すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

アニメ・マンガのブロガー&ユーチューバー

ネタバレなし映画感想『グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION』萌えとアクションのギャップが激しい劇場アニメ

f:id:suyamatakuji:20190315162935j:plain

あなたの心のトリガー:すやまたくじです。

今回はそんな映画『グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION』の感想をネタバレなしで語っていきます。

動画解説:ネタバレなし映画感想【グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION】ギャップが激しい劇場アニメ(約6分)

グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION

  • ジャンル:ガンアクション、萌え
  • 劇場公開:2019年3月15日
  • アニメーション制作:バイブリーアニメーションスタジオ
  • キャスト:レナ・内田真礼、トーカ・佐倉綾音、クリス・名塚佳織、ムラサキ・種﨑敦美、マキ・南條愛乃
  • 備考:別シリーズのテレビアニメ版あり

グリザイアとはゲームを原作とするシリーズ。

f:id:suyamatakuji:20190315174449j:plain

2014年にはテレビアニメ第1期『グリザイアの果実』も放送されています。

f:id:suyamatakuji:20190221171237j:plain

ただし、主人公が男で学園恋愛にサスペンスを絡めたグリザイアの果実とは違い、ファントムトリガーでは殺し屋を育成する学園に通う少女たちが主人公。

直接的な続編ではないのでここから観るのもアリ。

実は僕はテレビアニメ1期の『グリザイアの果実』はノリが合わなくて途中で挫折したのですが、このファントムトリガーはガンアクションの部分が面白そうだったので劇場へ足を運びました。

 

来場者特典&劇場グッズ

f:id:suyamatakuji:20190315163036j:plain

来場者特典は特製フィルム。

第1週は主人公のレナのものとなっており、週によってキャラクターが変わる形ですね。

f:id:suyamatakuji:20190315163050j:plain

劇場グッズの定番パンフレットもゲット。

表紙は豪華ですが中身は今回の話の内容、声優やスタッフのインタビューがあるオーソドックスなものですね。

 

ネタバレなしの映画感想

一言でいえば、ギャップがエグイ!

これがハマるかハマらないか評価は大きく分かれる作品ですね。

ここからはそこをさらに掘り下げて語っていきます。

ただ、ネタバレなしと言っても公式サイトやPVの内容には触れていくのでご注意ください。

萌えと恋愛を絡めた日常シーン

殺し屋の学園を舞台に、それらの仕事を行う少女たちの日常シーンも描く。

f:id:suyamatakuji:20190315163110j:plain

日常シーンに関しては完全に萌え系ですね。

女の子のキャッキャッウフフに、主人公ではないですが男キャラもいるのでそこを通してのデレもある。

また、レナさん限定ですが恋愛や、

けしからん!

といったお色気場面も登場する。

f:id:suyamatakuji:20190315163128j:plain

特殊な環境の少女たちですがこの辺は萌え系やギャルゲー好きならハマる確率は高いでしょう。

f:id:suyamatakuji:20190315163319j:plain

また、キャラクターデザインは『化物語などの物語シリーズ』や

f:id:suyamatakuji:20190315163329p:plain

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』でもキャラデザを行った渡辺明夫(わたなべあきお)さんが務めています。

なんか見たことあるなと思ったら、好きな物語シリーズと同じ人だったとは。

 

日常シーンと反比例するようなハードなガンアクション

これがね~、思った以上にハードでした!

f:id:suyamatakuji:20190315163348j:plain

『狂犬のレナ…突入します』

とかPVで言っていたので、もっと厨二的なものかと思っていたのですが。

さすが年齢制限をつけるだけのことはある。

f:id:suyamatakuji:20190315163403j:plain

具体的には、敵の頭を容赦なくぶち抜いたりとか、そのシーンをクッキリハッキリとまでは言いませんがある程度は見せてきます。

日常シーンとのギャップが物凄いですね。

しかも、少女たちも嫌々やっているとか仕方なくやっているとかじゃなく、仕事として淡々とこなす職人。

ときには笑いも入れてくる余裕すらもあるw

劇場版だけあってこのガンアクションはなかなか迫力ありますね。

f:id:suyamatakuji:20190315163419j:plain

さらに銃で撃ち合うだけでなく、ときには拳で殴り合うこともある。

男を殴るのはまだしも、美少女と美少女が顔面を殴り合うシーンは他の作品にはインパクトがありますね。

 

高く深い

ハッキリ言ってこの作品は敷居が高い。

萌え系やハード系単品でも好き嫌いが大きく分かれるのに、それを二つ組み合わせてくるんですから。

f:id:suyamatakuji:20190315163444j:plain

どんだけピンポイントに攻めるんだよと。

しかし、それだけにハマったらどこまでも深くハマる要素も満載。

上映初日の金曜の朝からけっこう劇場は埋まっていました。

あの中には旧シリーズからずっと観ている人も多いのではないでしょうか。

また、続編というわけではないので僕みたいにいきなりファントムトリガーから見ても特に支障はありませんでした。

美少女バトルと萌えを掛け合わせた作品は多いですが、ここまでハードものはなかなかない。

そういったジャンルが好きな人におすすめですね。

 

グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATIONの感想・評価・考察まとめ

劇場アニメ グリザイア:ファントムトリガーは、ハードなガンアクションと萌えな日常のギャップがエグイ作品。

>>【マンガ版試し読みOK】アクションアニメおすすめランキングへ