あなたの心の先行カット:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回はそんなアニメ『ひぐらしのなく頃に卒』先行考察ー!

7月まで待てない!

今回はひぐらし卒の感想や考察を、一足早く語っていきます。

動画解説:先行PV考察【ひぐらしのなく頃に卒】業の事件の裏側となる解決編を解説(約12分)

解決編『ひぐらしのなく頃に卒(2021版)』業の事件の裏側の感想・解説・考察

ひぐらし業の解決編となる『ひぐらしのなく頃に卒は』7月放送。

そんなに待ち切れないよ!ということで、今回は公開されたPVの先行カットを元に、ひぐらし卒の考察を行っていきます。

果たしてストレートに、沙都子が黒幕で、H173を使って暗躍していたのでしょうか?

ちなみに、ブログ版、または動画の概要欄で漫画版や小説版などの試し読み、その他のひぐらしの考察動画をまとめています。

気になる方はそちらもチェックしてみてください。

>>ひぐらしも含む2021年冬アニメおすすめランキングへ

>>ひぐらしも対象サスペンスアニメおすすめランキングへ

階段を駆け下りる沙都子

まずは階段を駆け下りる沙都子。

雛見沢分校ってあんなに生徒が少ない割には意外と1階建てじゃないですからね。

もともとは学校じゃなくて、営林署(林を管理する役所のこと)の建物を間借りしている形ですからね。

ここは場面からして、第1話鬼騙し編その1で行った宝探しゲームの一場面じゃないかなと思います。

この後の梨花ちゃんのトラップ箱が猫騙し編に繋がる重要なエピソードの一つ。

この時の沙都子は小学生にしか見えないということで、まさか沙都子がループしているなんて誰も予想してなかったんじゃないでしょうか?

それが裏では鬼と化して色々やっていたということで、人によっては『沙都子め~!』と思っている人もいるかもしれない。

 

雨の中のレナ

続きましては、雨の中のレナ。

雨の中のレナというと、鬼騙し編ではなかった鬼隠し編の圭一の家のドアで指を挟まれて『痛い痛い痛いー!』となった挙句、雨の中、外に追い出されたシーンを思い出しますが、

PVの方をよく見ると、レナの顔に血が付いている。

そして、レナが人を引きずるような歩き方をしていることから、

罪滅ぼし編のように間宮リナを始末して死体を引きずっているシーンじゃないでしょうか。

罪滅ぼし編では雨が降ってなくて、リナがちょうどレナがいるゴミ山に来たので、比較的すぐに死体を隠すことができましたが、鬼騙し編では別の場所でやり合ったのかもしれませんね。

カットされたと見せかけて、間宮リナ解決編で出番があるかもしれない。

ちなみに、罪滅ぼし編だとリナとグルの鉄平も始末するシーンもありますが、業ですでにキレイな鉄平となっているので、鬼騙し編ではすでにリナと鉄平は別れてるんじゃないかなと思います。

 

包丁を持つ手

続きましては、包丁を持つ手。

包丁を持つ手といえば、鬼騙し編のクライマックス

圭一VSレナを思い出すのですが、天井のデザインと照明器具が圭一の家とは違うんですよね。

天井の色の違いだけじゃなく、金持ちの前原家はあんなちっちゃいのじゃなく、デッカイ照明器具を付けてますからね。

となると、鬼騙し編のラストの方に出てきた沙都子と梨花ちゃんが相打ちのように死んでいたシーンでしょう。

梨花ちゃんと沙都子の家の台所の天井が見えるシーンは見つかりませんでしたが、台所の照明器具はPVのものと同じようなものになっています。

このPVから見ると、二人はやはり相打ちじゃなくて、一方が刺してからもう一人は自殺した。

ストレートに考えるんだったら、沙都子が梨花ちゃんを刺してその後に自分もという展開。

もしくは、他に黒幕がいるならその人がというのも考えられますが、手の大きさ的に子供サイズなので、沙都子か梨花ちゃんの手と考えるのが可能性高そうですよね。

 

ハッと目覚める圭一

そして、ハッと目覚める圭一。

圭一がハッと目覚めるシーンは、鬼騙し編や祟騙し編でもありましたが、同じシーンをわざわざ解決編で使い回すとは思えないので、また新たなシーンでしょう。

PVの手はレナじゃないと思いますが、その前が包丁を振り下ろすシーンになっているので、圭一が鬼騙し編の記憶の欠片を夢に見たシーンとかじゃないでしょうか。

ループの影響は沙都子や梨花ちゃんに近しい者ほど影響を受けると言っていたので、卒では部活メンバーにもこの辺の影響がどんどん出てきそう。

 

銃の弾倉と弾を持つ手

次は、銃の弾倉と弾を持つ手。

これは手の大きさと、猫騙し編のラストで銃を取り出したことから、沙都子の手でほぼほぼ間違いないかなと。

弾倉に弾を込めているように見えますが、銃を盗みに入って弾を確認しているのかもしれない。

場所は車の中っぽいので、鷹野の車の中でしょうか。

そうだとすると、鷹野は銃を車の中に置いているということで、H173の隠し場所といい、カギをかけられるとはいえちょっと不用心。

 

家の中で放心するレナ

そして、家の中で放心しているようなレナ。

ここは家のデザイン的にレナの家の中でしょうか。

鬼騙し編でお父さんについて発言していたこと、そしてこの放心したような表情。

この二つを結び付けると、もしかしてレナさん、鬼騙し編ではリナだけじゃなくてお父さんもやっちゃいましたっ!?

