アニメは1960年代の作品から2010年からは年間1500話ペースでチェックしているすやまたくじです。

軽く3000を超える作品を観たオタクならぬアニメ名探偵が選ぶ究極のベスト100。

バトルアクション・ラブコメ・日常系・ギャグコメディ・SF・ファンタジー・サスペンス・ハーレムお色気系など、ジャンルを問わず最新のものも随時取り入れながら選びました。

動画解説:【一番売れたアニメ】歴代円盤売上ランキングTOP30~VHSビデオやLDも含めて(約11分)

目次

ベスト100:神・名作アニメおすすめランキング【随時更新】

ここでは僕が今まで観た神・殿堂入りアニメのベスト100を人気ランキング形式で紹介しています。

また、被らないようにガンダムのように複数の作品があるものはシリーズとして1つに、『漫画おすすめランキング』でランクインしている作品はちょいと審査厳しめにしています(原作とアニメの内容が違うものは除く)

アニメにおすすめな動画配信サイト

いますぐアニメを観たい方へ

当サイトから登録の多い動画配信サイトは以下です(各サイトに飛びます)

【1位】dアニメストア【アニメ作品数No.1・低額】

【2位】U-NEXT【全ジャンル総合の作品数No.1】

【3位】Amazonプライム【低額で動画・音楽・雑誌読み放題】

また、原作本はBooklive!とeBookJapanなら、ほぼ全作品がPC・スマホどちらでもアプリをインストールしなくても無料試し読みOK

100位:乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

はめふらは原作ラノベと漫画版あり。

  • ジャンル:異世界転生ファンタジー、コメディ
  • 放送期間:2020年・全12話

タイトル通りの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまうアニメ。

なろう系などの男性向けラノベと違う、女性向けラノベの新たな異世界ものですね。

そんな破滅フラグ回避のために色々とやりながらも、どんどん逆ハーレムになっていく。

さらに、ハーレムの中には女の子もいることから男性からの支持も高い。

 

99位:ヤマノススメ

ヤマノススメの原作漫画。

  • 登山、アウトドア、日常、萌え
  • 1期 2013年・全12話(5分放送)、2期 2014年・全24話(15分放送)+OVA2話、3期 2018年・全13話(15分放送)、他OVA版

登山をテーマにした神アニメ。

あおい・ひなた・楓・ここなを中心とした女子学生たちのアウトドアな日常系アニメ。

萌えを感じさせる絵に反して山登りに関しては本格的。

山の楽しさや登るために必要な道具やその選び方など、登山の入門書的な内容のアニメともなっています。

 

98位:彼女、お借りします(かのかり)

彼女、お借りしますの原作漫画。

  • ラブコメ
  • 2020年・全12話

レンタル彼女(お金を払って女の子に疑似彼女になってもらってデートなどをする恋人代行サービス)から始まる真実のラブコメディ。

女の子の可愛さを主人公のクズさやサブヒロインの闇で引き立てるところが賛否両論。

が、光あるところに闇あり。

闇が深ければ深いほど光も引き立つのです。

 

97位:ハクメイとミコチ

ハクメイとミコチの原作マンガ。

  • ファンタジー、日常
  • 2018年・全12話

隠れた名作。

体長9cmのこびとと擬人化された動物と昆虫が存在するファンタジー。

ただし、動物と昆虫はそのままの姿をベースに擬人化。

そんな違った見た目で大きさも違う三者が普通に会話して共存して社会を築いているなんとも不思議な世界。

そこでは基本的に弱肉強食といったことはなし。

それぞれが助け合いながら平和的に暮らしている姿が普通のファンタジー以上の平和感を醸し出しています。

 

96位:ホリミヤ

ホリミヤの原作漫画。

  • 青春、ラブコメ、学園
  • 2021年・全13話

女子だけじゃなく、男性からも人気の高い青春ラブコメ。

特に男子は絵柄だけで判断しちゃいけない。

ラブコメ以外の日常もあるけれど、ここ一番の恋愛は非常にオシャンティー。

特にサクラとユキの回は神回と言われています。

 

95位:異種族レビュアーズ

異種族レビュアーズの原作漫画。

  • お色気、コメディ、ファンタジー
  • 2020年・全12話

本番あり!異世界のエッチなお店を回るお色気コメディ。

地上波の限界突破!

ヘンタイ紳士のみなさん、お待たせ致しました。

全国3000万人のヘンタイ紳士の夢と希望が詰まった一品。

元気になりたいのなら見ちゃいなよ!w

 

94位:銀河英雄伝説 Die Neue These

銀河英雄伝説は原作小説と複数のコミカライズ版もあり。

  • SF、スペースオペラ、架空戦記
  • 2018~2020年・全24話、、他旧OVA版と劇場版あり

人類が宇宙へと活動拠点を移した遥か未来。

銀河帝国のラインハルト・自由惑星同盟のヤン、二人の天才を中心に描く宇宙戦争を描いたSFアニメ。

昭和の大ヒットアニメを原作としていることもあり、未来が舞台ですが今ではよくあるAIやロボットといったものは登場せず、人間が戦艦や戦闘機に乗って戦うというもの。

 

93位:アクエリオン・シリーズ

アクエリオンシリーズはコミカライズ版とノベライズ版があり。

  • SFロボット
  • 2005年・全26話、EVOL 2012年・全26話、ロゴス 2015年・全26話

2005年の『創聖のアクエリオン』から始まり、2012年に『アクエリオンEVOL』、2015年に『アクエリオンロゴス』と続いている平成を代表するSFロボットアニメシリーズの一つ。

3つの戦闘機が合体する、そしてその戦闘機の組み合わせやフォーメーションによって違うタイプの巨大ロボットになるという設定が斬新でした。

さらに、合体時や必殺技時に、

気持ちいい~

といったセリフを発するのも衝撃的だった作品(笑)

 

92位:アクティヴレイド -機動強襲室第八係-

アクティヴレイドのコミカライズ版とノベライズ版。

  • 近未来SFアクション
  • 2016年・全12+12=24話(2期に分けて)

増加する凶悪犯罪に対し、世界規模で警察等の治安維持組織に対する新しい動きが加速する。これは、日本の『アクティヴ』。その活躍を描く物語である。

アクティヴレイド -機動強襲室第八係-は災害からの復興を目指す2035年の東京が舞台。

パワードスーツ『ウィルウェア』を用いた凶悪犯罪に対処すべく設立された特別公安、通称『ダイハチ』の活躍を描いた物語。

 

91位:坂本ですが?

坂本ですが?は原作マンガあり。

  • ジャンル:学園、ギャグ
  • 放送期間:2016年・全13話

クール、クーラー、クーレスト。全てがスタイリッシュ&クーレストの坂本が巻き起こす学園ギャグアニメ。

イケメンフェイス加えイケメンボイス。

なのに、それを全てクール、いやクーレストに笑いに変えてくる!

新感覚の笑いがここにあります。

 

90位:ハイスクールD×D

ハイスクールD×Dの原作ライトノベルの他に外伝、漫画版もあり。

  • 学園、ハーレム系ラブコメ、お色気、熱血バトル、ダークファンタジー
  • 2012年、2013年、2015年にそれぞれ全12話、4期 2018年・全13話

掴めおっぱい!
ハーレム王に、俺はなるッ!!

