あなたの心の豊作アニメすやまたくじです。

今回はネット上で飛び交う2019春アニメ不作説について。

本当に不作なのかについて分析していきます。

ヒューマンアカデミー

動画解説:2019年春アニメは不作じゃないよ、ある意味で豊作(約9分半)

2019春アニメは見る作品が少ないというけれど

2019春アニメは不作だー!

という見る作品が少ないという声に加えて、

いや、逆に豊作だー!

という声も逆にありますが、実際はどうなんだ?と。

わたくし、アニメマンガ界の名探偵が過去のデータと比較していきながら分析していきたいと思います。

 

各クール別の作品数

  • 2018年春アニメ:125
  • 2018年夏アニメ:96
  • 2018年秋アニメ:112
  • 2018年冬アニメ:84
  • 2019年春アニメ:65

この数字を見て分かる通り、2019春アニメは不作というより単純に数が少ないだけ。

ちなみに深夜アニメ以外の作品も交じっていますが、条件はみんな同じなので作品数の差に大きな違いはないでしょう。

特に去年の同じ時期の2018年春アニメと比べると約半分の作品数。

そりゃまあ、観る作品は少なくなりますよね。

作品数が少ないから不作だよ!

という意見もあるかもしれませんが、それを言っちゃうとこれからずっと不作になってしまいます。

というのも、2019年からアニメ業界の流れが変わりそうだから。

 

2019夏アニメもこの傾向が続くよ

  • 2019年夏アニメ:35(暫定)

まだ暫定ですが、2019年の夏アニメの作品数は35。

これから増えたとしても、2019春アニメと変わらないぐらいの数になると思います。

つまり、2019年はアニメの本数を絞っていくということでしょう。

前から業界やファンの間で言われていた

アニメの本数を絞って質を上げていく。

ということがついに実現していく形なのかなと。

本数を減らすことで制作側にも余裕が生まれ、ブラックな環境脱出(世間的にも働き方改革関連法も決まりましたしね)

そして、より人員と資金を集中して質のいいアニメが作りやすい環境になるということ。

では、実際に2019春アニメの質はどうなのか?

その他のクールと比較しながら検証していきたいと思います。

 

各クール別の代表的な作品

2018年春~2019春まで、話題になった代表的な10作品に絞って比較してみました。

なお、10作品の選出は円盤の売上だけでなく、話題性なども考慮しています(ギャグ系は話題になっても円盤が売れづらい、円盤が売れなくても原作漫画がドン!と売れたものもあるので)

2018春アニメ

f:id:suyamatakuji:20190506163245j:plain

 

2018夏アニメ

f:id:suyamatakuji:20190506163300j:plain

 

2018秋アニメ

f:id:suyamatakuji:20190506163323j:plain

 

2019冬アニメ

f:id:suyamatakuji:20190506163336j:plain

 

2019春アニメ

f:id:suyamatakuji:20190506163353j:plain

こうやって話題となった質のいい作品のみを比較すると、特別2019春アニメだけが不作ってわけじゃないですよね?

それは、ここには入ってない2018年冬アニメ(全作品数113)と比べれば劣りますよ。

f:id:suyamatakuji:20190506163433j:plain

など、ヒット作ばかりの黄金聖闘士ぞろいですから。

特に宇宙よりも遠い場所・ゆるキャン△・ポプテピピック、アイドリッシュセブンが強過ぎて他がちょっと霞んでますが、違うクールだったら十分覇権も狙えるヒット作ばかりですから。

ここを基準にしたら全クール不作になっちゃいます。

特別な2018年冬アニメは置いといて、その他のクールと比べて2019春アニメは決して劣らない。

ちょっとバトル系に偏っていて、逆に萌え系や百合系は弱いですが。

なので、観る作品がない、不作と言っている人は萌え系や百合系が好きな人なのかなと思います。

ただ、逆にバトル系が好きなら豊作。

豊作と言っている人はバトル好きが多いのでしょう。

また、元が劇場版のガンダムオリジンを除いても、

進撃の巨人・キャロル&チューズデイ・鬼滅の刃・さらざんまい・ウルトラマンはどれも劇場版クラスのクオリティ。

ジャンルの好みを置いておけば(僕もさらざんまいなどは全然ざんまいできませんし)、アニメのクオリティは高い。

特に2019春アニメの作品数は去年の約半分ですから。

この少ない作品数でも質のいいアニメを同じぐらい提供する。

打率で見たらある意味、2019春アニメは豊作と言えるでしょう。

 

2019春アニメ不作説まとめ

2019春アニメは不作じゃなくて単純に全体の作品数が少ないだけ。
そして、質の良いアニメの作品数は他のクールに決して劣っていない。

>>【原作試し読みOK】春アニメおすすめランキングを見る

>>神アニメおすすめランキングを見る

紹介した作品も無料試し読みOK アニメ圧倒的見放題 オタク専用街コン