あなたの心のシネマ劇場:すやまたくじです。

今回はリクエストが入ったということで、急遽2019上半期、1月~6月に観たアニメ映画のベスト10ランキングを。

本当はね、これは1年の総決算として年末にやろうと思っていたのですが、リクエストが入ったのならやらないわけにはいかないでしょう!

上半期に見た劇場アニメのベスト10を決めていきたいと思います。

ヒューマンアカデミー

動画解説:【2019年上半期アニメ映画おすすめランキング】面白かった劇場版アニメベスト10(約19分)

2019年上半期!アニメ映画おすすめランキング

2019年上半期、1月~6月に観た映画の本数は22作品。

YouTube活動をするまでアニメ映画がこんなにあるとは思わなかった!

わたくしアニメは好きだけど映画館は嫌いなので、それまではずっと家で動画配信サービスやスカパーのAT-Xを利用して見ていたので。

コナンとかドラえもんとかプリキュアとか、朝とか夕方にやっているアニメの劇場版以外の有名どころはほぼチェックしました。

今回はその22作品の中から2019上半期アニメ映画ベスト10を決定。

名作アニメの劇場版が多く揃っていたので、10作品に絞るのはかなり迷いましたね~

また、それぞれの作品の感想と現時点(2019年7月時点)の興行収入についても発表したいと思います。

ちなみに、現時点のアニメ映画の興行収入は『名探偵コナン 紺青の拳(めいたんていコナン こんじょうのフィスト)』の91億円がトップ。

2019年は、これに7月公開の新海監督の『天気の子』がトップ争いに絡んできそうですね。

>>映画もテレビも含むベストアニメランキングへ

 

10位:PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1~3

  • ジャンル:近未来SFアクション、クライム・サスペンス、警察ドラマ、ディストピア群像劇
  • 興行収入:ケース1・1.8億、ケース2・0.9億、ケース3・1.7億

サイコパスは、人間の心理や性格などを全て数値化する『シュビラシステム』に管理された2110年代を舞台に警察ドラマを描く近未来SFアニメの劇場版。

10月からはテレビアニメ3期も始まる熱い作品です。

サイコパスはそれぞれ主役を変えて約1時間の短編3部作で上映されたため、これらを1つの作品としてまとめます。

ハードボイルド好きな僕としては大好物な作品なので、本当はもっとランキング上位にしたいのですが、短編だとやっぱり物足りなかったですね~

たださえ、サイコパスは重厚なストーリーがウリだけに、短編だと十分にその魅力が発揮できてないな~と感じましたね。

またね、第1弾となった霜月美佳が主役となった『ケース1 罪と罰』が僕の中では期待外れだったのも痛かったですね~

罪と罰のタイトルからてっきり霜月がテレビアニメ2期でやったことに対するお咎めがついにくるのかっ!?

と喜び勇んで劇場に行ったら、

全然違うじゃねえかよーっ!?

というオチだったので。

これならね、とっつぁんを主役にしたケース2か、狡噛を主役にしたケース3の長編映画が見たかった。

どちらもハードボイルド好きの心をくすぐる内容だっただけに、どちらかを長編でやってくれたらもっと上位に食い込んだのは間違いない!

>>PSYCHO-PASS サイコパス SS Case.1 罪と罰の映画感想へ

>>PSYCHO-PASS サイコパス SS Case.2 First Guardianの映画感想を見る

>>PSYCHO-PASS サイコパス SS Case.3 恩讐の彼方にの映画感想へ

 

9位:ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow

  • ジャンル:アイドル、学園、青春
  • 興行収入:11億

もはや説明不要のスクールアイドル活動を描いた劇場版。

ラブライバーといった言葉も生まれ、見たことない人でもだいたいどんなアニメかは知っているんじゃないなかなと。

2019年最初の。

そして、わたしくの怒濤の劇場通いもここから始まった!

まあ、正確にはね、2018年の12月にリハビリに代わりに『ガンダムNT』を見たのですが、公開日すぐに見たのは今までの人生でこのラブライブ!サンシャイン!!が初めてですね。

内容の方は期待どおり!

