男にも女にもなれる中性恋愛漫画『性別「モナリザ」の君へ。』もしあなたに性別がなかったら

幼馴染の三角関係にまだこんな形があったとはっ!?と衝撃を受けたすやまたくじです。

今回はそんな中性主人公の恋愛漫画『性別「モナリザ」の君へ。』の感想レビュー評価・考察を。

スポンサードリンク

動画解説:男にも女にもなれる中性恋愛漫画『性別「モナリザ」の君へ。』(約7分半)

性別「モナリザ」の君へ。とは?

f:id:suyamatakuji:20181201105343j:plain

  • ジャンル:恋愛、学園、ファンタジー
  • 作者:吉村旋
  • 掲載サイト:ガンガンONLINE
  • 連載期間:2018年~

この世界で人間は12歳を迎える頃、自分がなりたい性へと次第に身体が変化していき、14歳になる頃には男性か女性へと姿を変えてゆく。

でも自分だけは性別がないまま、18度目の春を迎えた…。

これは中性主人公が男女の幼馴染から告白されたことで動き出すラブストーリー。

ちなみにタイトルのモナリザはあの有名なダ・ヴィンチの絵から。

ダ・ヴィンチはモナリザに『両性具有』の美を込めたのでは?と言われており、作品の中でもその解説や中性主人公と重ねた描写がいくつか登場します。

また、白黒マンガでは珍しく、ブルーにだけ色を付けているのも特徴的な作品ですね。

>>【試し読みOK】恋愛・ラブコメ漫画おすすめランキングへ

>>2010年代漫画おすすめランキングへ

>>性別「モナリザ」の君へ。を好きな電子書籍ストアで無料試し読みする

 

主人公は性別がない中性

f:id:suyamatakuji:20181201105404j:plain

自分だけは今年もまた何も変わることなく

男でも女でもない18度目の春を迎えた

この世界においてヒトは幼少期を性別のない身体のまま過ごす。

そして、12歳を迎える頃、自分自身の気持ちに合わせて次第に身体が男か女になる。

そんな世界で主人公のひなせは男女どちらにもなれずに18歳となります。

中性のひなせをバカにせず、それでも昔と変わらず仲良くしてくれるりつとしおりの幼馴染二人。

その二人から告白されたことでひなせの恋と身体の変化が始まる。

ちなみにこの世界では幼少時は全員が中性として過ごすためか、名前は男女どちらでも使えるキャラが多くなっています。

 

性別「モナリザ」の君へ。の独自評価・考察【ネタバレ注意】

ここからは性別「モナリザ」の君へ。の魅力を三つに絞って紹介。

その三つに注目して感想・評価・考察を語っていきます。

記事を書いている2018年12月時点ではまだ1巻しか出ておらず、さらに1巻には物語で重要なキーワードが多く含まれているためネタバレにご注意ください。

ネタバレを見ずに1巻を読みたい方はここでストップを。

まだまだ重要なキーワードを知ってからじゃないと判断できませんな~という人は先にお進みくださいw

 

男と女から告白される。新しい形の幼馴染三角関係

f:id:suyamatakuji:20181201105453j:plain

私がひなせを男にする!

だから…私と付き合って欲しい…ですっ

物語の序盤でいきなり女の子の幼馴染:りつから告白される。

てっきりりつはもう一人の幼馴染:しおりが好きだとばかり思っていたのに。

りつはそんな勘違いを払拭するため、また性別がないことに悩んでいるひなせに思い切って私が男にすると。

そんなりつの突然の告白に戸惑っているひなせに間髪入れずに、

f:id:suyamatakuji:20181201105544j:plain

好きだよひなせ

俺がお前を女にする

男の幼馴染:しおりが告白してくる。

俺がひなせを女にすると。

結果、ひなせは同日に男女それぞれの幼馴染から告白されることとなります。

よくある幼馴染の三角でありながらライバルの性別が違う

この手があったかっ!?

と衝撃を受けた新しい形の幼馴染三角関係恋愛ストーリーですね。

 

気持ちだけでなく身体も反応する恋愛

f:id:suyamatakuji:20181201105630j:plain

告白の返事はお前の身体が決める

いいだろ?

告白の返事は身体が決める。

二人に告白された後に病院で検査した結果、今まで全く増えなかった男性・女性ホルモンの数値がどちらも上昇。

男性ホルモンが一定値を超えたら男性に、女性ホルモンが一定値を超えたら女性になるという具合ですね。

そして、この数値に差が付いている点もクセモノ。

りつに魅力を感じたらより男性ホルモンが上がり、しおりに魅力を感じたらより女性ホルモンが上がる。

つまり、ひなせの気持ちは身体を通して丸見えというわけです。

恋愛漫画では相手の気持ちはもちろん、自分の気持ちすらよく分からないといった描写も多い。

それが身体を通して筒抜けというのは斬新だなと思うと同時に、もしも自分だったら、

恥ずかしいー!

という気分でいっぱいになりそう(笑)

三角関係の決着は身体が決める。

幼馴染二人の自分が男にする・女にするといった告白はやらしい意味ではなく、そのままの意味ってわけですねw

 

時間制限という爆弾を抱えている

f:id:suyamatakuji:20181201105649j:plain

ただひとつ言えることは

無性別の身体のまま

20歳を超えて生きたものは

未だに存在しない。

りつとしおりとどちらも付き合わないという選択肢はない。

正しくはそれではひなせの人生の先がないということですね。

12歳になっても身体が男にも女にも変化しない中性はひなせだけではありません。

ただ、その全員が20歳までに亡くなっている。

つまり、現在18歳のひなせは長くても2年以内(ただし、もっと前に亡くなる場合もある)に身体を変化させないと死んでしまうというタイムリミット付き。

これが恋愛ストーリーをより盛り上げていますね。

ちなみに身体が変化しない一番の理由として考えられているのは性の欲求が低いこと。

りつかしおりを異性として意識することが中性を抜け出すための条件。

恋だけでなく命も懸かった物語です。

 

性別「モナリザ」の君へ。の感想・評価・考察まとめ

性別「モナリザ」の君へ。は今までにない男女の恋愛と命というタイムリミットで緊張感が増す漫画。

>>【試し読みOK】恋愛・ラブコメ系漫画おすすめランキングへ

>>2010年代おすすめマンガランキングへ

>>性別「モナリザ」の君へ。を好きな電子書籍ストアで試し読みする

スポンサードリンク
U-NEXT