ハーレムお色気系のおすすめ神アニメ。

これはパイとオツのおっぱいドラゴンファンタジー。

第1話の冒頭で主人公がいきなり堕天使に殺される。

そんなダークファンタジーまっしぐらの展開かと思いきや、悪魔に転生した後に復讐の旅が始まるわけでなく、夢は上級悪魔になってハーレム王になることw

 

89位:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

原作ライトノベルの他にコミカライズ版もあり。

  • ダンジョン探索ファンタジー、ハーレム系ラブコメ
  • 2015年・全13話、外伝 2017年・全12話、2期 2019年・全13話、3期 2020年・全13話

圧倒的な強さで剣姫と呼ばれる『アイズ・ヴァレンシュタイン』に憧れる駆け出し冒険者『ベル・クラネル』とその仲間達との冒険譚。

外伝のソード・オラトリアではヒロインのアイズの方が主人公となります。

また、この世界では神さまがギルドを運営している点が独特。

特にベルが所属するギルドの女神:ヘスティアはその童顔巨乳とルックスと格好がけしからん存在です(笑)

冒険はダンジョン探索型、ラブコメはハーレムもの。

 

88位:放課後ていぼう日誌

放課後ていぼう日誌の原作漫画。

  • 釣り、部活、日常コメディ
  • 2020年・全12話

定番の日常コメディに釣りとスローライフをプラス。

田舎ののんびりとした空気感はのんのんびよりのような田舎系コメディと通じるところもあります。

そして、本格的に絡めた釣りは初心者にも分かりやすく、女の子たちの楽しい姿で分からなくても面白い。

見ると釣りがしたくなるアニメです。

 

87位:true tears

10周年を記念して2018年にアニメの内容を忠実に再現した小説版も登場。

  • 恋愛、青春
  • 2008年・全13話

P.A.WORKS(ピーエーワークス)の記念すべきオリジナルアニメ第1作。

ピーエーワークスといえばお仕事シリーズと恋愛シリーズ。

その恋愛シリーズの原点となるのがこのtrue tearsですね。

一応、原作はゲームですがアニメはほぼ別物。

OPなど地元を感じさせる演出や時折挿入される水彩画タッチの止め絵のシーンが印象的なシーンが多いアニメでしたね。

 

86位:賭ケグルイ

賭ケグルイは原作漫画の他に、主人公を変えたスピンオフやアンソロジー、小説版などもあり。

  • 顔芸ギャンブル、学園、心理サスペンス
  • 2017年・全12話、2期 2019年・全12話

キャラも設定もぶっ飛んだアニメ。

そういうのが一番しっくりとくる作品。

ギャンブルで人生すらも決まる学園を舞台に、見つからなければイカサマもありの心理バトルが繰り広げられる。

ギャンブルを通した心理サスペンスでありながら、強烈な顔芸や個性的なキャラクターがそんな緊張感以上に見せてくる。

 

85位:イエスタデイをうたって

イエスタデイをうたっての原作漫画。

  • ジャンル:恋愛
  • 放送期間:2020年・全12話

「愛とはなんぞや?」平成の名作マンガを令和に動画工房がアニメ化。

黒電話など、ノスタルジーを感じる古い世界観を最新技術で再現。

そして、全11巻の恋の四角関係を全12話でまとめた。

後半のヤキモキさせる畳み掛けは秀逸でした。

 

84位:宝石の国

宝石の国の原作漫画。

  • SF、ファンタジー、アクション
  • 2017年・全12話

女性人気も高いおすすめアニメ。

宝石の身体を持つ人型生物の物語

人間という生物が遥か古代にいたとう遠い未来の世界。

そこで暮らすのはダイヤやアメジストといった宝石の身体を持つ人型生物。

そんな宝石たちを狙う月人との戦いを描いています。

 

83位:ソードアート・オンライン

ソードアート・オンラインの原作ラノベ。他にマンガ版や外伝、アンソロジーもあり。

  • VRMMORPG、サイバーパンク、SF、ファンタジー、バトルアクション
  • 2012年・全25話、2期 2014年・全24話、3期 2018~2020年・全48話、ガンゲイル・オンライン 2018年・全12話

ラノベを原作とし2012年と2014年に放送された2022年の近未来のVRMMORPG(フルダイブマシンによる仮想空間を舞台とした新世代のオンラインゲーム)を舞台にした物語。

1話目から衝撃的でしたね~

作為的に進化したVRゲームに取り込まれてしまいログアウトもできない。

そこから脱出する方法はゲームをクリアすること。

ただし、ゲームで死ぬと現実世界でも死亡してしまう。

ゲームとは思えない緊張感と焦燥感をビンビンと伝わってくるような衝撃展開でした。

 

82位:ダーウィンズゲーム

ダーウィンズゲームの原作漫画。

  • デスゲームバトル、サスペンス
  • 2020年・全11話

サスペンス系デスゲーム×女性陣の可愛さで人気を集めた。

異能系バトルに常に謎を与えてくるストーリーとイベント。

そこに女の子たちの可愛さがトドメを刺してくる。

ヒロインのシュカを筆頭にレイン、劉雪蘭(リュー・シュエラン)とそれぞれのファンも多い。

 

81位:干物妹!うまるちゃん

干物妹!うまるちゃんの原作漫画。

  • 日常、ギャグ
  • 2015年・全12話+OVA2話、2期 2017年・全12話

東京都八王子市近郊を舞台に外では才色兼備、家ではグータラな妹『うまる』とその面倒を見る兄『タイヘイ』の土間兄妹を中心とした日常ギャグアニメ。

うまるという名前も女の子にしてはパンチが効いてますが、外と内では性格だけでなく見た目も大きく変わるというのがこの作品の特徴。

最初は心理描写的なものかと思いきや、デフォルメ(二等身キャラ)されたグータラモードは美少女モードを知っている友達すら気付かないレベルw

そんなうまるの兄タイヘイへの甘えからくるグータラをおもしろ可愛く描く。

 

80位:とあるシリーズ

原作ラノベとコミカライズ版、科学は原作漫画があり。

  • SF超能力ファンタジー、科学と魔術のバトルアクション
  • 2008年から複数シリーズ

『とある魔術の禁書目録(インデックス)』『とある科学の超電磁砲(レールガン)』『とある科学の一方通行』からなるシリーズ。

鎌池和馬によるラノベを原作とした禁書目録が2008年から始まり、その後にヒロインの一人:御坂美琴を主人公とするスピンオフ超電磁砲、ライバルキャラの一方通行を主役としたスピンオフをそれぞれアニメ化しています。

超能力が存在する学園都市を舞台に展開するバトルアクション。

 

79位:小林さんちのメイドラゴン

原作漫画の他にスピンオフとアンソロジーもあり。

  • 異種間交流、ファンタジー日常コメディ
  • 2017年・全13話

漫画を原作とし京都アニメーション制作で2017年冬に放映されたドラゴンと人間の交流コメディ。

異世界のドラゴン:トールが人間の小林さん家にメイドとしてやってくるというストーリー。

その他のドラゴンも人間界にやってきて巻き起こすファンタジーコメディが笑える。

さらにそこに家族愛や人間関係(ドラゴンも含む)などの心温まるエピソードなども盛り込んできます。

 

78位:がっこうぐらし!

がっこうぐらし!の原作マンガ。

  • 新日常系、サバイバル、サスペンスホラー
  • 2015年・全12話

由紀・胡桃・悠里・美紀による学園生活部の活動を描いた新日常系。

なんちゃって日常系、本当は衝撃系といった感じ。

第1話の展開にどれほどの人が絶句したことか・・・。

萌え系の絵柄で王道的な『まんがタイムきらら』系作品かと思わせておいての突然の突き放しですね。

 

77位:呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)

原作漫画。

  • 呪術バトル、ダークファンタジー
  • 2020~2021年・全24話

ハンターハンターの進化系と呼ばれるジャンプ能力系バトル。

油断してると主要キャラも容赦なくやられていく。

そんな強い世界観に加え、アニメではハイクオリティなバトルもプラス。

バトル好きならまず外れはない作品です。

 

76位:盾の勇者の成り上がり

原作ライトノベルと漫画版。

  • 異世界ファンタジー
  • 2019年・全25話

王道異世界召喚ファンタジーと見せかけて、チートどころか1話目から裏切りまくるアニメ。

まず召喚された勇者は4人。

他の3人が優遇される中、なぜか主人公の盾の勇者だけがぞんざいな扱いを受ける。

さらに女に騙されて金を奪われた上に無実の罪で王族からは迫害され、市民からは誤解されるという最悪の展開。

ここから始まるタイトル通りの盾の勇者の成り上がりですね。

 

75位:Re:CREATORS(レクリエイターズ)

漫画版と小説版もあり。

  • 創作物が現実に出て来るメタフィクション、アクション、クリエイター
  • 2017年・全22話

レクリエイターズは、ブラック・ラグーンで有名な『広江礼威』原作&キャラクター原案によるコラボレーション作品。

アニメ・マンガ・ゲーム・ネットなどの空想上のキャラクターが現実に出てくるというストーリー。

ファンタジー・騎士・巨大ロボット・魔法少女・美少女ゲームのヒロイン・ラスボス・軍服などのキャラが一堂に会するだけでテンションが上がる!

