あなたの心の人気急上昇:すやまたくじです。

漫画やアニメをより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回はそんな2021年人気急上昇漫画ランキングー!

アニメ化だって夢じゃないほど今、売れてます♪

そんな2021年に売れてるマンガを、客観的データも加えておすすめランキング形式で紹介します。

動画解説:【2021年人気急上昇マンガ】売れてるおすすめ漫画ランキングを平均発行部数で紹介(約15分)

2021年人気急上昇マンガ!売れてるおすすめ漫画ランキング

2020年に続いて、2021年も売れてる漫画を、文字通り発行部数でランキング付け。

前回と同様、累計発行部数だと巻数が多い方が有利なので、1巻あたりの平均発行部数で順位付けしました。

また、2021年人気急上昇中がテーマなので、コミックス10巻以内、連載5年以内の新作のみが対象。

そして、アニメ化が決まっているマンガはすでに話題となっているので、こちらは対象外としました。

発行部数以外では、Amazonのレビュー数と星の評価もデータとして加えておきます。

ちなみに、ブログ版、または動画の概要欄で今回紹介するマンガの試し読み、その他の関連動画をまとめています。

気になる方はそちらもチェックしてみてください。

>>アプリ・電子書籍のおすすめランキングへ

10位:久保さんは僕を許さない 4巻40万部・平均10万部

可愛さと癒しがここにあります。

久保さんは僕を許さないは、2019年からヤングジャンプで連載されているからかい系ラブコメディ。

影が薄すぎて自分からアピールしないと周りに気付いてもらえないモブ男子の主人公を、クラスの美少女である久保さんだけはいつでも見つけてちょっかいを出してくる。

からかい上手の高木さんから色々なからかいラブコメが派生しましたが、久保さんはその中でも特に優しい世界観。

本家すら超えるんじゃないか?と言われるほっこり感と優しさで、現時点では4巻で40万部突破!平均発行数10万部。

Amazonのレビュー数は429で発行部数の割には数が多く(熱心なファンが多い)、星の評価は4.6

感想を見る限り、主人公のモブ感は賛否両論分かれているけど、ヒロインの久保さんはカワイイ・癒される・優しいと高評価連発。

 

9位:よふかしのうた 7巻80万部・平均11.4万部

破天荒ラブコメ始めました。

よふかしのうたは、アニメ化もされた『だかしかし』のコトヤマ先生が新たに送る2019年から週刊少年サンデーで連載されている吸血鬼と人間のラブコメディ。

主人公が夜に出会ったヒロインは吸血鬼だった。

そして、その子と過ごしている内に自分も吸血鬼になりたい!と思ったけど、吸血鬼になるにはその相手に恋をした上で血を吸われないといけない。

吸血鬼になるために、ヒロインのことを好きになるようにがんばるというちょっと変わったラブコメです。

そんな変わった設定とだがしかしでも魅せたパンチの効いたキャラのコメディトークで、7巻で推定80万部達成(こちらは一部しか数字が判明してないので推定になります)、平均発行部数は11.4万部。

Amazonのレビュー数は462、星4.5と評価されています。

感想を見る限り、これはダークラブコメや絶賛する人がいる一方、設定やキャラにハマらないという声もあり、このおすすめランキングの中でも特に評価が分かれるクセ強マンガとなっています。

 

8位:シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~3巻40万部・平均13.3万部

新たな形のなろう系。

シャングリラ・フロンティアは、2017年から小説家になろうで連載されている小説を元に、2020年から週刊少年マガジンで連載されているゲーム系バトル漫画。

なろう系では珍しく、まずはラノベ化するのではなく、いきなりマンガ化した異色作。

クソゲーで鍛えまくった主人公が大人気フルダイブ型VRファンタジーゲームに挑戦するというストーリー。

そのチートとは違うまさしくゲーマーといった感じのバトル展開と、作り込まれた世界観でマンガ版でも人気爆発。

3巻で40万部突破、平均13.3万部と早くもマガジンの次世代エースの一つとなりつつあります。

Amazonのレビュー数は375、星4.7

シャングリラ・フロンティアを漫画で知った人の評価は軒並み高いのですが、原作小説ファンはキャラの描き方に対して評価が割れていますね。

 

