ガーリー・エアフォース×荒野のコトブキ飛行隊=戦闘機美少女アニメをもっと楽しむ方法

アニメの掛け算は無限大:すやまたくじです。

日頃アニメを視聴するときは複数の作品を掛け合わせて楽しんだりすることもあります。

今回は同じ戦闘機と美少女を軸とする『ガーリー・エアフォース』『荒野のコトブキ飛行隊』を掛け合わせて楽しむ方法について語りたいと思います。

同じテーマでありながら、この二作品まったく正反対。

比較しながらその違いと二つを合わせた見どころを解説します。

スポンサードリンク

動画解説:ガーリー・エアフォース×荒野のコトブキ飛行隊=戦闘機美少女アニメの更なる楽しみ方テイクオフ(約9分)

ガーリー・エアフォースとは?

  • ジャンル:SF、架空戦記、ラブコメ
  • 放送期間:2019年・全12話
  • アニメーション制作:サテライト
  • キャスト:鳴谷慧・逢坂良太、グリペン・森嶋優花、イーグル・大和田仁美、ファントム・井澤詩織、宋明華・Lynn
  • 原作:ライトノベル

美少女×戦闘機ストーリー

ガーリー・エアフォースはライトノベルを原作とする2010年代を舞台に謎の敵『ザイ』と戦うために生み出された少女の姿をした兵器『アニマ』を中心に描く物語。

f:id:suyamatakuji:20190226172710j:plain

謎の飛翔体『ザイ』によって人類は滅亡危機。

それに対抗するため、グリペン・イーグル・ファントムといった実在する戦闘機をSF仕様に変えているのがガーリー・エアフォースの特徴ですね(少女たちがその戦闘機に乗り込んで操縦する)

>>【原作試し読みOK】戦記系アニメおすすめランキングを見る

 

荒野のコトブキ飛行隊とは?

  • ジャンル:ファンタジー、航空アクション
  • 放送期間:2019年・全12話
  • アニメーション制作:GEMBA
  • キャスト:キリエ・鈴代紗弓、エンマ・幸村恵理、ケイト・仲谷明香、レオナ・瀬戸麻沙美、ザラ・山村響
  • 備考:同じ水島努監督作品『SHIROBAKO』に出て来る劇中作『第三飛行少女隊』と設定が近い

空戦が日常。

凄腕の美少女チームが繰り広げる本格空戦オリジナルアニメ。

西部劇を感じさせる広大な荒野が広がる架空の世界『イジツ』を舞台にしたコトブキ飛行隊と呼ばれる用心棒の活躍を描く。

世界観は20世紀中期ごろに似た形で、コトブキ飛行隊が乗る隼の他に零戦や紫電など、第二次世界大戦の頃の日本の戦闘機が数多く出てくるのが特徴。

また、浮世絵や日本語が出てくるなど、随所で日本を感じさせる演出も入ってきます。

>>アクション系アニメおすすめランキングを見る

 

美少女の魅せ方が正反対

同じ美少女が戦闘機に乗って戦うのがコンセプトとなる両作品ですが、その見せ方は全く違う。

f:id:suyamatakuji:20190226172645j:plain

ガーリー・エアフォースは男主人公が別に存在し、アニマとなる少女たちはヒロインとしての立ち位置。

ラブコメ的な展開があったり、悩む女の子たちを主人公が励ましたりと、ライトノベルのアニメ化が一気に増えた2000年代以降に多くなったヒロインタイプですね(2000年以前だとまた違う)

f:id:suyamatakuji:20190226173015j:plain

ガーリー・エアフォースもラノベが原作ですしね。

f:id:suyamatakuji:20190226172437j:plain

一方、荒野のコトブキ飛行隊は男主人公不在でコトブキ飛行隊の女の子6人が主役。

性格もヒロイン的ではなく主人公的。

町で喧嘩をおっぱじめたり、空であった因縁の相手にいきなり機銃をぶっ放したりと西部劇に出てくる荒くれ者のようw

f:id:suyamatakuji:20190226172958j:plain

また、昭和の頃によくいた血気盛んな男主人公も彷彿とさせますね。

男女平等が叫ばれている昨今、男らしいとか女らしいとかは古い!

