あなたの心の嘘が混じってます:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回はそんなアニメ『ひぐらしのなく頃に卒』第9話の感想&考察ー!

まさかの発言どんでん返し!

木曜の夜は再びひぐらしに捧げる男でございます。

今回もひぐらし業の祟騙し編を見てから、この祟明し編の考察をお送りします。

動画解説:大石の嘘【ひぐらしのなく頃に卒9話~祟明し編その3考察・感想】原作者・竜騎士07のH173じゃないという仕掛け(約12分)

『ひぐらしのなく頃に卒9話~祟明し編その3』の考察・感想・解説

今回の第9話の感想を一言でまとめると、竜ちゃんに騙されたーーーっ!?

原作者の竜騎士07は、ひぐらし業の時に『大石はH173発症じゃない』と発言していた。

ただし、『今日の質問に嘘が混じってますごめんね』とも答えていた。

とはいえ、大石の発症というキーポイントになりそうな部分が嘘とは思わんかった。

『あなたはそれでも信じられますか?』これはこの竜ちゃんの発言もコミコミで聞いているのかもしれない。

今回はそんなひっくり返った竜ちゃんの発言や、大石の行動を中心に考察していこうと思います。

ちなみに、ブログ版、または動画の概要欄で漫画版や小説版などの試し読み、その他のひぐらしの考察動画をまとめています。

また、YouTubeではアニメや漫画の役立つ情報を配信しているので、良ければチャンネル登録してください。

ひぐらし卒も含む2021年夏アニメおすすめランキングへ

ひぐらしも対象サスペンスアニメおすすめランキングへ

令和の時代でもノーマル鉄平は遠慮なし

まずは令和の時代でも遠慮なし!

実は鉄平がキレイだった祟騙し編はもちろん、回想でも鉄平が沙都子に暴力を振るうシーンがなかったので、アニメの規制が厳しい昨今、こういった虐待シーンはカットするのかな?と思っていたら、

普通に殴ってくるんですけどーっ!?

ノーマルな鉄平は令和への配慮関係なし。

SSRな鉄平とのギャップを演出するために、このシーンを敢えてひぐらし卒で入れてきたという形でしょうか。

そして、旧作でも見せてくれなかった悟史の部屋。

大石の北条家訪問でも、2階に上がった様子はありませんでしたし。

祟騙し編のラストで、本当に沙都子が圭一に渡したいものがあったのなら、この部屋の中にも何か秘密があるのかもしれない。

 

北条沙都子ですらないかもしれない

ギャップといったら鉄平だけでなくて沙都子も。

郷壊し編ではまだ鉄平に怯えていたりしたましたが、今回は自分が殴られているシーンを見ても冷静。

それどころか、『かっての不幸が今の幸福』と、その最悪の状況すら利用する姿は、鉄平とは正反対に変わった逆SSRな沙都子と言ってもいいかもしれない。

そんな価値観が逆転した沙都子を見て『それは人では、いや、北条沙都子ですらないかもしれない』といったエウアの発言が、かなり気になる。

これは比喩的な意味なのか?

それとも、前に考察した通り、赤眼になった時の沙都子は鬼化、または魔女化しているのか?

沙都子の精神が別の影響を受けているかどうかによって、終盤の展開が大きく変わってくるのは間違いない。

 

嘔吐シーンはやっぱり演技?

嘔吐シーンはやっぱり演技なのか?

前回の頭を押さえて赤眼が点滅している時は、演技とは思えない苦しみ方だったのですが…。

今回見せた嘔吐のラストシーンでは、いつものニヤリニヤリと笑う演技派さっちゃんが登場していた。

またまた、赤眼になっていたので、通常の沙都子は苦しんだけれど、赤眼にチェンジするとその苦しみが引いた。

前回の苦しんでいた沙都子の姿は、赤眼により精神が壊れていく、もしくは別の何かに精神が乗っ取られているようにも思える。

ちなみに、竜ちゃんはここについても『沙都子の嘔吐シーンは演技』質問に答えています。

でも、大石の件を考えると、それも嘘なんじゃないか?という疑惑が生まれる。

完全に竜ちゃんに翻弄されているよ。

 

詩音はなぜ沙都子のことを知っていたのか?

ひぐらし業でも思ったけれど、詩音はなぜ沙都子のこと知ってたんでしょうね?

もちろん、園崎家の情報網で知ったという可能性もありますが、詩音が来た魅音がビックリしていたこと。

また、旧作の皆殺し編では、詩音は梨花ちゃんにこのことを聞くまでは詳しく知りませんでしたし、怒り方も徐々にステップで怒っていたのですが…。

でも、今回は出て来た時から激おこ状態。

怒れるヤンキー姉ちゃんみたいな剣幕だったので、教えた奴がちょっと煽ったんじゃないか?という疑惑、

詩音も沙都子とは別に暗躍している説が当たっているのなら、怒りの演技という線も無視できない。

 

鉄平のエプロンと料理

この夏は赤でビッと決めろ!今週の鉄平のエプロン姿も話題沸騰。

ちなみに、鉄平と同じ柄のエプロンが売っているそう。

ひぐらしが公式で扱えば、けっこう売れるかもしれない。

沙都子のものにしては大きすぎるので、鉄平の嫁のエプロンじゃなかろうか?という考察がありました。

キレイになった鉄平は、殺された嫁のことをどう思っているのかも気になるところ。

祟明し編では圭一ならぬ鉄平が料理に挑戦し、同じように消火器で沙都子に消化される。

祟騙し編ラストの圭一VS鉄平の謎が多い展開を考えると、同じ演出にしたことに何か意味があるのか?と勘ぐってしまう。

 

沙都子を救うのは圭一じゃなく鉄平

沙都子も予想外。沙都子を救うのは圭一じゃなくワシや!鉄平が大石に土下座して家まで来てもらう。

鉄平と大石のツーショットなんてまるで予想してなかった。

一体鉄平のキレイ化はどこまで進むのか?

