すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

アニメ・マンガのブロガー&ユーチューバー

漫画化『化物語』の魅力をアニメ版と比較しながら紹介

f:id:suyamatakuji:20190202171625j:plain

いつでもヒロイン募集中、イジリーすやまです。

今回はそんなヒロインとのコメディなやり取りや怪異とのシリアスが面白いマンガ版『化物語』をアニメ版と比較しながら紹介していきます。

動画解説:漫画化【化物語】をアニメ版と比較しながら魅力を紹介(約6分)

化物語とは?

f:id:suyamatakuji:20190202171654p:plain

  • ジャンル:青春怪異、漫才のようなコメディ
  • 作者:原作・西尾維新、漫画・大暮維人
  • 掲載誌:週刊少年マガジン
  • 連載期間:2018年~
  • 〈物語〉シリーズという小説が原作でアニメ化もされた

化物語とは2006年から刊行された西尾維新による小説『〈物語〉シリーズ』の第1弾

f:id:suyamatakuji:20190202171741j:plain

物語シリーズは1巻・2巻と巻数が増えるのではなく、化物語・傷物語・偽物語といった風にタイトルが変わっていくシステムですね。

f:id:suyamatakuji:20190202171806j:plain

2009年の化物語から始まり、複数のシリーズがアニメ化されています。

で、今回はその漫画版をアニメ版と比較しながら魅力を紹介していきます。

ちなみに僕は原作小説はサラッとしか読んでことがないため、今回は原作小説には触れてない形となります。

>>【試し読みOK】化物語を含む2010年代マンガおすすめランキングへ

>>アニメ版物語シリーズを含む歴代ベスト版おすすめランキングへ

>>化物語を好きな電子書籍ストアで無料試し読みする

 

芸術的美少女を描く大暮維人が漫画化を担当

漫画版の一番の特徴はマンガ家界のビッグネーム『大暮維人(おおぐれいと)』が担当していること。

大暮維人と言えば、『エア・ギア』

f:id:suyamatakuji:20190202171840p:plain

『天上天下』

f:id:suyamatakuji:20190202171853p:plain

といったヒット作を生み出した人気漫画家。

ラノベや小説のコミカライズ化といえば、これからといった漫画家が担当する作品が多い中、これだけでのビッグネームが担当しているだけでも化物語の気合の入れ方が分かる。

伝奇SFだった『天上天下』など、大暮維人の絵や作品の世界観は化物語とも相性がいいのですよね~。

さらに大暮維人と言えば、漫画家の中でもイカした絵と魅力的なヒロインを描くことでも有名。

アニメ版でも魅力的な戦場ヶ原ひたぎ(せんじょうがはらひだぎ)

f:id:suyamatakuji:20190202171933j:plain

羽川翼

f:id:suyamatakuji:20190202171945j:plain

八九寺真宵(はちくじまよい)

f:id:suyamatakuji:20190202171955j:plain

といったヒロインがマンガ版ではまた違った魅力を放っています。

 

大暮維人の絵によってお色気度アップ!

大暮維人と言えばお色気!お色気と言えば大暮維人!w

マンガ好きの間ではそんな言葉もあったりなかったり。

魅力的な美少女を出す上に、隙あらばお色気シーンを入れてくるのがその理由ですね。

この辺は『エア・ギア』や

f:id:suyamatakuji:20190202172050p:plain

『天上天下』

f:id:suyamatakuji:20190202172107p:plain

を読んでもらえば分かりやすい。

また、もともとのデビューもそっち系ですからねw

>>【試し読みOK】ちょっとHなお色気系漫画おすすめランキングへ

アニメ版でもそういったセクシーシーンが少し出てくる化物語ですが、

f:id:suyamatakuji:20190202172143j:plain

この漫画版ではそれをさらに強化。

f:id:suyamatakuji:20190202172202p:plain

特にこの神原駿河(かんばる するが)の表紙だけでも伝わるんじゃないでしょうか(笑)

f:id:suyamatakuji:20190202172230p:plain

アニメ版ではボーイッシュだった神原さんが

f:id:suyamatakuji:20190202172300j:plain
マンガ版では、

かなりセクシーになっちゃったんですけどーっ!?

まあ、アニメ版でも徐々にセクシーになっていくのですが。

f:id:suyamatakuji:20190202172325j:plain

また、神原さんのあの雨合羽シーンも漫画版だと、

神原さん…下半身丸出しなんですか…?

といった状態になっていますw

f:id:suyamatakuji:20190202172352p:plain

まあ、これは色がついて漫画マジックで、実は全身タイツ的なものを履いていたというパターンもありますが。

千石撫子(せんごくなでこ)など、今後のヒロインのセクシーシーンも楽しみですな!

f:id:suyamatakuji:20190202172508j:plain

 

アニメ版とは細部が違う

でも、やっぱりアニメ版と同じストーリーだと読む気がしないな~。

と思っているあなた!

たしかに大筋はアニメ版と同じです。

が、細部は違います。

具体的には会話の内容や演出が違う場面が随所にあります。

これはもしかしたら原作小説の方に合わせているのかもしれませんね。

f:id:suyamatakuji:20190202172413p:plain

また、アニメ版よりも化物語以前に起こった傷物語や猫物語といった描写も入れてきます。

大筋は同じとはいえ、細かいところはけっこう違う。

アニメ版を知っていてもこの違いを楽しみながら僕は読んでいますね。

 

化物語がおすすめ人・おすすめじゃない人

おすすめな人は原作小説やアニメ版にハマった人で、漫画版との細部の違いも楽しみたい人。

全く知らない人ならセカイ系が好きな人。

化物語はモブが一切出ないなど、独特の世界観が魅力ですから。

あとは魅力的なヒロインが活躍する&主人公との漫才のようなコメディが楽しめるのでそういうのが好きな人にもおすすめ。

逆におすすめしない人は世界観が合わない人。

それと、アニメ版と大筋が同じならいいやという人ですね。

 

漫画化『化物語』の感想・評価・考察まとめ

マンガ版:化物語は知っている人は大暮維人の絵と美少女とセクシーと、アニメ版との細部の違いが楽しめる作品。
知らない人は世界観とヒロインとの漫才のようなトークが楽しめる作品。

>>【試し読みOK】化物語を含む2010年代漫画おすすめランキングへ

>>アニメ版物語シリーズを含むベスト版アニメおすすめランキングへ

>>〈物語〉シリーズの感想・評価・考察を見る