あなたの心の裏設定:すやまたくじです。

アニメをより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回はそんな夏アニメ『魔王学院の不適合者』の感想・考察ー!

新種チート♪

今期2本目は、なろう系チートの『魔王学院の不適合者〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜』。

テーマ的にさっそく賛否両論分かれていますが、今回はわたくしのようにチートが苦手な人に特に聞いて欲しい。

この作品、チートの裏にもう一つの設定がありますよと。

動画解説:【魔王学院の不適合者】アニメ1話チート設定コント爆誕す!の感想・考察(約12分)

アニメ『魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜』第1話の感想・考察

初回から賛否両論真っ二つ!

タイトルとかPVを見て『どうせいつものやつでしょ?』と、さっそく0話切りしている人も。

これは好き嫌いが分かれるなろう系や最強チート系の宿命とも言える部分でしょう。

とはいえ、Twitterのトレンド入りをするなど、なろう系チートの中ではスタートダッシュは絶好調。

1話の勢いだけなら同じなろう系の転スラや最強チート系の慎重勇者ぐらいはありそうな反応となりました。

ちなみになろう系とは、小説家になろうで連載されていた作品全般をそう呼ぶこともありますし、そうでなくても異世界最強系チートの作品をそう呼ぶ場合もあります。

転スラは小説家になろう連載ありでチートでもある、慎重勇者は小説家になろうでは連載されてないけど最強チートであるという具合ですね。

そして魔王学院。

Twitter上では褒める人も叩く人も最強系王道チートと言っている人が多かったですが、魔王学院には王道にはない二つの要素あり。

ここからはその二つについて、わたくしの考察を語っていきたいと思います。

ちなみに、わたくしはマンガ版の1巻だけを読んでますが、アニメ1話と漫画1巻だとけっこう内容が違いました。

原作ラノベも漫画版の方に近いみたいなので、比べながらそちらを読んでみるのも面白いかもしれませんね、

ブログ版、または動画の概要欄では原作ラノベや漫画版を試し読みできるようにしています。

気になる方はそちらもチェックしてみてください。

>>魔王学院も含む2020年夏アニメおすすめランキングへ

>>魔王学院も対象ファンタジーアニメおすすめランキングへ

魔王が主役でオーバーチート

1つ目は分かりやすいチートの部分から触れていきましょう。

第1話から圧倒的なチートを見せたことで、チート好きからは『爽快!』と褒められ、チート嫌いからは『なんでいきなりそんな強いんだよ!』と叩かれていましたが、ここに関しては原作ラノベやマンガ版と比べると説明不足かなと思いました。

原作やマンガ版だと、魔王が2000年後に転生するエピソードと両親の元に生まれて生活したエピソードがちょっと描かれてから、アニメの冒頭に繋がるのですが、ここが丸々バッサリと切られちゃいましたからね。

タイトルが『魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜』となっているので、ここで察してくださいってことなんでしょうけど、

原作や漫画版読んでない人のために、もうちょっと説明あっても良かったかなと思いますけれども。

ここに関しては後からアニメ版でも解説があるかもしれないので、そこのネタバレが嫌な方はここの章は飛ばしてください。

その前提条件を解説しないと、チート部分について説明できないので。

さて、チートについてですけれども、魔王学院は王道最強チートというよりも、オーバーチートという方が合っているんじゃないかなと思います。

なにしろ才能ある勇者として召喚されてチートになるとか、スライム転生させられてチートに成長していくわけでなく、転生前から最強の魔王ですから。

魔王転生後は魔族の血が薄まったほぼ人間の両親が生まれましたが、転生魔法を使って転生したので魔王の力はそのまま全部引き継いでます。

しかも、2000年後の世界は平和になっているせいで、魔族が全体的にかなり弱体化しています。

なので、魔王が使った蘇生の魔法などを見て回りが驚いていたわけ。

もともと最強の魔王が平和な世界に来て、さらにチートがブースト。

結果、これはもはやオーバーチート。

自分で何度も殺して生き返らせるというオーバーキルもやってましたし。

最強系王道チートでもここまで圧倒的なのはなかなかないよ。

 

