あなたの心のにーにー:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回はそんなアニメ『ひぐらしのなく頃に業』北条悟史の復活を考察ー!

にーにー、忘れないよ!

バーニィ、忘れないよ風に言ったところで、今回は北条悟史特集となります。

動画解説:復活の悟史【ひぐらしのなく頃に業 考察】詩音・レナ・魅音も加わり3クール目は沙都子包囲網(約12分)

復活の悟史『ひぐらしのなく頃に業』の感想・解説・考察

第23話郷壊し編その6は、まさかの沙都子ワシ編。

鬼騙し編や祟騙し編の解決編を一気に行って、ひぐらし業の最終回となる第24話郷壊しその7で畳み掛けてくる展開も想像しましたが、キレイな鉄平が登場したことで、噂の3クール目はほぼほぼ確定と言ってもいいでしょう。

とはいえ、サプライズがひぐらしのウリですから。

沙都子は郷壊し編でさんざん擦ったので、そろそろ新たな展開あるんじゃないでしょうか。

なんならひぐらし業のラストで大きな動きがあって、3クール目に突入なんていう展開もあるかもしれない。

そうなってくると、今までの話の展開から無視できない存在が北条悟史。

今回はそんな悟史を中心に考察していきたいと思います。

ちなみに、ブログ版、または動画の概要欄で漫画版や小説版などの試し読み、その他のひぐらしの考察動画をまとめています。

気になる方はそちらもチェックしてみてください。

>>ひぐらしも含む2021年冬アニメおすすめランキングへ

>>ひぐらしも対象サスペンスアニメおすすめランキングへ

悟史復活の可能性

まず、悟史、復活はあるのか?

可能性的には十分あるでしょう。

悟史の寝たきりの原因である雛見沢症候群は、沙都子が完治しているので、悟史も完治しても不思議ではない。

なんなら、エウアの強力な力があれば、どうとでも出来そうですし。

問題はどう復活するか?

これによって、ストーリー展開も大きく変わってくるのは間違いないでしょう。

まず前の悟史と変わらず、普通に復活した場合。

この場合は、梨花ちゃんにこだわる沙都子にもさすがに迷いが出てくるでしょう。

それでも、梨花ちゃんにこだわるなら、悟史が沙都子を止めるキープレイヤーの一人になりそう。

逆に悟史の復活で沙都子が気持ちを改めるなら、

その時はエウアが立ちはだかりそう。

本当の意味での力をもらった代償を知ることになるといった感じで。

展開的には王道的ですが、エウアのやり方によっては、トンデモナイ惨劇が巻き起こされちゃうかもしれないけれど。

 

キレイな鉄平ならぬ、黒い悟史の場合

もう一つは、予想外の形で悟史が復活した場合。

第23話で予想外にキレイな鉄平が生まれたのなら、逆に黒い悟史が生まれる可能性もあるんじゃないでしょうか。

というのも、鉄平がキレイになったのは、沙都子と梨花ちゃんが繰り返した影響でフラッシュバックを見まくったこと。

そして、繰り返しの影響は沙都子や梨花ちゃんに近しい人ほど影響が強いわけですから。

叔父の鉄平があれだけ影響を受けたのなら、兄の悟史はもっと強い影響を受ける。

さらに、寝たきりの状態でも夢は見ますし、寝ている時間が多いということは、それだけ夢のフラッシュバックも多くなる。

しかも、鉄平のシーンを見る限り、夢は怖いだけという可能性も高く、その場合は夢を見ている間はずっとフラッシュバック喰らいまくりの状態。

鉄平の比ではなくなってきます。

フラッシュバックの影響で鉄平と、たぶん鷹野も悪人から反転しましたけれど、善人の悟史も反転して、黒い悟史になる可能性もあるんじゃないでしょうか。

オヤシロ様像などの反転は、この辺のキャラクターの反転の暗示だったのかもしれない。

 

沙都子とのお別れのシーン

そこで気になったのが、第22話郷壊し編その5で出てきた沙都子が悟史に別れを告げるシーン。

梨花ちゃんの記憶の欠片を見ていたはずなのに、急に沙都子の話が入ってきた違和感もありますが、

この時に出てきた悟史の映像は第17話猫騙し編その4で出てきたものと、まったく同じものを使ってるんですよね。

鷹野が改心して、番犬が入江診療所を制圧した時のシーンですね。

画を使い回したという可能性もありますが、これ意図的にやってるんだったら、第22話のシーンは梨花ちゃんの記憶の欠片でなく、未来の沙都子のシーンを入れ込んできたという可能性も考えられる。

つまり、猫騙し編のラストで梨花ちゃんたちに銃口を向ける前に、あの場所に行って悟史に別れを告げていたのかもしれない。

また、あの場面、悟史に別れを言うときに場面が切り替わったときにはベッドから悟史が消えているのですが、あれは別れを言った演出ではなく、そのまま悟史は猫騙し編ではすでに復活しているという演出なのかもしれない。

 

