あなたの心のサポートセンター:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回はそんなアニメ『ひぐらしのなく頃に業』第19話の感想・考察ー!

ひぐらしでもスクールカースト?

木曜の夜はひぐらしに捧げる男でございます。

ちなみに、わたくしは旧アニメは全話見た状態で、この感想と考察を語っています。

動画解説:沙都子の闇落ち【ひぐらしのなく頃に業 19話考察・感想】梨花の聖ルチーア学園での誤算~郷壊し編その2(約13分)

アニメ『ひぐらしのなく頃に業 19話 郷壊し編その2(2020版)』の感想・解説・考察

今回の第19話の感想を一言でまとめるなら、いつものひぐらしじゃないーーーっ!?

女子校でのエモエモエモなスクールライフの始まりですか?

が、そこからスクールカーストに巻き込まれて、最終的にはスクールデイズになっちゃう流れですか?って感じですが。

あとやっぱり、EDに画像ないじゃんー!

先週の考察動画に、来週から入るというコメントがいくつかあって、わたくしも今週は画像でEDテーマの考察するぞ!と、張り切っていたのですが…ざんねん!

とまあ、わーわー言うとりますけれど、今回もポイントに絞って感想と考察、そして旧作アニメ版の情報も加えて解説を語っていきます。

ちなみに、ブログ版、または動画の概要欄で漫画版や小説版などの試し読み、その他のひぐらしの考察動画をまとめています。

気になる方はそちらもチェックしてみてください。

>>ひぐらしも含む2021年冬アニメおすすめランキングへ

>>ひぐらしも対象サスペンスアニメおすすめランキングへ

夢のはじまりが惨劇のはじまり

夢のはじまりが惨劇のはじまり。

梨花ちゃんの夢は雛見沢に外に出て生活すること。

そして、出来れば沙都子にも一緒にその夢を見て欲しいということ。

これだけだったら良かったんですけれど、その志望校がお嬢さま学校である聖ルチーア学園だったことが惨劇の始まりとなった。

梨花ちゃん、迂闊ーー!!!

外面のいい詩音が無理だった学校が、トラップ好きの沙都子に向いているわけがない。

友達と一緒にいたいから進路も同じにして失敗する。

これリアルでも珍しくない学生あるあるですから。

とはいえ、村育ちの中学生である沙都子が気付くのはなかなか難しい問題。

そこは100年生きた梨花ちゃんが気付いてやらんかい。

村の外に出るにしても、せめて選択肢の広い普通の高校にしてやらんかい。

ちょっと、村の外に出てオシャンティーな生活が出来ると舞い上がって、ポーとなってたよ。

梨花ちゃん今週、全体的にポーとなってたよ!

 

費用は入江パパが払います

しかも、

費用は入江が払うんかーいっ!?

ここはてっきり、同じ御三家でお金もある園崎家あたり払うのかなと思っていたのですが。

いくら二人と仲良くしているとはいえ、外部から来た入江が払うとは思わんかった。

そして、ここで気になるのはどれぐらいの費用がかかるのか?ということでございましょう。

わたくし調べてみました。

もちろん、聖ルチーア学園は実在しないので、それに近い偏差値が高い・設備がいい・お金持ちが行く学校・全寮制の条件で調べてみました。

結果、出て来た数字は全部コミコミで年間約280万円…

って、ちょっとした会社員の年収じゃねえかーっ!?

しかも、これ沙都子と二人分だから約600万円、さらに3年間通ったら約1800万円っ!?(もちろん、舞台は昭和なので今の物価と違いますが、現在の金額にするとこれぐらい)

いくら医者の入江の年収が高くて、入江機関からもかなりの給料もらってるでしょうけど、でも1800万円って…。

それをサラッと入江に出してもらう梨花ちゃんにわたくしは震え上がります。

パパにマンション買ってもらうNo.1ホステスのやり口じゃねえかっ!?