また、創作物を作り出すクリエイターの想いや葛藤なども描かれています。

 

74位:かくしごと

かくしごとの原作漫画。

  • ジャンル:ハートフルコメディ、漫画家
  • 放送期間:2020年・全12話

漫画家コメディの本編とシリアスな未来の合わせ技が絶妙。

漫画家ネタは作者自身の体験を元にしているので、そのブラックジョークもキレにキレているw

あいかわらずのコメディのノリとテンションとテンポ。

また、随所に入る未来編ではシリアスな謎要素がストーリーを盛り上げました。

 

73位:無職転生-異世界行ったら本気だす-

無職転生は原作ラノベと漫画版あり。

  • 異世界転生ファンタジー、なろう系
  • 2021年・全23話

無職の引きこもりニート男が異世界転生するいつものなろう系…と思ったら、大間違い!

そんな古参のなろう系でありながら、よくあるなろう系とは全く違うアニメがここにあります。

異世界ボーナスな才能はあるけれど、無双やチートはなく、どこまでもリアル路線。

また、心の声が前世の声優:杉田さんのままというのが、他のなろう系と違う大きな魅力です。

 

72位:プラネテス

プラネテスの原作マンガ。

  • 2070年代の宇宙生活SF
  • 2003~2004年・全26話

モーニングで連載されていた幸村誠の名作マンガを原作とし、2003年秋にサンライズ制作・谷口悟朗監督により放送されたSFアニメ。

宇宙開発で生み出されたスペースデブリ(宇宙ゴミ)の回収業者が主役となっています。

宇宙に進出した人類の生活を想像させる内容と共に、より科学が発展してより豊かになっても格差や争いがなくならない悲しさも伝えています。

 

71位:ふらいんぐうぃっち

ふらいんぐうぃっちの原作漫画。

  • 日常ファンタジー
  • 2016年・全12話

現代日本(舞台は青森)に魔女がいるという日常ファンタジーのおすすめアニメ。

魔女は公の存在ではなく秘密。

なのに、会ったばかりの人にほうきで飛ぶ姿を見せたりと何かとゆるいほのぼの系ファンタジー。

魔女の力を使って華麗に事件を解決!とか、魔女の力を狙ってくる悪者と戦うということはなし。

劇的なことは起こらない何気ない日常に魔女のファンタジーをシュールに混ぜてくる。

 

70位:プリンセスコネクト!Re:Dive

プリンセスコネクトの漫画版もあり。

  • ジャンル:ファンタジー、コメディ
  • 放送期間:2020年・全13話

スマホゲームを原作にこのすば!の金崎貴臣監督が監督とシリーズ構成も行ったファンタジーコメディ。

結果、ゲームのキャラの可愛さやほのぼの感はそのままに、キレのある笑いを追加。

原作ゲームファンはもちろん、アニメ派からも非常に高い人気を集めました。

スマホゲームをここまでうまくまとめた作品も珍しい。

 

69位:ダンベル何キロ持てる?

ダンベル何キロ持てる?の原作漫画。

  • コメディ、スポーツ(筋トレ)
  • 2019年・全12話

ナイスバルク!見るプロテイン!!JK筋トレコメディー!

見るだけでジムに行きたくなる、そんな人もいたとかいないとかw

女子高生が行う筋トレコメディ。

筋トレの知識は本格的に。

それ以外は女子高生やジム関係者などの強烈なギャグで笑わせてくる。

そして、あざといぐらいに入れてくるお色気シーンで男性陣は首ったけw

 

68位:慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~

原作ラノベとマンガ版。

  • 異世界転移ファンタジー、コメディ
  • 2019年・全12話

こんな女神見たことない!

女神なのにギャグもツッコミも顔芸もガンガンこなす。

しかも、回が進むごとにそれがどんどんひどくなっていくw

女神リスタルテにハマれば、とことん好きになれる作品。

逆にチートなのに慎重すぎる勇者の主人公は序盤は賛否両論。

けれど、最後まで見ればその勇者の印象も180度変わることも間違いない作品です。

 

67位:Angel Beats!(エンジェルビーツ)

複数のコミカライズなどがあり。

  • 学園ファンタジー、青春群像劇、ガールズバンド
  • 2010年・全13話+特別編2話

P.A.WORKS制作の死後の世界の学園を舞台にした青春ドラマ。

死後の学園という設定勝ちのアニメですね~

その設定を活かしたイベントもうまくハマっていました。

特に天使と戦う非日常と、歌とライブで天使との戦いの陽動を行う『ガールズ・デッド・モンスター(通称 :ガルデモ)』というガールズバンドのインパクトが大でした。

 

66位:花咲くいろは

アニメ版のコミカライズとスピンオフがあり。

  • 旅館、青春
  • 2011年・全26話

今の自分じゃない…もっとステキな自分になれたらいい…。

旅館を舞台(モデルは金沢市の湯涌温泉)にしたP.A.WORKSのお仕事シリーズアニメの第1弾。

東京に住んでいた主人公:松前緒花の母親が恋人との逃避行に夜逃げしたために祖母が経営する温泉旅館で働くことになるというストーリー。

温泉旅館での仕事、スタッフやお客さんとの交流が楽しめました。

 

65位:魔法少女まどか☆マギカ

複数のコミカライズやスピンオフもあり。

  • 魔法少女、ダークファンタジー、SF、新日常系、セカイ系
  • 2011年・全12話、他に劇場版と外伝あり

魔法少女アニメを普段は見ない人にこそおすすめしたい。

2011年シャフト制作・新房昭之監督による意表を突いた魔法少女もの。

普通の魔法少女ものと思わせておいての突然の突き放しっ!?

衝撃展開に視聴後は呆然とした人も多かったようで。

 

64位:生徒会役員共

生徒会役員共の原作マンガ。

  • ギャグ、ラブコメ、学園
  • 2010年・全13話、2期 2014年・全13話、他にOVA&劇場版あり

女の子がガンガンに下ネタで攻めてくるギャグにラブコメも絡めたおすすめアニメ。

男子というかむしろおっさんが言いそうなソフトな下ネタを女子高生を中心にガンガンかましてくるのがこの作品。

ギャグの8割は下ネタ。

完全に開き直ったスタイルで日常会話に普通に絡めてくる。

 

63位:アイドルマスター・シリーズ

複数のコミカライズ作品あり。

  • アイドル、青春群像劇
  • 2011年から複数シリーズ、他別物のロボットアニメもあり

原作がアイドル育成ゲームということもあり、プロデューサー目線でアイドルの駆け出しの頃からトップアイドルになるまでのサクセスストーリーとなっています。

序盤はポップな萌えアニメかと思いきや、中盤以降はグッと物語性が増して熱い!