価値観が逆転した沙都子がもはや北条沙都子でないのなら、価値観が逆転した鉄平ももはや北条鉄平ではないのでは?

祟騙し編のラストで、目が真っ赤になって暴れた鉄平は、この価値観逆転による反動という線もあるかもしれない。

逆にこの鉄平や沙都子の様子を知って、圭一たち部活メンバーの様子を見ると、もうトンデモないピエロやがな。

大石の言う通り、圭一がみんなに担がれたピエロという名の神輿に見えてしょうがなかったよ。

 

大石はH173発症

今回の鉄平の様々な行動に、沙都子が珍しく神妙な顔をしていたのもあり、沙都子を救うのはやはり鉄平なのか?…そう思っていた時期が僕にもありました。

まさか大石登場のアクシデントも逆手に取っちゃうとはね。

さっきのしんみり顔はどこ行った?

そして、竜ちゃんは、

大石はH173で発症してないって言ったじゃん!言ったじゃん!違うって竜ちゃん言ったじゃん!

と、大石に注射を打ったときは、メロドラマのヒロインのように取り乱した人も続出したシーンじゃないでしょうか。

H173を食べ物や飲み物に混ぜるという意見はたくさんあったけど、何気に盲点だった睡眠薬を使って眠らせてから打つ。

意外と思いつかんかった!

でも、沙都子がなんで睡眠薬持ってんだよ?というのと、警察の大石がお茶飲んで寝ちゃったことをなんで全く怪しく思ってないんだ?というツッコミどころはあるけれど。

 

熊ちゃんはなぜ置いていかれた?

あと、なんで熊ちゃんは置いて行かれたの?

こんなところで一人で待つぐらいなら、一緒に北条家に行けばいいがな。

一人でも味方が欲しい鉄平が熊ちゃんだけ断ると思えないので、大石の指示なんでしょうか?

祟騙し編の序盤では学校まで沙都子を調査しに来たし、H173を打たれる前から、おやっさんの仇が討てるなら、なんでも利用してやろうという腹積もりだったのかもしれない。

だから、大石はH173を打たれて、レナや魅音より早く発症して、行動を起こしたのかもしれない。

 

全ての仕掛けは大石だったけど…

地蔵を倒したのも鳥居に小便引っ掛けても、鉄平はもちろん、沙都子の工作じゃなくて大石だった!

地蔵はともかく、小便はいるか?って感じですが、発症して御三家にはよっぽどイラッとしているのか。

それとも、そっちの方が鉄平らしいと思ったんでしょうか。

今回の大石の発言から、綿流しの夜に大石が北条家にいた可能性がグンと高まった。

でも、今回の動きを見ると、古手家よりもむしろ園崎家の方をマークしているように見えるけれど、それがなぜ犯行時のように梨花ちゃんに対する疑心暗鬼へと変わったのか?

沙都子の囁き作戦、この後に大石にも炸裂するんでしょうか?

 

祟騙し編ラストバトルの行方

また、分からないと言えば、祟騙し編ラストの圭一VS鉄平のバトル。

あれが頭を殴られた圭一の妄想で、実は大石だったという可能性は今回高まりましたが、その場合、本物の鉄平はどこにいるんだ?

鉄平を連続怪死事件の犯人をおびき寄せる餌とするのなら、鉄平を先に殺してしまうというのは考えづらい。

また、村人を警戒している鉄平ですから、沙都子の誘導次第では鉄平が圭一を襲うことも十分にあり得る。

どちらにしろ、その場合、もう一人はどこにいたのか?

さらに、大石の場合、あの後の行動を考えると、本当は圭一とのバトルに勝っていたと思うのですが、なぜ圭一を犯人の一味だとして尋問したり、トドメを刺さなかったという疑問も残る。

そして、一番の疑問はなぜ沙都子は圭一をそんな北条家に連れて行ったのか?

殺意を持って連れて行ったのだったら、圭一じゃなくて梨花ちゃんを連れて行きそうなものですし。

なにかしらの理由で圭一が邪魔なら、こんな面倒なことしなくても魅音の時のように自分で始末すればいいわけですし。

ターゲットじゃない圭一を、北条家にわざわざ連れていく意味が謎ですね。

 

大石がH173なら、猫騙し編のハッスルラッシュも可能性が

そして、大石がH173で発症したことでも大きく状況が変わった。

大石みたいないつもの雛見沢症候群よりもアグレッシブな、ハッスル赤坂などもH173の可能性が高まったから。

今までは『大石はH173発症じゃない』という竜ちゃんの発言を信じて、エウア発症説・沙都子逆女王感染者説・鬼化や魔女化で沙都子の能力が暴走など色々と考察しましたが、ここは一度原点に帰って再考察しないといけません。

このハッスル化と祟騙し編のラストの展開も含めて、こちらはまた別で特集して考察したいと思います。

 

『ひぐらしのなく頃に卒9話~祟明し編その3』感想・考察・解説まとめ

ひぐらしのなく頃に卒9話の考察をまとめると、沙都子と竜ちゃんの言葉は信じるな!
逆に今一番信じられるのは鉄平であることは間違いない。
そして、ここまで鉄平の株を上げたのだったら、最後にひどい目に遭うのか?それとも、更なる感動の見せ場を作るのか?
鉄平のラストが今から気になって、ドキドキするよ!

ひぐらしのなく頃に業/卒の考察・解説一覧へ