100年のループの経験はこんなとこに生かされておりました。

そんな裏技コミュニケーション出来るんだったら、沙都子の進路の方もちょっと配慮してあげなさいよ。

 

ある意味、知恵先生が黒幕だった?

これはある意味で、今回の事件の黒幕、入江と知恵先生説は当たりじゃないかなと。

というのも、沙都子がお嬢さま学校でやっていけないのは、入江と知恵先生の方がよく知ってるでしょう。

なのに一方は何も言わずにお金出しちゃうし、もう一方は勉強に協力して合格させちゃうし。

特に教師である知恵先生が、もっと進路相談をガッツリやるべきだったんじゃないのかなと。

というのも、先ほども言った通り、友達と一緒の進路にして失敗するのは学生あるあるですから。

しかも、偏差値が高くて全寮制などのルールが厳しい学校は、退学率も普通の学校と比べて非常に高いんですよ。

そこは教師として、知恵先生にはこれこれこういう理由で、沙都子は聖ルチーア学園に近い違う高校がいいんじゃない?とか、全寮制で会いづらいというんだったら、梨花ちゃんも含めて県外の違う高校でもいいんじゃない?と提案して欲しいところ。

もしくは、受験を受ける前に学校見学に行くとか、経験者である詩音に話を聞くとか。

この辺カットされてるだけかもしれませんが、仮にこの辺をサポートしてあげてないんだとしたら、知恵先生と入江も今回の惨劇を生み出した黒幕の一人と言っても過言ではない。

 

ひぐらしのなく頃には新番組へと変わります

沙都子と梨花のお受験エモエモエモ物語。

挿入歌『オレンジ色の風』まで流れて(この曲ももしかして伏線あったりするのかな?)、二人のスクールライフがメインとなるひぐらしのなく頃には新番組へと変わるんですかっ!?という展開。

二人の走ってるシーンとか、後ろから沙都子がコラー!という感じで追いかけていて、あいかわらず

恋人かよっ!?

という二人の関係。

ただ気になったのは、勉強は2階ですればよくないっ!?

最初は沙都子に見つからないように、1階でダンボール置いて勉強してましたが、見つかった後はあんな寒いところで勉強せず、2階にあのダンボール持って行ってやればいいじゃない。

というか、2階にご飯食べる机あったし、そこで勉強すればいいじゃない。

昭和の苦学生感を出したい演出だったんですかね。

 

沙都子と梨花の聖ルチーア学園編

沙都子だけ受験に落ちるという展開も考えてましたが、沙都子も無事に聖ルチーア学園合格。

ただ、この後の展開考えたら、沙都子はここで落ちておいた方が良かったんじゃないかなと。

沙都子さん、初日からいきなり付いていけておりませんから。

進学校は合格して終わりやない、そこから勉強に付いていくのが大変なんや。

しかも沙都子さん、カバンの持ち方とか、一人だけシャツを丸出しにする制服の着こなしなど、学校での浮き具合がヤンキースタイルですやん。

そりゃお嬢さま学校では馴染めませんわ。

あと、これ物語と関係ないのですが、高校生になっても沙都子の夢と希望が思ったより大きくならないんですけどーっ!?

OPの映像から、てっきり魅音ぐらいにはなると思ってたのに。

そこはどうなってるんですか!?

 

昭和でもスクールカースト

結果、昭和でもスクールカースト始まっちゃいました。

ちなみに、スクールカーストは2000年代に生まれた言葉ですが、それ以前から学校には明確な序列があるというのは、みなさんご存じの通りでございましょう。

しかも、聖ルチーア学園では学力によってクラスを分けるという、スクールカーストをさらに加速させる制度もありますからね。

さらに、スクールカーストの厄介なところは本人がそう望まなくても、周りが圧力かけて合わない子は弾いてくる。

クラスの中心的な梨花ちゃんと、勉強できない不良スタイルの沙都子だと、人が多いところだとなかなか同じグループになりづらい。

というか、沙都子にいたっては、今のところ一人も友達いないんですが。

この辺が村の共存社会と、エリート校の競争社会との大きな違いでしょう。

喋り方だけだったら沙都子の方がお嬢さまっぽいですが、お得意の『おーっほっほっほ』も『下品な笑い方!』って言われてたから、漫画的なお嬢さま喋りは本物のお嬢さま的には、そこが尚更イラッとするのかもしれないね。