特にここぞ!というところで挟んでくるライブシーンは絶品です。

この後に『ラブライブ!』なども出てきますが、このアイドルマスターにハマらなかったらそれらのアイドルアニメは観なかったかもしれません。

 

62位:僕だけがいない街

原作マンガ(アニメと結末などが違います)

  • ミステリー、サスペンス
  • 2016年・全12話

先が読めない展開が大人にこそおすすめしたい。

天才的に頭脳が切れる犯人をタイムリープ能力で追い詰めていく。

大人になって巻き込まれた事件がキッカケで小学校時代までタイムリープで戻るという設定もおもしろいですがそれ以上に熱いのが犯人との心理戦と頭脳戦。

タイムリープ前では主人公はもちろん、警察にも尻尾を掴ませなかった犯人をタイムリープというチート能力で追い詰めていく。

 

61位:灼眼のシャナ

原作ライトノベルの他にスピンオフやコミカライズ版もあり。

  • 燃えの異能アクションバトル、萌えのラブコメ
  • 2005~2006年・全24話、2期 2007~2008年・全24話、3期 2011~2012年・全24話

別世界から来た人を喰らう『紅世の徒』と、それらから人間を守るフレイムヘイズの異能アクションバトル。

これだけ聞くと、人知れず化物と戦う正義の味方って感じですが、主人公がシャナという小柄な少女という点が大きく違う。

小柄な少女でありながら炎を纏い抜群の強さを発揮する。

燃えと萌えを両立したアクションバトル、それが灼眼のシャナ。

 

60位:らき☆すた

らき☆すたの原作マンガ。

  • 空気系学園コメディ
  • 2007年・全24話

美水かがみの4コマ漫画を原作とし京都アニメーション制作で2007年に放映されたこなた・かがみ・つかさ・みゆきの4人の女子高生を中心に描くほのぼのまったりコメディ。

チョココロネの食べ方などとの何気ない会話が延々と続けるだけで楽しませるという空気系ジャンルを確立。

そんな単純な展開も楽しめる。

 

59位:月がきれい

  • 純文学のような中学生恋愛
  • 2017年・全12話

ラブコメじゃない恋愛ものが観たい人におすすめ。

2017年春feel.制作の純文学のようなピュアな世界観で描いた中学生恋愛物。

主要キャラが中学生ぐらいでも過激な描写が増えてきた(特に深夜帯のものでは)中では逆に目立ちましたね。

また、主人公の安曇小太郎が小説家志望で太宰治好き、さらに太宰治の名言などをよく引用するというのもその世界観を強めました。

 

58位:風が強く吹いている

原作小説の他に漫画版もあり。

  • ジャンル:スポーツ(駅伝)
  • 放送期間:2018~2019年・全23話

ほぼ陸上の素人があの箱根駅伝を目指すという青春アニメ。

前半はけっこうゆっくりとした展開。

漫画ネタやボロい寮で同居する男たちの笑いも交えたストーリーは2010年代ではなかなかなくて新鮮でしたがそこそこという印象。

が、それが2クール目に入って一気に加速。

終盤の数話は神回の連続でしたね。

 

57位:ストライクウィッチーズシリーズ

シリーズ漫画やライトノベル版。

  • メカ少女、架空戦記
  • 2008年・全12話、2期 2010年・全12話、別部隊 2016年・全12話、3期 2020年・全12話

20世紀初頭に突如登場した『ネウロイ』とそれに対抗する魔力を持つ少女『魔女(ウィッチ)』とその魔力を使って空を飛ぶ『ストライカーユニット』を装備した『機械化航空歩兵(ストライクウィッチーズ)』との戦いを描いた架空戦記物。

その独特の設定と格好から、

パンツじゃないから恥ずかしくないもん!

という名言も生み出しています(笑)

 

56位:翠星のガルガンティア

没になったアニメ2期用プロットを小説とスピンオフ漫画も。

  • SFロボット、冒険活劇
  • 2013年・全13話+OVA2話

2013年Production I.G制作の陸地のほとんどが水没した未来の地球を舞台にした物語。

そこに遥か彼方の星系で戦争に明け暮れていた主人公:レドが乗っていた人工知能搭載のロボット:チェインバーと共にやってきたことから始まります。

主人公のロボットが圧倒的で時代遅れな地球のロボットがまるで相手にならないという設定が斬新でしたね~

また、戦争に明け暮れていたレドがヒロイン:エイミーやその他の人達との交流で徐々に価値観を変えていくという姿も◎

 

55位:未来日記

未来日記の原作漫画。

  • サスペンス、ファンタジー、サバイバル
  • 2011年・全26話+OVA

怖いのが苦手な人にはおすすめできません。

神の座をかけた12人のサバイバル戦。

未来日記と呼ばれる空想が現実となり力を得る。

しかし、力を手に入れたのは主人公:雪輝(ゆきてる)一人だけでなく他に11人。

そして、現在の時空王が次の王を決めるために戦えという。

非常にサスペンス性の高い作品。

 

54位:彼方のアストラ

彼方のアストラの原作漫画。

  • SF、冒険サバイバル
  • 2019年・全12話

1クールを一気に駆け抜けたSF冒険サバイバル。

始まりはコメディなキャンプと見せかけて、そこから一気に畳み掛けてくる。

なぜこんなことが起こったのか?なぜこんな風になってしまったのか?

すべてが謎でそれが少しずつ解き明かされていくミステリー要素もあり。

さらに、一つの謎が解けたらまた新しい謎が発生する。

 

53位:NEW GAME!

NEW GAME!の原作漫画。

  • ゲーム会社の日常コメディ、萌え
  • 2016年・全12話+OVA、2期 2017年・全12話

NEW GAME!(ニューゲーム)は萌え漫画が多い『まんがタイムきらら』系アニメの一つ。

会社は女性だけ、日頃はゲーム制作やそれに関わるスタッフの日常をほのぼのとファンタジーに描きながらも時折シビアな世界も見せてくる。

このギャップが笑いだけでなく良い緊張感を生んでますね。

 

52位:サクラクエスト

コミカライズ版・外伝・アンソロジーがあり。

  • 観光、町おこし、感動ドラマ
  • 2017年・全25話

仕事・職業・業界部門の神アニメ。

2017年春P.A.WORKS制作の『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続くお仕事シリーズ第3弾。

旅館・アニメ業界と続いて第3弾は間野山という田舎町の町おこし・観光がテーマ。

由乃・しおり・真希・凛々子・早苗の5人の女性を中心に間野山を再び活気づけようとする物語。

町おこし・少子高齢化・Uターン・Iターン・若者が東京に憧れて田舎を出ていくなど、現実に行っている問題が赤裸々に登場するのが興味深い内容でした。

 

51位:リトルウィッチアカデミア

コミカライズ版。

  • 学園ファンタジー、魔法少女
  • 2017年・全25話、他劇場版

2017年冬TRIGGER制作(この前に2度映画されている)のルーナノヴァ魔法学校を舞台にしたストーリー。

そこに入学してきた魔法使いに憧れる日本人『アッコ』を中心に巻き起こる騒動。

前半はアッコを中心としたドタバタコメディ路線なのですが、2クール目から一気にギアが切り換わってストーリー性が増していく。

そして、前半戦の伏線も回収しつつ一気にヒートアップする終盤は数話はどれも神回と言われるほど。

 

50位:コードギアス

コードギアスシリーズの漫画やライトノベル。

  • ダークファンタジー、SFロボット
  • 2006~2007年・全25話、R2 2008年・全25話、他シリーズや劇場版

2006年サンライズ制作の『コードギアス 反逆のルルーシュ』から始まったシリーズ。

最大の特徴はギアスという特殊能力と主人公がアンチヒーロー(ダークヒーロー)という所ですね。

ロボットアクションや政治ドラマなども作中で入ってきますが、それ以上にアンチヒーローであるルルーシュの活躍に重きを置いている点が他の巨大ロボットと比べると異質。

主人公がロボットに乗り込み一兵士として戦うのではなく、まずは組織を作り、その組織を使って巨大な敵に挑んでいく。

 

49位:甲鉄城のカバネリ

甲鉄城のカバネリのコミカライズ版。

  • ダークファンタジー、スチームパンクアクション
  • 2016年・全12話

2016年春にWIT STUDIO制作のスタッフにガンガンに気合を入れて作ったアニメ。

その甲斐あって仕上がりはかなり良かったですね~

最初から最後まで遊び回なしの怒涛の展開!