7位:ウマ娘 シンデレラグレイ 2巻35万部・平均17.5万部

カワイイ女の子が熱いレース魅せてくれます。

ウマ娘 シンデレラグレイは、アニメ化もされた競走馬を擬人化したソシャゲを原作とし、2020年からヤングジャンプで連載されているスピンオフ漫画。

アニメ1期・2期ではコメディシーン以外ではほとんど出番がなかった怪物オグリキャップが主人公。

地方での活躍からしっかりとオグリキャップのストーリーが描かれる展開が競馬好きはもちろん、競馬知らないけどウマ娘でファンになった人達もフィーバー。

結果、まだ2巻で35万部突破、平均17.5万部とスタートダッシュを決めてきました。

Amazonのレビュー数も1895と熱心なファンが多いッ!?、星も4.9とほぼ満点。

感想の方も『オグリ~!』と、ウマ娘ファンを中心に絶賛の嵐。

なかにはウマ娘見たことないのに買ってる人もいたよ。

 

6位:異世界おじさん 5巻100万部・平均20万部

こんな辛すぎる異世界もの見たことない!でも、大爆笑。

異世界おじさんは、WEBサイト『ComicWalker』で2018年から連載されている異世界ギャグファンタジー漫画。

よくある異世界召喚でチートと見せかけて、モブすらも美男美女しかいない異世界で、おじさんはどこに行ってもモンスターと間違えられる。

そんな異世界に17年間も行ってたおじさんが、ひさしぶりに日本に戻って来て、甥っ子にその話を聞かせるというスタイル。

どこまでも悲しい、けれど最終的にはチートでなんとかするし、なんだかんだでフラグとか立ってるのに、それを無意識にへし折っちゃうおじさんの性格もどうかしてるぜ!と笑わせてくる。

そんな破天荒な異世界ものが笑いと話題と呼び、5巻100万部突破、平均20万部を達成しました。

Amazonのレビュー数は1085で星4.7。しかも、新しい巻の方がレビュー数が多くなるという不思議な漫画(最新刊のレビュー数は1巻の2倍近く)

感想も絶賛の嵐、ただギャグの宿命と致しまして、セガサターンなどメインのネタが分からない人にはやはりついていけないようで。

 

5位:僕の心のヤバイやつ 4巻100万部・平均25万部

あまーーーい!そんなラブコメ読みたいならこれを読んじゃいなよ。

僕の心のヤバイやつは、アニメ化もされた『みつどもえ』桜井のりお先生が新たに送る学園ラブコメ。

陰キャな主人公と陽キャのヒロイン二人のよくある恋愛ものと見せかけて、主人公は普段は中二病爆発な気持ち悪さもあるけれど根が男前、ヒロインは読モもやってる美少女なのに色気よりも食い気に走るわんぱくな少年のような性格。

そんな二人が1巻ではコメディを、そして2巻から恋のギアが入って、それによって二人のキャラもどんどん変わっていく。

それによって『あまーい!』ラブコメが展開されて、4巻で100万部、平均25万部の売れっ子に。

Amazonのレビュー数も1895、星4.8と高評価。

特に二人の距離感を絶賛している人が多かったですね。

 

4位:【推しの子】3巻100万部・平均33.3万部

原作はかぐや様の赤坂アカ先生が送る伏線たっぷりの新たな転生もの

【推しの子】は、作画を『クズの本懐』の横槍メンゴ先生が担当して2020年からヤングジャンプで連載開始したちょっと変わったジャンルの青年マンガ。

産婦人科の医者である主人公の元に、推しのアイドルが妊娠してやってきた。

結果、主人公はファンに殺されて、そのアイドルの子として転生するという初っ端からパンチ効きまくりの展開。

しかも、その後は伏線が張り巡らされた芸能界を舞台に活躍していく。

今までなかった展開やジャンルがウケまくり、3巻で100万部突破、平均33.3万部でランキング4位に入る快挙達成。

Amazonのレビュー数は989で星4.8

やはりそのオンリーワンな設定を絶賛する声が多くなっています。

 

