あなたの心の身内に斬られるとは~!:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回はそんなアニメ『ひぐらしのなく頃に業』第17話の感想・考察ー!

黒幕、判明。

木曜の夜はひぐらしに捧げる男でございます。

ちなみに、わたくしは旧アニメは全話見た状態で、この感想と考察を語っています。

動画解説:鷹野と沙都子【ひぐらしのなく頃に業 17話考察・感想】黒幕のルールが変わった猫騙し編その4(約12分)

アニメ『ひぐらしのなく頃に業 17話 猫騙し編 其の四(2020版)』の感想・解説・考察

今回の第17話の感想を一言でまとめるなら、謀ったな、沙都子ーーーっ!?あと、鷹野も。

黒幕疑惑が挙がりながらも、旧作ひぐらしは信じるをテーマにしていたし、沙都子は違うんや!沙都子は違うんや!と思わせておいてのやっぱり突き放しーーー!!!

あと、鷹野は違った意味での裏切りーー!!!

とまあ、わーわー言うとりますけれど、今回もポイントに絞って感想と考察、そして旧作アニメ版の情報も加えて解説を語っていきます。

ちなみに、ブログ版、または動画の概要欄で漫画版や小説版などの試し読み、その他のひぐらしの考察動画をまとめています。

気になる方はそちらもチェックしてみてください。

>>ひぐらしも含む2021年冬アニメおすすめランキングへ

>>ひぐらしも対象サスペンスアニメおすすめランキングへ

皆殺し編のラストで開幕

17話の開幕は皆殺し編のラストから。

梨花ちゃんが部活メンバーに打ち明け、一致団結するも鷹野と山狗によって返り討ちに遭う。

終末作戦によって、この後に雛見沢大災害によって村ごと滅亡してしまう。

旧作の中では梨花ちゃんにとっては最悪のバッドエンドであり、鷹野にとっては一番黒幕として躍動していたエピソード。

前回の祭囃し編の鷹野の回想といい、旧作アニメを見ていない人向けの解説はもちろん、この回想の中にも何か意味があるのかなと感じてしまいます。

 

ブロッコリーとカリフラワー

そこでわたくしが気になったのが、ブロッコリーとカリフラワーのくだり。

ブロッコリーとカリフラワー、緑色なのはどっち?

旧作アニメでは今回の回想で1回出て来ただけのネタの割に、業では祟騙し編でも出て、今回の猫騙し編では2回出てきた。

ちょっとしつこくないっ!?と思ったので、ここは色々と考察こねくり回してみました。

ブロッコリーとカリフラワー、こちらどちらもキャベツの変種で、子供の頃は見分けは難しいほどそっくりみたいです。

つまり、今回のブロッコリーとカリフラワーは、鷹野と沙都子のことを暗示しているのかなと思いました。

黒幕はブロッコリー鷹野からカリフラワー沙都子に変わったよと。

二人共に金髪で将来グラマーで(さすがに子供の頃でも見分けがつかないほどそっくりじゃないけど)、幼少期に両親を亡くして、成長して幸せになった後にもう一度不幸になる。

さらに、うみねこのなく頃にも含めると、二人とも魔女ラムダデルタとの関連性を感じさせるなど、意外と共通点も多い二人。

そんな二人をブロッコリーとカリフラワーに例えているのかもしれない。

 

鷹野の告白

ついに明かされる鷹野正体。

実は今回も黒幕か?もしくは前回のラスボスがまさかの今回は梨花ちゃんと共闘か?

そんな色々な説が飛び交っていた中、

あっさりゲーム降りるんかーいっ!?

ここはあっさり過ぎて肩透かし。

しかも、鷹野と富竹の話によると、直前までやる気だったのに急に心変わりしたみたい。

自分の願望のために、梨花ちゃんや友達を殺そうとしていてごめんなさいと謝っていたけれど、直前までやる気だったのなら、3年目のオヤシロ様の祟りに見せかけて梨花ちゃんの両親はもう殺してますよねっ!?

やろうとしたよりも、まずはやってしまった方を謝らんかいと。

そして、その後の富竹と梨花ちゃんの話では、雛見沢症候群には触れたくないので鷹野は罪に問われないかもしれないと言ってたけど、梨花ちゃんの両親を殺した罪も問われないんかい?

梨花ちゃんはそれでいいのか?

この辺はどうなってんでしょうね。

業では鷹野が指示したわけではなく、オヤシロ様の祟りが変化している形になっているんでしょうか。

 

鷹野が心変わりした理由

そして、一番気になるのは鷹野が心変わりした理由でしょう。

心変わりした理由として思い浮かぶのは3つ。

1つ目は鷹野もタイムリープしていた。

それに加えて、旧作の祭囃し編の結末までの記憶がある状態。

最後の富竹とのシーン、もしくは幼少期の田無美代子も救ってもらった記憶があるなら、心変わりする理由は十分かなと思います。

2つ目はタイムリープはしていないけれど、なんらかの形で祭囃し編の記憶がある状態。

終末作戦前にその記憶が生まれ、計画を思い止まった形。

この場合は沙都子がその記憶に関与していることは濃厚でしょう。

3つ目は旧作で鷹野があんな暴挙に出る原因となった雛見沢症候群の治療が行われた。

旧作のラストで、実は鷹野も雛見沢症候群を発症していたことが判明しましたが、その治療を行われたことで正気に戻った。

この場合も沙都子が関わっている可能性が濃厚。

梨花ちゃんに言っても分かってもらえないという鷹野の発言から、より超常的な1と2の可能性が高そう。

 