なんだか長い映画を観ているような息もつかせぬ一気に突っ走るようなストーリーでした。

 

48位:ジョジョの奇妙な冒険シリーズ

ジョジョの奇妙な冒険シリーズの原作漫画。

  • ジャンル:バトル・アドベンチャー
  • 放送期間:1期 2012~2013年・全26話、2期 2014~2015年・全48話、3期 2016年・全39話、4期 2018~2019年・全39話

原作は1986年から続く少年ジャンプの人気漫画でありながら、王道ジャンプとは異質なバトル系アニメ。

まず1期ごとに主人公が違う(第1期は原作1部と2部を合わせているため途中で主人公が変わる)、さらに戦闘スタイルまで途中で変わる。

1期では波紋と呼ばれる気みたいなもので戦っていたのですが、それが2期からはスタンドと呼ばれる背後霊のようなもので戦うスタイルにガラリと変わるのが衝撃的でした。

 

47位:GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

原作小説の他にコミカライズ版やスピンオフもあり。

  • リアルと異世界が繋がるファンタジー
  • 2015~2016年・全24話(2クールに分けて)

A-1 Pictures制作により2015年と2016年に2クール放送されたリアルな自衛隊が異世界で活躍する物語。

銀座に突如として門(ゲート)が現れたことで異世界との交戦&交渉が進んでいくという内容。

他のバトル系アニメなんかではやられ役の戦闘機や戦車などの現実の武器が大活躍するというのが痛快ですね。

 

46位:映像研には手を出すな!

映像研には手を出すな!の原作漫画。

  • アニメ制作
  • 2020年・全12話

不思議な世界観で描くアニメ制作。

主人公たちは女子高生だけど、やっていることはプロと変わらない。

主人公たちの熱い情熱にアニメ制作の中に入るファンタジーな演出を加えて盛り上げる。

アニメのマニアックなところまで覗けるアニメです。

 

45位:寄生獣 セイの格率

原作漫画の他に、公式アンソロジーやスピンオフもあり。

  • SF、アクション
  • 2014~2015年・全24話

名作SF漫画が時を超えて神SFアニメとして帰ってきた。

岩明均さんにより月刊アフタヌーンなどで連載されていた青年マンガ『寄生獣』を原作とし、2014年にマッドハウス制作でアニメ化された作品。

人間の体に寄生し、寄生後は人間を捕食するパラサイトとの戦いや共存を描くストーリー。

 

44位:鬼滅の刃

鬼滅の刃の原作漫画

  • 時代劇、剣劇バトル、ダークファンタジー
  • 2019年・全26話

ジャンプの人気漫画をFateシリーズで有名なユーフォテーブルが制作したことで神アニメになった。

もともとあった激しい剣劇バトルと泣けるストーリー。

そこにユーフォテーブル色を混ぜたことでさらに泣ける物語へと昇華。

戦闘シーンなど、和の世界観を取り入れたシーンはまさに芸術。

そこにオリジナルの演出も加えて、泣ける話のパワーをさらに増強した。

特に19話の神回は歴史に残る話と絶賛する人も多いほど。

 

43位:マクロス・シリーズ

複数のコミカライズとノベライズなどがあり。

  • SFロボット、歌(アイドル)、三角関係の恋愛ドラマ
  • 1982年から複数シリーズ

シリーズ共通のテーマは、SFロボットアクション・歌(アイドル)・三角関係の恋愛ドラマを軸としているのが特徴ですね。

その中でも僕が特に好きでおすすめするのは、1984年に公開された第1作の劇場版『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』

ラストの歌に合わせて展開するシーンは業界屈指の名シーンです♪

 

42位:涼宮ハルヒの憂鬱

原作ライトノベルの他にコミカライズ版やスピンオフもあり。

  • 学園、SF、セカイ系
  • 2006年・全14話、2期 2009年・全28話(1期の再放送14話+新作14話)、他劇場版とスピンオフ

谷川流さんのライトノベルを原作とし2006年と2009年に京都アニメーション制作で放送された平成の話題作。

当時は旋風を起こし、京都アニメーションの名前を確固たるものにしたものコレでしょう。

退屈を嫌い問題ばかり起こす涼宮ハルヒが実は世界を揺るがす超常的な力を持っているという学園コメディにSFを絡めた内容。

が、当の本人はそれを気付かないというのがもどかしい!

 

41位:あそびあそばせ

あそびあそばせの原作漫画。

  • 美少女系ギャグコメディ、遊び、学園
  • 2018年・全12話

可愛い女の子たちの日常もの…と見せかけて本当は強烈な美少女系ギャグコメディなおすすめアニメ。

その見た目からは想像できない身体を張ったギャグの数々。

その強烈なインパクトに2018年夏をにぎわせた作品ですw

 

40位:ラブライブ!シリーズ

アニメと内容が違うコミカライズ版とノベライズ版があり。

  • アイドル、学園、青春
  • 2013~2014年・全26話、第2作 2016~2017年・全26話、第3作 2020年・全13話

評価が真っ二つに割れるアニメ。

学校で結成された架空のアイドルグループの奮闘と成長を描くメディアミックス作品群。

アニメシリーズはサンライズ制作で2013年と2014年に『ラブライブ!』が2016年と2017年に『ラブライブ!サンシャイン!!』放送。

急に歌い出す1話目の不自然な展開やポジティブでうまくいきすぎるストーリーに最初は度肝を抜かれつつも観ていくうちにクセになるw

 

39位:幼女戦記

原作ライトノベルとコミカライズ版とスピンオフ漫画もあり。

  • 異世界転生、ファンタジー戦記
  • 2017年・全12話、他劇場版

おっさんが別世界の幼女に転生するというラノベ原作のおすすめアニメ。

その転生先が魔法が存在する第一次世界大戦と第二次世界大戦が混ざったヨーロッパのような世界を舞台としたドイツっぽい国。

魔法の才能があったターニャ(転生後の名前)は軍に入隊し、そこで成果を出して悠々自適な年金生活&自分を理不尽に転生させた存在への復讐を企てる。

これは戦争のハードな展開×幼女という設定勝ち。

 

38位:魔女の旅々

原作ラノベと漫画版あり。

  • ファンタジー
  • 2020年・全12話

世界を旅する魔女の王道ファンタジーと見せかけて、鬱やグロも混ぜてくるのが油断できない作品。

基本は明るい話ながら、随所で暗い話も混ぜてくる。

そのスパイスがギャップとなって、さらに明るい話の魅力も高めています。

 

37位:痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

防振りは原作ラノベの他に漫画版もあり。

  • バトル、アクション、ギャグ、コメディ
  • 2020年・全12話

カワイイ女の子がファンタジーゲームで異常チートしまくる。

見ると癒しとそんなバカなーーーっ!?といった気持ちになる。。

斜め上の行動をしまくることでどんどんチートになっていく。

最終的に防御特化じゃ済まされない驚きを与えてくれるwそんな感じです。

 

36位:PSYCHO-PASS サイコパス

コミカライズ版あり。

  • ジャンル:近未来SFアクション、クライム・サスペンス、警察ドラマ、ディストピア群像劇
  • 2012年・全22話、2期 2014年・全11話、3期 2019年・全8話、他劇場版

近未来SF好きにはおすすめしたい作品。

実写ドラマ『踊る大捜査線』で有名な本広克行さんが総監督を務めたことでも話題になった作品。

2012年のテレビアニメを皮切りに、劇場版と複数のシリーズを展開しています。

2112年の公安局刑事課の活躍を追う物語。

人間の心理や性格などを全て数値化する『シュビラシステム』に管理された社会。

そこで起こる犯罪や自動運転車や人間の労働をサポートしてくれるロボットなど、近未来を感じさせる内容に惹き込まれました。

 

35位:ひぐらしのなく頃に

マンガ版もあります。

  • 萌えと見せかけたミステリーサスペンスホラー
  • 2006年・全26話、2期 2007年・全24話、業 2020~2021年・全24話、他OVA3作

ホラー部門の神アニメ。

同人サークル『07th Expansion』の同人ゲームを原作とし、スタジオディーン制作・今千秋監督・キャラクターデザイン坂井久太さんで2006年~2013年にかけて第5期シリーズまで製作されたシリーズ。

昭和58年の雛見沢という架空の村を舞台に起こる連続怪死・失踪事件を扱った連作式のミステリー。

女の子の絵柄なんかは萌えも感じさせる可愛い感じなのに、事件に突入していくとどんどん怖くなり、そのギャップも活きてくる!

