あなたの心の月間売上:すやまたくじです。

漫画やアニメをより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回は月間漫画売上ランキングー!

超人気を抑えた怪物爆誕!

今回は漫画ジャンルでの新た企画となっています。

動画解説:【月間漫画売上】超人気の呪術廻戦・東京卍リベンジャーズが敗れる怪物マンガなど2021年5月TOP20を紹介(約11分)

2021年5月の月間漫画売上ランキングTOP20

今回は新企画の月間漫画売上ランキングTOP20。

電子書籍版はたくさんあるけれど、売上のメインとなる紙の本版は、一番の大手であるAmazonが1時間ランキングしかなかったので今まではやってなかったのですが、今回TSUTAYA(ツタヤ)がやっているという情報をもらってやることになりました。

TSUTAYAって全然行かないのでレンタルのイメージしかなかったのですが、今は漫画の販売やレンタルもガンガンにやってるんですね。

さあ、その5月の月間ランキングを見たら、どエライ結果になってました。

ちなみに、ブログ版、または動画の概要欄で今回紹介する作品の試し読み、その他の関連動画をまとめています。

また、YouTubeではそういったアニメやマンガに役立つ情報を毎日配信しています。

よければチャンネル登録してください。

>>漫画におすすめな電子書籍ランキングへ

3位~20位

まずは3位~20位までを一気に。

  • 20位:呪術廻戦14巻
  • 19位:東京卍リベンジャーズ13巻
  • 18位:東京卍リベンジャーズ12巻
  • 17位:東京卍リベンジャーズ11巻
  • 16位:東京卍リベンジャーズ21巻
  • 15位:東京卍リベンジャーズ9巻
  • 14位:東京卍リベンジャーズ10巻
  • 13位:東京卍リベンジャーズ8巻
  • 12位:東京卍リベンジャーズ7巻
  • 11位:呪術廻戦0巻
  • 10位:東京卍リベンジャーズ6巻
  • 9位:東京卍リベンジャーズ1巻
  • 8位:東京卍リベンジャーズ5巻
  • 7位:東京卍リベンジャーズ2巻
  • 6位:東京卍リベンジャーズ4巻
  • 5位:東京卍リベンジャーズ3巻
  • 4位:呪術廻戦15巻
  • 3位:東京卍リベンジャーズ22巻

って、呪術廻戦と東京リベンジャーズしかねえー!!!

もちろん、5月もジャンプ・マガジン・サンデー・ヤンジャンと、新刊マンガもガンガンと出てるんですけれど。

ついでに言うと、他の古い巻はもちろん、一番新しい呪術廻戦15巻と東京卍リベンジャーズ22巻は、5月の新刊ですらないのに。

アニメが大ヒットした時の原作マンガの売上はエグすぎる。

ちなみにこれ、電子書籍だとキングダムや聖女の魔力は万能ですが上位に来ているなど、紙と電子書籍だとまたけっこう購入層が違うのかもしれません。

ということで、こっからは3位~20位を独占した呪術廻戦と東京卍リベンジャーズに触れていきたいと思います。

 

呪術廻戦

アニメ放送が終了しても、0巻・14巻・15巻と月間売上ランキングに3冊も入ってくる人気っぷり。

5月のランキングには含まれてませんが、

6月に発売された16巻で発行部数5000万部突破。

本当に鬼滅の刃並になってきましたし、アニメの放送が終わっても新刊以外がこんなにランクインしたら、他の新刊マンガたちは形無し。

こっちは新刊で勝負かけてるんのにー!って感じで。

この中でも特に注目なのは、2021年冬に劇場公開が予定されている0巻でしょう。

呪術廻戦の前日譚となる本編でも名前だけ登場した乙骨憂太(おっこつゆうた)を主人公に、呪術高専2年生・真希さん、狗巻、パンダがまだ1年生だった頃の活躍も描く。

原作を読んでないアニメ派にとっても気になる内容となっています。

そして、呪術廻戦は原作マンガ・テレビアニメと大ヒットしているので、この映画の大ヒットも期待せずにはいられない。

ここも鬼滅の刃と同じ流れに乗れば、ドカーン!といくポテンシャルは十分にあり。

さすがに歴代1位の興行収入400億は厳しいと思いますが、映画で100億超えれば大ヒットですからね。

今の勢いを考えと、その勢いで映画でも100億ヒットしてもおかしくはない。

 

東京卍リベンジャーズ

そんな売れまくりの呪術廻戦を数でも順位でも抑えたのが、テレビアニメでフィーバーしまくりの東京卍リベンジャーズ。

1巻・2巻・3巻・4巻・5巻・6巻・7巻・8巻・9巻・10巻・11巻・12巻・13巻・22巻の計14冊がランクインって、

もはや月間漫画売上ランキングじゃなくて、東京卍リベンジャーズランキングみたいになってる。

そして、この調子で行ったら、ギリギリTOP20に入ってないだけで、14巻~21巻もかなり売れてることでしょう。

さすがに13巻からいきなり22巻まで飛ばして買う人はいないでしょうから。

しかも、22巻以外は全部先月はトップ50にも入ってなかったのに、アニメ効果で一気に売れまくり。

6月4日には累計発行部数2000万部突破!