もともとレベルが高かったテレビアニメ版をさらにパワーアップ。

歌もダンスも劇場版仕様。

ラブライブの映画といえば海外に行くというお約束もしっかりとやってくれる。

細かいところでは、テレビアニメ版では徹底排除されていた男性モブキャラが復活(無印ではいたので)したのも良かったですね。

逆に言えば、クオリティは高いけれど、王道すぎるお約束すぎるという驚きはなかったのでこの順位ですね。

>>ラブライブ!サンシャイン!! の映画感想を見る

 

8位:劇場版 幼女戦記

  • ジャンル:異世界転生、ファンタジー戦記
  • 興行収入:3.6億

ライトノベルを原作とする合理主義なエリートサラリーマンが大戦期のドイツっぽい国に転生する異世界ファンタジー戦記。

異世界転生ファンタジーの中でも変わり種。

そして、劇場版で驚きをくれた作品。

バトルが想像以上にパワーアップしてましたね~

テレビアニメ版でも気合が入っていたけれど、そこにさらにドドン!と上回ってきますか。

さらにチートとは言わないけれど、テレビアニメ版では圧倒的な強さを誇っていた主人公:ターニャに強力なライバルが現れたのも良かった!

この続きが見たいので、テレビアニメ2期を是非ともやって欲しい!

>>劇場版 幼女戦記の感想を見る

 

7位:青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない

  • ジャンル:ラブコメ、SF、ファンタジー、学園
  • 興行収入:3.7億

ラブコメに思春期症候群というファンタジーやSFを絡めたラノベ原作のアニメ。

10代の人気が圧倒的!

ラブライブとかも10代の観客が多かったけれど、この青ブタはその比ではない多さ。

ぼっちで観に行った僕は両サイドをカップルに挟まれるという事態に陥りました。

オセロだったら僕もひっくり返って彼女持ちになりそうなのに全然ならない。

白と白に挟まれているのに、こっちはずっと黒のままという感じでw

10代を動かしたからこそ、最初は31という少ない上映数でもうすぐ4億に届くという大ヒットを生み出したのでしょうね。

正直、絵のクオリティとかはこのランキングの中では一番低いレベル。

テレビアニメ版をそのまま劇場に持って来ただけなのでね。

でも、話題となったストーリーはたしかに泣かせる。

できれば、もうちょっと時間をかけて描いて欲しいという部分はありましたが。

そして、一番はテレビアニメの終了からすぐに映画を上映したというのが大きかったですね~

劇場アニメ革命』の記事でも語りましたが、この戦略は今後増えていきそう。

そういった部分をすべて含めてのこの順位です。

>>青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ないの映画感想を見る

 

6位:劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ

  • ジャンル:ハードボイルドアクション、コメディ
  • 興行収入:15億

1980年代~1990年代にかけて大ヒットした名作ハードボイルドコメディが当時の雰囲気のまま帰ってきた!

シティーハンターは好きだけど、正直ここまでヒットするとは思わなかった。

一定のファンがいるからそこそこ盛り上がると思ってましたけど、興行収入15億超えですからね~

名作は変なリメイクなどせず、当時のままでパワーアップさせればヒットする!

そんな大きな成功事例を作りましたね。

絵柄もそうですけど、主題歌やBGMも当時のものを使ったのは印象深かった。

ラストもしっかりTMネットワークの『Get Wild』と『STILL LOVE HER (失われた風景)』で締めるファンには堪らない演出でしたね。

>>劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズの感想を見る

 

5位:ガールズ&パンツァー 最終章 第2話

  • ジャンル:戦車道(オリジナル競技)、学園、ミリタリー
  • 興行収入:2.8億(第1話の最終は約6億)

戦車道というスポーツが存在する世界で描く女の子たちの青春学園ミリタリー。

ガルパンおじさんという言葉できるぐらいこちらも一大ブームとなっており、今回は最終章全6話の第2話。

ラブライブと同じくガルパンもファンの期待にしっかりと応えてくれる。

劇場版ということでミリタリーアクションは物凄いことになっていますし、そんな中で展開される女の子のやり取りがギャップを生んで殺伐とした雰囲気を無くしてくれる。

そういった今までのいい所をしっかりと受け継いでいるだけでなく、ガルパン最終的では変化も加えているのも魅力。

特に主人公たちよりもライバルチームの方が、その変化が大きいのがいい意味で裏切ってくれましたね~

1時間ちょっとは短い!でも、もっと先が見たくなる!第2話でした。

>>ガールズ&パンツァー 最終章 第2話の映画感想を見る

 

4位:鬼滅の刃 兄妹の絆

  • ジャンル:時代劇、剣劇バトル、ダークファンタジー
  • 興行収入:データなし(11劇場で2週間限定の特別上映)

