あなたのエロかわいい:すやまたくじです。

漫画やアニメをより楽しむための記事をお送りしています。

今回のテーマは、エロかわいいヒロインが魅力、ギャル系ラブコメ漫画特集ー!

正統派にはないギャップ♪

2010年代後半から増えて参りましたギャルをメインヒロインとしたラブコメ漫画。

今回はそんなギャル好きのためのラブコメ特集となります。

動画解説:エロかわいい【ギャル系ラブコメ漫画】おすすめランキング5選(約8分)

エロかわいいギャル系ラブコメおすすめランキング5選

ギャルといえば、ひと昔前だったら脇役だったり、時には悪役だったりすることがほとんど。

メインヒロインにしている作品もありましたが、お色気を超えた向こう側にいっちゃった大人向けだったり、そういうんじゃないヤツは少数派という形でした。

それが今ではギャルがメインヒロインの正統派ラブコメも売れる時代に突入して参りました。

その要因はギャルのイメージで強いエロの部分に、正統派ヒロインのようなピュアなことをプラスしたことじゃないでしょうか。

結果、見た目は派手で遊んでいそうだけど、実は恋愛はマジメというギャップが生まれた。

けれど、主人公を攻めるときは正統派ヒロインにはないお色気でガンガン攻めてくる『エロかわいいメインヒロイン』が爆誕す!

今回はその中でも特にエロかわいいギャル5人をご用意いたしました。

今回紹介する作品はブログ版、または動画の概要欄からAmazonで試し読みできるようになっています。

気になる作品があったら、そちらからもチェックしてみてください。

>>アプリ・電子書籍のおすすめランキングへ

 

5位:はじめてのギャル

アニメ化もされた最近のギャルラブコメのパイオニア的な存在。

男の夢と希望を脳内にいっぱいに詰め込んだチェリーボーイの主人公が、罰ゲームで

付き合ってくださいー!!

と、ギャルに土下座して告白するところからいきなり始まる衝撃作。

しかも、それが受け入れられちゃうことから始まるワンチャンくんずほぐれつ狙いからのピュアラブ展開。

メインヒロインは見た目が派手で露出も激しめギャルですが、経験どころか知識すらないという分かりやすいギャップとなっております。

なので、お色気方面は基本、青春リビドー待ったなし!の主人公の脳内で繰り広げられることになりますが、

そんな高校男子が妄想するわけですから、アニメの方では規制ギリギリまで攻めたとちょっと話題となっていましたw

 

4位:イジらないで、長瀞さん

高木さん、宇崎ちゃんに続くからかい系ラブコメ姉妹が長瀞さん(これはかってわたくしが言っているだけですが)

今度のからかい系ヒロインはドSギャル。

からかい系とギャル系のハイブリッドなメインヒロインがここに爆誕しました。

ドSというだけあって、そのからかいは攻めに攻める。

たまにやり過ぎて、イジりながらハァハァ興奮したり、主人公の方もなんだか満更じゃない。

って、もはやからかいの域を超えて性癖の域に達しちゃってるー!

というのが見れるラブコメ。

また、ギャル系ギャル系というけれど、売れているギャル系ラブコメ漫画のほとんどが白ギャルがメインヒロイン。

そんな中、長瀞さんは数少ない黒ギャルということで、黒ギャル好きには絶対に外せない作品。

まあ、正確には日サロで焼いた黒ギャルじゃなくて、水泳で日焼けしたスポギャルとなるんですけれど。

とはいえ、白ギャルとは見た目の中身も一線を画しているのは間違いない。

 

3位:道産子ギャルはなまらめんこい

ギャルの中でも北海道ギャルという地方性に絞ったラブコメがここにあります。

なまらめんこいなどの方言はデフォルト

北海道ギャルは寒くてもスカートで生足、北海道の道民は寒いので友達と遊ぶときは家で遊ぶなど

ムムムッ!家では何して遊ぶんですか?

など、さらに掘り下げて欲しい北海道豆知識も随所に入ってくる。

まあ、北海道ギャルは寒くてもスカートで生足など、本当か嘘かよく分からないあるあるも入ってきますけどw

そこにギャルヒロインならではの、恋愛には疎いけれど、お色気要素はしっかりと混ぜてくる王道パターンも忘れない。

また、この作品はサブヒロインもタイプの違う黒髪清純派のギャルと、倍率ドン!さらにギャルヒロインで攻めています。

 

2位:やんちゃギャルの安城さん

お待たせしました、もうタイトルからビンビン伝わる。

からかい系ラブコメの男の夢と希望を詰め込んだ究極系。

やんちゃギャルがエロく絡んでくる。

ある意味、ギャル系ラブコメの正統派と言ってもいいんじゃないでしょうか?

また、積極的に絡んでくるといっても長瀞さんみたいなドS要素はなく、優しくアグレッシブにエロく絡んでくる…

うらやまけしからん!

の究極系。

発言とスキンシップの過激さはこのランキングの中でもNo.1

けれど、直接的な性の癖を感じさせることは一切しない。

このギャップが安城さんの正統派ヒロイン要素を高めているのでしょう。

あと、ここ一番では男主人公のようなカッコよさを魅せるという守られたい男子にも刺さるヒロインとなっています。

 

1位:その着せ替え人形は恋をする

今いっちゃん熱いギャル系ラブコメがここにあります。

着せ替え人形と書いて、ビスク・ドールと読む。

こちらはモノ作りが好きなコミュ障主人公が、コスプレ好きなヒロインの衣装を作ることから始まるラブコメディ。

ギャル要素に加えて、コスプレ要素が入ってるのが大きな他との違いですね。

いつもはこのような王道白ギャルヒロイン。

派手な見た目にコミュ力お化けな社交性。

そして、目の前で着替えようとするなど、肌をさらすことに抵抗感が薄い。

ギャル系ヒロインお得意のお色気攻撃でございます。

が、このヒロインはコスプレをすると見た目もキャラもガラリと変わる。

見た目だけじゃなく表情も違う。

この子、さっきのギャルと同一人物でございます。

コスプレイヤーはキャラになり切るをモットーに、演技ですけれど一人で色々なヒロインが楽しめるのもビスクドールの醍醐味。

なかにはいつもよりこっちの方がいいじゃねえかというコスプレなんかも出て来たりして。

さらにさらに、ビスクドールは他にもギャルじゃないコスプレイヤーのサブヒロインもいて、こちらもいい味出してるんです。

読めばハマる、そんなエロかわいいヒロインがここにいます。

 

エロかわいいギャル系ラブコメおすすめランキング5選まとめ

ギャル系ラブコメを見ると、リアルのギャルの評価もグイグイ上がるよ。
でも、モノホンの肉食ギャルと遭遇するとシュンとしちゃうから要注意。

>>紹介作も含むラブコメ漫画ベスト50へ