 

34位:天元突破グレンラガン

コミカライズとスピンオフの漫画版とノベライズ版もあり。

  • 熱血SFファンタジーロボット
  • 2007年・全27話、他劇場版

こんな熱いアニメ観たことないっ!?

といった2007年ガイナックス制作の空前絶後の熱血ロボットもの!

熱いバトルに熱いストーリー、そして熱いセリフの数々に熱い涙を流した作品です(笑)

 

33位:灰と幻想のグリムガル

原作ラノベとコミカライズ版があり。

  • 異世界冒険ファンタジー、感動ドラマ
  • 2016年・全12話

十文字青によるライトノベルを原作とし2016年冬に放映された一般人が記憶を消されて異世界に転移させられてモンスターと戦うというもの。

よくある異世界転生ものと違い、主人公たちに特別な力も特殊な能力もない、心強い異世界の住人の仲間がなるわけではないというのが特徴。

そのため、ゴブリンなどの弱いモンスター一匹仕留めるのにもパーティー総掛かりで大苦戦、油断すると簡単に死んでしまうシビアな世界観。

自分も含め、普通の人を異世界で戦わせたらこんな感じなんだろうなということを想像させます。

 

32位:BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)

BLACK LAGOONの原作マンガ。

  • クライムガンアクション
  • 2006年・全24話、OVA 2010~2011年・全5巻

世界中の悪という悪が集まった場所

タイの架空の犯罪都市『ロアナプラ』を舞台に裏社会の住人の活躍を描いた作品。

激しいガンアクションを武器にときには優しくときにはハードボイルドにときには冷酷無慈悲に。

そんな正統派の裏側をゆくクライムガンアクションがブラック・ラグーン。

また、こういった作品では珍しく男よりもむしろ女の方におっかないキャラクターが多いのも特徴。

ハードな描写や社会的な問題もガンガンぶち込んでくる、その異質さが他のアニメにはなに魅力を生み出しています。

 

31位:この素晴らしい世界に祝福を!

原作ラノベやスピンオフ、コミカライズ版などがあり。

  • 異世界転生ファンタジー、コメディ
  • 2016年・全10話+OVA、2期 2017年・全10話+OVA、2019年 劇場版

笑いのための笑いによるファンタジー世界。

略称:このすばは著者:暁なつめ・イラスト:三嶋くろねによるラノベを原作に2016年と2017年に放送。

家で引き籠りニートをやっていた佐藤和真が事故で亡くなり、バカにされた腹いせに女神アクアも一緒に異世界に連れていくという話。

しかし、その女神がおバカ&ポンコツで使えず、さらに仲間になったクルセイダーとアークウィザードもポンコツと前途多難。

そんなパーティーと悪知恵が働くカズマさんが巻き起こすドタバタコメディ。

とにかく笑えます!

 

30位:ルパン三世シリーズ

ルパン三世のマンガ版。

  • ハードボイルドアクション、コメディ
  • 1971年から複数シリーズ

ハードボイルドな神アニメ。

モンキー・パンチの漫画を原作とし、1971年からテレビシリーズ・テレビスペシャル・映画・OVAと様々なメディアで展開される息が長い昭和・平成と続く名作。

怪盗アルセーヌ・ルパンの孫であるルパン三世が次元大介・石川五ヱ門・峰不二子たちと世界中で盗みを働く物語。

ハードボイルドでありながらコメディも混ぜてくる。

 

29位:かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~

かぐや様は告らせたいの原作マンガ。

  • ジャンル:新設定ラブコメ、学園、ギャグコメディ
  • 放送期間:2019年・全12話、2期 2020年・全12話

絶対に負けられない戦いが恋愛にもある。

天才たちの恋愛頭脳戦。

お互い好きだけど、自らは告白せず、いかに相手に告白させるように仕向けるか争う新感覚ラブコメ。

この設定に加え、白銀会長とかぐや様、さらに藤原書記や石上といった濃いキャラたちがさらに笑いを盛り上げる。

もちろん、笑いだけじゃなく、恋愛の方もしっかりと見せ場あり。

キャラにハマったら無限大の笑いと胸キュンをお届けしてくれます。

 

28位:ヴァイオレット・エヴァーガーデン

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの原作小説。

  • ファンタジー、群像劇、感動ドラマ
  • 2018年・全13話、劇場版 2019年と2020年

感情が分からない少女が愛を知り、自分を知る物語。

戦場しか知らなかったヴァイオレットが愛を知るために自動手記人形(オート・メモリーズ・ドール)と呼ばれる代筆屋となる。

手紙を通じ依頼者と触れ、感情というものを知っていく。

第1話ではあまり感情や表情がなかったヴァイオレットが劇的じゃないけれど確実に変わっていく様に成長を感じる。

ストーリー自体は王道的なものが多いけれど、丁寧にそして繊細に描くことで感動を与えてくれます。

 

27位:けいおん!

けいおん!の原作漫画。

  • 学園空気系、ガールズバンド
  • 2009年・全12話+番外編2話、2期 2010年・全24話+番外編3話

かきふらいの4コマ漫画を原作とし、京都アニメーション制作で2009年~2011年にかけてテレビと映画を公開。

けいおん!も何気に『まんがタイムきらら』系作品ですね。

唯(ギター&ボーカル)・澪(ベース&ボーカル)・律(ドラムス)・紬(キーボード)、途中から梓(サイドギター)を加えた5人組のガールズバンド『放課後ティータイム』の日常を描いた作品。

基本はみんなでダラダラとお茶をしながらお話するだけの空気系日常コメディ。

が、ライブなどの音楽シーンではキッチリ魅せてくる憎いやつらですw

 

26位:ダーリン・イン・ザ・フランキス

コミカライズ版。

  • ロボット、群像劇
  • 2018年・全24話

当たり前と思えることが正しいとは限らない。

人類が地上を全て移動地上要塞都市に住んでいる世界。

そこに迫る敵『叫竜』とコドモ達が『フランクス』と呼ばれる人型ロボット兵器に乗って戦う。

敵はもちろん、自分達が乗るロボットや指示を出すオトナ達の本当の正体も知らないというのに…。

謎と伏線が張り巡らせたストーリーに加え、ゼロツーをはじめとする強烈なキャラクター、さらにその見た目も操縦システムも特異なロボット。

他とは一味違うおもしろさを提供してくれる作品がダリフラです。

 

25位:攻殻機動隊シリーズ

士郎正宗の原作漫画やその他のコミカライズ版もあり。

  • 近未来SF
  • 2002~2003年・全26話、2nd 2004~2005年・全26話、他劇場版など

士郎正宗による漫画を原作とし、1995年の押井守監督による劇場版を皮切りに様々な作品が展開されているシリーズ(TVは2002年から)

近未来を舞台に電脳化・義体化(サイボーグ化)といったSF要素に加え、現代社会ともリンクする社会問題なども描かれています。

それらの問題を公安9課、俗称:攻殻機動隊のメンバーが解決していく。

リアリティのある設定やストーリー、演出などが日頃アニメを観ない層にもウケました。

 

24位:響け!ユーフォニアム

響け! ユーフォニアムの原作小説。

  • 吹奏楽、青春
  • 2015年・全13話、2期 2016年・全13話、他劇場版

武田綾乃の小説を原作とし、京都アニメーション制作で2015年からテレビアニメと映画で展開しているシリーズ。

高校の吹奏楽部をテーマとしている珍しいアニメですね。

主人公:黄前久美子が担当するのはその中でもタイトルの通りユーフォニアムという一般的にはあまり聞かない楽器と攻めてます。

レベルの高い音楽シーンと女の子を中心とする青春ドラマが魅せる。

 