チートの裏にすれ違いコント

続きまして、他のチートものにない魔法学院の特徴2つ目。

それは、チートの裏にすれ違いコントが潜んでいる点。

他の人は全然言ってないですが、作者は絶対に狙っているとわたくしは睨んでいます。

魔王学院って一見ギャグコメディなどはあまりなく、シリアスなチート系に見えますが、その裏に計算し尽されたコントのような設定が潜んでます。

例えるんだったら、すれ違いの職人と言われるアンジャッシュのような…あっ!、ならぬ大物芸人のような設定が。

これ魔王と周りの関係性を他のチートものと比べたら分かると思います。

普通のチートものは勇者であろうがスライムであろうが、その世界の住人とは全く関係ない、勇者であればちょっと特別と思われるぐらい。

けれど、魔王学院の場合はタイトルにも入っている通りに始祖の魔王。

これもアニメでは説明してなかったのですが、これ最初の魔王という意味だけじゃなくて、魔王が自分の血から眷属を生み出して他の魔族も作り出したんですよ。

アニメでも我が子孫たちと言ってましたが、それはそのまま文字通り。

いわば魔族たちの創造主。

なので、2000年後の世界でも魔族からは始祖の魔王として崇拝されているわけです。

そんでもって、自分がその始祖の魔王だと名乗っているのに、周りは信じてくれない、このすれ違いがずっと続いているのが魔王学院のチートの裏に隠れたコント的な設定。

これ日本で言うんだったら、会社を作った創始者の会長に対して、事情を知らない新入社員が絡んできて、時にはマウントを取ってくるということですから。

まさにアンジャッシュ…あっ!コント職人芸人がよくやっていたすれ違いコントと設定は同じ。

チートの爽快感だけでなく、その裏にこんなコント的な設定も潜ませる。

作者は『天才かっ!?』という仕掛け人。

わたくしみたいな王道チートが苦手な人は、ぜひこちらに注目してみて頂きたい。

 

弟編を振り返ってみよう

さあ、今言った設定を頭に入れて、もう1回『魔王学院』が見れる人はもう1回見てみてください。

このすれ違いコントで笑える場面がけっこう潜んでましたから。

まずは魔王が門に入ってきたところをさっそく絡んで来た弟ゼペス編が最初の見せ場。

皇族だからと調子に乗って、いきなり魔王様を煽ってくる。

皇族とは2000年間魔族のみで子孫を作ってきた貴族みたいなもの。

なので、純血、そして、魔王の両親みたいに人間の血が入った一族は混血。

とはいえ、相手は純血も混血も関係ない魔王さま。

これ日本の会社で言うんだったら一応貴族なので課長かな。

課長が『この会社のルール教えてやるよ!』と、会社を作った会長とは知らずに絡んでいるようなもの。

わたくしこの絶妙なすれ違いコントに大爆笑!

そして、ゼペスさん『さもないと、神々すら焼き尽くすこの闇の炎で…』って、さらにイキっちゃうものだから、

もうやめたげて、もうゼペスさんそれ以上恥ずかしめないであげて

って、わたくし腹抱えて笑っちゃいました。

チートが好きな人はそのままチートものとして楽しめる、逆にわたくしみたいにチートがあまり好きじゃない人はこの裏設定のコントで楽しめる。

この見せ方は神がかっている…いや、悪魔的発想!

 

兄編を振り返ってみよう

そして、第1話の見せ場はもう一つ、ゼペスの兄であるリオルグ編。

ちなみに、漫画版だとリオルグの登場の仕方が違い、また魔王様はもうちょっとコメディ要素があるんですけれど、アニメ版だと魔王はとにかくカッコよく方針みたいですね。

チートが好きな人には魔王のチートをより際立たせ、わたくしみたいに裏設定で楽しむ人には真面目にすれ違いコントをすることで、そのギャップで腹を破壊しに来ているわけでしょう。

リオルグもゼペスに負けてない。

我が名は魔大帝リオルグ

この名乗りだけでわたくしボディに一発重いパンチもらいました。

魔王に対して魔大帝ってw

それだとマウント取れないだろうと。

ちなみに、漫画版だとゼペスも魔公爵って名乗っていたんけれど、こっちはカットされちゃいましたね。

これも日本の会社で言うんだったら、弟を課長したので兄は部長としましょうか。

部長が『俺は○○会社の部長だぜ!』と、会長とは知らずにマウント取っているようなもの。

もうやめたげて、魔大帝ももうやめたげて

とw

その後も必殺技みたいなのを喰らわしていましたが、魔王の力を借りた魔法なので始祖の魔王にはダメージを与えられない。

これも日本の会社風に言うんだったら、『お前生意気だから部長権限でトバしてやるぜ!』と会長に向かって言っているようなもの。

兄弟そろってイキりすぎw

 

俺たちの煽りはまだまだ終わらない

俺たちの魔王に対する煽りはまだまだ終わらない!

今回のアニメ1話で描かれた学院1日目でクラス全員を締める宣言した魔王さまギャグが描かれた部分でマンガ版1巻の9割ぐらいが終わるので、正直先の展開はわたくしも知らないのですが、

もう一人意味深なキャラクターもいましたし、正体を知らない魔王に対する煽りはまだまだ続くんじゃないかなと思います。

魔王は一切正体隠してないのに、誰も信じてくれないからねw

というか、裏設定の方が好きなわたくしとしては、最後までこの調子が続いて欲しい!

 

アニメ『魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜』第1話の感想・考察まとめ

魔王学院の不適合者はチート好きはもちろん、チートに興味がなくても裏設定で楽しめる。
そして、わたくしにとってはこの夏一番笑わせてくれる作品になるかもしれない。
とりあえず、今は魔大帝というキーワードがツボ!w

>>魔王学院も対象ベスト版アニメおすすめランキングを見る

>>アニメ向け動画配信サイトおすすめ比較ランキングへ