3位:怪獣8号 2巻100万部・平均50万部

歴史に残る記録的なスピード出世。

怪獣8号は、2020年から少年ジャンプ+で連載が始まった怪獣バトルアクション。

怪獣が存在する世界を舞台に、32歳の主人公が夢である地球を守る防衛隊員を目指すというストーリー。

そんな青年マンガ的な展開でありながら、ある事件がキッカケで主人公は怪獣になってしまう。

が、怪獣になると他の怪獣をワンパンで倒せるような強さが手に入り、その力で地球を守りつつも、でも防衛隊員は正体を隠して引き続き目指す。

そんなコメディと激熱バトルが共存する展開が大うけ、たった2巻で100万部突破!平均50万部の大記録を達成しました。

Amazonのレビュー数も2297で星4.8とこちらも申し分なし。

王道的なジャンプバトルが好きな人に刺さりまくりですね。

 

2位:葬送のフリーレン 4巻200万部・平均50万部

ありそうでなかったアフターファンタジー。

葬送のフリーレンは、2020年から週刊少年サンデーで連載されているファンタジー漫画。

王道ファンタジーな世界観でありながら、勇者が世界を救った後の世界が舞台となっているのが特徴的。

主人公はそんな勇者一行にいたエルフのフリーレンで、仲間たちが年を取って亡くなっていく中、一人新たな旅を続ける物語。

その新たな旅の出会いと別れをメインに、そこに過去の旅の思い出をシンクロし、あの時は気付かなかった仲間たちの言葉の意味を知っていく。

そんなバトルよりも、ホロリやほっこりもある旅物語で見せてくる独特の世界観。

それが読者に大うけ、4巻200万部、平均50万部とひさしぶりにサンデーの救世主的な漫画が現れた。

Amazonのレビューの数はなんと3025、星4.8と評価だけだったらこのおすすめランキングで第1位。

感想もその後の物語を絶賛する声の嵐に加え、アニメ化を希望する声も多くなっています。

 

1位:SPY×FAMILY(スパイファミリー)6巻800万部・平均133.3万部

ジャンプに新たな怪物が誕生しました。

スパイファミリーは、2019年からジャンプ+で連載されているスパイアクション×ホームコメディ漫画。

スパイの主人公が任務のために集めた疑似家族は、娘が心が読めるエスパー・奥さんが殺し屋。

けれど、心が読める娘以外はそれぞれの正体を知らないことから巻き起こるホームコメディ。

スパイや殺し屋という暗い雰囲気になりそうなテーマながら、それをコメディで中和してくる絶妙なマンガ。

これが男女共にハマりまして、6巻で800万部、平均133.3万部という1巻平均100万部超えの大記録を達成しています。

ちなみにこれは、あのワンピースの6巻の時点よりも売れているペースとなっています。

Amazonのレビュー数は2470で星4.8と、もちろん評価も高い。

感想も次のジャンプというより、マンガ界のエースとして期待する声も多い。

 

2021年人気急上昇マンガ!売れてるおすすめ漫画ランキングまとめ

今回の2021年人気急上昇おすすめ漫画ランキングをまとめると、どれもその内にアニメ化しそうなほどの売上なんじゃあ~!
そして、1・2フィニッシュを決めたジャンプ+に加え、ヤンジャンも3作品と集英社が強過ぎる。
ただ、本命の週刊少年ジャンプ1作品も入ってないのは、売れまくりの呪術廻戦やチェンソーマンはすでにアニメ化が決まっているから。

>>紹介作も含むベスト漫画100ランキングへ