23位:Re:ゼロから始める異世界生活

原作ライトノベルやスピンオフ、コミカライズ版などがあり。

  • 異世界ファンタジー
  • 2016年・全25話、2期 2020~2021年・全25話

略称:リゼロは長月達平によるラノベを原作とし2016年春に放送された日本人の高校生がいきなり異世界に召喚させられるという物語。

主人公:ナツキ・スバルは際立った特技はないが、なぜか『死に戻り』という自分の死亡と共に時間を巻き戻すという特殊能力を持っていた。

この能力で運命に抗うのですが、これが想像以上にハードな展開を見せます。

この設定をうまく使い、ハッピーエンドだけでなく数多くのバッドエンドも見せるのが脳裏に残ります。

 

22位:ガールズ&パンツァー

ガルパンは複数のコミカライズ&ノベライズあり。

  • 戦車ミリタリー、学園、オリジナルスポーツ
  • 2012~2013年・全12話+総集編2話、他劇場版とOVA

戦車ミリタリーに萌えをプラスした神アニメ。

通称:ガルパンは、2012年アクタス制作より始まった戦車道という架空のスポーツで競い合う女の子達を描いたシリーズ。

現代日本をベースとしながらも茶道などと同じポジションに戦車道があり、学園艦という船の上に学校や街がある(もちろん陸地にも街はある)独特の世界観。

また、殺伐としやすい戦車アクションをスポーツにすることでポップにし、それでいて戦車のデザインやアクションを本格的にしたギャップがハマりました。

 

21位:喰霊-零-

アニメ版のその後に繋がる原作マンガ。

  • ノンストップ退魔アクション、ホラー、感動ドラマ
  • 2008年・全12話

瀬川はじめによるマンガ『喰霊』を原作とし2008年に放映された原作の過去編。

黄泉と神楽という少女二人のダブル主人公制(原作では主人公は別)と仕掛けの連続に楽しませてもらいました。

特に第1話の手の込んだ仕掛けは当時話題になったほど(今ではその仕掛けはなくなっています)

そんな第1話が衝撃の神アニメとしても評価されています。

 

20位:フルメタル・パニック!

原作ラノベやコミカライズ版もあり。

  • SFミリタリーアクション、ロボット
  • 2002年・全24話、ふもっふ(番外編)2003年・全12話+未放映2話、TSR(2期)2005年・全13話、I.V.(3期)2018年・全12話

略称:フルメタは著者:賀東招二・イラスト:四季童子のラノベを原作としたシリーズ。

ロボットだけでなくミリタリーアクションにも力を入れているところが他の巨大ロボットものとの大きな違い。

また、シリアスな戦闘シーンと反比例するように学園シーンなどではコメディ要素が強い。

 

19位:〈物語〉シリーズ

物語シリーズの原作小説に加え、大暮維人による漫画版もあり。

  • 青春怪異、漫才のようなコメディ
  • 2009~2010年・全15話、偽物語 2012年・全11話、セカンドシーズン 2013~2014年・全28話、終物語 2015年と2017年・全20話、他劇場版やスペシャル版

2009年シャフト制作の『化物語』から始まる平成の名作シリーズ。

偽物語 ・猫物語(黒)・〈物語〉シリーズ セカンドシーズン・ 憑物語・ 終物語・傷物語・続・終物語と劇場版やテレビスペシャルも絡めて展開されています。

吸血鬼もどきの人間になったことで様々な怪異事件に巻き込まれる主人公:阿良々木 暦(あららぎ こよみ)

シリアスパートでは怪異の謎解きや時にはバトルを行い、ギャグパートではヒロイン達と漫才のようなテンポの良いトークを行うという流れ(だいたい割合は半々)

 

18位:SSSS.GRIDMAN(グリッドマン)

グリッドマンシリーズの漫画版とラノベ版があり。

  • 特撮ヒーロー、SF
  • 2018年・全12話

1990年前半に放送された円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を原作とするアニメ。

アニメ界の長らくなかった特撮をテーマとした作品でのヒット作。

ロボットアニメとはあきらかに違う特撮ならではのバトル、さらにSNS上でフィーバーした二大ヒロイン。

特撮好きはもちろん、美少女系ヒロイン好きな人にもおすすめできる作品です。

 

17位:エウレカセブン

コミカライズ版とノベライズ版があり。

  • SFロボット
  • 2005~2006年・全50話、第2作 2012年・全24話、他劇場版

2005年ボンズ制作から始まりテレビ・映画と展開しているシリーズ。

他のSFロボット物との大きな違いはLFOというロボットがサーフィンのボード(リフボード)のようなものに乗って戦うことですね。

これによって他にないロボットアクションを魅せてくれます。

また、リフボードは人間サイズのものもあり、人間もリフボードを使って空を飛べるという設定も◎

 

16位:ゆるキャン△

ゆるキャン△の原作マンガ。

  • キャンプ、旅行、グルメ、日常、学園
  • 2018年・全12話、2期 2021年

キャンプとグルメでアウトドアの魅力を伝えます。

ゆるキャン△を見てキャンプに行きたくなった人が続出。

それもそのはず、なぜならキャンプを行っているのが可愛い女の子達だから。

しっかもまったりと楽しそうに。

アウトドアのウンチク情報も交えながらキャンプの魅力を伝えてきます。

 

15位:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

マンガ版と小説版もあり。

  • 恋愛、青春、ファンタジー、感動ドラマ
  • 2011年・全11話、劇場版 2013年

ドラマ性が高いヒットアニメのパイオニア。

今ではドラマ性が高いテレビアニメはちょいちょい登場しますが、そのパイオニア的な存在があの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

仲が良かった6人組が1人の死をキッカケに疎遠に。

高校生になった時にその死んだ仲間が当時の姿のままで主人公の前に現れた。

その願いを叶えるために疎遠になった仲間再び集まって力を合わせていく。

ヒロインが幽霊というファンタジー性はありますが、それ以外はリアルベースの展開。

特にそれぞれの葛藤や感情の動きに目頭が熱くなる。

 

14位:鋼の錬金術師

鋼の錬金術師の原作マンガ。

  • ダークファンタジー、バトルアクション、感動ドラマ
  • 2003~2004年・全51話、FA 2009~2010年・全64話

荒川弘の名作マンガを原作とし2003年に放送された錬金術・賢者の石・ホムンクルスなどを軸としたダークファンタジー・バトルアクション。

鋼の錬金術師は原作が漫画のおすすめランキングでもランクインしていますが、2003年版はアニメ独自のオリジナルストーリーとなっているためこちらのランキングでもランクインしました。

というより、僕は原作マンガやそれに準拠した2009年版『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST(FA)』より2003年版の方が好き。

特に母親関連のエピソードがこっちの方がおすすめですね~

 

13位:進撃の巨人

進撃の巨人は原作マンガの他に複数のスピンオフ漫画もあり。

  • ダークファンタジー、バトルアクション
  • 2013年・全25話、2期 2017年・全12話、3期 全22話、4期 2020年

巨人と人類の戦いを描くダークファンタジー。

超絶バトルに加えて、世界の謎が詰まりまくり。

先の読めないストーリーと人間ドラマがバトルをさらに盛り上げてくる。

 

12位:俺の妹がこんなに可愛いわけがない

俺妹は原作ラノベとコミカライズ版とスピンオフ漫画があり。

  • ホームドラマ、ラブコメ、オタク
  • 2010~2011年・全15話、2012年・全13話(1期の別バージョン)、2期 2013年・全16話

ラブコメ系のおすすめ神アニメ。

略称:俺妹(おれいも)は、著者:伏見つかさ・イラスト:かんざきひろによるライトノベルを原作とし2010年~2013年にかけて数度アニメ化されました。

勉強・スポーツ・ルックス(読者モデルもしている)と優秀な妹が実は極度なオタクだった!

