あなたの心の天空の花嫁:すやまたくじです。

今回はそんな人気ゲームを原作としたアニメ映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の感想をネタバレなしで語りたいと思います。

また、原作ゲームと比べてどうなのか?という点も語っていきます。

ヒューマンアカデミー

動画解説:【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー】ネタバレなし映画感想とゲーム版ドラクエとの比較も(約7分)

ドラゴンクエスト ユア・ストーリーとは?

  • ジャンル:冒険、バトルファンタジー
  • 劇場公開:2019年8月2日
  • アニメーション制作:白組、ROBOT
  • キャスト:リュカ・佐藤健、ビアンカ・有村架純、フローラ・波瑠、ヘンリー・坂口健太郎、パパス:山田孝之
  • 備考:ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁が原案

ドラゴンクエスト ユア・ストーリーは、大人気RPGゲーム『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』のストーリーを原案としたフル3DCGアニメ。

原作ゲームは1992年に最初のスーパーファミコン版が発売されてから、その後もリメイクされて様々な媒体な様々な国でも発売。

累計7800万本も売れた国民的RPGゲームとなっています。

親子三代に渡って魔王を倒す壮大なストーリー、そして花嫁を自分で選ぶというエピソードがドラクエシリーズの中でもとても印象深い作品です。

>>2019年上半期アニメ映画おすすめランキングへ

>>ファンタジー系アニメおすすめランキングへ

 

入場者特典

ドラゴンクエスト ユア・ストーリーの入場者特典として、天空の勇者しか抜けない天空の剣を手に入れました。

どうやらこれはイオンシネマでしかもらえないようです。

これが抜ければあなたが天空の勇者!

わたくしも後でもこっそりチャレンジしてみようと思いますw

 

ドラゴンクエスト ユア・ストーリーのネタバレなし映画感想

では、ここからはドラゴンクエスト ユア・ストーリーの感想を、ゲーム版と比べたストーリー・演出・花嫁選びの3本立てでネタバレなしで語っていきます。

公式サイトやPVで明かされている情報に関しては触れていくのでご注意ください。

ゲーム版と比較したストーリー

『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』をベースとしたストーリーというけれど、ゲーム版と比べてストーリーはどうなんだい?

こう思ってるドラクエファンも多いんじゃないかなと思います。

あの親子三代に渡る壮大なストーリーを約2時間でまとめるわけですから。

一部分に絞ったストーリー、もしくはベースとしているだけでもはやオリジナル!という展開も考えられますしね。

結論を言いますと…(それすらネタバレになるから聞きたくないという方はここは飛ばしてください)

いいですか?

結論を言いますと、ゲーム版の最初から最後までバン!と描いております。

まさにドラクエVのストーリーですね。

もちろんね、あれだけ長いストーリーを2時間にまとめているので、ダイジェスト方式になってますし、カットされたエピソードやキャラクター、オリジナル要素も入ってきますが。

あれだけ長いストーリーをギュッとまとめたので駆け足だなとは感じますが、ヘタに一部分だけを描くよりこっちの方が僕は良かったなと思います。

ただ、オリジナル部分は賛否両論分かれそうですね~。

わたくしはこの部分は否でしたね~

なので、ストーリー全体はドラクエV感があって良かったなと思う一方、オリジナルな部分が『むむむ!』っていう感じでしたね。

 

演出

わたくしアニメは好きなんですけれど、正直ね、こういう海外アニメで主流のリアル感があるフル3DCGアニメはあんまり好きじゃないんですよね。

アニメはアニメでも別ジャンルっていう感じで。

ただ、ドラクエは元がアニメではなくゲームなので、この表現はこの表現でアリかなと感じました。

特にフル3DCGの最大のウリであるアクションがもの凄かったー!

ここは最初から期待していましたが、その期待以上に爽快感があるアクションシーンで。

劇場には親子連れが多かったのですが、親子三代に渡るストーリーを親子二代で観るといった感じで。

子供の方はたぶんドラクエの原作ゲームを知らないと思うのですが、アクションシーンに沸いている子供は多かったので、アクションに関しては原作ストーリーを知らなくても楽しめるでしょうね。

そんな冒険やアクション、そして日常シーンをあのお馴染みのオーケストラの名曲を盛り上げる。

こちらに関してもファンはもちろん、知らなくても(ゲームやってなくても曲ぐらいは聞いたことある人が多いと思いますがw)聴きごたえある音楽ばかりとなっています。

 

花嫁選び

ドラクエVといったらラスボスよりも花嫁選び!

そう言っても過言ではないんじゃないかと。

ラスボスの名前は正直忘れてましたがw、ビアンカとフローラの名前は忘れたことないからね!

このドラゴンクエスト ユア・ストーリーでもこの花嫁選びにはガッツリと時間を使っています。

ラストよりもこっちの方に力入れてるんじゃないか?というぐらいに。

スーファミ版のゲームをやったことがある人だったら分かると思うんですけど、

あれね、ビアンカしか選べなくない?

それぐらいビアンカのエピソードはいっぱいあるのに、フローラのエピソードは全然ないし別の男もいるし。

あの状況でフローラ選ぶのなかなか鬼畜だぜ?と言わんばかりの状況。

この辺、リメイク版だと少し改善されてるみたいですけれど。

ちょっとエニックスさん(今はスクウェアエニックスですけど)、公平じゃなくない?という感じでしたが、

このドラゴンクエスト ユア・ストーリーではやっとフィフティフィフティですよ!

どっちも同じぐらいエピソードがあるので、がっぷり四つの状態でどっちを選ぶんだい主人公?といった状態になっています。

さあー、主人公!

ビアンカなのかい?フローラなのかい?

それともフローラなのかい?ビアンカなのかい?

どっちっ!?

 

ドラゴンクエスト ユア・ストーリーのネタバレなし映画感想まとめ

ドラゴンクエスト ユア・ストーリーは、バトルと音楽と花嫁選びがおもしろかった作品。

>>2019年上半期アニメ映画おすすめランキングを見る

>>ファンタジー系アニメおすすめランキングを見る

紹介した作品も無料試し読みOK