山狗じゃなくて番犬だった

鬼騙し編の入江診療所の長期休業など、

作業着の男たちが随所に出て来たことで、今回の黒幕の手先として疑われていた山狗。

これは山狗じゃなくてすべて番犬だったんですね。

一緒に出てきたことで分かる作業着の色の違い。

小此木に関しては半袖だしね。

つまり、これまで出てきた作業着の男たちは、梨花ちゃんを殺すためではなく、事態の収束と、逆に梨花ちゃんを守るために動いていたというわけです。

こちらは完全にミスリードでございました。

 

盗まれたH173

番犬によって行われた入江機関査察で気になったのは強制的に雛見沢症候群を発症させる薬:H173。

旧作では鷹野はこれを富竹に打つことで毎回殺していました。

そんなH173が一本なくなっていること。

今回までの流れを考えると、沙都子が盗んで使っていたという可能性が高い。

問題は警備もいてセキュリティも厳しいH173をどうやって盗んで、どうやって赤坂などの対象者に打ったのか?

飲ませるタイプだったらチャンスはありそうですが、注射器タイプとなったらなかなかハードルが上がりますからね。

 

悟史は沙都子の目的じゃない?

そして、もう一つ気になったのは沙都子の中の悟史について。

ループもしてて、H173を入江機関に盗みに入ったのなら、さすがに悟史がここにいることには気付いていると思う。

なのに、一切手出しをしている様子がない。

悟史を助けるつもりなら悟史が雛見沢症候群を発症する前にループする、それが梨花ちゃんみたいに出来ないんだとしても、今までの沙都子の言動や行動を振り返ってみても、悟史についてはあんまり触れてないですからね。

沙都子が黒幕の場合、悟史を助けるためという説も盛り上がりましたが、やはり今回の業では悟史はそこまで関係なさそうですね。

 

沙都子だけ違うOPも回収

そんでもって、ついにOPの伏線の一つも回収されましたね。

圭一・レナ・魅音・詩音と、それぞれの旧作のキーアイテムが出てくる中、沙都子の人形だけは旧作のものとデザインや大きさが違った。

それが今回やっと登場。

梨花ちゃんが新たに沙都子にプレゼントするもので、これがキッカケでついに沙都子の正体が判明した。

OPの映像からも色々と考察しましたが、さすがに新アイテムが伏線になっているというのは予想できないw

 

沙都子もループしていた

そして、

謀ったな、沙都子ーーー!!!

始まりは鷹野に銃口を向けられ、ラストは沙都子に銃口を向けられて終わる梨花ちゃん。

ブロッコリー鷹野とカリフラワー沙都子をシンクロさせる演出でした。

沙都子は持っている銃は、やはり鷹野が持っていたものなんでしょうか。

わたくしも含めて、色んな人が沙都子黒幕の色々なパターンを考察したと思いますが、銃を持ってて目の色まで梨花ちゃんのように赤眼になる。ここまでアグレッシブなパターンを予想した人はなかなかいないんじゃないでしょうか?

今回までの情報から考えられる沙都子黒幕のパターンは3つ。

1つ目は梨花ちゃんのような力を持った巫女に覚醒した。

しかも、銃やH173を手に入れていることから、梨花ちゃんより強い力を持っている可能性が高い。

2つ目は黒羽入的なものに憑りつかれているパターン。

この場合は沙都子の負の感情を利用されているといった形でしょうか。

3つ目は沙都子の姿をした別人。

この場合は、誰かが変身していることになるので、うみねこのなく頃にの魔女などが関わってくる形。

そんな沙都子の正体、動機、今までの事件でどんな風に暗躍していたかなど、まだまだ考察が捗るテーマ満載でございます。

今回は長くなってきましたので、これらはまた別記事で、こねくり回してやろうと思います。

 

ラストエピソードは郷壊し編

ラストエピソードは郷壊し編と判明。

騙しのフレーズがついに外れちゃいました。

そして、郷と沙都子を掛けたタイトルになっている感じ。

タイトルそのまんまだったら、雛見沢も沙都子自身もぶっ壊してやるぜ!という内容なんでしょうか。

そして、Blu-ray情報によると郷壊し編は全7話。もしくは最後の1話はエピローグするかもしれませんが、どちらにしろ残り7話。

展開的にそろそろ未来編が見たいところ。

そして、OPもそろそろ変更して欲しいところでございます。

 

アニメ『ひぐらしのなく頃に業 17話 猫騙し編 其の四(2020年版)』の感想・考察・解説まとめ

今回の話をまとめると、ルールはブロッコリーからカリフラワーに変更された模様。
あとはこの沙都子の正体と目的が気になるところでございましょう。

>>ひぐらしのなく頃に業18話の考察・解説へ

>>ひぐらしのなく頃に業16話の考察・解説へ