 

沙都子の闇落ちを考察

勉強には付いていけない・友達ができない・頼みの梨花は取り巻きが邪魔でまともに喋れない…そりゃ闇落ちするわ~!

雛見沢症候群再発かっ!?という声も挙がってましたが、これ雛見沢症候群がなくても闇落ちしちゃうだろ。

こんな状況で毎日勉強しろって言われたら、わたくしだったら『あああーーー!!!やめてやるーーーー!!!』ってなっちゃう。

そんな雛見沢症候群だけでなく、学校ノイローゼも含めて、沙都子の闇落ち展開を考察。

 

ハッスル沙都子へ

1つ目は、ストレスから雛見沢症候群が再発して、ハッスル赤坂ならぬハッスル沙都子状態になっちゃうこと。

その場合、梨花ちゃんだけじゃなく、取り巻きもガチコン!やっちゃうんじゃないですかね。

もしかしたら、赤坂並にハッスルして、学校ごと燃やしちゃうかもしれないね。

一番ひぐらしっぽい強烈な惨劇パターンがこれでしょう。

 

退学ルート

2つ目は、普通に退学して意気消沈ルート。

その時に黒羽入的な存在に憑りつかれる、もしくはすでに憑りつかれてて覚醒するとか。

この場合、雛見沢に1回帰るかどうかも大きくルートが分かれそうです。

沙都子が雛見沢に帰って覚醒した場合、雛見沢を巻き込んでの大惨事もあるかもしれない。

 

自ら命を絶つ

3つ目は、沙都子が自ら命を絶ってしまうパターン。

これは雛見沢症候群を発症しなくてもあり得るルートでしょう。

その後、梨花ちゃんが沙都子を助けるために再びループを決意。

けれど、梨花ちゃんは死に間際の記憶を忘れちゃうので、その目的を忘れてループしてしまった。

そして、沙都子は高校生の梨花がループしているとは知らず、旧作の小学生の姿で何度もループしている梨花ちゃんを相手にしていると思っている。

沙都子は梨花が聖ルチーア学園に行きたいという夢を諦めさせるため、梨花は沙都子を助けるため。

けれど、お互い情報を足りないのですれ違っている状態。

これなら、新EDテーマの考察で出て来た『幼き動機の共鳴』の歌詞にもつながるんじゃないかなと思います。

詳しくは新EDテーマの考察を参照してください。

 

意外と雛見沢の方から

4つ目は、意表を付いて雛見沢の方で問題が起こる。

というのも、今回は梨花ちゃんと沙都子以外の情報がほとんど描かれなかったので。

圭一とレナはどこに進学したのかとか、村を出ることになった梨花ちゃんへの住人の反応とか、

あとは結局、悟史はどうなったんじゃい?とか。

なんか意図的にも思えるほど雛見沢側の情報がなかったので。

郷壊し編は沙都子と雛見沢のダブルの崩壊で始まるのかもしれない。

 

アニメ『ひぐらしのなく頃に業 19話 郷壊し編その2(2020年版)』の感想・考察・解説まとめ

今回の話をまとめると、親友とはいえ他人の夢に乗っかっちゃダメ。
あと、大人は子供をサポートしてあげないとね。

>>ひぐらしのなく頃に業20話の考察・解説へ

>>ひぐらしのなく頃に業19話カレンダーの謎を考察へ

>>ひぐらしのなく頃に業18話の考察・解説へ