その秘密を知ることでずっと仲が悪かった状態が改善し、ホームドラマや家族愛、その他のヒロインも絡めたラブコメに発展していく物語。

 

11位:ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘の漫画版。

  • 萌え擬人化、競馬、学園、アイドル
  • 2018年・全13話、2期 2021年

ウマ娘とは、スペシャルウィーク・サイレンススズカ・トウカイテイオー・ナリタブライアン・オグリキャップ・エルコンドルパサー・グラスワンダーなど、歴代の名馬の名前と魂を受け継いだ女の子達。

時速70kmを超える驚異的な走力と馬の耳と尻尾以外は普通の女の子。

競馬+アイドル

そんなテーマを感じる作品です。

 

10位:SHIROBAKO(シロバコ)

  • アニメ業界群像劇、感動ドラマ
  • 2014年・全24話+OVA2話

2014年P.A.WORKS制作の『花咲くいろは』に続く働く女の子シリーズの第2弾(第3弾はサクラクエスト)

宮森あおい(制作進行)・安原絵麻(アニメーター)・坂木しずか(声優)・藤堂美沙(3Dクリエイター)・今井みどり(脚本家志望)の5人の女の子を中心に描く業界群像劇。

好きな業界なのでそれぞれの役職の人がこんな風に働いているんだ!といった感じでテンション上がりました。

万策尽きたー!!など、本気でせめぎ合うギリギリの仕事現場だからこそ巻き起こる心の叫びや悲鳴など、特に大人におすすめしたいお仕事系神アニメですね。

 

9位:四月は君の嘘

四月は君の嘘の原作漫画。

  • 音楽、青春、恋愛
  • 2014~2015年・全22話+OAD

音楽・恋愛どちらも神レベルのおすすめアニメ。

月刊少年マガジン連載の新川直司による漫画を原作とし2014年秋に放映された中学生のピアニストとヴァイオリニストの音楽と恋愛を描いた青春ストーリー。

これは音楽シーンが超絶でしたね~

 

8位:ゾンビランドサガ

ゾンビランドサガの漫画版。

  • ゾンビ、コメディ、アイドル、音楽、ご当地(佐賀県)
  • 2018年・全12話

始まる前はここまで面白くなるとは一切思わなかったアニメ!

ゾンビでギャグとB級感たっぷりでしたからw

それが1話から突き抜けた展開で笑いを放り込んできた。

そのままギャグアニメとして突っ走るのかと思ったらアイドル・親子・ヤンキーなど、青春や感動まで怒涛の展開で見せてくれる。

結果、揺れる揺れる感情の波。

泣いて笑って謎を考察して非常に忙しかったアニメですね。

 

7位:Fate・シリーズ

複数のコミカライズとスピンオフ漫画があり。

  • 英雄による伝奇バトル
  • 2006年・全24話、Zero 2011~2012年・全25話、UBW 2014~2015年・全26話、他劇場版と複数シリーズ

TYPE-MOONのゲームを原作とし2006年の『Fate/stay night』から続くシリーズ。

アーサー王やヘラクレスなどの過去の英雄たちが魔術師たちにサーヴァント(英霊)として召喚され、何でも願いを叶えてくれる聖杯をかけて戦うというストーリー。

アーサー王・ギルガメッシュ・ヘラクレス・佐々木小次郎・シェイクスピアなど、世界各地の実在する英雄や神話の存在が集結してバトルする展開が熱い

また、このバトルシーンのアクションや作画のクオリティも神クラス。

 

6位:STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)

複数のコミカライズ・ノベライズ・アンソロジーがあり。

  • SF、科学アドベンチャー、セカイ系
  • 2011年・全24話+スペシャル、ゼロ 2018年・全23話、他劇場版

秋葉原を拠点とする未来ガジェット研究所がひょんなことからタイムリープマシンを完成してしまい、これが原因で秘密の組織に命を狙われることになってしまう。

この運命の流れを変えるためにタイムリープを行うというストーリー。

このSF展開にも惹きこまれるのですが、それ以外にも主人公の岡部倫太郎を筆頭に変人ばかりの登場キャラクターがナイス。

前半ではパンチが効いたキャラクター達の掛け合いを中心に展開されるのですが、この笑いがヘタなコメディアニメよりもかなり面白い!

しかも、前半パートはこの笑いだけでなく後半へと繋がる伏線がたくさん張られています。

 

5位:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

原作ライトノベルとアニメベース『妄言録』と原作ベース『@comic』の2種類のコミカライズがあり。

  • 残念系学園ラブコメ
  • 2013年・全13話、2期 2015年・全13話、3期 2020年・全12話

略称:俺ガイルは渡航によるライトノベルを原作としたアニメ。

ひねくれ主人公:比企谷八幡やひねくれヒロイン:雪ノ下雪乃を中心にトークで笑わせてくれるのが魅力。

ときにはブラックジョークも織り交ぜたピリリッ!と辛い会話を巻き起こします。

 

4位:エヴァンゲリオン

漫画版やスピンオフもあり。

  • SFロボット
  • 1995~1996年・全26話、旧劇場版 1997年、新劇場版 2007年~

1995年GAINAX制作の『新世紀エヴァンゲリオン』から始まり旧劇場版、2007年からは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版(リメイク)』も公開されているシリーズ。

大災害『セカンドインパクト』が起きた世界を舞台に謎の敵『使徒』とそれに対抗する巨大汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗る14歳の少年少女たちの戦いを描いた作品。

他の巨大ロボットとは違うエヴァンゲリオン(そもそもロボではないですが)の見た目と動きにまず心を奪われ、濃すぎるストーリーにもう夢中となったアニメ!

 

3位:ガンダム・シリーズ

  • SFロボット
  • 1979年から複数シリーズ

1979年日本サンライズ制作・富野由悠季監督による第一作から続く昭和と平成を代表する名作SFロボットシリーズ。

個別にするとこれだけで10作品ぐらいはこのおすすめランキングにランクインするぐらい好きな作品ですね(笑)

これがキッカケで今回は複数出ているものはシリーズごとにしました。

モビルスーツというリアリティがあるロボット兵器によるバトルと人間ドラマ、独特のストーリーにシリーズごとのファンも多い。

僕が特に好きなのは、『第1作とそのリメイクで前日譚のTHE ORIGIN』『Zガンダム』『0080 ポケットの中の戦争』『0083 STARDUST MEMORY』が熱い。

 

2位:宇宙よりも遠い場所

アニメとは違う報瀬(しらせ)視点で描かれたコミック版もあり。

  • 青春、冒険
  • 2018年・全13話

全話がクライマックス

どんな名作でもだいたいある息抜き回。

それがないのが宇宙よりも遠い場所の凄い所。

南極を目指す女子高生の物語とどちらかというとゆるい展開だと思っていたけれど良い意味で予想を裏切られました。

目指す場所も南極という非日常なだけにもう少しファンタジーな展開と思いきやリアルベース(実際に南極には一般人でも行く方法がある)

青春物語が早い段階でピークに達し、それからさらに毎回最終回のような畳み掛け。

1クールアニメの集大成のような作品です。

 

1位:カウボーイビバップ

  • SF、スペースオペラ、ハードボイルドアクション
  • 1998~1999年・全26話+総集編

あんた自分の値段知ってるか?
たったの250万ウーロンだぜ。
安い男だな

1998年サンライズ制作のスパイク・ジェット・フェイ・エドの4人組を中心とするSFスペースオペラ・ハードボイルドアクション。

特にスパイクとジェットがメインで絡むハードボイルドな展開とセリフ回しが好き。

ハードボイルド好きのボクの中では、長くランキング1位に君臨する絶対的な存在の神アニメ。

 

アニメおすすめランキングベスト100ひとこと感想

なんだかんだで新しく活きがいい作品がどんどん入れ替わってくる。