ちなみに、このシーンのレナさん、なんかぶつぶつ言ってるのですが、『お父さんが悪いんだからね。』とか言ってるのかもしれない。

 

アップの羽入

そして、アップの羽入。

アップすぎて情報量少なすぎるわ!って感じですが、業の情報から考えたら梨花ちゃんと記憶の欠片で会ってるシーン。

新しい場面だとするなら、欠片の世界から梨花ちゃんの様子を見ている姿。

とはいえ、残り香といっていた羽入にそんな力があるのか?

そもそも梨花ちゃんを見ていたのなら、誰が犯人か教えてくれそうなものですが。

敢えて教えてないんだったら、エウアとの何らかの繋がりを疑わないわけにはいかない。

この画もアップで情報量が少ない割に、左角の傷(羽入は角に傷を負ったことで完全体から今の姿になったと言われているので)はしっかりと見せているところも気になりますね。

 

悔しそうな魅音

次は、悔しそうな魅音。

カーテンや外から見える景色から場所は教室ですね。

場所や表情的に、祟騙し編の序盤で沙都子を助けれずに悔しがる魅音に見える。

ただ、圭一の時にも言った通り、業で一度やったシーンをわざわざもう一度見せるのか?そして、卒のPVでわざわざ入れてくるにしてはそんな印象的なシーンではない。

となると、まだ出て来ていない綿騙し編のシーンでしょうか。

綿騙し編で気になることと言えば、第8話綿騙し編その4で見せた『違いない違いない違いない!』のシーン。

この時に、なぜか梨花ちゃんに対する怒りをぶちまけていたので、このシーンで梨花ちゃんに対する情報を、沙都子もしくは他の黒幕に吹き込まれたのかもしれない。

 

怒るレナ

山の中で怒るレナ。

先ほどのと繋がってるんだったら、間宮リナの本性が分かったシーンでしょうか。

となると、山の中でリナを殺して、死体を処理するときに雨が降って来たという流れでしょうか。

リナじゃないんだったら、黒幕的な相手と話してるとか辺りでしょうか。

 

ちょっと表情がいつもと違うエウア

そして、欠片の世界にいるエウア。

椅子に座って左手に錫杖を持っているいつもの姿。

ただ、表情がいつもの楽しそうな感じじゃないので、沙都子と会っているときや、沙都子の行動を鑑賞しているときとは違うのかもしれない。

ひぐらし卒では梨花ちゃん、または羽入と出会うシーンとかも出てくるのでしょうか。

 

血のりの付いた沙都子

血のりの付いた沙都子。

最初は普通でこの後に赤眼になることを考えると、猫騙し編のラストで銃をぶっ放した沙都子とかではなさそうですね。

先ほど出てきた包丁のシーンと繋がってるのなら、鬼騙し編はやはり沙都子が梨花ちゃんを刺して、その後に自分も刺したという流れになるんでしょうね。

もしくは、先ほど銃も出てきたし、綿騙し編のラストは実は相打ちじゃなくて、沙都子が魅音を撃って、その後に自分も撃ったという流れなんでしょうか。

 

それでも信じられますか?で笑う梨花ちゃん

最後は笑顔の梨花ちゃん。

雰囲気的には、郷壊し編でボクと一緒に聖ルチーア学園に行くのです。と言ったときや、猫騙し編で梨花ちゃんが雛見沢に残る決心をしたときに沙都子と話していた雰囲気に見えますが、

ここはこの場面というよりも、ナレーションで入ってくる『それでも信じられますか?』の後に梨花ちゃんが笑うところに何か意味があるのかなと。

ひぐらし業の内容をストレートに考えるなら、鬼騙し編以降はおかしくなった沙都子が起こした惨劇という予想が一番に出てくると思います。

この『それでも信じられますか?』というナレーションと梨花ちゃんの笑顔。

そして、ひぐらしがそんなストレートな解決編を見せてくるか?という疑問から、わたくしはやはり沙都子じゃないんじゃないか。

少なくとも、沙都子だけが黒幕ということはないんじゃないかと思えてならない。

やはり、エウアが見る方の鑑賞だけでなく、介入する方の干渉も行っているのか?

それとも、結局『郷壊し編』では一切出番なかった容疑者Sこと詩音が動いているのか。

もしくは、詩音が動いているのなら悟史も実は復活していて動いているのか。

いやいや、実は被害者と見せかけて、梨花さまがそもそも発端だった。

他にも、レナや羽入、業の最終回を見て野村が来るぜ!と挙げている人もおり、解決編で再び盤上をひっくり返してくれるかもしれない。

いや、ひぐらしならひっくり返してくれると俺は信じてるぜ!

 

解決編『ひぐらしのなく頃に卒(2021版)』業の事件の裏側の感想・考察・解説まとめ

今回の話をまとめると、PVだけでもヒントが盛りだくさん、それがひぐらし。
そして、PVでも沙都子が怪し感じに見せておいて、最後にそれでも信じられますか?と聞いてくるところに、裏切りの予感を感じる。

>>ひぐらしのなく頃に業24話の考察・解説へ