あなたの心のロングPV:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回はそんなアニメ『ひぐらしのなく頃に卒』ロングPV考察ー!

レナたちの行動が丸裸!

今回はショートバージョンに続いて、ロングバージョンも語っていきます。

春の新アニメも落ち着いてきたというわけで、こっからはひぐらし卒が始まるまで、週一ぐらいのペースで記事を出していこうかなと思います。

動画解説:ロングPV考察【ひぐらしのなく頃に業/卒】レナや魅音の鬼騙し編の行動が丸裸(約12分)

ロングPV考察『ひぐらしのなく頃に業/卒』レナたち鬼騙し編の裏側の感想・解説

今回はショートバージョンに続いて、ロングバージョンのPV考察を。

ロングバージョンになったことで、新たに見えてきた情報もアリ。

今回はショートバージョンでは分からなかった情報を中心に考察していきたいと思います。

ちなみに、ブログ版、または動画の概要欄で漫画版や小説版などの試し読み、その他のひぐらしの考察動画をまとめています。

気になる方はそちらもチェックしてみてください。

>>ひぐらしも含む2021年冬アニメおすすめランキングへ

>>ひぐらしも対象サスペンスアニメおすすめランキングへ

鬼騙し編の裏側

ロングバージョンのPVを見て思ったこと。

PVで出て来てるシーンは全て鬼騙し編の裏側じゃないのかなということ。

ショートバージョンの時はいくつか他のエピソードも混じっているのかな?とも思いましたが、今回のレナは全て鬼騙し編の裏側っぽい。

となれば、他のキャラクターもそうで、このPVはひぐらし卒で最初に来るであろう『鬼騙し編』の解決編をまとめたものじゃないかなと。

ということで、今回は全て鬼騙し編の裏側として仮定して、考察していきたいと思います。

 

レナの裏側

今回はキャラごとにまとめて考察していきます。

まずは今回も一番シーンが多いレナから。

ショートとロングのPVを合わせて、鬼騙し編で一瞬だけあった6月14日の雨の日に誰かを殺した。

そして、糸ノコを使ってバラバラし、死体を処分したということなんでしょう。

殺された第一候補は間宮リナ。時点としてレナのお父さん、もしくは両方という形でしょう。

また、レナが道具を買ってるシーンにロープとガムテープもあったので、

まずは別の場所で殺すか気を失わせて、そこから山に運んだのかもしれないですね。

レナの家らしきところでぶっ飛んだ顔してるシーンがあったので、レナの家でまずは襲ったのかも。

ちなみに、ラストで圭一の家に来たときに重箱に色々と道具を用意してましたが、ガムテープはこの時はありません。

なので、ガムテープは罪滅ぼし編のときみたいに、バラバラにした死体をゴミ袋に入れて、それをテープでグルグル巻きにするときに使ったのかもしれません。

そこで気になってくるのが、山の中で悔しそうな顔をしているレナ。

ここは死体を処分しているところを誰かに見られたとかでしょうか。

その相手の第一候補はやはり沙都子でしょうか。

そこで沙都子に何か吹き込まれたのかもしれませんね。

今回のロングPVでは、私服じゃなくて制服で誰かに襲い掛かってるようなシーンもあるので、もしかしたら鬼騙し編でレナは沙都子のことも襲ったのかもしれない。

沙都子はレナに殺されてないんで、沙都子ならこれは撃退したという形でしょうか。

また、この第1話で出てきた雨の日の次の日、6月15日に宝の山で雑誌を見つけて読む圭一の後ろ姿を見ているのはレナ視点。

ここで視点が黒くなっているということは、レナはこの時点で雛見沢症候群のL4、もしくは末期前のL5を発症していた。

その前日に人を殺しているので、当然ちゃ当然ですよね。

そして、外から圭一の家を見ているレナは、首を掻きむしってること、そして、圭一の部屋しか明かりが付いてないことから、これは鬼騙し編のラストで圭一の家を訪ねたシーンでしょう。

他にも、3話で出て来た圭一と大石の電話をレナが聞いた日も怪しいですが、あの日は親が居たので1階に明かり付いてるでしょうし、ここで首掻いていたらレナの首にひっかき傷が残るしね。

 

沙都子の裏側

沙都子はロングPVで新たなシーンは追加されてませんが、すべて鬼騙し編の裏側と仮定して再考察。

包丁を持っている手、血が沙都子は最後に梨花ちゃんを仕留めたシーンでしょう。

問題は銃を持っているシーンですね。

これも鬼騙し編の裏側なら、沙都子は鬼騙し編で銃を使っていたことになる。

考えられるのは、レナが人を殺したことを知って、脅すまたは何かを吹き込むときの護身用として持って行ったのかもしれない。

制服姿で誰かを襲っているレナは沙都子を襲っていて、この時は銃で撃退したのかもしれない。

また、沙都子が何か吹き込んだのだったら、この時に圭一に殺意が向くように仕向けたのかもしれない。

 