アニメ化が決まった時の500万部から1500万部、アニメ放送直前の1000万部からちょうど倍売れる形になりました。

これで同じマガジンの大ヒット漫画『炎炎ノ消防隊』と『五等分の花嫁』を発行部数で抜いた形。

さらに、テレビアニメはまだ続きますし、7月には実写映画の公開も控えている。

勢い的には呪術廻戦に迫る大ヒットになりそう。

アニメ化前はマガジンの中堅どころといった東京卍リベンジャーズでしたが、これで一気にエースになったのは間違いない。

たった2ヶ月でガラリと状況が変わる。

これがアメリカンドリームならぬ、アニメカンドリームですね。

また、東京卍リベンジャーズはタイムリープ要素があるとはいえ、スポンサー的に難しいと言われていたヤンキーもの。

過去にも、特攻の拓やカメレオン、今日から俺はなど、マンガ売れまくっていたのですが、ついにテレビアニメ化はしないまま完結したヤンキー漫画がたくさんある中、

そんな中でテレビアニメ化し、それを大ヒットさせた。

これはマガジンの歴史だけでなく、マンガ業界全体に大きなインパクトを与えたんじゃないでしょうか。

もしかしたら、今後ヤンキー漫画のテレビアニメ化も増えるかもしれない。

 

2位:かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~22巻

そんなブースト状態の呪術廻戦と東京卍リベンジャーズの2作品を、マリアージュ!と抑えたのがかぐや様は告らせたい22巻。

やっとここで新刊が出てきたよ。

いくら2作品がブーストかかっているとはいえ、かぐや様も2度のアニメ化でブーストがかかり、アニメ3期も決まっている。

中国では大ブームとなって動画配信見られまくり、CMも決まったほどですから。

原作だってシリーズ累計1500万部突破してるんだぜ(とはいえ、東京リベンジャーズもうここぶち抜いちゃってんだよね)

この22巻では3年生へ進級し、主要なキャラがみんな同じクラスになるというクライマックス感が高まってきました。

さらに、全国模試で白銀会長に勝利した男もやってくる。

会長のまたおバカなコメディが炸裂する。

そして、かぐやと白銀にも男女の進展を意識する伝説の22巻!…って、自分であらすじ言っちゃったよ!という感になっています。

 

1位:薬屋のひとりごと8巻

ブーストかかりまくりの呪術廻戦と東京リベンジャーズに加え、マリアージュなかぐや様の新刊も抑えた5月の売上第1位は、なんとまだアニメ化さえ決まっていない薬屋のひとりごとの最新8巻。

しかもこちら、原作ラノベの最新11巻が、ダンまちやアニメ放送中の86を抑えて5月のラノベランキングで第1位。

漫画とラノベで二冠を達成するという快挙を成し遂げてます(アニメ化すら決まってないのに)

これアニメ放送されたら一体どうなっちゃうんでしょうか?

そんな薬屋のひとりごとは、昔の中国風の異世界の後宮を舞台とした日常推理ファンタジー。

猫猫と書いてマオマオと読む少女を主人公に、その後宮内での仕事や事件を解決していく姿を描く。

表紙から女性向けと思われがちですが、連載されているのは男性向けの月刊ビッグガンガン。

それもあってか男女共に人気が高く、アニメ化前なのにシリーズ累計発行部数1300万部突破、こちらのマンガだけでも600万部突破の記録を更新中(ちなみに、マンガ版は別にもう一つあります)

この最新8巻では、猫猫の出生の秘密が明かされる。

原作ラノベ2巻のクライマックスを描く重要とストーリーをホロリありで描いてきました。

あと、小ネタ的に猫と出会う猫猫のエピソードがあるのですが、猫猫という名前なのに猫嫌いなんかいっ!?という話がけっこうツボでした。

 

2021年5月の月間漫画売上ランキングTOP20まとめ

今回の月間漫画売上ランキングTOP20をまとめると、呪術廻戦と東京リベンジャーズが強過ぎるんじゃあ~!
けれど、その二作品を含めた5月の新刊をすべて抑えて1位になった薬屋のひとりごと8巻は怪物級の売れ行き。
表紙を見て『どうせ少女マンガ的な恋愛ものなんでしょう~?』と勘違いしている人は、試し読みだけでもしておいて損はなし。

>>紹介作も対象ベスト漫画100ランキングへ