3クール目は悟史VS沙都子

仮に悟史がすでに復活していたんだったら、気になるのは沙都子のさよならにーにーのセリフ。

これ悟史が復活してるんだったら、だいぶ意味合いが変わってくるんですけど。

その場合、袂を分かつという意味も出てくると思うのですが、最悪の場合、悟史と沙都子が対立している可能性もあるんじゃないかなと。

というのも、悟史がフラッシュバックを見るなら、沙都子を鉄平夫婦から守って虐待されたり、雛見沢症候群を発症して叔母を殺したり、最終的に寝たきりになった辺りを見ると思います。

結果、怒りの矛先が沙都子に向かって、黒い悟史に反転するなんてこともあるんじゃないでしょうか。

その場合、梨花ちゃんを狙う沙都子、その沙都子を狙う悟史という地獄のループが出来ちゃうんですけど。

また、それによって、沙都子が自分のやったことの重大さに気付き反省したのなら、

鬼騙し編とか綿騙し編とか、沙都子が黒幕と見せかけて、実は悟史やその協力者が黒幕で、沙都子はそれを止めようと動いていたという可能性も見えてきた。

郷壊し編の沙都子の状態や今までの流れから、鬼騙し編以降の事件が沙都子が黒幕として関わっていると見せかけてのちゃぶ台返し。

こういった盤上をひっくり返す展開、ひぐらしだったら見せてくれるかもしれない期待感がある。

 

3クール目が園崎詩音の見せ場

悟史が黒幕だった場合の問題点は、途中で復活するとしても最初は寝たきりであること。

これじゃあ自分じゃ動けないし、動けるようになったとしても、入江や詩音なんかがすぐ気付いてしまいますからね。

ただ、鬼騙し編と猫騙し編では番犬が入江診療所を制圧する日にちが違うので、これによって復活の悟史の時期が早まることもあるかもしれませんが。

とはいえ、悟史が動いている場合、一人だけでというのはなかなか難しいでしょう。

悟史の協力者として一番に挙げられるのは、『容疑者S考察』でも出てきた園崎詩音

郷壊し編で全然出番がなかったのは、3クール目で悟史と共に暴れ回るためだったのかもしれない。

でも、いくら悟史のためとはいえ、普段の詩音なら一緒に暗躍することはないと思いますが(たぶん…)、沙都子とも梨花ちゃんとの近しいものではある詩音も反転する可能性はある。

目明し編の詩音を知っていると、反転と言ってもいいのか複雑な気持ちにはなるけれど。

悟史が動けないときは詩音がカバーする、3クール目は黒いゴールデンコンビが生まれるかもしれない。

 

キービジュアルに隠されたメッセージ

こうやって来ると、無視できないのは部活メンバーでございましょう。

三人共、沙都子とも梨花ちゃんとも仲がいいわけですから。

そうなってくると、気になるのはレナと魅音のキービジュアルの表情。

どちらも『うちらもやりまっせ!』と言わんばかりのやる気マンマンの顔をしていること。

これは繰り返す内に、この二人もその内に反転するという暗示にも見えてくる。

反転した場合、悟史たちと共闘するのか、独自に動くのか分かりませんが、どちらにしろ、沙都子にとってはさらに計算外の事態となるのは間違いない。

そうやってみると、キービジュアルの沙都子は、自分が梨花ちゃんを付け狙っていたつもりが、いつのまにか自分が付け狙われる立場になっていた、沙都子包囲網が完成してたっ?みたいな表情にも見える。

沙都子を直接狙うかは分かりませんが、自分のループがキッカケとなって世界が大きく変わってしまった。

エウアから能力を与えられた本当の代償を知る。

謀ったな、エウア!

的な表情にも見えてくる。

3クール目はそんな世界を元に戻そうと奔走する沙都子を鑑賞して、エウアが嘲笑う展開なんかもあるかもしれない。

 

沙都子を助けてくれるのは

そんな沙都子の味方になってくれる人物といったら、同じ繰り返す者である梨花ちゃん。

さとりかファンの方、お待たせしました。

追い詰められた状況で、3クール目は夢のさとりかタッグが復活するかもしれない。

そして、もう一人、圭一もそんな二人の味方になるかもしれない。

キービジュアルを見ると、圭一はやりまっせ!という顔してないんですよね。

3クール目は前原圭一、再び主人公としての輝きを放つのかもしれない。

鉄平がループの影響を受けたことを見る限り、エウアのいう近しい人とは仲の良さではなさそう。

また、鷹野も影響を受けてるんだったら、血縁関係だけでもなく、ある程度付き合いがあって、知り合った期間が長いほど影響を受けるんじゃないのかなと。

そうすると、圭一が沙都子や梨花ちゃんと知り合って一番日が浅いから影響が出るのも一番遅いという形になる。

ちなみに、レナや魅音はもちろん、詩音も目明し編で描かれたように、魅音と入れ替わって雛見沢に行ったこともあるので、圭一よりも先に沙都子や梨花ちゃんとは面識がある関係。

仮にこの予想通りだったら、3クール目は圭一が反転する前に解決しないといけないというループの回数にも制限が付いてくる展開もあるかもしれませんね。

 

復活の悟史『ひぐらしのなく頃に業』の感想・考察・解説まとめ

今回の話をまとめると、復活した悟史が黒い悟史だったら盤上が一気にひっくり返る可能性もあり。
そして、その時にエウアの本性が見えてくるのかもしれない。

>>ひぐらしのなく頃に業23話の考察・解説へ