そういったメッセージがもしかしたら込められているのかもしれませんね。

同じ美少女を軸しながらも、まったく正反対の性格をしている両作品を比較しながら楽しむのも乙なもの。

 

全く違う戦闘機

f:id:suyamatakuji:20190226172939j:plain

荒野のコトブキ飛行隊はプロペラ戦闘機でガーリー・エアフォースはジェット戦闘機。

同じ戦闘機でも種類が違います。

とはいえ、ミリタリー好きでもなければこの辺は詳しく分かりませんよね。

プロペラ戦闘機は前にその名の通りプロペラが付いたもの。

第1次世界大戦や第二次世界大戦に主に活躍したもので、劇場アニメ『紅の豚』で主人公たちが乗っているのもこのタイプ。

ジェット戦闘機は第二次世界大戦以降に本格導入されたもので、現在の戦闘機がこのタイプですね。

ちなみに、ガーリー・エアフォースで出てくる主力3機グリペン(運用開始1996年)・イーグル(1981年)・ファントム(1960年)はジェット戦闘機の中では旧式となります。

プロペラ戦闘機とジェット戦闘機の大きな違いはスピードと戦い方。

f:id:suyamatakuji:20190226173046j:plain

コトブキ飛行隊の隼が最高速度500km/hなのに対し、

f:id:suyamatakuji:20190226164715j:plain

グリペンはマッハ2.0(マッハ1が1200km/h)

約5倍と単純に両者が戦った勝負にならないレベル。

f:id:suyamatakuji:20190226173222j:plain

さらに、ガーリー・エアフォースはアニマが登場することで人間では耐えられない加速度を出したり、ありえない軌道を描いたりSF要素も入ってくるのでその差はもっと大きい。

見やすくしているアニメでは伝わらない部分もありますが、実際は物凄いスピード差がある両者となっています。

また、プロペラ戦闘機とジェット戦闘機は武装も大きく違います。

プロペラ戦闘機が一部の例外を除き機銃と爆弾のみなのに対し、ジェット戦闘機はそこにミサイルやステルス機能などの電子武装が加わることもある。

コトブキ飛行隊のメンバーは一人で何機も撃墜している猛者揃いですが、これは実際に大戦中にエースと呼ばれるパイロットが実践していたことですね。

f:id:suyamatakuji:20190226173113j:plain

不安定な空中で手動で機銃を打って敵機を打ち落とす。

これは想像するだけでもかなり難しいのが分かると思います。

パイロットの技量がモノをいう。

だからこそ、一人で何機も撃墜するなどの実力差が生まれるのでしょう。

ただし、プロペラ戦闘機の頃の乗り心地は今とは比べ物にならないほど劣悪で、屈強な男が乗っても激しく体力を奪われるほど。

f:id:suyamatakuji:20190226173125j:plain

コトブキ飛行隊の少女たちが鼻歌まじりで平気で長距離飛行などを行ったりするのはファンタジーな演出ですねw

f:id:suyamatakuji:20190226173142j:plain

一方、ジェット戦闘機には一度ロックオンすると自動で敵を追尾してくれるミサイルという強力な武器がある。

武装が大幅にパワーアップしたため、よっぽど性能差がない限りはプロペラ戦闘機のように一人で何機も撃墜するのは現実ではかなり難しいでしょう。

ミサイルを防ぐための武装もありますが数に限りがありますし、そもそもミサイルにも数に限ります。

f:id:suyamatakuji:20190226173241j:plain

SF的な設定を加えたガーリー・エアフォースのアニマは1機で何機も堕としたりしていますが、そのアニマにも、この残弾制限はありますからね。

さらに、ここにステルスや電子戦なども加わる。

同じ戦闘機でもまったく武装も戦闘方法も違う。

両方を見ることでこの違いを一気に楽しむこともできます。

 

ガーリー・エアフォース×荒野のコトブキ飛行隊のまとめ

同じ戦闘機×美少女でも中身はまったく違う。
そして、二つを見ることでその違いを楽しむことができます。

>>【原作試し読みOK】戦記系アニメおすすめランキングへ

>>アクション系アニメおすすめランキングへ

>>二作品を好きな動画配信サービスでチェック

スポンサードリンク
U-NEXT