週刊少年ジャンプのマンガを原作とする鬼とそれを退治する人間の戦いを描いたダークファンタジーバトル。

兄妹の絆はテレビアニメ1話~5話で構成された2週間限定の特別劇場版。

しかも、11劇場でしか上映されてないので見てない人も多いかなと思います。

テレビアニメ版を見た人の中にはこの順位はさすがにおかしいと思う人もいるかもしれませんが、全く同じ内容でも劇場で見ると臨場感と迫力がまったく違う。

1話目の緊張感ある息遣いとか、亡くなっている家族を発見した時の炭治郎の声にならない声とか、第4話の錆兎(さびと)と真菰(まこも)のことを知った衝撃とか、

テレビアニメ版の3倍はガツン!と来ましたね。

Fateシリーズのユーフォーテーブル制作ということで、劇場版が映える音や演出。

このランキングの中では一番泣いたアニメ映画はこれですね。

>>鬼滅の刃 兄妹の絆の映画感想を見る

 

3位:劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~

  • ジャンル:吹奏楽、青春
  • 興行収入:3.2億

吹奏楽部を舞台にした京都アニメーションの青春アニメの劇場版。

劇場仕様の音楽シーンに、2年生編をギュッと100分にまとめた濃縮なストーリー。

さすが京アニさん、完璧でした。

人によっては2年生編もテレビアニメでやって欲しかったという意見もありましたが、僕的にはこれで良かったんじゃないかなと思います。

どうしても大きなイベントは1年生編と同じになるので、じっくりと描くと新鮮味が薄れますから。

なので、3年生編もたぶん劇場版になるんじゃないかなと思います。

ただね、これ2018年に公開された響け!ユーフォニアムのスピンオフ映画『リズと青い鳥』を見てないと分からない部分がある。

2018年はYouTube活動してなかったのもあって、僕はこのリズと青い鳥を観てなかったんですよね~

こういった所はしっかりと公式サイトでアピールして欲しかったし、リズと青い鳥は動画配信されてないというのは不親切じゃないかなと。

誓いのフィナーレ公開前にやっておけよと。

そういったところもあったから、クオリティの割に興行収入3.2億と意外と伸びなかったんじゃないかなと思います。

>>劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~の感想を見る

 

2位:Fate/stay night [Heaven’s Feel] 第2章 II.lost butterfly

  • ジャンル:英雄による伝奇バトル
  • 興行収入:15億

ゲームを原作とした現代の魔術師と過去の英雄がタッグを組んで、なんでも願いを叶える聖杯争奪戦を行う伝奇バトルアニメの劇場版。

原作ゲームは3つのルートが存在し、このHFはヒロイン:間桐桜の3つ目のルートを映像化したもの。

映像とアクションのクオリティだったらこのランキングの中でもNo.1

それぐらい頭一つ抜けた完成度。

ユーフォーテーブルは本当にこの辺のクオリティが素晴らしい!

そして、完成度が高いから劇場版でさらに映える。

ストーリーの方も3人のヒロインの中で僕は桜が一番ハマってなかったのですが、このHF第2章を見て桜もいろいろ大変なんだな~と嫌いから普通ぐらいにランクアップしました。

なのに、なぜ1位じゃないかというと、これは第2章でこれで終わりじゃないんでね。

バチコン!と終わる爽快感がない分、ちょっとマイナスとなりましたね。

>>Fate/stay night [Heaven’s Feel] 第2章 II.lost butterflyの感想を見る

 

1位:コードギアス 復活のルルーシュ

  • ジャンル:ダークファンタジー、SFロボット
  • 興行収入:10億

2000年代に一世を風靡したダークヒーローが活躍するSFロボットダークファンタジーアニメのルルーシュ編完結の劇場版。

コードギアスも凄かったですね~

ひさしぶりのアニメ化だというのに長蛇の列で。

特に僕が観た映画の中で女性の観客が一番多かったのがこのコードギアス。

時代を超えて復活したロボットアクションは2010年代を技術を使ってトップクラスの劇場版仕様に。

キャラ総出演のオールスター感に加え、テレビアニメ版で完結したストーリーをどう組み立ててくるのかな?と思っていたら、

よかったね、C.C.(シーツー)と、

心残りだった部分もしっかりと回収してエンディングへ。

クオリティの面ではFateが上でしたが、この劇場版でバチコン!と終わらせてくれたストーリー面でほんの少し上回る形で第1位としました。

>>コードギアス 復活のルルーシュの映画感想を見る

 

2019年上半期!アニメ映画おすすめランキング~劇場版アニメのベスト10まとめ

2019年上半期アニメ映画は名作の劇場版が多くて観に行くのもベスト10を選ぶのも苦労した。
あと、ここのままのペースで下半期も映画を見に行くと年間44作品みるペースになりそうで怖いw

>>映画もテレビも含むベストアニメランキングを見る

紹介した作品も無料試し読みOK 通常アニメもけしからん作品も圧倒的見放題 オタク専用街コン