梨花ちゃんの裏側

梨花ちゃんは教室から出て行こうとするシーンが追加。

ここは4話で、疑心暗鬼になりかけている圭一にアドバイスを送る前のシーンじゃないでしょうか。

部活メンバーから離れて教室の外に出て行った圭一を、梨花ちゃんも何か言って後を追いかけたシーン。

そして、ショートバージョンでも笑顔を見せる梨花ちゃん。

今回はここに引きの場面と、ファイトオー!と言ってるシーンが追加されたことで状況が見えてきた。

これは引きの場面を見る限り、圭一の家の前じゃないかと。

疑心暗鬼にならないように圭一アドバイスした後、心配になって見に来たとかじゃないでしょうか。

結果、圭一はレナを信じて扉を開け、抱きついて家の中に入れちゃう。

それを見て安心した梨花ちゃんが、あとは若い二人でしっぽりと『ファイトオー!』と言って去って行ったんでしょう。

まさかこの後に、夜のプロレスならぬ、流血もののプロレスが展開されるなんて、この時の梨花ちゃんはまだ知らない。

ついでに言うと、まさか自分もこの後に沙都子とプロレスを繰り広げることも、もちろんこの時の梨花ちゃんはまだ知らない。

 

圭一の裏側

鬼騙し編縛りで考察するなら、ハッ!と起きた圭一は鬼隠し編のフラッシュバックが起こったシーン。

もしくは4話の冒頭でレナの悪夢にうなされて起きたシーンがあったので、そこの新たなカットかもしれませんね。

教室の窓の外をぼんやりと眺めるシーンは、まだ梨花ちゃんに相談する前。

レナのことで悩む圭一が何か考えているとかでしょうか。

そして、私服で暗いところを歩いている圭一は、最初はバックが暗すぎてよく分かりませんでしたが、画像を明るくしてみると森っぽいところを歩いてるのが判明しました。

これは3話の綿流しの祭りの夜に、みんなとはぐれて探していたシーンじゃないでしょうか。

鬼騙し編では富竹と鷹野を見つけるも声をかけずに去りましたが(それを後ろでレナが見ている)、ひぐらし卒ではこの前後の新規カットが入ってくるように見えました。

 

エウアと羽入の裏側

この流れから来ると、エウアと羽入も鬼騙し編の世界を見ている形になる。

ここで分からないのは羽入の方ですよね。

鬼騙し編の世界見てるんだったら、沙都子が梨花ちゃんやった犯人って知ってんじゃん!

なぜそれを梨花ちゃんに伝えない?猫騙し編の冒頭でもチャンスあったし。

こうなってくると羽入が隠しているようにしか思えない。エウアと羽入にやはり何か関係があるのか?

それとも、沙都子の方にやはり裏があって、その思惑に気付いた羽入があえて黙っているとかでしょうか。

 

魅音の裏側

一番分からんのは悔しそうな魅音のこのシーン。

他のエピソード加えてもよく分からんのに、鬼騙し編に限定したら『こんなシーンあったっけ?』というぐらい、鬼騙し編の魅音からは想像できないシーン。

唯一ありそうなのが、圭一とレナの悲報を聞いたときの魅音ぐらいですが、友達同士が殺し合ったのを聞いたら、ショックを受けてもこんな悔しそうな顔をするかなと。

そこで思い浮かんだのが、旧作の展開でレナが魅音に相談して、罪滅ぼし編のバッドエンドを避ける流れがあったこと。

相談したわけじゃないかもしれないけれど、沙都子じゃなくて魅音がレナが人を殺したことに気付いたというパターンもあるかもしれない。

制服を着たレナが誰かに襲い掛かってるように見えるシーンは、これも沙都子じゃなくて魅音に襲い掛かってるのかもしれない。

罪滅ぼし編でもリナの死体処理を手伝ったぐらいですから、鬼騙し編でもレナを助けたのかもしれない。

死体処理をうまく行い、レナが警察に捕まらないように裏工作したけれど、それでも雛見沢症候群を発症したレナの不安と疑心暗鬼は拭えなかった。

結果、レナの殺意が圭一に向かうことになり、あんな悲劇が起こったことで、魅音は自分の選択が間違ってると気付いて、この悔し顔じゃなかろうかと。

魅音の担当声優が言っていた『魅音がかわいそうなことになる。』は、このことを指しているのかもしれないね。

もしくは、これがキッカケとなって、鬼騙し編の後の世界で魅音も精神的におかしくなり、ひぐらし卒ではそこも描かれるのかもしれない。

 

ロングPV考察『ひぐらしのなく頃に業/卒』レナたち鬼騙し編の裏側の感想・解説まとめ

今回の話をまとめると、ロングPVがすべて予想通り鬼騙し編の内容なら、レナは少なくとも一人殺して、それに気付いたであろう別のもう一人との関わりがある可能性が高い。
そして、それが魅音なら、たしかに魅音はかわいそうなことになりそう。

>>ひぐらしのなく頃に業/卒の考察・解説一覧へ