にアニメならではの演出で盛り上げる。

見た目はカワイイけれど、レース展開は熱い!ということで、競馬ファンはもちろん、競馬をよく知らないアニメ層も取り込みました。

1期の主人公スペシャルウィークとサイレンススズカから、

2期ではトウカイテイオーとメジロマックイーンに主人公が変更。

競馬ファンにはお馴染み、数々のドラマを生んだ二頭が主人公となったことで、感動ポイントは満載。

特にその中でも現実でも感動を呼んだトウカイテイオーの骨折から奇跡の復活を描いた終盤戦は神回連発となっています。

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)

続きましても新しめ。今流行りの異世界なろう系からも泣ける出てきました。

リゼロはコンビニ帰りに急に異世界に迷い込んで、王様に出迎えられたりすることもなく、無双ができるようなチート能力が手に入るわけでもない。

あるのは死んだ時に時間を巻き戻せる死に戻りというタイムリープ能力だけ。

そういった意味では、なろう系だけどよくある異世界チートものとは違う死に様のドラマで魅せるダークファンタジー。

そんなリゼロの泣けるエピソードとアンケート回答者が挙げたのは、主人公スバルの親子回。

他のなろう系ではほぼ描かれない両親とのエピソード。

また、これは幻ということで、実際の両親は未だに異世界へと消えたスバルを探しているんじゃないか?と、想像させることによって号泣する人が続出。

リゼロの神回として刻まれました。

 

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)

ここでちょっと時を戻して平成の名作を。

ガンダムUCは、ファーストガンダムから続く宇宙世紀を舞台としながらも、新たな主人公を据えながらも、ガンダムの世界観をひも解く内容にしたことで、旧作ファンはもちろん、ここからガンダムを観始める新規ファンも獲得したアニメ。

ガンダムらしい濃い群像劇を見せると共に、元々はOVA作品ということでハイクオリティなロボットアクションや映像美でも魅せまくる。

そんなガンダムUCの泣ける場面として回答者が挙げたのは、主人公バナージを助けるために軍人であるダグザが生身でモビルスーツに立ち向かって散って行くシーン。

その際に、ダグザが敬礼するシーンにやられたという意見が挙がってました。

 

Fate/stay night [Heaven’s Feel]

鬼滅の刃で国民的に名を挙げたユーフォーテーブルの名作『Fate/stay night』もやはり外せない。

魔術師が存在する世界で、手に入れた者の願いを叶えるという聖杯を巡って争う聖杯戦争を描いた物語。

それぞれの魔術師がサーヴァントと呼ばれるアーサー王やギルガメッシュといった過去の英雄を召喚し、一緒に戦うというのが最大の特徴。

鬼滅の刃が和のバトルものの頂点なら、Fateは洋のバトルものの頂点と言いたくなるような常識外れな戦闘シーンを見せてくれるのがユーフォーテーブルが制作したFateの特徴(別の会社が制作した作品はまたちょっと違うのですが)

その中でも回答者が挙げたのは、その集大成となる『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』、その中でも第2部lost butterfly(ロストバタフライ)

ロストバタフライといったらその名の通り、ヒロインである桜が堕ちるエピソード。

その桜の様に心揺さぶられて、涙腺が破壊される人が続出。

 

終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?(すかすか)

最後は終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?長えよ!というタイトルの通称すかすか。

今だと原作はなろう系かな?と思うかもしれませんが、なろう系じゃない方のラノベが原作です。

すかすかは女の子たちとのキャッキャウフフなファンタジーコメディと見せかけて、突然の突き放しを喰らわせてくるパターンのやつ。

一緒に暮らすことになった女の子たちは、黄金妖精(レプラカーン)と読む兵器で、戦いが起こると戦場に駆り出され、その内に消耗して戦死してしまう。

そんなすかすかで回答者が泣けるシーンとして挙げたのが、第1話の冒頭へと繋がる最終回のヒロインの戦い。

最終回まで見てから、この第1話を見ると、ホロリが止まらない、涙の降水確率120%といわれる名シーン。

 

みんながおすすめする泣ける感動アニメ10選まとめ

今回の泣ける感動アニメ10選をまとめると、他の人が挙げるおすすめ作だと、自分が選ぶのとまた違ったラインナップになるよね。
ちなみに、クラブハウスでも語った僕が今泣けるアニメベスト3は、ヴァイオレット・エヴァーガーデン、ガンダム0080 ポケットの中の戦争、宇宙よりも遠い場所の3つ。

>>紹介作も含む泣けるアニメおすすめランキングへ

無料OK!アニメを一番お得に見る方法

アニメ視聴ランキングでは、動画配信・テレビ・衛星放送など、すべてのサービスを実際に試して比較。

その中で一番良かったものを、メリット・デメリットも含めておすすめランキング形式で紹介。

無料から視聴OK。

アニメ以外の実写やお色気作品も見たいなど、これを見れば、あなたに一番最適な視聴方法が分かるようになっています。

>>無料OK!一番お得なアニメ視聴ランキングへ